バイナリー オプション コツ。 バイナリーオプションで勝ち続ける為に重要な3つのポイントとは?知っておきたい安定して稼ぐコツ

バイナリーオプション攻略必勝法

バイナリー オプション コツ

FX取引業界は、人気上昇中のバイナリーオプションを背景に、 すでに取り扱いを行っている大手企業を始め、現在も新たに取り扱いを検討している企業も多数存在することから、 投資家の保護や健全な市場形成に向けた自主規制の取り組みに乗り出しました。 具体的にわかっているのは、1日あたりの投資機会(投資額の上限、取引回数など)や、予想期間の一定以上の確保など、個人投資家の為のサービス内容に関する規制案のはじめ、リスク管理や透明性の確保、FX企業が遵守すべき業務オペレーションのルール化などの整備を加速させていく方針であると言われます。 バイナリーオプションが、従来のFX投資に加え、新たなFX投資の選択肢のひとつとして健全な取引であると認知されるためにも、何が問題となり、何を優先して整備すべきか、そして、どのように業界ならびに投資家に向けて啓蒙していくべきか、 海外で急拡大しているバイナリーオプションの最新事情や動向にも目を向けながら、今後のFX企業各社の取り組みと、これからの判断が、注目すべき自主規制の鍵となることは間違いないでしょう。 ここでは日本国内の代表的なFX企業の現在の取り組みや特徴をご紹介します。 カカクコム・フィナンシャル バイナリタッチオプション マイナー通貨も含めた多彩な通貨ペアを取り扱う「KakakuFX」において、2012年3月よりFXと同一の口座で新たに少額から取引ができるバイナリータッチオプションの取り扱いを開始しています。 トレイダーズ証券 みんなのバイナリー ここはバイナリー初心者には特に人気があるFX企業です。 バイナリーのわかり易さと限定されたリスクという商品性に着目し2011年8月よりサービスを開始。 こちらの特徴は他社でよく見かける二者択一のハイアンドロー(上か下か) に加えて「どこまで」という概念をプラスしています。 これにより幅が広い選択と高いペイアウト倍率を狙うことができ、サービス依頼出来高が増え続けているといいます。 他にも初心者にもわかりやすいサービスが多く、PC以外にも手軽にスマートフォンでも取引できる機能はもとより情報提供の一環として「リアルタイム売買比率」「取引生成績表」など トレイダーズならではのユニークなサービスが提供されています。 公式サイトのリニューアルも定期的に行われ、最近では非常に使い勝手の良いデモ取引機能も整備されました。 これからのバイナリーオプション規制に対しても いち早く対応していくと思われます。 オススメリンク バイナリー初心者でもできるだけ早く収益を確保したい方やリスクを減らしたい人に オススメの投資法があります。 では、実際にご夫婦でこの方法を中心に取引をおこない毎月の利益をちゃんと出すことに成功しています。 レンジ相場について知ったら、次は、トレンド相場について見てみましょう。 バイナリーオプションのテクニックの話になると、どうしても専門用語ばかりで 頭が痛くなってしまうかもしれませんが、あまり難しく考える必要はありません。 一歩ずつ段階を踏んでいって、その上で定着できるようになれば大丈夫です。 バイナリーオプションを始めたばかりの方にとっては、トレンド相場という言葉を 聞くこと自体、初めてかもしれません。 そこで、トレンド相場とはどういう相場なのかについてお話します。 このトレンド相場では、価格が上昇、もしくは下降している状態が ハッキリと現れています。 上昇なら上昇の傾向が、下降なら下降の 傾向が現れているのです。 このような傾向がハッキリと現れているということは、バイナリーオプションに おいては、有利な立場に居ることになります。 というのは、価格が上昇もしくは下降するということは、HIGHLOW型の ルールにおいて、非常に有利になります。 HIGHLOW型のルールでは、 言うまでも無く、開始地点と比較して、終了地点において価格が上昇しているか、 下降しているかによって判定がされるため、 価格の上昇、もしくは下降がそれだけ予想しやすいのです。 上昇することが確実であればHIGHを選択し、下降することが確実で あればLOWを選択すれば、勝ちに繋げることができというわけです。 しかし、とは言っても、100パーセント安心してはいけません。 チャートなどを活用していくことでトレンドを確実に見抜くことは必要です。

次の

バイナリーオプションで使えるダイバージェンスとは?【勝率アップのコツ】

バイナリー オプション コツ

バイナリーオプションとFXの取引方法の違い さて、まずはじめに確認ですが、あなたはバイナリーオプションとFXの取引方法の違いをきちんと理解できていますか? バイナリーオプションのコツを知る前に、バイナリーオプションがどんな投資取引なのかという点をFXの取引方法と比較しながら、一緒におさらいしておきましょう。 バイナリーオプションの取引方法 ではまず、バイナリーオプションの取引方法ですが、その内容はとっても簡単です。 トレードを開始した為替相場の現在レートから30秒後や数分後に、レートは上がっているか・下がっているかのみを予想する非常にシンプルな投資方法です。 ハイローオーストラリアというバイナリーオプション業者の場合だと、エントリー予想が当たった場合の利益額は、賭け金の1. 85倍の金額を受け取ることが可能です。 また、もし予想が外れた場合でも損失額は賭け金のみということが約束されているので、一回のエントリーで多くの金額が減ってしまうということはありません。 FXの取引方法 では次にFXの取引方法の解説です。 FXはトレードを開始した為替相場の現在レートから今後上がるか下がるかを予測し、さらにそこからどこまで上がるか下がるかを予想する必要がある投資方法です。 バイナリーオプションと比較すると、エントリーのみのコツを理解すればいいというわけではなく、利益を確定するポイントまでを見極めて攻略する必要があるので、初心者には難しい取引方法となっています。 またFX初心者によくあるのが、大きく損失を出しているのに関わらず、まだ取り返せるという根拠のない自信でさらに損失を膨らませてしまうということです。 FXでこの行為に走ってしまうと、賭け金以上の損失はもちろんのこと、最悪の場合 「追証」と呼ばれる借金を抱えてしまう可能性も発生してくるんですよね…。 実際にそんな追証を抱えてしまったFX初心者を数人見てきましたが、それはもう目も当てられないほど悲惨でしたよ…。 私の経験上、もちろん互いにメリットやデメリットは存在しますが、初心者のあいだはバイナリーオプション取引に専念しておけば間違いなく正解と言えるでしょう。 バイナリーオプション攻略のコツは勝率を上げること そんなバイナリーオプションの攻略を目指すには、どんなことを意識すれば良いのかということですが、その答えは一つです。 それは勝率を上げること。 これが基本であり最大の攻略法ですね。 FXは勝っても一回のエントリーの利益額が一定でないため、勝率より利益額重視になりますが、バイナリーオプションで勝てば賭け金の1. 85倍の固定利益(ハイローオーストラリアの場合)が入ってきます。 つまり、単純に勝率を上げれば上げるほど、利益額は増えていくんですよね。 以下の表をご覧いただければお分かりかと思いますが、勝率が高ければ高いほど利益額が大きく増加していくのです。 それと併せて、取引回数と賭け金でも利益額に差が出てくることを確認し、バイナリーオプションで見込める利益額の感覚をこの表から感じ取っておいてください。 この感覚を身に付けることも、バイナリーオプション攻略のコツとなってきます。 そして、もう一つ重要なことが 「ペイアウト率」と呼ばれる数値になります。 ペイアウト率とは、トレードに勝利した際に投資口座に払い戻される、賭け金に対しての利益額倍率のことを指します。 ここでも例を挙げさせてもらうと、ペイアウト率1. 70倍の業者で1,000円取引に勝った場合の利益額は、700円となるのです。 冒頭でもお話したように、ハイローオーストラリアという海外バイナリーオプション業者のペイアウト率は1. 85倍ですが、国内業者の場合だとこのペイアウト率の数値より大幅に低下してしまいます。 そして、このペイアウト率が低ければ低いほど、勝率の 「損益分岐勝率」が上昇するということも同時に覚えておきましょう。 損益分岐勝率とは、取引で利益を出すか損失を出すかを分ける勝率の境目、つまり損益の勝率分岐点を指しています。 85倍の利益額でしたよね。 ちなみに、損益分岐勝率の計算方法もとっても簡単なので、ご紹介しておきますね。 バイナリーオプション攻略のコツを覚えるための準備方法 バイナリーオプション攻略の基礎が身に付いたところで、ここからはバイナリーオプション攻略のコツを理解していくための準備を一緒に行なっていきたいと思います。 攻略のコツを理解することは大切ですが、その準備が整っていなかったらそれも不可能ですからね。 今からお伝えする内容は、必ず実施するようにしてください。 では簡単3ステップで解説していきます。 step 1 ハイローオーストラリアに口座開設 まずはじめに、取引を行うバイナリーオプション業者は「」という業者を選択しましょう。 ハイローオーストラリアはバイナリーオプション界で最大級の規模と会員数を誇っており、さらにペイアウト率が高いバイナリーオプション他業者と比較しても、その数値は格段に高い数値に設定されています。 つまり、ハイローオーストラリアは先ほどお伝えした損益分岐勝率が低く、利益を上げやすいということなんですね。 ちなみに、バイナリーオプションには業者毎にが存在しますが、主力となってくるのは 「ハイロー取引」です。 ハイローオーストラリアは、このハイロー取引のペイアウト率がダントツで高い数値となっており、2番手の業者と比較してみても、なんと最大0. 1倍もの差があります。 1倍って大差ないじゃん!!」 なんてお考えの方は以下の画像をご覧ください。 1倍のペイアウト率の違いの威力が一目でわかること間違いなしです。 ハイローオーストラリアの口座開設方法がわからない、もっと詳しく知りたいという方は以下記事を参考にしてみてください。 step 2 MT4をパソコンにダウンロード ハイローオーストラリアへの口座開設が終了したら、次はお使いのパソコンにMT4をダウンロードしていきましょう。 MT4とは、上の画像のようなバイナリーオプションで利用する為替チャートを表示させるためのツールになります。 相場を分析したり、エントリー手法や攻略法を練るのに必要となるツールなので、ダウンロードは必須条件となってきます。 ダウンロード方法がわからない方は、に関しても記事をまとめているので、ぜひ参考にしてください。 また、MT4を利用するためにはパソコンが必要となってくるので、必ずパソコンも準備しておくようにしましょうね。 バイナリーオプションを始めるにあたって必要となってくるパソコンスペックに関しては、以下の記事でまとめております。 step 3 資金管理の調整 お手持ちのパソコンにMT4のインストールが済んだら、次は資金管理の調整ですね。 投資で利益を出すためには、もちろん強力な取引手法や攻略法も必要ですが、それ以上に大切なものが資金管理です。 バイナリーオプションでいう資金管理とは、一回のエントリー金額をいくらに設定するか、またそのエントリー金額を守りながら取引を行う行為のことを指します。 この資金管理が乱れてしまうと、以下のように勝率が損益分岐勝率を超えていても損失を生んでしまう可能性が生じてくるため、確実に資金は衰退の一途を辿ります。 資金管理の方法に関しては以下の記事で、初心者向けに詳しく解説しているので、必ず一度目を通しておいてください。 バイナリーオプション勝率を確実に上げるための5つのコツ 前章の3つの準備が終わったら、本題のバイナリーオプション勝率を最速且つ確実に上げるための5つのコツのご紹介です。 これからお伝えするバイナリーオプション攻略のコツは、プロも利用する最短且つ確実に勝率をUPさせるためのコツです。 初心者の方はこのコツをしっかり押さえ、実際の取引に活かしていきましょうね。 エントリー手法を確立しないまま取引を繰り返す、これは初心者によくありがちなことですが、それでは進歩がありません。 自身がエントリーを決定するタイミングを、自分の中でいくつかのパターンに分けて必ず把握しておくようにしましょう。 バイナリーオプションには大きく分けて 「順張り手法・逆張り手法・順張りの逆張り手法」という3つの手法が存在します。 相場が進むトレンド方向への押し目を狙ってエントリーを行う手法。 このエントリー手法の自覚を行なっておくことで、相場を分析する際にそのエントリー毎に違ったポイントに注目することができたりと、トレードの勝率アップに非常に役立つことは間違いありません。 自身のエントリー手法が定まったら、次はそのエントリー手法によって、使用するインジケーターを分けていきましょう。 インジケーターにはオシレーターとトレンドの2つの種類が存在しますが、オシレーターは逆張り、トレンドは順張り・順張りの逆張りに使用されることが多いです。 エントリー材料• 環境認識材料 まず初めのエントリー材料でインジケーターを使用するという方法は、その名の通り相場にインジケーターを当てはめて、その数値や位置などをトレードで利用してエントリーを行うというお馴染みの方法です。 そして、もうひとつの環境認識材料というのは、同じく相場のインジケーターの数値や位置を利用して、現在の相場はどういった環境にあるのかを把握するためにインジケーターを利用する方法になります。 バイナリーオプションを始めたばかりの初心者だと、エントリー材料のみでインジケーターを利用する方も多いですが、高い勝率を誇る投資家は必ず二つ目の環境認識材料でもインジケーターを利用します。 バイナリーオプションを含めた投資取引では、こういったように一つの分析材料を多方面に生かし、さらに細かく広い分析を行なっていくという方法も存在しています。 具体例として、当サイトではボリンジャーバンドを利用した相場の環境認識方法を紹介しているので、上記インジケーターリストのボリンジャーバンドというリンクから記事に飛んでみることをおすすめします。 インジケーターの詳細に関しては、以下の記事で詳しくご紹介しているので、初心者の方は参考にしてみてください。 そして、インジケーターの使用方法、の見方などが少し理解できた頃に、少し勝率が上がって損益分岐勝率周辺をさまよい続ける時期が確実に訪れます。 簡単に言うと 「時間を掛けて取引してるのに、資金が増えたり減ったりで進歩がねぇ!」っていう時期のことですね。 でも、それでいいんです。 一見進歩がないように感じるかもしれませんが、エントリーを繰り返すことであなたの経験値はどんどん高まっていきます。 間違ってもここで資金管理を崩してはいけませんからね。 バイナリーオプションで一番大切なのは負けないことなんです。 そんな時期でも 「負けてない俺すげぇ!」と自分を褒めながら、どんどん投資家としての経験値を積んでいきましょう。 バイナリーオプションを攻略していくためには、今あるエントリー手法にどんどん改良を加えていく必要があります。 日々エントリーを繰り返し、負けた際はなぜ負けたのか、勝った際はなぜ勝てたのか、必ずエントリーの度に振り返りを行うように習慣付けていきましょう。 この振り返りを行うことで、あなたの手法はどういった時に勝てるのかが見えてくるようになるので、それを元に手法を強化していくことが可能となるのです。 これを繰り返すことで、最強のバイナリーオプション攻略法が誕生していきます。 バックテストとは、プログラミング言語を使って、トレードノウハウを過去相場(10年や5年という年単位)に当てはめ、正しい勝率データを測定する行為を指します。 このバックテスト技術は、バイナリーオプションを生業とする専業投資家が必ずと言っていいほど習得している技術で、勝率を安定させ稼ぎ続けるには必須の技術です。 あなたが編み出したトレード手法のバックテストを取ると、以下の画像のように過去の相場に当てはめた実際の勝率や口座資金の増減を確認することができます。 つまりバックテストを取ることで、実際の資金を消費することなくトレード手法の強化を行うことが可能となるんですね。 バックテストの詳細に関しては以下の記事で詳しくご紹介しているので、初心者の方もぜひご覧になってみてください。 自動売買の使用• マーチンゲール取引• 転売機能の乱用 その内容は上記の三点になります。 では早速、一つずつ確認していきましょう。 自動売買ツールとは、その名の通り自動でバイナリーオプション取引を行なってくれるという一見非常に便利なツールです。 ですが、この自動売買ツールはどのバイナリーオプション業者でも使用が禁止されており、自動売買ツールの使用が業者に見つかってしまった場合は、取引口座の凍結など厳しい処罰が執行されてしまいます。 そして、バイナリーオプションはFXをはじめとする他の投資方法と比較すると、非常に短期勝負となってくる投資方法なのですが、この自動売買を利用した場合はエントリーに大幅な遅延が発生します。 つまり、実際にエントリーしたかった場所より不利な場所でエントリーされてしまうといった現象が多発してしまうのです。 自動売買ツールはすべての業者で使用自体が禁止されておりますが、仮に使用が許可されていたとしても、勝率のことを考えると使用しないことを私はおすすめします。 そして、自動売買を売って詐欺を企てているなんて方も非常に多いですしね…。 マーチンゲール取引とは、取引に負けると次の取引で負けた金額分を取り返すために、次の掛け金を倍の金額に設定しエントリーを行うといった、とっても簡単かつ単純な取引手法のことを呼びます。 このマーチンゲールと呼ばれる取引手法は、投資を始めたばかりの初心者からすると非常に強力な取引手法に感じるかもしれませんが、蓋を開けてみると非常にギャンブル性の高い取引手法となっています。 このマーチンゲールが危険とされる理由に関しては、以下記事で解説しておりますので一度は目を通しておいて下さい。 転売機能とは、バイナリーオプション取引のエントリー時に選択した取引終了時間に到達する前に、自身のタイミングで利益や損失を確定できる機能のことを言います。 バイナリーオプションの攻略情報を掲載する他サイトでは、転売を利用するとバイナリーオプションを攻略できるという情報をよく見かけますが、その情報を発信してる方は投資で稼ぐことはできてないです。 だって、投資の基本である「」という言葉を完全無視しちゃってますからね。 この場を借りて言わせてもらいますが、そんな戦い方をするのであれば、FXに移行されたほうが良いのではないでしょうか? 転売機能を乱用してしまうと、トレードに勝利した際のペイアウト率が一定ではなくなるため、ここまでご紹介した勝率が一切効かなくなってしまいます。 転売についての詳しい内容は以下の記事でご紹介していますので、こちらの記事もぜひ一度ご覧になってみてください。 投資初心者必見!バイナリーオプションの勉強のコツとは では最後に、これからバイナリーオプションで稼いでいくあなたに向けて、私が今も行なっているバイナリーオプションを攻略するための勉強のコツを解説しますね。 まずお伝えしておきたいことは、バイナリーオプションの勝率を上げるための勉強のコツは情報収集に限るということです。 確実な勉強法は、以下のステップです。

次の

バイナリーオプションのライントレードにはコツがある?プロが教えます!

バイナリー オプション コツ

みなさんこんにちは。 「 ライントレードで勝てる方法を教えてください!」 「 ライントレードって難しいの?」 「 ライントレードの逆張りのやり方を教えてほしい!」 バイナリーオプションをある程度経験されている方から、バイナリーオプションのラインを使った取引手法について質問される方が非常に多いです。 ですので、今回の記事は僕が以前から記事に書いてる「ライントレード」についての詳細を書いていこうかと思います。 「ライントレード」をやるときには、ただ闇雲に線を引いて、「反発したポイントで逆張りエントリー!」というように行うという簡単なものではありません。 ライントレードでバイナリーオプションを攻略するに当たって大事な要素を書き出したので、ぜひ最後まで読んでください! またライントレードについてもっと知識を深めたい方は下記の動画でさらに詳しく解説していますのでぜひご確認してください! バイナリーオプションのライントレードにはコツがある? バイナリーオプションのライントレードと聞くと、「 水平線を引いたレジスタンスライン・サポートラインの反発を狙った逆張り手法」という取引方法を頭に浮かべると思います。 確かに、上記の解釈で間違ってはいませんが、 ただラインに反発したから逆張りをしていいというわけではありません。 今回はバイナリーオプションの正しいライントレードのコツを解説いたします! 本記事の内容は以下のとおりです。 ライントレード使用するラインの種類• ライントレードに適した相場環境• ライントレードに適した時間帯• ライントレードのためのラインの引き方• ライントレードのメリット• ライントレードの注意点 本記事を最後まで読むことで、ライントレードのノウハウが身につきますので、ぜひ最後までお読みください! ではさっそくご説明にしてきます! ライントレードで使用するライントレードの種類 ライントレードを行ううえで、必ず覚えておかないといけないラインは2種類あります。 水平線ライン• トレンドライン 大きく分けてこの2種類のラインは、ライントレードをするためには必要不可欠なので、どのようなものなのか覚えましょう! ではそれぞれ、ご説明していきます! ライントレードに必要不可欠のライン:水平線ライン 水平線ラインとは、 相場の高値同士、または安値同士を水平に結んだラインのことを指します。 上のチャート画面をご覧いただくと、赤い水平線ラインが高値同士を結んだ線で、青い水平線ラインが安値同士を結んだ線になります。 また、水平線ラインにはそれぞれ、 高値同士を結んで上から相場を抑え込む線をレジスタンスライン、 安値同士を結んで下から相場を支える線をサポートラインとよびます。 レジスタンスラインを上に突破(ブレイク)すると、相場は上昇傾向になり、価格が上がっていくアップトレンドへのトレンド転換の指標になります。 反対に、サポートラインを下に突破(ブレイク)すると、相場は下落傾向になり、価格が下がっていくダウントレンドへのトレンド転換の指標になります。 レジスタンスラインのブレイク後、今度はレジスタンスラインが相場を下から支える線になると、レジスタンスラインからサポートラインに変わります。 サポートラインブレイク後も、サポートラインが上から相場を抑え込む線になると、サポートラインからレジスタンスラインに変わります。 この2種類のラインを総称して「水平線ライン」になります。 ライントレードに必要不可欠のライン:トレンドライン トレンドラインとは、 トレンド発生時に引くラインです。 上昇トレンド発生時は、切り上げていく安値同士を結び、 下降トレンド発生時は、切り下がっていく高値同士を結びます。 上のチャート画面では、上昇トレンドの安値同士を結んだAとBのラインが、トレンドになります。 トレンドラインに反発して高値が切上がっていくと、上昇トレンドの継続を意味し、 押し目買いの順張りトレードで、Highエントリーを入れるポイントになります。 反対に、トレンドラインに反発して安値が切り下がっていくと、下降トレンドの継続を意味し、 戻り売りの順張りトレードで、Lowエントリーを入れるポイントになります。 また、トレンドラインをブレイクすると、トレンドの終了と転換を表す指標になりますので、ぜひ覚えてください! ライントレードに適した相場環境 先ほどご説明した、水平線ラインとトレンドラインには、それぞれ使うときに適した相場があります。 それぞれのラインがどんな相場環境に適しているのかについて、ご説明いたします! 上のチャート画面では、Aが水平線ライン、Bがトレンドラインになります。 水平線ラインを引くときは、 高値と安値の幅があまり変動しない一定的な値動きをしている、レンジ相場が適しています。 レンジ相場で引いた水平線ラインが意識されて、一定の値幅を為替レートが推移しているのが一目でわかります。 レンジ相場に引いた水平線ラインをブレイクすることを、「レンジブレイク」とよび、トレンドの発生を示唆するひとつの指標になります。 一方で、トレンドラインを引くときは、 トレンドが発生しているトレンド相場に適しています。 上昇トレンド時には、トレンドラインが意識されて、相場が上昇する傾向が高く、下降トレンド時は、トレンドラインに沿って、相場が下落していく傾向が高いです。 ちなみに、Bのトレンドラインに平行して引いてある線を「チャネルライン」とよびます。 以上が、ライントレードに適したそれぞれの相場環境についてのご説明になります! ライントレードに適した時間帯 では、水平線ラインやトレンドラインを引くのに適した相場環境が理解できたところで、それぞれの相場環境が現れやすい時間帯について解説いたします! まず、前提の知識として為替市場には「 世界3大市場」とよばれる、 取引量が多い上位3つの市場があります。 東京市場(オープン:9時~クローズ:17時)• ロンドン市場(オープン:17時~クローズ:翌3時)• ニューヨーク市場(オープン:22〜クローズ:翌5時) では、それぞれの市場がオープンしている相場環境の特徴について解説いたします! 水平線ライントレードに適した東京時間 まずはじめに、東京市場がオープンしている日本時間の午前9時帯は、 3大市場の中で最も取引量が少ないため、値動きはあまり出にくい特徴があります。 また、アジア圏のトレーダーが多く取引しているため、ドル円やクロス円などの、円が絡んでいる通貨ペアの値動きが出やすい傾向があります。 全体的な相場環境の傾向はレンジ相場が多いため、 東京時間の午前9時から夕方17時までの時間帯は、「水平線ライントレード」 に適しています。 トレンドライントレードに適したロンドン時間 次に、 ロンドン市場がオープンしている日本時間の午後17時帯は、最も取引量が多い時間帯です。 そのため、相場の値動きも活発化し、 相場に方向性や勢いが出やすいトレンド傾向になりやすいことから、「トレンドライントレード」が適しています。 トレンドライントレードに適したアメリカ時間 最後に ニューヨーク市場がオープンしている日本時間の午後22時帯は、ロンドン市場に次いで取引量が多い市場です。 そのため、アメリカ時間の開始でさらに値動きが活発化する傾向が強いため、 アメリカ時間の午後22時から翌午前5時までの時間帯では、「トレンドライントレード」が適しています。 また、 相場に大きな影響を与えるアメリカの経済指標も、この時間に発表されることが多いため、突発的な値動きにも注意が必要です! 下記の記事では、バイナリーオプションの勝ちやすい時間帯について解説していまずので、ぜひ下記の記事もあわせてご覧ください! ライントレードのための効果的なラインの引き方 ラインの種類やライントレードに適している相場環境について理解できたところで、「 どこにラインを引けばいいのか?」について解説いたします! 水平線ラインとトレンドラインそれぞれのライン引くポイントについて解説いたしますので、ぜひ覚えて実践に活用していきましょう! 水平線ラインの効果的なラインの引き方 水平線ラインを引いてライントレードしていくには、「どこにラインを引くか」が肝心です。 水平線ラインを引くときのポイントは、「 同じ価格帯のポイントで何度も反発して強い抵抗帯や支持帯として機能している箇所」です。 より多く反発している回数が多いほど強い抵抗や支持として機能しています。 上のチャート画面のように、同じ価格上で何度も反発して機能しているポイントを見つけだし水平線ラインを引いていきます。 また、直近の高値と直近の値の部分にも、細かくラインを引くことで、ライントレードの際のトレード根拠が増えます。 また、下記の記事では水平線ライン以外にも、インジケーターなどのテクニカル指標を使ったレンジ相場の分析方法について解説していますので、ぜひ下記の記事もあわせてご覧ください! トレンドラインの効果的なラインの引き方 上のチャート画面のように、トレンドラインを引くときは、上昇トレンドでは安値同士、下降トレンドでは高値同士を結びます。 トレンドラインを引くときには、 ラインを引くための高値や安値が2つ以上必要になります。 トレンドラインを引くときのポイントは、水平線ライン同様に、何度も反発して機能しているポイントに引いていきます。 トレンドラインを引くことで、 トレンドの継続と終了が判断できますので、トレンドラインを引いて、トレンド相場をマスターしましょう! また、下記の記事ではトレンドライン以外にも、インジケーターなどのテクニカル指標を使ったトレンド相場の分析方法について解説していますので、ぜひ下記の記事もあわせてご覧ください! ライントレードを行うメリット ライントレードでバイナリーオプションをすることには、メリットがたくさんあります。 相場をシンプルに見るので誰でも判断しやすい• ラインを引くことで優位性のある取引ができる• ずっと相場を見ている必要はない• 基本的にライン以外に何も使わなくてもトレードが出来る 以上のようにライントレードは、数多くのプロトレーダーが使ってる手法であることから信憑性が高く、初心者でも簡単に分析ができるため再現性も高いです。 効果的なラインを引くためには、実践経験を積む必要がありますが、慣れればインジケーターを使ったロジックでの取引よりも、エントリーサインがわかりやすいため、 バイナリーオプションを攻略するためにオススメの取引手法です! ライントレードでエントリーするときの注意点 ライントレードを行っていると、ラインをブレイクしたが、またブレイクしたライン内にローソク足が戻ってきたということがあります。 これが、「ダマシ」です。 ですが、値幅で利益を出すFXと違って、1回のエントリーで決着がつくバイナリーオプションでは、ダマシがでてもエントリーを避けるという手段をとれば問題はありません。 エントリーの際は必ず、ラインにローソク足が触れて反転したことを確認出来てからエントリー、というように取引の際のエントリールールを決めておきましょう! また、ダマシ回避の方法として、 インジケーターなどのテクニカル指標もあわせてエントリーの根拠づけをすることをオススメします。 ライントレードを行う際は、インジケーターで相場環境や相場動向を判断し、エントリーのサインはライントレード、というように分析方法を分けることも重要です。 まとめ 今回はバイナリーオプションのライントレードの方法について解説いたしました! ライントレードは、 初心者でもわかりやすいエントリーサインであると同時に、 プロのトレーダーも使っている取引手法であるため、エントリーの期待値はとても高い取引手法です。 ですが、ラインをむやみやたらに引いても勝てるわけではなく、 しっかりとラインが機能するポイントに引けるかどうかが重要です! そのためにも、ラインを使って実践を積むことで、効果的なラインが引けるようになり、バイナリーオプション攻略への第一歩を踏み出せます! ですので、しっかりと本記事を読んで、バイナリーオプションでライントレードの実践をしてください! では、また次回の記事でお会いしましょう!.

次の