ハニーレモンソーダ ネタバレ 12巻。 ハニーレモンソーダの最新刊『12巻』の発売日はいつか予想!収録されるのは何話かネタバレも紹介!

ハニーレモンソーダ ネタバレ 13話(4巻)無料で全部読む方法

ハニーレモンソーダ ネタバレ 12巻

家事は大変ではないか、何か困っている事はないか、と。 そんな時、界から連絡が入り、唐突に 界の自宅に招かれた 羽花。 緊張しながら辿り着いた 界が住むマンションは、とても大きく キレイなところです。 大きくてビックリした と話す羽花に、叔父の建物で 家賃はタダだと、界は サラッと教えてくれます。 初めて見る 界の部屋は、かっこいい感じで キレイで、だけど ちゃんと生活感もありました。 自分の部屋にはないものが沢山ある 界の部屋。 羽花は(なんか、三浦くんに取り囲まれてるみたい)と 胸が高鳴ります。 「さて どうするかな、何するとか 全然考えてないんだよな」 (三浦くんは、どうして今日 私を家に呼んでくれたんだろう、私は、今日は) 1人での生活は 大変だろうし、シャワー上がりの濡れた髪を 乾かす事も面倒くさがる 界のため、羽花は 何でもしようとしました。 「あのっ 私 乾かします! あと ごはん まだですよね!? 洗濯は しましたか!? 掃除は!?」 「なんだ おまえ、家政婦か」 大きな声で「はい!!」と返事をした羽花。 界は ため息をつくけれど、少し考え「わかった」と答え、羽花に 髪を乾かしてもらいます。 そして その後、「次 洗濯する」と界が言ったため ついていった羽花ですが、洗剤を沢山そろえるほど、界は 洗濯好きだと知りました。 次は 料理。 意外にも 自炊をしている界の料理は、お店並みに美味しくて 羽花はビックリ! 界のスゴさに 感心するけれど、羽花の笑顔は 少し曇っていて…? (…三浦くん、満喫してる 1人暮らし、もっと大変だったり もしかしたら寂しかったり、そういう毎日なのかなって 思い込んでた、 私 今日 ほんと、無駄な おせっかいだった) 「三浦くん、三浦くんは 今日、自分は大丈夫って 私に伝えるために ここに呼んでくれたんですね、 何でも出来る、眠れない夜は きっとない」 無理して笑い そう話す羽花の言葉を、界は 否定します。 眠れない夜は ある、と。 「あるよ、石森の声が 聞きたくて、石森 おまえ 今日、オレを守りに来たんだろ?」 「必要なかった」 「あったよ、だからオレ、そのまま 甘えたじゃん、もうさせねぇけどな だって おまえ 家政婦じゃねぇもん、彼女だし」 高校生の男の子が 1人で暮らしている、と知ったら 心配になるのは当然ですよね。 そして きっと、その時は 羽花も一緒にいるはず。 次は「敬語卒業」が目標になるのですね! 花火大会へ 一緒に行くかわりに、「敬語卒業」という条件を出した 界。

次の

【『ハニーレモンソーダ』2巻ネタバレ感想】三浦くんの元カノ芹奈ちゃん登場

ハニーレモンソーダ ネタバレ 12巻

2人はやっと両想いだと確信したけど、これからどうなるの!? 前回までは・・・体育祭の日。 心に秘めていた想いがあふれ、羽花は三浦くんに告白しました。 そのまま意識を失ってしまい、翌日ーー。 改めて想いを伝えようとした羽花は、「オレは石森が好きだ」と三浦くんに告白されて!? (羽花)三浦くんに想いが通じた 心がいっぱいで心臓が止まりそう こんな未来は想像もしていなかった 朝から無意識でスキンシップしてくる三浦くんに真っ赤なってしまう羽花。 周りからただの友達に見えないと言われて・・・ 三浦「--うん」 「両想い」 と大勢周りにいるのもお構いなしに応える。 ショックを受けた女子が悲鳴を上げながら羽花を問い詰める。 女子「どういうこと!?」 「いつのまに付き合うことになってんのー!?」 羽花「つきあってはないです」 と答える。 みんなに付き合わないの?と聞かれて勢いよく・・ 羽花「付き合いたい!!!」 と答えたものの付き合うとはなに?と訳が分からなくなってしまう始末。 一難去ってまた一難。 付き合ってることが先生にも知れ渡り、優等生の羽花は注意される。 先生「随分 三浦に心酔してるんだな」 「石森は そっちに引っ張られるなよ」 「自分を見失うな」 「距離感を考えて付き合っていきなさい」 先生にも羽花の父親にも付き合いを反対されている2人はどう立ち向かうのか!? それは2人らしいやり方でみんなを説得していきます。 付き合うことでどんどん成長していってるので見ていて清々しいですね。 時は流れて・・ 無事に2年生になった春。 残念ながら三浦くんとは別のクラスになってしまった羽花。 クラスの男子から心無い言葉が飛ぶ。

次の

ハニーレモンソーダ 45話/12巻のネタバレ【最新話】りぼん9月号

ハニーレモンソーダ ネタバレ 12巻

〜もくじ〜• ハニーレモンソーダ56話のあらすじ 朝6時半。 早起きの羽花は三浦君と2人分のお弁当を用意し始めます。 (朝起きるのがもっと楽しみになった) 幸せを噛みしめていたその時、三浦君から着信が入りました。 「ごめん8時に起こして」 電話自体が珍しくて、朝からドキドキしちゃう羽花。 学校に来た三浦君はとても眠そうで、少ししか寝てないことを心配していると不穏な噂を聞いてしまいます。 「夜、遊んでるって噂あったよね?」 三浦君の夜が気になる羽花は…? ハニーレモンソーダ56話のネタバレと感想 時間はお昼休み。 羽花がお弁当を持って三浦君を迎えに行こうとしていた頃、三浦君のクラスではやんちゃなボーイ・岬が机を積んで遊んでいました。 「すごいー!?」 「おーすごいすごい」 ニッコニコじゃん!! 次号は三浦君のお着換えシーンなんかが見れちゃったり・・・!?!? すいません。 まとめ 三浦君まさかの骨折!!! いやしかし下敷きになった羽花は何事もなくてよかった…。 怒ってたのは怪我なんかしてしまった自分に対してだったんですね。 それがきっかけと言ってはなんだけど、羽花が気になっていた三浦君の夜のことも間接的に知ることが出来ました。

次の