サカキ ポケモン go。 【ポケモンGO】(9月末まで更新なし)伝説シャドウまとめ / サカキチャレンジ

【ポケモンGO】ロケット団のリーダー対策とバトルする方法

サカキ ポケモン go

ドサイドン• エンテイ• ペルシアン• 上記以外 攻撃性能が超高いドサイドン 2体目に登場する可能性のある「ドサイドン」は種族値の高さに加えてノーマルアタックが高威力であり、 非常に攻撃性能が高いです。 タイプ耐性もなく耐久力も高くないポケモンでは「ドサイドン」のノーマルアタックを数発受けるだけで倒されてしまうこともあるため、タイプ耐性を高めて耐久力の高いポケモンで挑むことがおすすめです。 ほのおのキバが厄介なエンテイ 3体目にでてくる「エンテイ」も強いです。 攻撃性能の高さに加え、2重タイプ弱点もないため大きくダメージを与えることも難しいです。 特にノーマルアタックが「ほのおのキバ」だった場合は高威力で大ダメージを受けるため、こちらもタイプ耐性を耐久力が高めのポケモンがおすすめです。 ペルシアンがなかなか強い 1体目に出てくる 「ペルシアン」が「シールド」を使うこともあり倒すのに時間がかかる上、なかなかの攻撃性能を持っています。 ノーマルアタックの威力も高いため、2体目以降へ余裕を持ってバトルを進めるには、「ペルシアン」から受けるダメージを抑えることができるポケモンがおすすめです。 ー 「ハガネール」は非常に耐久力が高いため、確実に弱点を突いて攻撃したいところです。 弱点を突くポケモンの中では、 「ハガネール」の強力なノーマルアタック「かみなりのキバ」に耐性のある 「じめん」タイプのポケモンがおすすめです。 「じめん」タイプ最強の「グラードン」、覚える技構成が優秀な「ラグラージ」が非常におすすめです。 「ガブリアス」は「ハガネール」のノーマルアタックが「ドラゴンテール」だった場合に弱点となりますが、それ以外の技の場合は非常に有利にバトルができます。 お手軽に入手できるところでは、 「 」から進化入手できる「ドリュウズ」、「 」から進化入手できる「ガマゲロゲ」もおすすめです! ドサイドン対策 ー 2重弱点の「くさ/みず」タイプで一気に攻めたいところですが、 相手の攻撃も非常に強力なため攻め切る前に倒される可能性も高いです。 「ビリジオン」は「ドサイドン」の強力なノーマルアタック「うちおとす」と「どろかけ」どちらにもタイプ耐性があり耐久力も高めなため、互角以上のバトルができます。 「ラグラージ」は覚える技構成が速い&超強力なため、やられる前にやる戦法で「ドサイドン」の2重弱点となる「ハイドロカノン」で一気に攻めましょう。 上記2体以外で単独勝利は非常に難しいです。 ノーマルアタックが「うちおとす」の場合は2重耐性のある 「コバルオン」、「どろかけ」の場合は 耐性&攻撃も強力な「くさ」タイプでの攻めでも善戦できます。 「ドサイドン」は非常に強いため、 どうしても勝てない場合は違う場所の「ドサイドン」を出してこない「サカキ」を見つけて、バトルをするのがおすすめです。 ー 「エンテイ」はノーマルアタックの「ほのおのキバ」が非常に高威力です。 「ほのお」タイプに耐性があり、かつ弱点を突いて攻撃ができるポケモンを選出します。 「パルキア」は「みず/ドラゴン」で「ほのお」タイプに2重耐性があり、ダメージをかなり抑えることができるためおすすめです。 「ドサイドン」は「ほのお」タイプ耐性に加え、強力な技「がんせきほう」で効率よくダメージを与えることができます。 「ドサイドン」と同じ「いわ」タイプから、「テラキオン」と「バンギラス」も活躍できます。 また耐久力が低く安定した勝利は難しいですが、 「ほのお」タイプに2重耐性のある「オムスター」も善戦できます! 勝てないポケモンとのバトルは避ける 手持ちのポケモンが揃っていなかったり、十分に強化できていないなどで 「このポケモンには勝てない」という状況もあります。 そのような場面では、無理に何度もバトルをせず あきらめて別の場所の「サカキ」を選んでバトルをしましょう。 同じ「サカキ」でも場所が変われば、2体目に出してくるポケモンが変わったり、撃ってくる技も変わります。 (偶然同じになる場合もあり) おとり要員もいるため探すのに少し時間がかかるかもしれませんが… まずは自分が勝てるポケモン・勝ちパターンを把握しつつ、ポケモンを育成して勝利につなげていきましょう! GOロケット団対策となる、「したっぱ」とリーダー3名の対策ポケモンは以下にまとめています。

次の

【ポケモンGO】ロケット団のリーダー対策とバトルする方法

サカキ ポケモン go

通常技 ゲージ技 通常わざで対策ポケモンを変える ペルシアンが使用する通常技は「ひっかく」と「だましうち」の2通り。 タイプ相性でダメージを軽減しないと突破が難しいので、通常技に合わせて1匹目のポケモンを変えて戦うのがおすすめだ。 だましうちなら格闘タイプで対策 ペルシアンの通常技が「だましうち」の場合は、かくとうタイプを使用するのがおすすめ。 また、ペルシアンはノーマルタイプのため、かくとうタイプの技なら 弱点を突くこともできる。 ルカリオなら両方の技に対応 かくとうタイプの中でもルカリオであればノーマル、あく技の両方を軽減できる。 ルカリオを持っている場合は1匹目の対策として使用するのがおすすめだ。 対策ポケモンの例 フォルム おすすめ技 おすすめ! ペルシアンの通常技がひっかくの場合は、ノーマル技のダメージを軽減できるギラティナがおすすめ。 オリジンとアナザーどちらのフォルムでも対策できるが、アナザーフォルムの方が耐久力があるため安定して勝てる。 アナザーは強化なしで勝てることがある アナザーフォルムの場合、天候ブーストがかかっている状態で捕獲していれば強化なしでペルシアンに勝つことができる。 CPは2500前後が目安だ。 5 3000 3 相手のシールドを早く使わせる サカキはシールドが残っている状態の場合、こちらがゲージ技を使うと シールドを必ず使用してくる。 これを利用して、ゲージ量が少ないゲージ技を覚えたポケモンを1体目にして、相手のシールドを全て使わせよう。 有効なポケモン例.

次の

【ポケモンGO】サカキの対策と攻略パーティー

サカキ ポケモン go

通常技 ゲージ技 通常わざで対策ポケモンを変える ペルシアンが使用する通常技は「ひっかく」と「だましうち」の2通り。 タイプ相性でダメージを軽減しないと突破が難しいので、通常技に合わせて1匹目のポケモンを変えて戦うのがおすすめだ。 だましうちなら格闘タイプで対策 ペルシアンの通常技が「だましうち」の場合は、かくとうタイプを使用するのがおすすめ。 また、ペルシアンはノーマルタイプのため、かくとうタイプの技なら 弱点を突くこともできる。 ルカリオなら両方の技に対応 かくとうタイプの中でもルカリオであればノーマル、あく技の両方を軽減できる。 ルカリオを持っている場合は1匹目の対策として使用するのがおすすめだ。 対策ポケモンの例 フォルム おすすめ技 おすすめ! ペルシアンの通常技がひっかくの場合は、ノーマル技のダメージを軽減できるギラティナがおすすめ。 オリジンとアナザーどちらのフォルムでも対策できるが、アナザーフォルムの方が耐久力があるため安定して勝てる。 アナザーは強化なしで勝てることがある アナザーフォルムの場合、天候ブーストがかかっている状態で捕獲していれば強化なしでペルシアンに勝つことができる。 CPは2500前後が目安だ。 5 3000 3 相手のシールドを早く使わせる サカキはシールドが残っている状態の場合、こちらがゲージ技を使うと シールドを必ず使用してくる。 これを利用して、ゲージ量が少ないゲージ技を覚えたポケモンを1体目にして、相手のシールドを全て使わせよう。 有効なポケモン例.

次の