ばん ま の とう サポ。 万魔の塔の参加条件や開始日時を紹介します

万魔の塔攻略速報!

ばん ま の とう サポ

[10プレイ日記] >生き残りスコアアタック 『万魔の塔』 昨日の正午から始まった、新しいエンドコンテンツの「万魔の塔」 バージョン5.0ストーリーの「砂のラザード」にあるのですが どうやら、ファラザードに辿り着ければ メインストーリーが終わっていなくても、万魔の塔は遊べるようです。 ということで、自分も昨日、万魔の塔は遊べました。 何とかメインキャラだけでも到着って感じでした>< メインストーリークリアしないと挑戦できない!だったら、昨日は遊べていないと思いますw 条件は、ファラザードに行けることと、レベル100以上だけのようです。 ただ、ファラザードに行けるようになるまでには 魔界にある2つの王の物語をクリアしないといけないので、意外と時間掛かります。 フィールドの宝箱も全回収を前提として、4時間くらいは掛かっているかなあと。 の地図を作るパズルゲームに時間が掛かれば もうちょっと掛かるかも^-^ ここ、割とノーヒントでやったので10分くらい掛かったよね・・。 道中の雑魚敵も、埋められるだけ図鑑を埋めながらやりましたが 何というか、強2体がやたら強かった気がします。 万魔の塔は、週課系のコンテンツで 制限時間内に敵が沢山現れるので、それらを倒しまくってポイントを稼ごうってコンテンツです。 報酬は30万ポイントでコンプリート。 災壇(ステージ)が3つ用意されていて 3つの災壇で得られたハイスコアの合計ポイントが報酬に反映されます。 簡単に書けば、各災壇で10万ポイントずつ稼げれば報酬コンプです。 一の災壇で15万ポイント、二の災壇で10万ポイント、三の災壇で5万ポイントでも 合計で30万ポイントになるので、報酬コンプになります。 ソロサポで挑めます(仲間モンスターもつれていける) パーでも挑めますが、 オートマッチングはありません。 事前にパーを組まないといけない形。 現状、パープレイなら30万ポイントは狙えますが ソロサポは30万ポイントは狙えないと思っていいと思います。 あほ難しいです。 ただし、 15万ポイントは狙えるみたいなので、ソロサポはそこを目標にって感じかな。 15万ポイントを稼げば、万魔の箱が2個手に入るので、ここが最低ラインかなと思うし。 でも、自分はまだ15万ポイントいけてないんですけどねw 構成を色々考えながら試してはいるのだが 多分、二の災壇での動きと構成をどうにかできれば・・かなあ。 かなり沼ではあるが、ピラミッド実装時もこんな感じだった気もするので、似たようなもんだね。 うーむ、性能高いので、やっぱりサブキャラも万魔の塔に行けるようにせんとだなあ。 一の災壇のソロサポ動画です。 まだ手探りなので、これで完璧とは言えないが 「自天地、賢者2、バト1」の構成で、95947ポイントかな。 賢者は杖と扇、バトはハンマーな感じ。 自分バトでやった方がいいのかもしれないなあ。 もう少しポイント稼げそうな感じもするのよね。 週課と思うと、なかなか難易度高いが、手探りで最適な攻略を探している間は楽しいですw 帰宅したら、万魔の塔、もうちょっと練ってみます。 奇跡で15万ポイントじゃ意味ないので、そこそこ安定して15万ポイント狙えるのを 見つけてはおきたいのよねえ。 このカテゴリーでは、株式会社を代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。 当該画像の転載・配布は禁止いたします。

次の

幢幡(ドウバン)とは

ばん ま の とう サポ

サポで攻略する予定なんですが、編成いいのないでしょうか。 今は編成がバラバラの情報で、どの職の装備買えばいいか悩んでいるのですが、肉とサポは動き違うと思うし(ランパクしないだろうし)、ハンマー買っても野良に行くなら買いでしょうが、サポでは微妙かなと。 4垢なので役割分担で出せるので、どうしようか悩み中です。 今回のは攻撃呪文耐性らしいけど、小盾使えない職も多いので(バトやデス)いいテンプレあるといいのですが。 攻撃呪文耐性なんていつ以来?(たぶんピラ4以来)なので。 週課なので装備は買おうと思っているのですが。 どうしようで、あちこち見ながら悩んでいます。 あと、30万稼ぐには実質どの程度テンプレ構成になってからやりきれるものなのかも知りたいです。 そう言えば万魔の塔って万魔る堂みたいですね。 運営のネーミングが皮肉で、怖いです…。

次の

万魔の塔一の災壇をサポート仲間で完全制覇してきました

ばん ま の とう サポ

万魔の塔・一の災壇:目次• 万魔の塔一の災壇のおすすめ構成例・耐性 おすすめ耐性 呪文ダメージ減、即死ガード おすすめ構成例 バト+バト+道具+賢者 バト+バト+バト+デス バト+バト+バト+賢者 バト+バト+デス+天地 バト+バト+デス+旅芸 など サポ構成例 道具+サポバトバト旅芸 天地+サポバトバト賢者 天地+サポバトバトデス など バトルマスターは両手剣では単体攻撃に強く、ハンマー二刀流だと範囲攻撃に優れます。 2人のバトで持ち分けたり、ボスが出る直前に持ち変えるなどしても良いでしょう。 打たれ弱く、ボスの痛恨や強攻撃などですぐに死んでしまいますので、ロストアタックやスタンショットなどで敵に攻撃をさせないよう工夫しましょう。 デスマスターはゴーストを呼び、デスパワー解放で強化していくのがおすすめ。 よろいのきしもベホマラーやタックルなど使える特技が揃っています。 デスマスターの行動内容は、パーティ構成によって、回復主体で動くか攻撃主体で動くか変わってきます。 回復が間に合っているなら攻撃に参加しましょう。 武器は呪文速度錬金の鎌で、遠くの弱い敵をマヒャドで倒したり、テンションが溜まった状態でのギラグレイド・マヒャデドスも強いです。 賢者は回復を担当し、テンションが溜まったらイオグランデで敵を一掃。 ボス出現時にきせきの雨を使用するのも重要な役目です。 武器は扇かブーメラン装備が良いでしょう。 扇なら風斬りの舞で範囲バイキルトが可能。 ブーメランはデュアルブレイカーで状態異常を入りやすくしたり、レボルスライサーでダメージをアップできます。 天地雷鳴士はカカロンを召喚。 マジックバリアで味方を呪文から守ります。 遠くの敵に対してめいどうふうまなどの範囲攻撃を投げ込めば、陣形を乱さずに弱い敵を一掃できます。 旅芸人はブーメランを装備して回復量を増やして回復役を担当。 デュアルカッター・デュアルブレイカーで遠くの弱い敵を一掃したり、レボルスライサーでボスへのダメージを上げます。 道具使いは防御面で優れている職業なので、一の災壇ではあまり必要ありません。 道具使いがいないと敵の攻撃に耐えられないようでは、どのみち厳しいでしょう。 道具使いを入れる場合は、必殺の宝珠を装備し、強化ガジェットをどんどん出していきましょう。 武器はブーメランで、レボルスライサーでボスに与えるダメージを上げます。 マジックバリアも必須。 道具使いを入れることで攻撃手が1人減ることになりますので、ピオリムやスクルトなどはせず、積極的に攻撃面に貢献したいところです。 磁界シールドも、ボス出現時のみでOK。 3つの災壇で合計30万ポイントを目指す場合は、完全制覇を目標にしましょう。 第10の厄災まではHPの低い敵が多いので、前衛がそれぞれバラバラに動いた方が敵を素早く倒していけます。 いっぽう第11の災厄以降は敵のHPが高いので、前衛が同じ敵を狙って1ターンで倒していく方が、敵の居場所がばらけないので範囲攻撃で一掃しやすくなります。 呪文を使う敵は、プレイヤーから少し離れた場所から攻撃してきます。 天地雷鳴士やデスマスターなどの遠距離攻撃できる人が遠くの敵に対応し、 近距離攻撃の人が近くの敵を倒していきましょう。 第一の災い〜第五の災い ドラキー、モーモン、キメラ、ぼうれいけんしが出現します。 範囲攻撃で速やかに倒し、どんどん次の災いに進んでいきましょう。 第三の災いから出現するぼうれいけんしはHPがやや高いので、ぼうれいけんしを必ず巻き込む形で範囲攻撃していくと良いでしょう。 第五の災いで出現するボスは、高確率で時増しの魔鳥が出現。 攻撃力がそこそこ高く、バイシオンも使ってきます。 また、怒り状態になると「ツメできりさく」の2回攻撃を使い、バトルマスターに即死級のダメージを与えてきます。 賢者の雨や道具使いの磁界シールドなど何かしらの補助がない場合は耐えられないので、落ち着いてロストアタックするか、スタンショットでスタンさせるのが良いでしょう。 敵のHPが黄色になる前にスタンショットを入れてしまい、スタンしている間にHPを黄色にしてしまえば、怒られずに済みます。 なお、時増しの魔鳥だけでなく他のザコ敵も同時に出現しますので、範囲攻撃でザコ敵を倒しながら戦うと、機神の眼甲の効果でテンションが上がり、CT技で時増しの魔鳥に大ダメージを与えることができます。 第六の災い〜第十の災い 上記に加えてエンタシスマンが出現。 やはりHPが高めなので、範囲攻撃を効率的に当てていきたいところです。 第九の災いが来たところで、フィールド上にアイテムが大量に出現します。 1個につき1000ポイントなので、必ず回収していきましょう。 回収役は前衛以外の人が適任です。 また、第九の災いでは、全ての敵を倒さないと第十の災いに移行しません。 素早く全ての敵を倒しましょう。 第十の災いではボスが出現します。 倒し方は第五の災いと同様で、スタンショットでスタンさせた状態で黄色をまたいでしまうのが安全です。 第十一の災い〜第十五の災い ここからはあくま神官も追加。 HPがやや高く、ますます倒しにくくなります。 全員が散らばらずに固まって戦い、敵が全部こちらに近づいてくるように仕向けると範囲攻撃が当たりやすいでしょう。 第十五の災いではボスが出現。 第十六の災い〜第二十の災い ここからはホースデビルも追加。 ホースデビルはザラキを使うので、即死耐性は必ず付けていきましょう。 HPの高めの敵が多く出てきますが、HPの低いドラキーやモーモンなどを範囲攻撃で巻き込んで倒しながら進めることが重要。 弱い敵を倒して機神の眼甲でテンションを得ることで、高火力の範囲攻撃を繰り出していきましょう。 第十六から第二十までは1分半以上かかるので、プレートインパクトなどのCT技は途中で使ってもOK。 効果的に敵に当てて、すばやく殲滅していきましょう。 第二十の災いではカラミティロイドが出現。 はげしいほのおは約900ダメージなので、事前に必ず心頭滅却などでブレスダメージを軽減しておきましょう。 カラミティロイドにスタンショットが効くと大きいですが、カラミティロイドは出現してから最初の16秒程度は動かないので、スタンショットはカラミティロイドが動き始めてからでも遅くありません。 残りHPが半分を切って名前が黄色になると、すぐにエレキテルマインを使用。 また、白での怒り時や黄色以降は、前述のはげしいほのおにも注意しましょう。

次の