足 裏 アーチ テーピング。 足裏アーチを守るスポーツソックス|C3fit

浮き指の改善方法とテーピングのやり方

足 裏 アーチ テーピング

皆さん、突然ですが足の指を前から見てみてください。 よく見るとその足は横に向かって平たくなってしまっていませんか? 実はそのように横に平たくなった足を「開帳足」と呼びます。 あまり聞いたことがないという方も多いかもしれませんね。 しかし、開帳足は放っておくと次第に足に負担がかかるようになり、魚の目やたこができる要因にもなります。 もっとひどくなると足の親指の病気である「外反母趾」にもつながる危険性があります。 とはいっても、どうやって開帳足を防げばいいのかよく知らないと感じることでしょう。 そこで今回は最初に開帳足の概要を説明し、後半では開帳足を改善するための方法を紹介していきます。 聞き慣れない開帳足についての知識が満載なので、ぜひ読んでみてください。 開帳足とは? 開帳足(かいちょうそく)とは、前足部の指の付け根あたりにある横アーチが崩れ、足の幅が広くなってしまっている状態をいいます。 要は中足骨をつなぐ靭帯が伸びてしまっている状態です。 正常な足の場合、つま先から見ると親指から小指にかけて小さなアーチ状になって見えますが、開帳足では崩れてベッタリと床に接地しています。 この小さなアーチは、体重や衝撃を受けとめるクッション的な役割も果たしているため、開帳足になると足にはもちろん、身体全体にも不調をきたしてしまいます。 足の内側のアーチいわゆる土踏まずのアーチが崩れてしまった状態をいう扁平足はよく耳にしますが、実はこの聞きなれない開帳足に悩んでいる人も意外と多いと言われています。 開帳足の症状と原因 開帳足は足前方のアーチが崩れた状態となるため、足の幅が広がってしまいます。 伸縮性の高いスニーカー等をいつも履いている人は気づきにくいかもしれませんが、パンプスやヒールを履いた時には窮屈と感じるようになるでしょう。 しかし、この時点で開帳足を疑う人は少なく、むくみや疲労が原因と思う人がほとんど。 徐々に足の疲れがひどくなってきます。 これが開帳足の初期症状です。 また、開帳足では横アーチが崩れることにより指の付け根がベッタリ床についてしまいます。 そのため足の指が地面にきちんと着かず、浮き上がった状態「浮指」となります。 浮指は自分でも確認しやすく、開帳足を疑う唯一の自覚症状でしょう。 開帳足となってしまう原因として考えられるのは、足にあっていない靴を履き続けることによる筋力の衰えや、前足部に過度の負担がかかり続けること。 また外反母趾の症状があり、痛みを避けるために歩行や動作を避けることによる筋力の低下も原因としてあげられます。 症状に悩む人の9割りは女性と言われており、特にハイヒールを履く女性はつま先に全体重がかかるため、開帳足の症状を引き起こしやすいと言われています。 開帳足が悪化するとどうなるの? 開帳足の初期症状を放置していると、まず最初に現れる症状がタコや魚の目です。 そして、さらに 悪化した足に最も多く見られる症状が外反母趾でしょう。 開帳足になることで、前足部への力や体重のかかり方が変わると、足底部の組織は柔らかいために親指が内旋。 曲げたときに小指側に外反して親指の付け根が内側に飛び出してしまいます。 外反母趾と対照的に、小指が親指側に内反して小指の付け根が外側に飛び出す内反小趾を発症することもあり、最悪の場合、 外反母趾と内反小趾を同時に発症してしまうケースもあります。 また、開帳足によって足の形が変形すると、歩き方も今まで通りとは行きません。 足の裏で体重や衝撃を吸収しきれなくなり、気づかないうちに負担は膝や腰へかかっています。 そのため足の痛みだけでなく、膝の関節痛や腰の痛みに悩むこととなるでしょう。 アーチがなくなることで指の付け根全体が地面に接してしまうため、通気性が悪くなり水虫の原因となることも考えられます。 開帳足のチェック 開張足はセルフチェックができる方法があるので、ここで紹介したいと思います。 まずは足でグーをつくるように指先をぎゅっと丸めます。 このとき、それぞれの足指の付け根に骨の突起が浮き出るかどうかを見てみましょう。 この時、骨の突起が出てこない場合は開張足の疑いがあります。 製品名 TENTIAL ZERO 値段 7,980円(税抜) 特徴 歩いやすさ・衝撃吸収 こんな方にオススメ 足の悩みを改善したい方・なかなか疲れが取れない方 崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ TENTIAL ZEROは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある『立方骨』に着目! 立方骨を支えることで、足の骨格を修正。 ふくらはぎや腰に集中していた負担を分散し、扁平足や外反母趾などの足の悩みだけでなく、腰痛や肩こりなど全身のお悩みを改善してくれます。 また、全面に『高級ポロン素材』を使用。 衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備え、歩きやすさと足の負担軽減を可能としたインソールです。 足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです! 開帳足の5つの改善方法 開帳足を改善するためには、歩き方を矯正すると効果があると言われています。 開帳足というのは、足を前から見た時に指周辺の弧の形、「横アーチ」が崩れていることを言います。 この 横アーチの崩れは歩くときに地面に足をつけすぎてしまうことや内股などによって足指の筋肉が衰えてしまうことが原因となります。 足が内股やがに股にならないように意識をすることが重要です。 開帳足が気になるという方は、まずはゆっくり歩いてみて、上記の順番で足の動きを練習してみましょう。 足の横アーチを崩さないためには、足の動きに常に関係する「靴選び」も重要です。 足に負担をかけないためには靴の見た目や格好良さよりも、サイズやフィット感が大切です。 例えば、 ヒールやパンプスなどでかかとがあまりにも高い場合は、足指の付け根に多大なストレスがかかるので、やはりは履きすぎは禁物です。 スニーカーでもつま先に余裕がないものや小さいものだと足の形が窮屈になってしまい、足のアーチも簡単に崩れてしまいます。 正しい靴選びには自分の足の特徴を知ることが重要で、購入する前に足の幅やつま先、かかとの高さなどを熟知して選ぶことが大切です。 こういった下準備を怠らなければ、サイズの合わない靴を選ぶこともなくなるでしょう。 開帳足の改善には、すでに述べたように靴の選び方が重要です。 それに加えて、靴下も選び方を工夫してみると、より開帳足への効果が期待できます。 最近では靴下を履くだけで 足指の動きを促し、正しい横アーチの形を保ちながら開帳足を防いでくれる商品が登場しています。 さらに、足全体をしっかりと保護して足のブレを軽減する機能が搭載された商品もあります。 以下で紹介する商品は 5本指用のソックスで足指を刺激し、体のバランスをキープしながら歩けるような仕組みになっているので、足裏に疲れが出にくくなる特徴があります。 足指を刺激することによって横アーチ形成も簡単にできるため、開帳足の改善や予防に最適です。 その上、滑り止め加工がある上にかかとまでガードされているので、ケガも防げます。 このような機能性で2000円ほどで購入できるので、大変おすすめです。 5本指サポーター ケアソックス 開帳足 巻き爪 サポートソックス 滑り止め 高機能靴下 足を保護し、開帳足を改善できるのはサポーターも同じです。 サポーターを装着することによって 足の骨格や筋肉を整え、筋膜までサポートできるので足の崩れた形の矯正にはピッタリです。 中には地面からの衝撃を抑えて足への負担を軽減できる商品も多々あるので、立ち仕事で動き回る方でも気軽に身に着けられます。 以下の商品、 「YanoRing Health ピンク S 」は世界で初の横アーチ改善グッズとして販売され、装着した瞬間に筋膜を整えてアーチサポートができるので開帳足の改善に効果が見込めます。 理想的な健康づくりができる商品としても期待が持てます。 【方法】 ステップ1・・・親指の付け根と小指の付け根が合うように軽く引っぱって巻くように貼る。 ステップ2・・・ステップ1より軽く上にずらして引っ張りながら貼る。 ステップ3・・・ステップ2の位置よりもさらに上側にずらして同じように貼る。 ステップ4・・・ステップ3までの手順をもう一度行い、足全体を二重に保護する。 詳しくは以下の動画を見てみましょう。 サポーターと似たような形で 「開帳足用パッド」と呼ばれる簡単に足を保護するための商品も販売されています。 開帳足用パッドはインソールと違い、 裸足にもはめることができるのが特徴の一つです。 優しく足をサポートし、土踏まずへの適度な刺激を与えて足の骨格が持ち上げられ、アーチを作れるので、開帳足にも効果があるわけです。 以下の商品は痛みが出ないよう、 柔らかい素材を使用して足の疲れを軽減できるような工夫がされています。 もちろん足への衝撃を抑制できるよう、アーチサポートも入っているので簡単にフットケアができます。 加えて通気穴があるため、汗による蒸れの発生も防ぐことができます。 また、水洗いも可能なので何回でも清潔に使うことができる優れものです。

次の

足底筋膜炎に効くキネシオテーピングの巻き方

足 裏 アーチ テーピング

この記事の目次• 足の外側を痛めてしまう行動とは? 多くの人がちょうど写真のような足の外側を痛めてしまうことが多い。 この場所の痛みは特別怪我などがなくとも、痛みを出してしまう場所である。 その主な行動としては、前述したように長時間の立位や長時間の歩行などによって、足に負担がかかってしまうからだ。 また現代人は四六時中靴をはくことが多くなったことによって、足の筋力も低下していることが一つの要因ともなっている。 足の外側の構造 足の外側の痛みを出す人は、写真のような場所で痛みを出してしまう人が多い。 写真は骨を実際の足にトレースしたものとなる。 骨模型でみるとちょうど立方骨と踵骨と呼ばれる骨の関節部分に当たる事が分かる。 ここでのトラブルが非常に多いのだ。 足の外側痛の原因 なぜ上記の様な立方骨と踵骨の関節部分に痛みが出てしまうのだろうか? その原因を骨模型を使用して説明していく。 実は足の外側の痛みは前述したとおり、長時間の立居姿勢や歩行などで扁平足が促される事によって生じてしまう。 扁平足は足のアーチ構造である内側アーチが落ちてしまう状態だ。 この内側アーチが落ちてしまうと構造上立方骨と踵骨の関節部分に負担がかかってしまうのだ。 実際に骨模型を動かして説明しよう! 通常の足の内側の骨がこちらだ。 内側のアーチが落ちてしまうとこうなる。 それでは外側はどうなっているだろうか? 確認してみるとこの様な状態になる事が分かる。 通常の外側の骨がこちらだ。 内側のアーチが落ちてしまうと外側はこうなる。 立方骨と踵骨同士がつまりは骨同士が圧迫されているのが分かるはずだ。 足の構造上、内側アーチが落ちてしまうと、扁平足になってしまう。 捻挫後のリハビリに関してはこちらの記事を是非ご覧下さい。 改善方法• 痛みが強い時はテーピングやインソールで内側のアーチを支え、足の骨の負担を減らしていく。 足の体操で、動きを改善させ負担を減らしていく。 この2点について以下に詳しく説明していく。 内側アーチUPのテーピングの方法 まずは内側アーチを挙げることによって、骨同士の衝突を防いで、痛みを軽減することが最優先となる。 テーピングをする前に、30cmほどのキネシオテープを用意する。 内側アーチを挙げるテーピングのやり方がこちらになるので是非試して頂きたい。 足首と指は上に向ける。 親指からテープを貼っていく。 踵を通して、親指へ。 再び、親指に貼ったら完成。 その為、このようなアーチをUPし、足の状態を整えてくれるインソールを使用していくことがオススメです。 オススメのインソール コレはかなりオススメだ。 内側のアーチを保持してくれる上、耐久性もある。 ヒールサポートもあるので立っている時や歩く時の負担を減らしてくれる。 足の外側に痛みがある方はぜひ使用して頂きたい。 足の動き改善体操 テーピングやインソールなどで、日常的な足の痛みを軽減することは重要である。 また足の動きを改善していくことも大事となる。 そもそも足の扁平足化は足自体の筋力の低下や柔軟性の欠如によって生じてしまう。 YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。 愛知県岡崎市在住。 整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。 柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。 「一生懸命運動やストレッチをしているのに改善しない。 どうしてなんだろう?」 その様なお悩みを抱えた方やお仕事によるお身体のトラブルを抱えている方々を中心に皆様のその問題を解決する「お身体の健康アドバイザー」として日々奮闘中です。 またその傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。 僕の想いはただ一つ。 【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。 】 その事によって、仕事の能率が向上したり、快適な生活が送れるようになれば『社会』に貢献できるのでは無いかと考えています。 またそのような技術を後進に伝えていく事も僕の使命であり、社会貢献だと思っております。 【長尾のちょっとした情報】 お身体のケアが好き。 ラグビーをするのが好き。 ランニングしたり、山を登るのが好き。 実家のタヌキみたいなチワワが好き。 嫁が一番大好き。

次の

その足・腰・首の痛みはハイアーチが原因かも!インソールやストレッチなどのおすすめの改善方法を徹底解説!

足 裏 アーチ テーピング

イスに座り、貼る側の足をこのような姿勢にします。 【採寸】1枚目のテープです。 足の親指の先から、かかとまでの長さのテープを用意します。 約5cmくらい切り込みを入れます。 【採寸】2枚目のテープです。 足の甲の中央から、足裏まで一周分プラス1cmくらいの長さのテープを用意します。 合計2枚のテープで貼ります。 1枚目のテープです。 紙の部分を表にして、切り込みの付け根から約2cmくらいのところで折ります。 折り目に沿って、紙を破ります。 紙はこのように折り返しておきます。 切り込みの付け根を、• 親指の付け根の横側に貼ります。 指側の紙を剥がします。 剥がしたテープで親指を包み込むようにひっぱらずに貼ります。 残りの紙を剥がし、小指側に曲がった親指を手の人差し指で、親指とかかとの外側が一直線になるようにします。 テープをひっぱって、内側のくるぶしの下からアキレス腱の下を通し外側のくるぶしの方へ貼ります。 土踏まずの部分に、シワが入らないように貼ります。 2枚目のテープです。 紙の部分を表にして半分に折り、紙を破ります。 紙はこのように折り返しておきます。 足の甲の中央に、テープをひっぱらずに貼ります。 テープを、足の両サイドまで、下ろしておきます。 手でこのような形を作り、• 手で足を絞るようにします。 かかとの方へテープをひっぱって貼ります。 反対側も同じように、かかとの方へテープをひっぱって貼ります。 丁度、足の裏でたすき掛けになるように貼ります。 完成です。 完成 アーチが確保されて親指が外側に開き、指の間隔も広く保たれています。

次の