名鉄バス。 起線〔起経由〕[名鉄バス]のバス路線図

名鉄バス「藤が丘」のバス時刻表

名鉄バス

分社化以前は名古屋鉄道が運行するバスの呼称として使用されていた。 本社はのビルの近くにある。 愛知県・岐阜県・石川県・宮城県の一部バス会社はと資本提携をしている。 路線バスは愛知県・岐阜県内(近距離高速線を含む)、高速バスは全国各地へ運行している。 なお、一部の高速バス路線においては、分社化当初はが運行していたが、2009年(平成21年)2月1日に全路線を譲り受けている。 愛知県内の各自治体のやから各ショッピングセンターへの無料シャトルバスの運行も受託している。 名鉄バスの路線が廃止されてコミュニティバス化された例もある。 なお、バス部門分社化に際して岐阜営業所(高富)は名鉄バスでなく、同じく名鉄グループである(岐阜バス)へ移管された。 また、より、地域運行会社「株式会社」「株式会社」の2社を設立し、効率化のため名鉄バス岡崎営業所・豊田営業所の担当路線を名鉄バス東部株式会社、名鉄バス名古屋営業所の担当路線を名鉄バス中部株式会社へ管理委託していたが、上記2社はに名鉄バス本体に吸収合併された。 現行路線 [ ] カッコ内は会社。 昼行高速バス [ ] 高速バス(名神ハイウェイバス) 2115 - ()夜行便あり 名鉄バスセンター・ - ・ () 名鉄バスセンター・栄 - ・・ (信南交通・) 名鉄バスセンター - () 名鉄バスセンター - ()夜行便あり 名鉄バスセンター・ - (東口)(・・) 名鉄バスセンター・名古屋駅 - 金沢 (JR東海バス・・) () 名鉄バスセンター - (JR東海バス・) ・名鉄バスセンター・名古屋駅 - ()季節運行 名鉄バスセンター・ - ・・ 名古屋 - 奈良線() 名鉄バスセンター - - - 天理() - - ・京都線(JR東海バス・・西日本JRバス) 名鉄バスセンター・名古屋駅 - 名神ハイウェイバス・神戸線(JR東海バス・西日本JRバス) 名鉄バスセンター・名古屋駅 - ・ 近距離高速バス [ ] 名古屋・桃花台線 2005年10月1日運行開始。 名鉄バスセンター・栄 - ・• 一部まで延長、ただし小牧市内 - 明治村間の利用は不可。 使用車両は、製のエアロスタートップドア仕様を使用していたが、 2020年4月27日より日野・セレガに変更されている。 manacaや全国の交通系ICカード乗車券に対応している。 経由ルートは異なるが、栄や名古屋駅(名鉄バスセンター)へ向かうの利用客と競合している。 線() 2001年10月20日運行開始。 名鉄バスセンター・栄 - ・皐ヶ丘・桂ヶ丘・桜ヶ丘• 使用車両は、桃花台線と共通運用。 名鉄バス担当便のみ、manacaや全国の交通系ICカード乗車券に対応している。 回数券が販売されており、回数券の利用が可能。 名鉄バス担当便は、朝夕ラッシュ時のみ運行。 高針線 2003年5月13日運行開始。 香久山系統 名鉄バスセンター - 栄 - 牧の原 - 極楽 - 香久山 - 南高上 - 特急学院系統 名鉄バスセンター - 牧の原 - 極楽 - 竹の山南 - 愛知学院大学• manacaや全国の交通系ICカード乗車券に対応している。 高速長島温泉線 () 名鉄バスセンター - - -• 使用している車両は三菱ふそうエアロバスが中心だが、日野・セレガを使用する場合もある。 繁忙期には、他の営業所の車両が応援に入る。 manacaや全国の交通系ICカード乗車券に対応している。 三重交通担当便はこれに加えにも対応している。 経由の名古屋長島温泉線は三重交通が単独運行していた。 名古屋・土岐線 名鉄バスセンター - 栄 -• manacaや全国の交通系ICカード乗車券には対応していない。 夜行高速バス [ ] 夜行高速バス(2701号車) と重なるものは省略。 カッコ内は共同運行会社。 なお、セントレアリムジンでは、専用車として、セントレアのキャラクター「なぞの旅人フー」と飛行機のマークのラッピング車両を使用する。 藤が丘・空港線 - 豊田・空港線 中部国際空港 - トヨタ本社前 - 中部国際空港 - トヨタ元町工場前 - 豊田市 セントレアリムジン 中部国際空港 - 名古屋東急ホテル--錦通本町-ヒルトン名古屋-名古屋観光ホテル-伏見町- 県営名古屋空港アクセスバス [ ] 県営名古屋空港アクセスバスで、使用する車両は、飛行機のマークのデザイン塗装の、三菱ふそう製のエアロバス。 西春空港線は一般路線と同様の車両を使用する。 県営名古屋空港線 - 栄 - - 一般路線バス 西春空港線 - 県営名古屋空港 - 西春駅 - 県営名古屋空港(快速) 一般路線バス [ ] 各営業所・管理所の記事を参照 名鉄バスでは2019年4月より、段階的に系統番号を導入しており、基幹バス本地ヶ原線、津島営業所管内、蒲郡管理所管内の路線に導入された。 10月からは名古屋営業所の残りの路線、一宮営業所、春日井営業所、豊田営業所管内の路線に系統番号を導入、2020年4月から知立営業所管内の路線に系統番号が導入された。 岡崎営業所管内では2009年3月より岡崎市の総合交通政策の一環として先に系統番号を導入していたが、2020年4月に系統番号の変更が行われた。 イオンから受託しているシャトルバス [ ] カッコ内は、担当している営業所。 - (一宮) 他にもと金山駅、と大曽根駅前を結ぶシャトルバスも運行していたが、2020年4月1日より他社に移管された。 また、イオンモール熱田と熱田地域を巡回するシャトルバスも運行していたが2020年7月1日から他社へ移管された。 深夜バス [ ] 概要 [ ] 一般路線と都市間高速バス路線で運行。 基本的には片道運行。 出発時刻は23:00以降である。 行き先表示には「深夜」「深夜バス」の表記がある。 運賃は通常の2倍の場合が多い。 尚、乗車区間のの場合は、定期券を提示し、乗車区間の普通運賃を支払う。 平日(月 - 金曜日)の運行であるが、土曜日運行の路線もある。 一般路線 [ ] 平日(月 - 金曜日)運行• 北口発の路線は一般路線のルートとは異なるため、運賃は異なる。 2020年4月から運行日減便 都市間高速バス路線 [ ] 平日(月 - 金曜日)運行• エリア各地の一部の市町村では、自治体からコミュニティバスの運行を委託している。 また、名古屋競輪や三菱重工関連などの特定契約輸送を行っている。 廃止・撤退路線 [ ] 路線バス [ ] この節のが呈されています。 問題箇所にを示して、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2015年1月) 疑問点:項目末尾を「など」と曖昧にしないで下さい。 名岐線• 名鉄バスセンター - 清洲 - 稲沢 - 東一宮 - 柳津 - 新岐阜 - 長良北町 - 高富• 名鉄バスセンター - 清洲 - 稲沢 - 東一宮 - 笠松本町 - 新岐阜• 名鉄バスセンター - 清洲 - 稲沢 - 東一宮 - 尾張一宮駅前 - 中和羊毛前• 名鉄バスセンター - 清洲 - 稲沢 - 東一宮 - 印田• 奥田線• 名鉄バスセンター - 清洲 - 高重 - 奥田団地前 - 高御堂 - 国府宮• 大里駅前 - 高重 - 大矢 - 奥田団地前 - 高御堂 - 国府宮• 国府宮 - 高御堂 - 奥田団地前 - 大矢ソニー前 - 中之庄 - 甚目寺観音前 - 中村公園前• 国府宮 - 高御堂団地 - 奥田団地前 - 大矢ソニー前 - 中之庄• 名新線• 名鉄バスセンター - 西枇杷島 - 新川役場前 - 豊和工業前• 名岐バイパス線• 名鉄バスセンター - 押切町 - 中之郷 - 東一宮(一宮名鉄百貨店前)• 名犬バイパス線• 名鉄バスセンター - 伏見町 - - 黒川 -• 名鉄バスセンター - 伏見町 - 県庁前 - 黒川 -• 名犬線• 名鉄バスセンター - 伏見町 - 県庁前 - 上飯田 - 桜井 - 小牧駅 - 犬山 - 犬山遊園• 名鉄バスセンター - 伏見町 - 県庁前 - 上飯田 - 桜井 - 小牧駅• 名鉄バスセンター - 伏見町 - 県庁前 - 上飯田 -• 名半・名犬線• 加木屋 - 名和 - 神宮前 - 名鉄バスセンター - 伏見町 - 県庁前 - 上飯田 - 桜井 - 小牧 - 犬山 - 犬山遊園• 下末線• 名鉄バスセンター - 伏見町 - 県庁前 - 上飯田 - 春日井(側) - 下末 - 本庄 - 池之内 - 野口大山• 名鉄バスセンター - 伏見町 - 県庁前 - 上飯田 - 春日井 - 下末 - 大草• 名鉄バスセンター - 伏見町 - 県庁前 - 上飯田 - 春日井 - 下末 - 小牧駅• 小牧駅 - 味岡 - 本庄 - 池之内 - 野口大山• 小牧駅 - 下末 - 本庄 - 池之内 - 野口大山• 小牧駅 - 下末 - 大草 - 池之内 - 野口大山• 名多線• 名鉄バスセンター - 勝川駅前 - 鳥居松 - 坂下 - 多治見駅前(東濃鉄道と共同運行、後に東濃鉄道のみの運行)• 名鉄バスセンター - 勝川駅前 - 鳥居松 - 坂下 - 高森台西 - 藤山台南• 名鉄バスセンター - 勝川駅前 - 鳥居松 - 坂下 - 高森台西• 春日井線• 名鉄バスセンター - 瀬古 - 松河戸 - 鳥居松 - 春日井市民病院前• 名鉄バスセンター - 大永寺 - 松河戸 - 鳥居松 - 春日井市民病院前• 名鉄バスセンター - 大永寺 - 松河戸 - 鳥居松 - 篠木車庫前• 津島・春日井線• 津島 - 東神守 - 安松 - 名鉄バスセンター - 瀬古 - 松河戸 - 鳥居松 - 春日井市民病院前• 志段味線• 名鉄バスセンター - 守山 - 小幡 - 志段味支所前 - 高蔵寺駅北口• 瀬戸線• 名鉄バスセンター - 守山 - 小幡 - 瀬戸駅前 - 赤津 - 飯野 - 上仁木・小渡・豊田市• 名鉄バスセンター - 守山 - 小幡 - 瀬戸駅前 - 赤津• 名鉄バスセンター - 守山 - 小幡 - 瀬戸駅前 - 品野• 名鉄バスセンター - 守山 - 小幡 - 森林公園ゴルフ場前• 名鉄バスセンター - 守山 - 小幡 - 旭団地• 名鉄バスセンター - 守山 - 小幡 - 牛牧住宅• 名鉄バスセンター - 守山 - 小幡住宅• 瀬戸・本地ヶ原線• 名鉄バスセンター - 守山 - 小幡 - 印場 - 四軒家 - 古出来町 - 名鉄バスセンター《循環》• 名古屋旭線• 名鉄バスセンター - 守山 - 小幡 - 印場 - 長久手車庫• 依佐見団地線• - 依佐見団地 - 野田 - 高須町 - 南• 知立・長島温泉線• 知立 - 刈谷駅前 - 前 - 元塩町 - 大江 - -• 鳴海線• 瀬戸公園 - 岩作 - 島田 - 野並 - 鳴海駅前 - 大高駅前 - 名和• - 内浜町 - - 鳴子みどりが丘• - 鳴子みどりが丘 - 天白消防署 - ( この書体の区間を短縮し、平針運転免許試験場経由のループ線に変更)• 名半線• 名鉄バスセンター - 神宮前 - 名和 - 加木屋 - 阿久比役場前 - 知多半田駅(知多乗合と共同運行)• 名鉄バスセンター - 神宮前 - 名和 - 加木屋 - 横須賀 - 大日堂前• 武豊線• 名鉄バスセンター - 神宮前 - 鳴海 - 大府本町 - 緒川駅前 - 亀崎 - 本町1丁目 - 武豊大足 - 富貴(知多乗合と共同運行• 碧南直通線• 名鉄バスセンター - 神宮前 - 鳴海 - 大府本町 - 緒川駅前 - 元中根 - 吉浜 - 衣浦温泉前 - 碧南駅前• 安城・新川線• - 池浦 - 前 - 前 - 榎前 - 前• 安城・高棚線• 新安城 - 池浦 - 安城駅前 - 安城市役所前 - 榎前 - 高棚• 安城線• 新安城 - 篠目 - 安城駅前-• - 前 - 新安城 - 池浦 - 安城駅前 - 安城更生病院 - - - 東端• 新安城 - 前• 碧南線• - - 鷲塚 - - 西尾車庫前• 稲武線• - 平戸橋 - 西中金 - 足助 - 伊勢神 - 稲武• 杉本線• 足助 - 豊岡 - 新盛 - 杉本 - 小渡• 御蔵線• 足助 - 豊岡 - 大蔵 - 御蔵 - 月原• 二タ宮線• 足助 - 桑田和 - 川面上 - 桑田和 - 二タ宮 - 明川 - 上明川• 足助 - 桑田和 - 二タ宮 - 明川 - 上明川• 田口線• 稲武 - 川向 - 田口• 田口 - 名倉澄川• 押山線• 稲武 - 押山• 根羽線• 稲武 - 上郷 - 根羽(唯一、長野県に乗り入れていた)• 岐阜高富線(岐阜バスに譲渡)• 西鏡島 - 千手堂 - 前 - - 徹明町 - 長良北町 - 高富• 羽島線• 高富 - 長良北町 - 徹明町 - 新岐阜 - 岐阜駅前 - 加納駅前 - 笠松駅前 - 森 - 電話局前 - 岐阜羽島駅前• 豊田・渋谷線(に移管。 路線・運行会社の変更なし)• 豊田市 - 東山町5丁目• 岩倉・小牧線• 岩倉 - 小木 - 小牧南高校前 - 元町三丁目 - 小牧市役所 - 小牧駅( この書体の区間のみ廃止。 現在は八剱・小牧市役所経由に変更)• 小木線(旧)• 名鉄バスセンター - 浄心 - 藤島団地 - -• 名鉄バスセンター - 浄心 - 藤島団地 - 岩倉団地 -• 名鉄バスセンター - 浄心 - 藤島団地 - 小牧車庫• 名鉄バスセンター - 浄心 - 下小針 - 小牧市役所 - 小牧駅• 名鉄バスセンター - 浄心 - 下小針 - 小牧車庫• 小牧 - 横内 - 上小口• 小木線(新)• 上小田井 - 藤島団地 - 元町三丁目 - 小牧市役所 - 小牧駅• 上小田井 - 藤島団地 - 岩倉団地 -• 上小田井 - 藤島団地 - とみづか - 上小田井(終端部循環)• 明治村線(現在は経路変更の上、岐阜バス• 犬山駅(東口) - 犬山ニュータウン - 尾張富士 - 明治村• 犬山駅(東口) - 犬山ニュータウン - 入鹿池乗船場 - 明治村• 犬山遊園 - 犬山駅(東口) - 犬山ニュータウン - 尾張富士 - 明治村• 入鹿遊園線• 犬山駅(東口) - 犬山ニュータウン - 奥入鹿遊園• 日の出団地線(明治村線と統合の上、現在は岐阜バス)• 犬山駅(東口) - 犬山ニュータウン - 日の出団地• 犬山駅(東口) - 犬山ニュータウン - 日の出団地 - 前原台6• リトルワールド線(経路変更の上、現在は岐阜バス)• 犬山駅(東口) -《直行》- リトルワールド• 犬山遊園 - 犬山駅(東口) -《直行》- リトルワールド• 西可児駅 - 愛岐ヶ丘口 - リトルワールド• 今井線• 犬山駅(東口) - 富岡 - 今井 - リトルワールド• 鵜沼緑苑団地線(現在は岐阜バス)• 犬山駅(西口) - 新鵜沼駅前 - 《循環》鵜沼緑苑団地• 新鵜沼駅前 - 《循環》鵜沼緑苑団地• 草井線• 犬山駅(西口) - 草井 - すいとぴあ江南 - 江南駅• 犬山線• 犬山駅(西口) - 草井 - 宮田本郷 - 丹羽 - 新一宮駅• 特急リトルワールド線• 明治村 - リトルワールド• イオンモール熱田シャトルバス• - (2020年4月1日からへ移管。 名古屋中央と知立(日曜日・祝日のみ)が担当していた。 イオンモールナゴヤドーム前シャトルバス• 東大曽根 - (2020年4月1日からレスクル観光へ移管。 春日井が担当していた。 イオンモール熱田巡回バス• 知立が担当していた。 ) など 高速バス [ ]• 名鉄バスセンター - 県庁前 - 小牧駅• 西可児線()• 名鉄バスセンター・栄 - ・四季の丘• 名鉄のみ撤退、路線は存続するも 可児市役所線との統合により終点が 鳴子公園・可児車庫に変更。 名古屋-豊田線• 名鉄バスセンター・栄 - ・五ヶ丘ニュータウン• 2004年10月18日に運行開始。 2019年3月31日限りで豊田市~五ヶ丘ニュータウン間が廃止され、2020年3月31日限りで名鉄バスセンター~豊田市間も廃止されて路線廃止。 (・)• - 国府 - 豊橋市役所 - 三ヶ日 - 気賀 -• 名鉄バスセンター - 遠鉄浜松駅• 名鉄バスセンター - ()• 名鉄バスセンター -• 運行開始時は一定期間毎の相互運行、後にの単独運行• ファンタジア号()• 名鉄バスセンター - ・• 名鉄バスセンター - ・・・・• 季節運行• 名鉄バスセンター - ・・前• 季節運行• 名鉄バスセンター- ・・(途中から荒尾へ延長)• 名鉄バスセンター - ・• 1999年に名鉄のみ撤退、2011年9月末に路線廃止。 (・・)• 名鉄バスセンター -• 1990年代後半頃(時期不明)に名鉄のみ撤退、名古屋出発便を以って路線廃止。 (・・林田産業交通)• 名鉄バスセンター -• 名鉄バスセンター - ・• 名古屋 - 徳島線()季節運行・夜行便あり• 名鉄バスセンター・栄 - ・• 名鉄バスセンター - - 空港バス [ ]• - 岡崎• 名古屋空港 - 豊田• 名古屋空港 - 豊川・豊橋(豊橋鉄道(現))• 中部国際空港 - 名古屋駅新幹線口• 栄・空港線• 中部国際空港 - 栄 - 小牧・(中部国際空港 - 栄 - ・間と名鉄バスセンター- 栄 - 小牧・桃花台ニュータウンに分割)• 西尾・空港線 :・に完全移管• 中部国際空港 - - 前• 赤池・空港線• 中部国際空港 - ・石神• 刈谷・空港線 :知多乗合に完全移管• 中部国際空港 - 前・• 岡崎・空港線 :2012年4月1日、知多乗合に路線譲渡• 中部国際空港 - ・• 四日市・空港線 :に完全移管• 中部国際空港 - ・新正車庫 営業所・管理所 [ ] 営業所・管理所名の後に( )で書かれているのは、バス車体の前輪横に小さく表示される、所属の略号。 現在の営業所・管理所 [ ] 名古屋中央営業所• (名) 横道• 基幹バスと星ヶ丘・藤が丘・瀬戸市内発着路線が中心とした一般路線と藤が丘からの中部国際空港行きの空港アクセスバス及び都市間高速バス(名古屋・高針線 を担当。 (中) 愛知県名駅南• 高速バスと基幹バス・セントレアリムジンを担当• (津) 愛知県大坪町• 名古屋市 - 津島市の一般路線及び長島温泉直行バスを担当。 以前に登録された車と東鉄委託車は尾張小牧ナンバーとなる。 (春) 愛知県高森台• 春日井市内の路線の中心であるが、春日井市 - 小牧市一部(小牧駅・など)及び - の一般路線と都市間高速バス(名古屋・多治見線)及び(名古屋・桃花台線)を担当。 に一部の路線を運行委託• 以前に登録された車は尾張小牧ナンバーとなる。 (宮) 愛知県白旗通• 一宮市を中心とした北尾張地区と - 小牧駅の一般路線と名鉄バスセンター・栄からの県営名古屋空港アクセスバスを担当。 (知) 愛知県鳥居二丁目3-2• 知立市・豊明市・名古屋市緑区、天白区の一般路線が中心• 以前に登録された車は三河ナンバーとなる。 (岡) 愛知県明大寺町天白前23• 岡崎市の一般路線が中心• より岡崎地区の一般路線バス全路線にを導入した。 以前に登録された車は三河ナンバーとなる。 (豊) 愛知県神田町• 豊田市を中心とした一般路線と豊田市発着の中部国際空港アクセスバスを担当。 (蒲) 愛知県蒲郡市拾石町前浜• 運行受託 [ ] から・の運行を受託している。 旧営業所・管理所 [ ] 瀬戸合宿所(旧・瀬戸営業所)• 加木屋管理所:加木屋町(現・知多乗合東海管理所 旧所属略号「加」)• 岐阜営業所:東深瀬• 当時在籍していた車両全て岐阜ナンバーがついていた。 現・岐阜バス高富営業所 旧所属略号「岐」• 鳴海管理所:愛知県鳴海町• 知立営業所所管の管理所であったため、当時在籍していた車両全て三河ナンバーがついていた。 三条営業所:愛知県(旧尾西市。 旧所属略号「三」)• 国府宮管理所:愛知県• 犬山管理所:愛知県• 足助管理所:愛知県(旧東加茂郡)• 安城管理所:愛知県(旧所属略号「安」旧西尾営業所所管の管理所)• 瀬戸営業所:愛知県(旧所属略号「瀬」)• 西尾営業所:愛知県(旧所属略号「西」)• 榎戸管理所:愛知県• の高架工事にともなう代替バス運行の期間中に設けられた。 知立営業所所管の管理所であり、期間限定でもあったため所属略号は「知」のままであり、在籍していた車両全て三河ナンバーがついていた。 小牧管理所:愛知県• までは小牧営業所。 旧所属略号は「小」 ちなみに瀬戸営業所(晩年は名古屋営業所所管の管理所となっていた)は、2005年頃まで基幹バス( - 栄 - 引山 - 三軒家。 名鉄バスセンター - 栄 - 引山 - 四軒家 - 長久手高校前 - 瀬戸駅前 - 赤津。 名鉄バスセンター - 栄 - 引山 - 四軒家 - 長久手高校前 - 菱野団地)も担当していた。 また、2007年より小牧営業所は春日井営業所と名古屋中央営業所の共同所管による管理所となった。 尚、合理化に伴い、瀬戸営業所(赤津)は名古屋営業所(長久手車庫)に、国府宮管理所と三条営業所は一宮営業所(印田)に、足助管理所は豊田営業所に、西尾営業所と安城管理所は岡崎営業所(旧西尾営業所担当路線は大幅に縮小の上、名鉄東部交通へ管理委託の後、路線譲渡)にそれぞれ統合された。 犬山管理所は小牧営業所(当時)所管の管理所であり、2000年より担当していた犬山・鵜沼地区路線を(各務原)、西可児地区路線を(可児)へそれぞれ管理委託(2007年より路線譲渡)後、閉鎖。 また、犬山管理所開設以前は今渡管理所()が存在した。 車両 [ ] 概説 [ ] かつては名古屋市内に同社のバスを製造する名古屋製作所(現 大江バス工場)があったことに加え、名鉄グループに名古屋三菱ふそう自動車販売 があったことから、 など一部の外車を除いて原則として三菱ふそう製で、加えて大型車の車体は大半が名古屋自動車製作所製 であった。 このような経緯から近年まで高速・路線・貸切車問わず殆どが三菱ふそう製の車両で占められており、現在も同社の車両が中心に導入されているが、一般路線車と近距離特急車を中心に近年他メーカーからの導入も行われるようになり、より 、より製 の車両 が少数ながら導入されている。 路線車の大型車は基本的に標準尺で、前中扉で導入されていた。 過去には一部団地など多客になる路線を持つ営業所には長尺の導入もあった。 また、中扉は基幹バスや長尺車を中心に4枚折戸も存在した。 中型は前後扉を基本としていたが、ワンステップ車の導入移行は前中扉となった。 また、コミュニティバスの受託用など単発的に小型車や、マイクロバスの導入もあった。 貸切高速車は大型長尺が基本であったが、貸切車の一部には上高地仕様車、小型車の導入もあった。 また、現在は殆どの車が自社発注された車両で占められているが、近距離高速バスと一般路線バスのごく一部に(現)から編入された車両が在籍している。 かつてはグループ会社だったからの編入車も在籍していたほか、2005年の愛知万博開催時においては当時名鉄グループに属していた・・などから一時的に貸切バスが編入されたこともあった。 かつては独自仕様の車両をと共同で数多く手がけており、また三菱自動車の試作車を導入する例もあった。 1994年に導入された都市型超低床バスU-MP628M 小牧営業所 4433• 1963年:MR430 前2軸、後1軸の3軸バス。 全長は12mに達した。 富士重工ボディ [ ]• 1973年:G4ボディベースの試作ワンステップ車(床高さ64cm)• 1978年:MP118M-4U B35ボディベースの試作ワンステップ車(床高さ62cm)• 1981年:MP128M 横型エンジン・リアアンダフロアエンジン搭載車両。 1984年:MP218M エアロスターベースの試作ノンステップバス(床高さ35cm)後にカタログモデルとなり、岐阜乗合、京浜急行にも納入された。 1994年:MP628M 都市型超低床バスの市販型。 名鉄納入車のみエアロスターKのフロントフェイスで納入された。 この傾向は近年も続き、2004年に試験的に電気式ハイブリッドバス()を2台導入。 その後、2008年・2009年には一般路線用としては全国で初めてを導入し、において営業運行に使用していたこともあった。 装備 [ ] また、車内外の装備品も独自のものを採用する傾向が強く、いわゆる「名鉄仕様」と呼ばれるものであった。 涼風バス(冷房車黎明期に導入された低出力クーラと強制換気システムを組み合わせたもの)• 車体屋根上に搭載した広告(正確には系列の岐阜乗合が考案したもの。 モノコック時代の路線バスの多くに搭載された)• リアの3連テールランプ(モノコック時代より初代エアロスターまで継承された)• 全席ハイバックシートと布ヘッドレストカバー(左右2席が座面・背もたれとも完全に分割されており、ヘッドレストカバーには「MEITETSU」のロゴが刺繍されていた)• 床の段上げ(2ステップ車は座席のある部分を段上げすることにより全ての椅子の高さが統一されていた)• メトロ窓と横引きカーテン(初代エアロスターのほぼ全車。 但し基幹バスは上部引き違い下部固定窓、長尺車はサッシ窓) 冷房化は1962年桑名線にを投入したのが始まりだが、その後期間が空き1976年に津島線・岐阜市内線にて運行開始した。 1978年にはサブエンジン式冷房車から前述の涼風車がまとまって投入されるようになり、1985年大型車が三菱ふそうエアロスターMに代替わりした時からが標準となった。 塗装 [ ] 路線バス車両の塗装は赤と白を基調とした塗装であり、名鉄グループの鉄道・バス会社の路線バス車両の大多数がこの塗装に準じている。 (ただし最近は会社のオリジナルの塗装に塗り替えている会社も存在する。 )なお、現在旧名鉄色:(2004年以前)、新名鉄バス色:(2005年のみ)、新グループ共通色:(2006年以降)(前面に岐阜バス塗装、側面が旧名鉄色。 通称岐阜塗り)の3種類が存在する。 2005年後半の新車より統一仕様で導入されている。 これは名鉄グループ全体で一括して発注し、仕様を統一することによりコストダウンを図るとともに、短期間で大量の車両を更新するものであり、やのほか、カラーなどが異なるがなどのグループ会社でも導入されている。 更新 [ ] 更新の目安は16年80万キロとしている。 退役した車両は宮城交通や岐阜乗合自動車、北陸鉄道、 、 などのグループ会社に譲渡され引き続き使用されているほか、一部はグループ外の事業者や海外にも譲渡されている。 車両のギャラリー [ ]• 現行の車両• 社番1606の車両(1986年式の大型超低床一般路線車) 名鉄バスでは全車両に4桁の社番が付されている。 附番法則 [ ] 1 6 06 車体形状・用途 導入年度 固有番号• 車体形状・用途• 0:小型一般路線車・小型特定貸切車• 1:大型低床一般路線車・大型超低床一般路線車• 2・3:大型貸切車・大型高速(都市間を含む)路線車• 4:大型超低床一般路線車(2015年度導入車より)・大型標準床一般路線車• 5:特装一般路線車• 6:大型標準床長尺一般路線車・大型長尺都市間高速路線車• 7:超低床一般路線車(2008年度導入車より)・大型標準床長尺一般路線車• 8・9:中型一般路線車• 導入年度• 西暦の下一桁が附番される。 2005年度までは導入年度の切り替えを毎年10月に行っていたため、10月以降の導入車両においては次年度の数字が付されるようになっていた。 固有番号• 上二桁に対する連番。 以上の法則から、社番 1606を例にすると、「大型低床一般路線車でxxx6年式の06号車」ということになる。 社番付号法則の例外 [ ] 社番1701の車両(1997年式の大型一般路線車)廃車済• 名鉄バスでは車両耐用年数を原則12年としているため、現行の西暦下一桁の表記では10年前の導入車が存在する。 1997年導入の 1701• 2007年導入の 1721• 2007年導入の大型一般路線車では1997年導入車が社番1717まで在籍しており重複を避けるため、キリのよい21号車からの付番になっている。 2009年導入車まではこの方法で社番がつけられたが、2010年・2011年導入の全車では11号車から、2012年・2013年導入車では51号車からの付番となった(加えて大型高速路線車においても2009年度より同様の措置がなされた。 ただし、こちらは2009年度より11号車から付番していた)。 2014年導入分より大型高速路線車は再び01からの付番となった上で千の位が2から3に変更され、2015年導入分より一般路線車についても同様に千の位が1から4に切り替えられた。 また、名鉄バスから名鉄バス中部、東部に移籍しても廃車まで車番は変わらない。 名鉄東部観光バスから名鉄バス東部に編入された車両と名古屋観光日急から名鉄バスに編入された車両は上記原則に当てはめた上で下2桁が90から付番されている。 中型車シャーシベースの大型車並み長尺車においては導入当初では大型車を意味する「 1」が付されていたが、特装車を意味する「 5」に2006年頃に改番された(ただし、5601〜5603は新製時から、名鉄東部観光バスから名鉄バス東部に編入した車両は、編入時に5で付番された)。 5492(名鉄バス東部の車両) 座席定員記号 [ ] 大型車に限り、座席定員を示す記号が書かれている。 高速車には一般路線車ベースの近距離高速車を含めて表記がない。 座席定員記号はアルファベット1文字と数字1桁の合計2文字で表記されるアルファベットは定員の10の位を示し、数字は1の位を示す。 A:10• B:20• C:30 以上の例から定員記号が B9だと座席定員は29名ということになる。 乗車制度 [ ] 乗車カード [ ] IC乗車カード「」が2011年2月11日から導入され、高速バス(ただし名古屋高針線、名古屋豊田線、名古屋桃花台線(東鉄バスを除く。 )は使用可)、空港特急バス、を除く各路線において利用可能となっている。 これにともない従来通用していた名鉄バス単独のバスカード、対応カードは発売終了となり、2012年2月29日をもって利用不可となった。 蒲郡地区では長らくストアードフェアカードが利用できなかったが、2018年7月1日に名鉄バス東部が名鉄バスに合併したことにより同日からICカードが利用できるようになった。 ふれんどバスを除く。 定期券発売場所 [ ] 名鉄バスは、営業所で定期券を発売しておらず(蒲郡管理所を除く)、以下の窓口で取り扱っている。 名鉄バス 、名鉄バス東岡崎出札(構内)、名鉄バス一宮出札(構内)、高蔵寺インフォメーション(構内) 名古屋鉄道 、、東岡崎駅、、、、、、、(名鉄線きっぷうりば・サービスセンターの2箇所)、、、、、、、、、名鉄一宮駅、、、、、 豊田市駅旅行センター、藤ヶ丘支店(付近)、東岡崎駅旅行センター、刈谷支店(付近)、栄地下支店、一宮支店、桃花台支店 蒲郡地区の定期券は名鉄バス蒲郡管理所と蒲郡支店(構内)で販売し、これらの場所では蒲郡地区以外の定期券を販売しない。 その他 [ ] 分社前の7月にバス運転手の無免許運転隠蔽事件が発覚し()とから処分を受ける。 さらに2年間新規バス路線の開設を認めない」というもので、の処分内容は「事業用自動車5台の一定期間使用禁止」である。 しかしそこから2年となれば(平成17年)開港のや同年開催の会場へのバス路線を開設することができなくなってしまうが、愛知運輸支局は「但し、地元自治体などからの要請があれば路線開設を認める」という特例を設け、これらの路線開設を認めた。 それから4年半が経った、春日井営業所と一部路線の管理委託をしている小牧営業所で営業所内に運転免許証を置き忘れたまま運行していたことが相次いで発覚し、文書警告処分を受けている。 、名鉄バスが管理受託をしている管内の路線で、運転士が前の降車場からに行くためを切ったが、を掛け忘れ、45mにわたってバスが走り出して停車中のに接触し、タクシー運転手に軽傷を負わせるなどした。 に違反(運転者への不適切な指導監督など)で中部運輸局から同営業所の路線バス1台を10日間の使用停止処分を受けた。 、同じく管内で、40代の運転士がからやなどを販売委託契約をしていた内の店(に閉店)が持っている証明書を不正に借りて定価から3. はに被害届を出した。 、それまで実施していなかったへの割引に踏み切る旨が同年9月に発表された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• セレガはと共用。 地区の乗車券発券などの業務支援はが担当• 後に資本関係を解消し、三菱ふそうトラック・バス名古屋ふそうを経て、現在は三菱ふそうトラック・バス東海ふそう• 1985年、名古屋インポートフェアの際に中型ワンステップモデルのを輸入し、シャトルバスとして運用後、各営業所へ分散配置し運用した。 路線バスは1997年まで、観光・高速バスは1998年まで採用。 以降はの車体を採用。 日野がに属することもあってか、大型車は当初は全車両が豊田営業所に新製配置されていた。 その後導入された小型車()や以降に導入された中型車()は、現在小型車や中型車を製造しているメーカーがのみという事情もあり、その他の車庫にも導入されている。 なお、名鉄バスセンター・・から運行される当社運行の行のバスは、全てが充てられる。 ただし、との統合車種であるは、路線バス仕様が豊田営業所と知立営業所に、近距離高速バス仕様が名古屋営業所に導入された。 現在はとの統合車種である日野・レインボーが導入されている。 同種の事例としては、内のバス事業者向けに仕様があり、のほかやなどに導入されている。 2008年12月にグループを離脱している。 2012年4月にグループを離脱している。 出典 [ ]• 名鉄バス. 2018年7月1日閲覧。 からは、 - 郡山駅間が延長された。 - 福島交通公式ページ、2016年09月26日、同年10月01日閲覧、 - 名鉄バス公式ページ、2016年10月1日閲覧、 - 関東自動車公式ページ、2016年9月26日、同年10月1日閲覧• 名鉄バス. 2020年1月30日閲覧。 大分交通 2016年2月8日. 2016年2月13日閲覧。 日進市議会市民建設委員会、2019年6月21日• 冷房車が一般的ではなかった頃には、限定的にサブエンジン式冷房車が5000台をつけていた。 その後涼風車を経て直結冷房車が登場すると分け隔てせずに1・4000台をつけるようになった。 名鉄バス. 2018年7月1日閲覧。 36面• 11面、同27面。 なお、約1270枚すべてを定価で転売した場合、およそ5万円の差益が得られる計算になる。 関連項目 [ ] に関連するメディアがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 と に関連するカテゴリがあります。 「名鉄バス」の名称で西尾市・岡崎市などで路線バスを運行している。 も名鉄グループの企業である。 外部リンク [ ]• ,名古屋大学・加藤博和・ホームページ(名鉄バスの項目).

次の

名古屋から直通バスが便利!各鉄道から徒歩すぐ!|ナガシマリゾート

名鉄バス

・当延着証明書は、バスが5分以上延着したときに発行いたします。 ・ご指定日時のバスを中心に前後30分間の中で最も延着したバスの延着時間を証明 します。 ・当延着証明書の発行期間は、延着便ご利用の約30分後から延着発生日を含む7日間 までです。 ・当延着証明書は、お客さまがご指定された日時、区間で発生した当社バスの最大 延着時間を証明するものであり、個々のバスの延着時間を証明するものでは ありません。 また、ご指定の区間に複数の経路がある場合は、すべての経路における最大延着 時間を表示するため、お客さまが実際にご利用された経路の最大延着時間とは 異なる場合もあります。 ご了承願います。 ・Web延着証明書は、営業所、出札窓口等で発行する延着証明書の延着時間と異なる 場合がございます。 ・異常天候、催事に伴う迂回運転や運休、道路交通障害等により、運行に大幅な 乱れが生じた場合、またシステム障害等により当社バスロケーションシステムが 正常に動作できなかった場合は、Web延着証明書が発行できないことがあります。 ご了承願います。 ・当延着証明書はお客さまがご乗車されたことを証明するものではありません。 ・当社バスロケーションシステム対象外の路線は、Web延着証明書の発行はでき ません。

次の

緊急事態宣言の延長に伴うバスツアーの催行中止および旅行支店の臨時休業等について|ドラゴンズパック|名鉄観光バスのバスツアー(日帰り・宿泊)

名鉄バス

運行区間 名古屋~ナガシマリゾート(長島温泉)まで直行、高速道路利用で終点まで座ってご乗車いただけます。 運賃 運賃: 時刻表 往路・復路: ご予約 乗車予約は不要です(随時運行) 乗車券 「名鉄バスセンター3F」にて乗車券もしくは、セット乗車券をお買い求めください。 バスのりば 名鉄バスセンター 4F22番よりご乗車ください。 降車バス停 「ナガシマスパーランド」、「湯あみの島」、「ジャズドリーム長島」へは、終点の「長島温泉」にて降車ください。 (名鉄バス)名古屋長島線 FREE Wi-Fiサービス FREE Wi-Fiサービス 名鉄バスでは、長島温泉バスにおいて、FREE Wi-Fiサービスを下記エリアサインが表示されている車両でのみご利用いただけます。 SSID「HighwayBUS-Wi-Fi」を選択後にブラウザを立ち上げ、「インターネットに接続」をタップする。 利用規約を読み、「同意する」をタップし、利用開始。 FREE Wi-Fiサービスは、対象路線のうち名鉄バス担当便のみとなります。 整備等で運行車両が変更になった場合、本サービスをご利用いただけないことがあります。 天候、道路状況、トンネルなどの周辺環境や接続数などの利用状況により、つながりにくくなる場合があります。 ご利用案内• 当路線は名鉄バスと三重交通の共同運行です。 当路線に有効の乗車券で名鉄バス、三重交通のどちらのバスもご乗車いただけます。 当路線は車両の乗車定員並びに高速道路を運行する関係上、立席ではご乗車いただけません。 満席の場合は次便のご案内となりますのでご了承ください。 道路状況及び気象状況等により目的地への到着が遅延する場合がございますが、遅延による運賃、乗車券の払い戻し及び接続交通機関や宿泊施設等の補償は一切いたしません。 全国交通系ICカード(manaca、TOICA、Suica、ICOCAなど)がご利用いただけます。 (三重交通発行のICカードemicaは、三重交通担当便のみでご利用いただけます)• ICカードでご利用の際は車内精算となりますので、窓口で乗車券を購入する必要はありません。 但し、片道毎の精算となるため往復割引の適用はいたしません。 身体障害者手帳、療育手帳による割引対象のお客さまは、バス車内にて降車時に手帳をご提示の上、現金またはICカードでご精算ください。 (窓口では割引乗車券は発売しておりません)• ICカードで乗車券を購入することはできません。 多客時に運行する臨時続行便は、ICカードがご利用できない車両で運行する場合がありますのでご了承ください。 当路線は精神障害者保健福祉手帳での割引はいたしておりません。 お問い合わせ先 バス発車時刻・運行状況・お忘れ物に関するお問合せ先 (名古屋便)名鉄バス 津島営業所:0567-32-3658 (桑名便・長島便)三重交通 桑名営業所:0594-22-0595.

次の