土踏まず つる。 腰痛と同時に踵やアキレス腱、足裏や土踏まずの痛み痺れが発生した時は注意

土踏まずがつる原因は?対処・予防方法は?足の裏が痛い!

土踏まず つる

Sponsored Link 足をつる原因は? 足の指や、土踏まずをつる原因には次のようなものがあります。 ・筋肉疲労 スポーツや慣れない運動で筋肉疲労してしまうと神経との連携がうまく取れずに 筋肉が緊張してけいれんを起こしたり、つったりします。 ・栄養不足 カルシウムやマグネシウム、カリウム、ナトリウムなどの電解質には、 筋肉の働きを調整する作用があります。 汗をかいたり、コンビニ弁当や外食が多くて栄養バランスが悪いと、 電解質のバランスが悪くなって、筋肉が正常に働かなくなってしまい、 足の指や土踏まずをつりやすくなるといったことが起こります。 ・水分不足 水分が少なくなってしまうと血行不良を起こして、筋肉に栄養が行き渡らなかったり、 電解質のバランスが崩れてしまい、足をつってしまいます。 ・病気の前兆 動脈硬化、糖尿病、下肢の静脈瘤、肝臓の病気などの初期症状として、 足の血行不良による足の痙攣、つると言った症状があります。 特に40代以降でアルコールや喫煙をしていると、 これらの病気が原因で足をつっている場合があります。 椎間板ヘルニアの場合も血行不良によって、 足をつりやすい傾向にあるようです。 病気かどうか見分ける方法についてはを参照して見てください。 ・体の歪み 体の歪み 猫背、偏平足、骨盤の歪み、体がかたいなど があると、 足に血行不良が起こって足をつりやすくなります。 私は主に栄養不足と体のゆがみが原因だったようで、 外食をできるだけ減らし、座るときの姿勢を意識していたら、 足をつる頻度がだいぶ減りました。 足をつった時の対処法! 足をつっている時は足の筋肉が異常に縮んでいる状態です。 ゆっくりと 痛い所を伸ばしてあげましょう。 つった時に足が冷えている場合は、 血行不良によって足をつっている場合が多いです。 そんな時は 足にタオルをかけたり、さすって足を温めてあげます。 つるのがおさまったら再発しないように、座り方や寝方を変えて、 負担がかからないよう安静に過ごしましょう。 最後に また体が冷えた時によくつるという方は、 血行不良が進んでいる証拠です。 足をつる頻度が多い場合は、水分不足やミネラル不足というよりも 体の歪みがひどかったり、病気である可能性が考えられます。 足をつる頻度が多くてもすぐに収まるからといって放っておくよりも、 体の歪みと言われて思い当たるところがなければ、 一度血液検査をすることをオススメします。 もし足の裏をつったり、こむら返りが起きてこのページを見に来てくれたという方は、 こちらにも目を通してしっかりと予防したいですね。

次の

突然ふくらはぎがつる!足が頻繁につる人は、こんな病気に気をつけて

土踏まず つる

足の裏がつるということは、 筋肉の異常収縮や 痙攣が起きているということですが、 果たして、 足の裏にも筋肉はついているのでしょうか。 答えは・・・ YES です。 足の裏は常に地面の衝撃を受けています。 この 衝撃を和らげるクッションの役割を筋肉が担っています。 その為、足の裏の筋肉は、 丈夫でしなやかなんです。 歩いたり、走ったり、日常生活の中で常に使われているだけでなく、 心臓から遠い場所にあるので、 心臓に血液を送り返す役割もあります。 目立たない筋肉ですが、重要な役割を担っている場所なんです。 足の裏がつる主な原因は、 ・ 血行不良による冷え ・運動不足 ・ミネラル不足 ・ビタミンB1不足 ・ 水分不足 などが主な理由として挙げられます。 この中でも 冷え性の方であれば年中冷えていることが多いので、 1年を通しての対策を取る必要があります。 冷え性対策は、 冷えから来る体調不良全般に効果があり、 身体を温めると代謝がよくなりダイエット効果もあるそうです。 気になる方は試してみてはいかがでしょうか。 ビタミンや ミネラルが不足している場合は、 サプリメントがおすすめです。 足がつることに特化したサプリメントであれば、 必要な栄養素をバランスよく摂ることができ、 効率よく改善することができます。 このような身体の悩みは、食事 栄養バランス が原因と なっていることが多いです。 身体の悩みを解決し、日常生活が楽になり、 更には外見まで美しくなれたら最高ではないですか? それは食事と、ちょっとした運動で叶えることができます。

次の

土踏まずがつるのはなぜ?治し方を紹介します!

土踏まず つる

土踏まずを押すと痛い場合の対処法! 土踏まずとは、 足の裏にあるアーチ部分で、文字通り土を踏んでも通常は触れない場所(土を踏めない)のことを言います。 この 土踏まずが、特に激しい運動をしたわけでもぶつけたわけでもないのに、 痛かったり、つったり、しこりがあると、「何が原因なの?」と心配になりますよね。 そこで今回は、 土踏まずの痛みやつる原因を探っていきたいと思います。 また、土踏まずが痛い時の対処法なども併せてご紹介していますので、今現在土踏まずの痛みに悩まされている方は勿論のことですが、いつ誰に起こってもおかしくない 土踏まずの痛みについて、是非これを機に一人でも多くの方に知って頂けたらと思います。 土踏まずの痛みの原因は? 土踏まずが痛くなる主な原因は、筋肉疲労です。 土踏まずを含めた足裏は、 足底筋膜という筋肉の膜で覆われているため、この足底筋膜が傷付き炎症が起こると、足底筋膜炎を発症して痛みを感じることがあります。 ハードなトレーニングを行うスポーツ選手が起こしやすいと言われていますが、逆に普段全く運動をしない方が急に運動を行っても、足底筋膜炎が起こり、土踏まずの部分が痛くなってしまいます。 足底筋膜炎になる原因には、現代人の多くが慢性的な運動不足に陥っており、特に交通網の発達から歩くことが極端に少なくなってしまったため、足裏の筋肉があまり発達していないことが挙げられます。 また、女性の場合はハイヒールやパンプスなど、窮屈でかかとが高い靴を履くことが多いため、足裏へ過度の負担が掛かって土踏まずを痛くしてしまうと言われています。 土踏まずがつる場合の原因は? 土踏まずに限らず、足がつってしまう原因の多くは、栄養不足や水分不足と言われています。 毎食、コンビ二のお弁当や外食をしているという方は、慢性的な野菜不足になっているため、ビタミンやミネラルが足りないため足がつりやすくなってしまいます。 しかし、いつも土踏まずだけがつってしまうという場合には、胃や十二指腸、膵臓といった消化器官の不調が考えられます。 と言うのも、土踏まずの位置はちょうどこれらの器官の末梢神経が集まっていることから、その部分ばかりがつるというのは何らかの問題を抱えている可能性があります。 土踏まずにしこりがある場合の原因は? 土踏まずを触るとしこりのようなものがある・・。 もしかしたら悪い病気なのでは?と不安になっている方がいらっしゃるかも知れません。 これは、 足底線維腫と呼ばれる良性の腫瘍で、指で触るとコリコリと硬い感覚があります。 良性のためガン化することがないと言われており、病院へ行っても経過観察やインソールなどの対処療法のみという場合も多いのですが、しこりが大きくなると立っているだけでも痛みを感じるようになり、日常生活に支障をきたしてしまいます。 ここまで進行すると手術によって切除する場合もあるようです。 なお、しこりが足裏の皮膚表面にできており、ほくろのような色や形をしていて、それが日増しに大きくなる場合は足底線維腫ではなくガンの可能性があるため、すぐに病院へ行くようにして下さい。 突然の土踏まずの痛みの対処法 土踏まずに突然痛みが現れたら、どうしたらいいのか?と悩んでしまいますよね。 そのような時は、まずは安静にすることが大切です。 運動中であれば運動を止め、無理に動かさないようにしましょう。 足底筋膜炎の場合は、炎症を起こしていることから、ツボ押しやマッサージで刺激することは止めた方がよいです。 また、痛みが強いうちは基本的には冷やした方が炎症を抑えることができますが、痛みがやわらいできたらお風呂に使って温めた方が血行が促進され、症状が改善します。 土踏まずがつった場合の対処法 土踏まずがつったら、無理をしないようにしながら、少しずつ伸ばしてみましょう。 つる、というのは筋肉が痙攣して収縮している状態のため、これを伸ばしてあげることで痛みをやわらげることができます。 なお、指をつかんで思い切り反対の方向へ曲げるといった対処法をとる方がいらっしゃいますが、運動中につった場合にはその原因が怪我である可能性もあるため、基本的にはお勧めできません。 まずは、楽な姿勢をとり、痛みのピークが過ぎたところで足の裏をゆっくりと伸ばしていきましょう。 また、土踏まずを温めることで、血行がよくなり筋肉の緊張がほぐれて痛みが緩和されることもあります。 土踏まずにしこりがある場合の対処法! 土踏まずにしこりがある場合は、自己判断せずに早めに病院へ行きましょう。 検査によってそのしこりが良性であるか、悪性化するものなのか判断してもらうことができます。 その上で、しこりが足底線維腫であるとわかった場合は、大きさなどを見て医師と手術について相談することになります。 足底線維腫は、見つかったら即手術というわけではなく、しこりにあたって痛みが出ないように対処療法を行って様子を見るケースもあります。 インソールなどは自分で購入することもできますが、合わないものを使用するとそれが刺激となってしこりが大きくなってしまいますから、必ず病院で診てもらうことが大切です。 土踏まずのしこりがなかなか治らない場合は、病院は何科に行けばいいの? 土踏まずのしこりが気になる、または大きくなってきて痛みがあるという場合には、病院を受診するようにして下さい。 その際、近くに整形外科があればそれを第一優先に、もしなければ皮膚科でも構いません。 しこりが足底線維腫の場合、命に関わるということはありませんが、放置していると、同じ足裏にできるタコや魚の目の比ではない大きさに成長してしまいます。 その成長スピードが速いことから、しこりがある場合はできるだけ早く病院へ行くようにしましょう。 土踏まずの痛みやつる原因!しこりがある場合は要注意!のまとめ 土踏まずがよく痛くなる、つってしまうという方は、運動不足や食生活の乱れといった生活習慣を見直してみましょう。 足裏を鍛えるためには、きつい運動をする必要はありません。 例えば、通勤の時に一駅分だけ歩いてみるとか、靴はサイズが合ったものを使用し、ハイヒールやパンプスのような足を締めてしまうものはなるべく履かないようにするなど、毎日のちょっとした工夫で改善することが可能です。

次の