コストコ チェ バッタ ロール。 コストコのメニセーズチャバタロールがうまい!おいしい焼き方とカロリーについても

【コストコおすすめ商品】メニセーズのチェバッタロールはコスパよし!焼き方・アレンジレシピを公開

コストコ チェ バッタ ロール

コストコのメニセーズシリーズより、 チャ バタロールが登場!! は、 手軽に自宅で焼きたてのパンが楽しめるという事もあり大人気の商品です! 一時は入荷するとすぐに売り切れてしまうほどの人気ぶりでした。 そんなメニセーズよりチャバタロールがコストコで発売です! チャバタロールの 発祥はイタリアの北部ポレシーネ地方。 名前の意味は「スリッパ」で、平らな形をしている粗い内相のパンで 多めの水を加えて作るのだそうです。 イタリアではこのパンに、塩を混ぜたオリーブオイルをつけて食べられるのが一般的。 また、チャバタロールは『チェバタロール』や『チャバッタロール』など、いくつかの呼名があるようです。 そんな、チャバタロールが自宅で焼きたてが楽しめるだなんて、とても気になりますよね。 今回は、メニセーズチャバタロールを自宅で焼いて食べた感想についてレビューします。 コストコで展示されていた商品概要では、『焼く前に霧吹きなどで 軽く水をふりかけてから焼く』と記載があります。 チェバタロールは 多めの水分を含むのが特徴なパンなので、 水分を少し加えてから焼くのがおススメです。 アルミホイルをかぶせると、焦げずにふわっと焼くことが出来ます!) 少し焼き目が欲しいときは、アルミホイルを外して少し焼いてください。 焦げないように注意! 水の代わりにオリーブオイルでも! 焼く前に軽く水を振りかけて焼いてきましたが、お水の代わりにオリーブオイルを塗って焼いてもおいしいです! オリーブオイルを塗ると、適度なテリと焼き目がつくので見た目もおいしそうです。 食べた感想は、オリーブオイルを塗って焼いた方が表面がカリカリで、少し固めの仕上がりになりました。 食べた感想 焼き上がりはこんな感じです。 中はふわふわしていて気泡が大きいですね。 生地は少し もっちりとしているので弾力もあるパンです。 おすすめの食べ方 塩気が多少あり、ライ麦の香りが程よくあるパンです。 中のパンがもっちりふわっとしていて、何と合わせても相性が良さそうですが、ハムやタマゴなど塩味があるものがとても合います。 あんバターサンド 塩味があるものがとても合いますが、適度な塩分が甘みを引き立てるので甘いものとの相性もとてもいいですね。 サンドしづらい場合は、半分にカットしてオープンサンドにするのもおすすめです。 気になるカロリーは? 栄養成分(100gあたり) 熱量:258kcal タンパク質:8. 1g 脂質:2. 5gとなります。 なので、 チャ バタロール1つあたりのカロリーは、161kcal程度あることになります。 食パン1枚(6枚切り 60g)158kcal バターロールパン1つ(30g)95kcal となるので、チャバタロールはややカロリーが低いといえます。 Sponsored Link 保存方法は? 賞味期限内だったら、常温保存でOK! 今回の賞味期限は、購入から約1ヶ月あったので慌てて食べる必要はなさそうです。 もう少し長期保存したい方は、 冷凍保存がおすすめです。 冷凍保存の方法 4つ入りの ミニパックごと冷凍保存しても大丈夫です! ただ使用する時に1個ずつ焼きたいかたは、 1つずつラップで包んでから保存袋に入れて冷凍すると便利です。 冷凍後の焼き方 解凍はせずにそのまま焼いて大丈夫です。 好みにもよりますが、少し水分を含めて焼く方がおすすめです。 私は焼く前に少し水分を振りかけてから焼きます。 おわりに メニセーズシリーズのチャバタロールは、ライ麦の風味が香る上品な味わい。 中の生地はカリッと、もちっとしたパンです。 メニセーズのとはまた違った美味しさがあります。 焼きたてのチャバタロールは、外はカリッ、中がふわふわもっちりしていてとても美味しかったです。 冷凍保存も可能なので、1人暮らしの方や食べきれないという方は、冷凍保存がおすすめです。

次の

【コストコおすすめ商品】メニセーズのチェバッタロールはコスパよし!焼き方・アレンジレシピを公開

コストコ チェ バッタ ロール

彩りのある具材を挟むだけでおしゃれなサンドイッチに メニセーズシリーズのパンはどれも硬めの食感のため、香村家では付け合わせとして食べているそう。 「何かを挟んでしまうと厚みも出てしまうので、子どもの口には入らないんです。 プチパンは、休みの日のブランチとして、ソーセージなどと一緒に食べています」(香村さん) バリっと硬い表面に対して中はもっちりとしていてフォカッチャのような食感のチェバッタロール。 「サンドイッチのように具材を挟むだけでおしゃれな雰囲気になります。 ただ…中はふんわりしているものの外側がパリッとしているため、子どもからは食べにくいと不評でした(笑)。 結局、ブロック状にカットして食べることに。 大人だけだったらおしゃれなサンドイッチになりますが、子どもの食べやすさを考えるとカットしてあげるか、サンドイッチではない食べ方のほうがいいのかもしれません」(香村さん) カットしてオリーブオイルだけでもOK テーブルに置いておくだけで自然と手が伸びる コストコのメニセーズシリーズは、どれもコスパに優れているだけでなく、高級感を感じる味わいがポイントだと話す香村さん。 「オーブンで少し加熱するだけで、パン屋さんで売っているパンのようにふわふわするので高級感があります。 大皿に乗せたプチパンとスープ、昨日の残りがあればそれだけでおもてなしできるのはうれしいですよね。 家に誰かが来るときにメニセーズシリーズのパンがあるととても安心します」(香村さん) いつもの朝食にはもちろん、ママ友ランチやホームパーティーなどでお客さんへのおもてなしにもお皿に盛ったプチパンとチーズやジャムがあるだけで立派なプレートに。 賞味期限が長く常温保存もできるので、ストックにもぴったりなコストコメニセーズシリーズ。 色々な種類を食べ比べて、お気に入りを探してみてくださいね!.

次の

コストコ メニセーズ チェバッタロール 美味しい3つの焼き方, MENISSEZ CIABATTA ROLLS, COSTCO

コストコ チェ バッタ ロール

2019年6月17日更新 こちらは4個入りの細長い袋が5連になっています。 シェアしやすい仕様はうれしいですね! 通常のメニセーズミニパンとほぼ同じなので、焼く前の状態かな?ちゃんと密封されています。 20個入りで647円なので1個約33円ほど。 ミニパンと比べると倍くらいの大きさです! 開封する小麦の香りがほんのり。 淡い焼き色も少し着いてます! 食べ方 食べる時は、200~220度のオーブンで10~12分ほど焼きます。 焼くときは、表面が焦げやすくなるので、アルミをかぶせるなどをかぶせるのがおすすめ!焼き上がりは表面が驚くほど熱いです!手で持つ時は注意しましょう。 気になる味ですが、シンプルな塩気が少しあります。 好みのディップと味わうのが最高に美味しいですね!外側パリパリ。 中はふんわり。 噛むほどに広がるモチモチ感がクセになります。 焼きの時間はお好みですが、しっかり焼くほうが外側と中の差が出ておすすめ! 大きさのせいか、生地のみっちり感はミニパンより弱めなので、食べやすいかなーと思います。 冷凍保存方法 賞味期限は購入時で約1か月。 常温保存でOKというのが驚きです。 基本の保存は常温ですが、 開封後は要冷蔵品です。

次の