ポトフ 簡単。 ポトフのレシピ・作り方一覧(32件)

【みんなが作ってる】 ポトフ 簡単 コンソメのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ポトフ 簡単

ポトフについて ポトフは、フランス語で「火にかけた鍋」という意味を表したフランスの家庭料理で、ノルマンディーの郷土料理として中世の時代にはすでに食べられていました。 ポトフの原型は、ベルギーのフラマン地方で食べられていたフランスのカレーなどが始まりと言われています。 元々家庭料理だということもあり、材料も調理工程もシンプルで、ソーセージや牛肉、豚肉の塊などの肉類と人参や玉ねぎ、セロリ、じゃがいもなどの野菜をざっくりと大きいまま、じっくり火にかけて煮込んだ料理。 本場フランスでは、スープはスープ皿に注ぎ、大きめの具材は食べやすいサイズにカットしてから、別のお皿に盛り付け、アクセントとしてマスタードや塩を添えて食べるのが正しい食べ方。 ポトフの栄養について ポトフは、家庭毎に香りや味わいが異なり、冷蔵庫にある食材で作ることができる便利な煮込み料理。 中でもポトフに入れるとおいしく、栄養がとれる食材は、定番のじゃがいもとブロッコリー。 どちらもビタミンCが豊富に含まれているので、美容効果が期待できます。 他にも、水分がたっぷりの白菜は、じゃがいもやにんじん、たまねぎなどの他の野菜と一緒に煮込むことで美味しくなりますよ。 多くの栄養をバランスよく含んでいる玉ねぎは、ベーコンなどと一緒に煮込めば、ビタミンB1の吸収を促進。 食物繊維&カリウムが豊富なセロリは、本場フランスのポトフでもお馴染みで、お通じやむくみの改善に効果的。 なお、野菜を茹でると溶けだしてしまう栄養素も、ポトフなら溶け出した栄養ごとスープで食べられるので、野菜の旨味をあますことなく摂取できちゃいます。 ポトフは体に嬉しい栄養満点なメニューなんですよ。 ほっこりした味わいの体が温まるじゃがいものポトフです。 作り方は、まずじゃがいもや玉ねぎ、にんじん、ウィンナーなどを食べやすい大きさにカットして鍋に入れ、コンソメスープで煮てからおろし生姜を加えたらできあがりです。 作って保温ジャーに入れておけば、いつでも温かいスープで心も体もホカホカ。 寒い冬にぜひおすすめしたいレシピ。 玉ねぎを切らずに丸ごと入れた、野菜たっぷりのポトフです。 ベーコンやウィンナーを炒めてから、あらかじめ電子レンジで火を通したじゃがいもやにんじん、玉ねぎを入れて煮込むので、野菜を鍋から煮て作るより、早くできます。 野菜やベーコン、ウインナーの旨味が凝縮されたスープが、新玉ねぎの甘味をより感じることができるレシピ。 スープは、食卓に欠かせない料理の一つ。 煮込むことで、肉や魚、野菜などの具材が柔らかくなり、スープに旨味が溶けだします。 具材が溶けるくらいに煮込んだり、具だくさんでをボリューミーなスープもたまりませんよね。 旬の素材を入れて作れば、栄養も満点、季節を楽しめる一皿になりますよ。 スープに溶けだした栄養分を逃すことなく、効率よく摂取できるのもスープの嬉しいところ。 この記事では、スープの基礎知識に加え、卵スープ、トマトスープ、オニオンスープ、かぼちゃスープ、クリームスープ、冷製スープにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 寒い季節。 体も心もホッと温まる熱々のシチューが恋しくなりますよね。 日本発祥で優しい味わいが魅力のクリームシチューと、ちょっぴり贅沢な気分になれる洋食代表のビーフシチュー。 実はどちらも、ちょっとした工夫で簡単にプロの味に近付きます。 さらに、手軽で豪華に見えるリメイクメニューが豊富なところも手作りシチューの嬉しいところ。 この記事では、シチューの基礎知識に加え、クリームシチューのレシピ、ビーフシチューのレシピ、クリームシチューのアレンジ、ビーフシチューのアレンジにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

超絶簡単!野菜をたくさん摂取できる美味しいポトフ【一人分レシピ】

ポトフ 簡単

作り方 1.材料を切る ジャガイモ、 ウィンナー、 玉ねぎ、ブロッコリーを包丁を使って適切な大きさに切っていきます。 じゃがいも じゃがいもは、まず、皮をピーラーもしくは、包丁で剥きます。 少し古いものだと、じゃがいもの芽が出ている可能性があるので、絶対にじゃがいもの芽は、取り除きましょう。 じゃがいもの芽を食べてしまうと、食中毒症状を起こし、最悪死にいたる場合をありますので、必ず取り除きましょう! そして、じゃがいもを一口大程の大きさに切っていきます。 大き目にカットしても良いですが、煮込む時間を短くしたい為小さめにカットします。 小さくカットする事で、火の入りも早くなりますし、味の染み込みも早くなるので、時短したい場合は、小さくカットする事をオススメします。 小さくカットしすぎると、溶けてしまいますので、一口大ぐらいがオススメです。 ウィンナー ポトフには、やはりウィンナーは必須だと思います。 ウィンナーを入れる事によってウィンナーの旨味成分が ポトフににじみ出て美味しくなります。 ウィンナーは、写真程の大きさだと、半分に斜めにカットします。 これよりも小さいサイズだとカットせずそのままでも良いかと思います。 ですが、軽く切り込みを入れておいた方が味が染みやすいので、切込みを入れる事をオススメします。 ウィンナーがない場合は、ベーコンや鶏肉などを入れても美味しく出来上がります。 玉ねぎ 玉ねぎは、半分にカットし、皮を綺麗にめくります。 そして、一度さっと軽く洗います。 そして、一口大にカットしていきます。 古い玉ねぎだと目が痛くなりやすいので、気を付けて切って下さい。 ブロッコリー ブロッコリーを切っていきます。 まず頭の部分を切って小房に分けていきます。 そして、 茎の部分も美味しく食べれますので、捨てないように気を付けてください。 ですが、茎の部分は、周りの皮が分厚いので、周りの皮を切り落とす必要があります。 大変な場合は、冷凍のブロッコリーなども売られているので、冷凍のブロッコリーを使用した方法が良いかと思います。 まとめ 材料は食べやすい大きさにカットする事! ポトフは、ごろっとした野菜が多いイメージですが、火が通りやすく短時間で出来上がるようするには、一口大に切る事がオススメです。 煮る お鍋にお水とコンソメを入れて、ジャガイモ、ブロッコリー、玉ねぎを入れ沸騰してから 15分煮る。 15分煮たら、ウィンナー、コーンを入れ 5分煮る。 ウィンナーを煮込みすぎると、ウィンナー自体のうまみ成分がスープに全てあふれ出し、ウィンナー自体の味が不味くなるので、ウィンナーは、あまり煮込みすぎないように注意する必要があります。 そして、煮た後ですが、一度冷ますことで、旨味が増します。 一度冷ましてから、食べる前に再び温め直すとさらに美味しく頂けます。 そして、お皿に盛り、お好みで塩コショウでかけ完成です。 注意 野菜たっぷり ポトフでも、スープをたくさん摂取してしまうと塩分をとりすぎてしまうので、スープをたくさん盛らないように気をつけましょう。 野菜メインのスープを少なめにすると、さらに身体に良く召し上がれます。 他にも 隠し味に、コンソメを少し少なくして、白だしを加えても美味しく仕上がります。 少し 和風な感じになり、少し違った ポトフに仕上がります。 最後にマスタードを添えても美味しく召し上がれます。 少し、パセリなどをパラパラしてあげると、見栄えが良くなりますので、少し振ってみても良いかもしれません。 比較的に簡単にそして、時短で出来るので、オススメの一品です。

次の

ポトフのレシピ・作り方20選:基本からアレンジまで紹介

ポトフ 簡単

【材料】• 水 800ml• にんじん 1本• じゃがいも 2個• たまねぎ 1個• ウインナー 1袋• コンソメ 2個• 塩こしょう 少々 【作り方】• じゃがいもは皮をむいて食べやすい大きさに乱切りにする。 にんじんも同じように切る。 玉ねぎは半分に切り2等分のくし切りにする。 ブロッコリーは房ごとに切る。 お鍋にサラダ油を引き、じゃがいも、人参、玉ねぎを入れて油が回るように炒める。 火が通ったら水とコンソメを入れ、蓋をして中火から弱火の間で15分煮込む。 ブロッコリーとウインナーを加えたら5分煮込む。 味見をしてから塩こしょうを入れて味を調えれば完成。 ポトフは透き通ったポタージュと言われている料理ですので、 強火で煮込んでスープが濁ることがないように注意しましょう。 具材の肉はウインナーやソーセージ、ベーコンを入れると燻製のコクが出て隠し味にもなります。 この時、塩分もスープに溶け込みますので、味見をしてから味の仕上げをすると美味しいポトフができます。 基本のポトフの具材は、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、ブロッコリーやキャベツとソーセージなどの肉類です。 とは言え、この基本の具材を入れないとポトフではないといったわけではありません。 ポトフの具材の種類に大きな決まりはないのです。 ポトフの良い所は、家の冷蔵庫に入っている材料を使って好きなように作ることができる料理であることです。 お肉を入れる代わりに、えびやホタテなどの海鮮類を入れても美味しいポトフを作ることができます。 ポトフの味付けの調味料は基本コンソメですが、これも忠実に守る必要はありません。 鶏ガラスープや昆布だし汁を入れてもお鍋で煮込めばポトフになります。 和洋中好みの調味料を使った味付けでポトフを楽しんでみてください。 【材料】• ベーコン70g• にんにく1かけ• じゃがいも2~3個• キャベツ2~3枚• 飴色玉ねぎ大さじ1• ローリエ1枚• 水500ml• パセリ適宜• オリーブオイル大さじ1• コンソメ1個• 塩こしょう適宜• 白ワイン100ml 【作り方】• ベーコンは7mm幅程度に切る。 にんにくはみじん切りにする。 玉ねぎはくし切りにする。 人参は半月切りにする。 じゃがいもは2cm幅に切ったら水にさらしておく。 キャベツは食べやすい大きさに切る。 深めのフライパンにサラダ油とらベーコンを入れて、油にベーコンの香りを移しながら強火で炒める。 ベーコンがカリカリになるまで炒めたらにんにくを入れて炒める。 人参、じゃがいも、玉ねぎ、キャベツを入れて油がまわるように炒めたのち、飴色玉ねぎを加えて混ぜる。 コンソメと白ワイン入れて蓋をして蒸し焼きにする。 時々、蓋を開けてかき混ぜて全体に火が通るまで繰り返す。 水500ml入れる。 ローリエは折り曲げて切れ目を入れていれる。 弱火で煮込んで塩こしょうで味を調えたら完成。 【材料】• ブロックベーコン100g• 大根300g• じゃがいも2個• にんじん1本• サラダ油小さじ2• だし汁6カップ• 塩小さじ1• 薄口醬油小さじ2• 万能ねぎ3本• マヨネーズ大さじ3• 粒マスタード大さじ1 【作り方】• ベーコンは1cm角の拍子木切りにする。 大根は3cmの輪切りにして皮をむき、四隅に切り込みを入れる。 じゃがいもは皮をむいたら2等分に切る。 にんじんは縦に4等分にする。 キャベツも縦に4等分にする。 フライパンにサラダ油を引きベーコンと大根を入れて焼き色がつくまで炒める。 鍋に炒めたベーコンと大根を入れてだし汁を加えて蓋をし火を付ける。 大根に火が通るまで30分~40分煮る。 竹串がすっと入るまで煮たらキャベツを入れ、塩と醤油を加えてキャベツに火が通るまで弱火で煮る。 ポトフに付けるタレとして、万能ねぎを小口切りにして小さい容器に入れマヨネーズと粒マスタードを加えて混ぜ合わせる。 ポトフを器に盛り、タレを添えて完成。 【材料】• にんじん1本• れんこん80g• かぶ小4個• 手羽元4本• 生姜2かけ• にんにく1かけ• 水800ml• 酒大さじ3• 塩小さじ1• 黒こしょう少々• ごま油小さじ2 【作り方】• キャベツは縦に4等分に切る。 にんじんは皮をむき乱切りにする。 れんこんは皮をむいて1cm幅の輪切りにする。 かぶは葉を根元1cm残して切り落とし皮をむく。 生姜の皮をむき千切りにする。 にんにくはスライスする。 鍋に水、酒を入れる。 生姜、にんにく、にんじん、れんこん、かぶ、手羽元を入れて蓋をしたら中火で20分煮込む。 かぶに竹串を刺してすっとと通ったら弱火にしてキャベツを入れ、蓋をして5分煮る。 塩、こしょう、ごま油を入れて混ぜ合わせる。 器に盛ったら出来上がり。 ポトフは調味料も入りますが味の決め手は素材です。 素材を煮ることで出たうまみが美味しいポトフの一番の隠し味です。 したがって、美味しいポトフを作るコツは素材選びにあります。 できるだけうまみの出る野菜や肉などを入れるようにしましょう。 肉ならばベーコンやソーセージなどの燻製されたもの、鶏手羽元や手羽先、スペアリブなど骨が付いたものがうまみが出て隠し味にもなります。 骨付きの肉を使う時は、骨と肉の間に隠し包丁を入れておくと、味が染み込んでさらに美味しくなります。 ポトフに入れる野菜ではキャベツ、にんじん、玉ねぎなどの火を通すと甘みが出るもの、セロリ、にんにく、生姜などの香りがあるもの、きのこ類などのアミノ酸が豊富なものを入れると味に深みがまして美味しいポトフになります。

次の