口内炎 塩。 素人だけど独自の口内炎の治し方【疲れ・ビタミン・塩水で解消なのか?】

口内炎に試してほしい!塩うがいの方法。

口内炎 塩

飲み薬…口内炎の場所や数に関わらず使用できます。 貼り薬…炎症が小さく、少ない場合に使用をお勧めします。 軟膏…範囲が広い、複数口内炎が認められる場合に適しています(塗った後は30分くらい飲食は避けてください)。 スプレー…直接手の届かない部位に薬を塗れます。 うがい薬…主に口腔内を殺菌する際に使用します(上記の薬と併用して使用する場合が多いです)。 口内炎の 痛みが強い場合は、鎮痛剤の使用も痛みを和らげます。 複数の薬を一度に使用したい場合は、医師や薬剤師のアドバイスを受けてください。 また、 口内炎の薬にはステロイド入りのものもあります。 妊娠や授乳中は薬を自己判断で使用せず、 医師の指示に従ってください。 ビタミンを多く摂る 口内炎に作用するビタミンは、ビタミンB群の「 ビタミンB2とビタミンB6」です。 症状によってはビタミンB2、B6製剤が処方されることもあります。 豚肉や緑黄色野菜を積極的に摂る ビタミンB2とビタミンB6が含まれる、 豚肉、緑黄色野菜、きのこ、大豆や納豆などを積極的に摂取します。 普段からビタミンB群が不足しないような食事を心がけましょう。 栄養ドリンクの効果 栄養ドリンクでもビタミンの補給は出来ます。 しかし、栄養ドリンクだけでは、栄養素は上手に体に吸収されません。 食事にプラスして補給するようにしてください。

次の

口内炎の治療、口内炎に塩を塗る。痛いけど効果抜群。

口内炎 塩

スポンサーリンク 1.そもそもなぜ「口内炎には塩」なのか? 傷口に塩分がしみた時の激痛! 誰もが経験したことがあると思います。 身近なものでも、食事中に醤油などの「塩」を含む調味料がしみてしまった時の痛さといったらありません。 そんな「塩」を治療に使うメリットがあるのでしょうか? 1-1.「塩」が口内炎治療に有効だといわれるのは… 「塩」にはいくつかの菌に対する殺菌効果があります。 その中には、口腔内の細菌やウイルスも含まれることから、口内炎の治りを促進すると考えられているのです。 1-2.塩にはなぜ「殺菌効果」があるの? 野菜を塩もみすると、水分が出てきてやわらかくなります。 あの作用と同じように、塩が細菌内部の水分を奪うため、細菌の生命活動が阻害されてしまい、結果として殺菌効果が生じると言われています。 1-3.早く治るには口内炎の原因にも関係 塩自体に口内炎を治す作用があるというよりも、塩の効果によって口腔内環境を改善されることで、治癒効果が高まるとお考え下さい。 ですから、歯磨き不良などにより細菌やウイルスなどが増え、口腔環境が悪く、治りを遅らせている場合には、塩は有効であると言えます。 2.塩の用途とその効果や痛みの度合い では、口内炎を1日でも早く治すために「塩」をどう使えば有効的なのでしょうか?また、その効果や痛みの度合いはどうでしょうか? ここでは、家庭で出来る口内炎のケアについてご紹介します。 2-1.口内炎に効く塩の使い方とは? 塩の使い方は、患部に直接接触させる方法と、塩水でうがいする2つの方法があります。 使用する塩の種類は、効き目という意味では精製塩が良いでしょう。 他の成分が混ざったもの(味シオなど)はおすすめできません。 2-2.直接接触させる方法 塩を患部に数十秒のせたままにした後でうがいをします。 塩が直接患部に接触するため、後述の塩水でのうがいよりも効果が早いとされています。 しかし、塩を直接擦り込むのはかなりの激痛を覚悟する必要があります。 また、塩の粒は意外と大きく固いため、物理的に傷口をさらに傷つけてしまう可能性があります。 擦り込むのではなく、優しく乗せる程度で良いでしょう。 2-3.塩水でうがいする方法 10%濃度の食塩水(コップ1杯90ccのぬるま湯に10gの塩)でブクブクうがいをします。 口腔内の殺菌作用が期待され、口内炎の治りを促進すると言われています。 直接接触よりも痛みは少ないですが、塩分が含まれているので、ある程度はしみるでしょう。 2-4.洗口液を併用すると効果UP! 口内炎が治っても、口腔内の状態が悪ければ再発することもあります。 塩を使ったケアも行いながら、殺菌成分入りのうがい薬や洗口液(マウスウォッシュ)でのブクブクうがいが効果UPにつながります! 2-5.どれくらい早く治るの? 通常治るのに1週間~10日かかる口内炎ですが、塩を患部に直接接触する方法を頑張って実施すれば、2~3日で治ると言われています。 また、ある実験によると、20秒のブクブクうがいを3回行うと、やらない場合に比べて、口腔内の細菌を10分の1に減らすことができ、効果が3時間以上持続したというデータがあります。 うがいのほうは、日頃からの口内炎予防にも活かせると思います。 3.塩を使った治療法でも改善が見られない場合は… すべての口内炎に塩が効くという訳ではありません。 口内炎はさまざまな要因から発生します。 中には体の不調を知るサインとなる場合もあります。 もし、塩を使った治療法を試しても改善が見られない場合は、使用を中止し、歯科医院へ相談しましょう。 3-1.治りが悪い場合、どんな病気が考えられる? 疲労や免疫力が低下している場合に発生する「アフタ性口内炎」が挙げられます。 「アフタ性口内炎」は寝不足やストレスなどの体調不良、暴飲暴食、ビタミン不足、ホルモンバランスなどが原因とされており、これらの生活習慣が改善されないと、塩の効果は十分に発揮できない可能性があります。 3-2.物理的な改善が必要な場合も… 体調も万全で口腔環境も清潔にしているのに、何度も口内炎が同じ場所にできるという場合は、「カタル性口内炎」が疑われます。 「カタル性口内炎」は、入れ歯や矯正器具が常時同じ場所に当たることによる刺激、噛み合わせの関係で同じ場所を噛んでしまうなどが原因で起こります。 これらは根本原因を改善しない限り再発してしまいます。 まとめ 口内炎はできてしまうと不快な時期が続いてしまいます。 口内炎を早く治すのに、塩が有効だということをお伝えしましたが、反面強い痛みを伴うこと、塩は決して万能ではないことは忘れないで下さい。 大事な事は、日頃から口内炎ができにくいお口の環境を整えておくことです。 口内炎の治りが悪いときは自己判断せず、歯科医師に相談しましょう! ハーツデンタルクリニックは、皆さまに寄り添い、皆さまの立場で考え、実行する歯科医院を実現するべく設立しました。 皆さまが生涯を通して「食事を楽しみ」「周囲を気にせず笑い」「人生を幸せに暮らすことができるよう」努めております。 千葉県2医院、埼玉県に1医院を展開。 きれいな白い歯が輝く笑顔を見るのは、いいものですよね。 歯が健康な人は、イキイキ生きているように見えるもの。 人や動物が健康に生きるためには、歯が健康であることが重要です。 歯の表面的な治療ではなく、ゲストに満足して帰っていただくために。 ゲストから「ありがとう」と言っていただけるように。 私たちは、ハーツデンタルクリニックは、コミュニケーションを大切にした診療を心がけています。 歯のお悩みやご相談のある方は、是非お気軽にご来院ください。 経歴 1981年城西歯科大学{現 明海大学}卒業 1982年高知県の塩田歯科に勤務。 口腔外科を習得。 1985年大阪の芦田歯科に勤務。 歯周外科及び自由診療を学ぶ。 1990年パレットデンタルクリニック(茨城県)に勤務。 2010年ハーツデンタルクリニック開業。 主な研修 1996年スカンジナビアペリオ(歯周病)の権威である岡本浩先生の講習会を受講。 1997年21世紀の咬合医学の川村秋夫先生の講習会に2年間受講。 2000年厚生省認可社団法人日本歯科先端技術研究所にてインプラント100時間コースを受講。 2001年国際歯周病内科学の会員取得。 2006年日本歯科鍼灸教育会より、歯科鍼灸師証を授与。 「痛みや不快な思いで苦しんでいる人を楽にしてあげたい!」「お口のコンプレックスをなくしてあげたい!」そのように考えて日々治療技術の研鑽に取り組んでいます。 笑顔で健康であることの幸せは、失ってからはじめて気づくものです。 正しいオーラル習慣を身に付けることが健康の根源であることを地域の皆さまに普及し、 「一生涯、自分の歯で美味しいものを美味しく食べることのできる人生」 「コンプレックスなく自分らしく生きる」 ためのお手伝いをすることが私の役割だと考えています。 院長 緒方 靖(おがた やすし) 経歴 1980年3月 日本大学松戸歯学部 卒業 1980年4月 日本大学松戸歯学部 補綴学第一講座 入室 1983年6月 アイデンタルクリニック 非常勤 入職 1985年4月 アイデンタルクリニック 管理開設者に就任 2014年11月 ほたる野歯科第2クリニック 入職 2015年4月 医療法人社団ハーツデンタルクリニック 非常勤 入職 2017年7月 ハーツデンタルクリニック八千代中央 管理者就任 院長:林恒彦(はやし つねひこ) 岐阜歯科大学卒業 大学病院で歯周病治療を専門に診療。 関西を中心に勤務医として経験を重ねる。 開業後、明海大学で博士号を取得するなど研鑽を継続。 ハーツデンタルクリニック設立趣旨 日本の歯科医療をより広く愛される医療へと発展させることによ り、国民の心身の健全性を高めるとともに、我が国の国際社会に おける知の向上に寄与します。 その中で、ゲストはわざわざ当院を選んで くれたのです。 ゲストが当院を選ぶ際には、様々な葛藤や不安があったはずです。 「今まで通っていた歯医者のほうがいいかなあ・・・」、 「そもそも歯医者に行くのは嫌だなあ・・・」、 そんな中で勇気を振り絞って来院してくれたのです。 そんなゲスト一人ひとりが、 「ハーツデンタルクリニックを選んで良かった。 健康になりたいという意識の高いゲストが集まる歯科医院づくりをすすめています。

次の

口内炎を早く治す方法!舌先や舌の裏、唇にも…塩やはちみつで【食べ物】 | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

口内炎 塩

塩、はちみつの効果は研究されていない 実は、民間療法のうちかなりのものが、すでに医学研究として本当に効くのか試されています。 二日酔いにチョウセンアザミは効かなかったという研究結果、乾燥酵母は多少効いたという研究結果、口内炎にザクロのエキスを使ったジェルが効いたという研究結果など、多くのデータが報告されています。 口内炎に対して、塩の効果は研究で確かめられていません。 一方、はちみつを溶かした水を試した研究はいくつか存在します。 ただし、 がんに対する 抗がん剤治療や 放射線療法を受けている人を対象としたもので、持病がない人にも当てはまるかどうかはわかりません。 特に、はちみつを塗る方法についての研究はありません。 塩もはちみつも刺激物で、口内炎に塗るととても痛いです。 痛いのは確かで、効くかどうかはよくわからないとすれば、塩やはちみつを使う治し方はおすすめできません。 口内炎にステロイドを使うと副作用は出る? 「ステロイド」と聞くと副作用が気になるかもしれません。 口内炎に使うステロイド 外用薬では、比較的作用が弱いステロイド成分が使われています。 また、使う薬の量もわずかです。 このため 全身性の副作用が起こることはほぼ無いと言えますが、口腔内のしびれ感や味覚の変化などの副作用が出ることも考えられます。 特に注意が必要な点は、ステロイドが免疫を抑える作用です。 この作用によって、薬を塗った場所とその周囲が 細菌や ウイルスに感染しやすくなる可能性があります。 頻度は非常にまれとされていますが、ステロイドを使用した口内炎の患部やその周囲が カンジダなどの 感染症を起こしやすくなる可能性があり注意は必要です。 ウイルスが原因で引き起こされるなどは、一見すると普通のアフタ性口内炎と似ていますが、 ステロイドを使うとかえって悪化してしまうことがあります。 ほかに考えられる副作用についてはコラム「」でも解説しています。 ステロイド以外の成分:デスパ、トラフル軟膏 ステロイドではない抗炎症成分を含む薬には、 新デスパコーワなどがあります。 「デスパ」の名前を持つ処方薬はステロイド成分を含む製剤(デスパコーワ口腔用クリーム)ですが、市販薬の新デスパコーワには ステロイド成分は含まれず、代わりに抗炎症作用があるグリチルリチン酸などを配合しています。 ほかにもグリチルリチン酸(グリチルレチン酸)やアズレンスルホン酸ナトリウムなどの抗炎症成分を含む塗り薬が発売されています。 特に痛みがあり食事もままならないような口内炎治療には、病院や薬局で調合する薬として、局所麻酔薬を含むうがい薬が使われる場合もあります。 局所麻酔薬によって痛みを和らげる効果があります。 たとえば、アズノールの成分(アズレンスルホン酸ナトリウム)に局所麻酔薬(リドカインなど)、さらに粘膜の保護や乾燥を防ぐグリセリンといった成分を加えたうがい薬が使われます。 「痛くて我慢できない」というときは一度、医師や薬剤師に相談してみるとよいでしょう。 市販薬の中にも局所麻酔薬が入った塗り薬( デンタルクリーム)があります。 一般的な口内炎の特徴は? 一般的な口内炎はアフタ性口内炎とカタル性口内炎に分けられます。 アフタ性口内炎• ストレスを受けたときや体が弱ったときに出来る• カタル性口内炎• 歯のかぶせ物や入れ歯、などの刺激が原因 アフタ性口内炎は口の中のあらゆる場所にできます。 舌や唇の裏、歯茎(歯ぐき)、頬の内側の粘膜が特にできやすい場所です。 上あごやのどの近く( 扁桃腺の周り)にはあまりできません。 アフタ性口内炎は子どもにできやすく、大きくなるにつれ、できる頻度は少なくなっていきます。 特に30歳を過ぎると落ち着くことが多いです。 カタル性口内炎では 入れ歯を作り変えるなどの治し方が必要になります。 詳しくは「」で説明しています。 感染症による口内炎は治し方を間違うと悪化する ウイルスなどの感染によって、口の中に水ぶくれができる病気もあります。 ヘルペス性口内炎()• 多くの人が体の中に持っているウイルスが原因• ウイルスが原因で、口の中と手足に 発疹、水ぶくれができる• ウイルスが原因で、口の中に口内炎、水ぶくれができる• カンジダ性口内炎• 免疫が弱い人がかかりやすい、カビが原因の口内炎 特に多いヘルペス性口内炎は ヘルペスウイルスに感染したことによる口内炎で、アフタ性口内炎とは見た目が似ていますが、治し方が違います。 アフタ性口内炎にはステロイド薬が効きます。 ステロイド薬には使った場所の免疫を抑える副作用があります。 このため、ヘルペス性口内炎をアフタ性口内炎と間違えてステロイド薬を使うと、ヘルペスウイルスと戦ってくれるはずの免疫を抑えてしまい、逆効果になる恐れがあります。 市販のステロイド薬を使い始めたあと数日経っても効果が感じられないとき、逆に悪化してしまうときは早めに病院・クリニックで相談しましょう。 がん、がんの手前の状態、全身の病気を見逃さないよう注意 口内炎と見た目が似ている症状は、がんなど重い病気でも出ることがあります。 口腔(こうくう)がん/舌(ぜつ)がん• 口の中にできるがんが小さいときは口内炎と区別しにくい• (はくばんしょう)• がんの一歩手前の状態• 口、皮膚、眼、 外陰部に炎症が起きる• (てんぽうそう)• 免疫の異常で皮膚や口に水ぶくれができる 詳しくは「」で説明しています。 アフタ性口内炎と病気が原因の口内炎を自分で見分けるのは難しいので、 口内炎が2週間経っても治らないときや、 同時に他の症状があるときは歯科口腔外科などがある医療機関で診察を受けてください。

次の