坐骨 神経痛 ストレッチ。 坐骨神経痛のストレッチ|腰痛トレーニング研究所

坐骨神経痛を和らげるストレッチ│鍼灸整体師「ひがしだいすけ」

坐骨 神経痛 ストレッチ

そのストレッチを中心にしばらく続けてみましょう。 無理におこなわないようにしましょう。 その場合症状には直接効かないかもしれませんが、 身体の柔軟性や運動性を高めたり、血行を良くしたりすることで間接的に症状が良くなりますので、続けてみてください。 これを1セット2〜3回程度、1日1セット以上、お風呂に入ったあと寝る前や、朝起きた時などにおこなえると良いと思います。 神経痛のような激痛やしびれなどをおこします。 腰や脚の痛みをおこすトリガーポイントはたくさんあります。 【おすすめの関連記事】 トリガーポイントによる痛みは、ストレッチでやわらげることができます。 トリガーポイントができた筋肉をストレッチすると、柔軟性や血流が回復して痛みがやわらぐのです。 トリガーポイントストレッチは、痛む部位によって伸ばすべき筋肉が決まります。 以下の図を参考に、自分の痛みと似ている部位のストレッチをおこなってみてください。 脊柱起立筋のストレッチ 腰方形筋のストレッチ 中殿筋・大殿筋・梨状筋 のストレッチ 中殿筋 大殿筋 梨状筋 小殿筋のストレッチ ハムストリングのトリガーポイントストレッチ ストレッチをやってみたけれど、なかなか坐骨神経痛、痛みやしびれが良くならない…。 かえって悪化してしまった…。 そんな時は次の記事が参考になるかもしれません。 1.圧迫されている部位の除圧 2.血流を改善して痛みをやわらげる 3.トリガーポイントによる痛みをやわらげる 4.運動性を高める 坐骨神経痛の原因として、腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアがあります。 腰部脊柱管狭窄症では、腰椎前弯の増強、つまり腰の反りが強くなることにより狭窄部位が圧迫され、痛みやシビレなどの症状が悪化することがあります。 また腰椎椎間板ヘルニアでは、とくに前屈みの姿勢などにより椎間板への圧迫が強まるとヘルニアが神経を圧迫し、痛みやシビレなどの症状が悪化することがあります。 このように、狭窄症もヘルニアも脊椎(背骨)への圧迫により痛みやシビレなどの症状が起こります。 したがって、狭窄部位や椎間板への圧迫を減少(除圧)させることで、症状を軽減することができます。 狭窄部位やヘルニアの圧迫を減少(除圧)するにはストレッチも有効です。 整形外科などでは、例えば下の図のようなストレッチが推奨されています。 (画像をクリックすると拡大して見られます) しかし、ストレッチだけでは除圧効果が十分ではないため、合わせて体幹インナーマッスルトレーニングをおこなう必要があります。 体幹インナーマッスルトレーニングをおこなうことで椎間板への圧迫が減少し、脊椎間の拡大につながることが指摘されています。 【おすすめの関連記事】 痛む部分をかばってしまうために、他の部分の柔軟性や筋力が低下したり、姿勢が悪くなってしまったりすることがあります。 それを予防、改善するのにストレッチはとても有効です。 骨盤周囲筋の柔軟性の低下により腰椎や骨盤の動きに悪影響を及ぼすこともあるため、腰だけでなく下肢のストレッチも行っていきます。 ストレッチをすることで、患部や全身の血流が改善され、痛みやシビレなどの症状が改善します。 痛みを一時的でも減らすことは、痛みの改善につながることが疼痛理論上わかっています。 一時的な鎮痛により生じる生体反応により、生理的な痛みの回復力が強まります。 トリガーポイントとは、簡単に言うと痛みの原因となる筋肉のしこりのことです。 神経痛のような激痛やしびれなどをおこします。 トリガーポイントによる痛みは、ストレッチでやわらげることができます。 トリガーポイントができた筋肉をストレッチすると、柔軟性や血流が回復して痛みがやわらぐのです。 腰や脚の痛みやしびれを自分で治したい方、腰痛トレーニング研究所で治療を受けたいけれど、遠くて通えないというような方などに最適なDVDです。 DVD 1枚組 全52分 【自宅で出来る!『腰痛トレーニング』DVDダイジェスト】 WEB未公開動画多数収録。 今だけの特別価格!特典つき! さらに今だけ! 送料・代引き手数料無料!! 代引きでお届けなので安心確実。 自宅で出来る!『腰痛トレーニング』DVD 通常価格14,800円 12,800円 (税込14,080円).

次の

自宅で出来る!坐骨神経痛に効果的なストレッチ

坐骨 神経痛 ストレッチ

背骨コンディショニングの ステップ2では「坐骨神経ストレッチ」を行い、過度に緊張した坐骨神経をゆるめます。 坐骨神経ストレッチを行う目的は主にふたつです。 一つは、引きつれて硬直した坐骨神経の柔軟性を取り戻すこと。 もう一つは、ステップ3の「ひじ立て上体倒し」で仙骨や背骨を矯正しやすくするためです。 仙骨や腰椎(背骨の腰の部分)がゆがむと坐骨神経が引きつれを起こし、過度に緊張します。 そして坐骨神経から柔軟性が失われて伝導異常を起こした結果、足腰にしびれや痛みを引き起こすといわれます。 そこで坐骨神経ストレッチでは、硬直した坐骨神経をほどよく伸ばし、神経の緊張をゆるめます。 このとき、足にツンとくるような痛みを感じることもありますが、この痛みこそが神経が伸びている感覚です。 こうして硬直した坐骨神経は柔軟性を取り戻し、痛みやしびれも改善に向かいます。 また、坐骨神経に柔軟性が回復すると、周囲の筋肉の張りや突っぱり感も和らぎ、ステップ3の「ひじ立て上体倒し」を行ったときに仙骨や背骨が矯正されやすくなるでしょう。 坐骨神経痛ストレッチのやり方 では、ここから坐骨神経痛ストレッチのやり方を解説します。 坐骨神経ストレッチでは、バスタオルを1枚用意してもらいます。 あおむけに寝て、一方の足裏にバスタオルを引っかけください。 そして、バスタオルの両端を両手で引っぱるようにして、ひざを伸ばしたまま片足を持ち上げましょう。 ひざが無理なく伸ばせるところまで足を上げたら、その状態で1分ほど保ちます。 なお、このストレッチは、一方の足にだけ症状が出ている場合でも、必ず両足とも行ってください。 できれば毎日、最低でも週に3〜4日行いましょう。 注意してほしいポイントは、無理に足を上げず、痛みが現れるぎりぎりの範囲で行うことです。 痛みを我慢しながら無理に足を引っぱると、逆に神経の硬直を悪化させる危険があります(専門的には伸張反射という)。 快適に続けるためにも、心地いい刺激が得られる範囲で行ってください。 体が硬くて左の写真のように足を高く上げられない人は、できる範囲で足を上げましょう。 ただし、足が高く上がらなくても、ひざはできるだけ曲げず、ひざ裏が伸びた状態を保つようにしてください。 坐骨神経ストレッチの最後に、ひざ裏を伸ばしたまま足をゆっくりと内側方向へ倒して1分ほど保つと、お尻から太ももにかけて広がる筋肉や靱帯(骨と骨をつなぐ線維組織)のストレッチにもなります。 ちなみに、坐骨神経ストレッチを行うと、さまざまな不快症状に対して改善が考えられます。 例えば、ふくらはぎの腓腹筋やヒラメ筋が収縮・弛緩をくり返すことで静脈の血流が促され、下肢静脈瘤による足のむくみやだるさ、痛みが改善するケースも見られます。 また、ひざ痛が改善したという報告も少なくありません。 実は坐骨神経の伝導異常もひざ痛を発症する要因の一つであり、坐骨神経が柔軟性を取り戻すにしたがって、ひざ痛も改善していく事例はこれまでに多数確認しています。 ・記事の内容は安全性に配慮して紹介していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して専門医にご相談ください。 ・医療機関にて適切な診断・治療を受けたうえで、セルフケアの一助となる参考情報として、ご自身の体調に応じてお役立てください。 ・本サイトの記事は、医師や専門家の意見や見解であり、効果効能を保証するものでも、特定の治療法・ケア法だけを推奨するものでもありません。

次の

坐骨神経痛と椎間板ヘルニアの痺れの治し方ストレッチ体操

坐骨 神経痛 ストレッチ

このページの内容• 坐骨神経痛ストレッチの注意点 本文のはじめに、坐骨神経痛ストレッチの注意点を述べておきましょう。 まず、ストレッチの動作は、反動をつけて行わないように注意してください。 勢いまかせに関節を動かすと、筋肉や靱帯への負担が増えて、坐骨神経痛が悪化する可能性があります。 ストレッチの動作は、深い呼吸をしながらゆっくりと行いましょう。 次に、ストレッチで出る痛みについて。 ストレッチを行うと痛みやしびれが増す場合は、直ちに運動をやめてください。 いったん安静にして、症状がおさまるのを待ちましょう。 最後に、運動量の目安について触れておきます。 坐骨神経痛が出ているときの運動量は、医師と相談して決めてください。 これは、本ページでご紹介するストレッチについても同様です。 各ストレッチの手順に記載されている回数は、あくまで目安です。 実際に行うストレッチの回数や頻度は、医師の指導の元で決めることをおすすめします。 簡単ストレッチ3選 ふだんの生活に取り入れやすい、簡単なストレッチを3つご紹介しましょう。 無理なく実践できそうなものを選んで、気軽に取り組んでみてください。 仰向けで行う簡単ストレッチ 最初にご紹介するのは、仰向きで行うストレッチです。 1日のうちで特に体が柔らかくなる、入浴後から就寝前の時間帯に実践してみてください。 足を伸ばして床に座る• 痛みが出ている側の足首を、もう一方の足首に乗せる• 痛い側の足を、反対の足の外側まで押す 足を組むような姿勢• 痛い側の手で、痛い側の骨盤を押さえる• 痛くない側の手で、上に乗せている足の膝を引き寄せる• 姿勢を10秒間キープ• 膝を引き寄せる力をゆるめて休息 同様の動作を数回行う 膝を引き寄せる動作は、ほかの人に手伝ってもらうとより効果的です。 痛みのある側から膝を押してもらうと、ストレッチ効果が高まりますよ。 原因・症状別おすすめストレッチ4選 坐骨神経痛の原因や症状別に、おすすめのストレッチを見ていきましょう。 ご自身に合うものを選んで、実践してみてください。 脊柱管狭窄症に効くストレッチ 脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛にお悩みの方は、以下のストレッチを行ってみてください。

次の