あん スタ。 あんスタのコスプレ4

あんスタmusicでガチャの値段は?金額や損をしない課金方法を解説!

あん スタ

そのゲーム内で定期的に行われるスカウトとイベントのストーリーを解説,考察していく連載が4Gamerでスタートした。 2020年3月15日に新章へ突入したHappy Elementsのアイドル育成プロデュースゲーム 「あんさんぶるスターズ!!Basic/Music」。 これから本作に触れる人や,お休みしていた人に向けて,新しくなった「あんスタ!!」のゲーム概要や,新章として綴られるメインストーリーを解説しよう。 キーワード:• 「あんスタ!!」ニュース 今年のエイプリルフールはおじさんといっしょ!? 本題へ入る前に,年に1度だけ実施される特別なあの企画を紹介しよう。 本キャンペーンでは,メインライター・日日日氏によるストーリーのほか,「Basic」と「Music」それぞれで異なるミニゲームが公開された。 また,今回使用された楽曲 「あんさんぶる体操!!」は,書き下ろしの新曲(振り付け付き)である。 本気すぎる。 「Music」のミニゲームはリズムゲームだった。 ノーツは動物アイコンで鳴き声もあり……シュール! ジュン目線で展開される本ストーリーは,予備知識がなくても問題ないが,「!」で語られた陣と章臣のアイドル時代やジュンと陣の関係についておさえておくと,物語をより楽しめるだろう。 個人的には,陣と章臣の変身(?)も衝撃的だったのだが,ジュンとこはくが寮で同室であること(同じ学校に通い,巴 日和の卒業後と考えればありえる話ではあったのだが)や,こはくによる朱桜 司(Knights)の呼び方など,「またしれっとこんなネタを仕込んで……!」と,びっくりさせられた。 また,「Music」ではエイプリルフール企画に関連した限定衣装や家具なども購入可能だ。 6月24日には「あんさんぶる体操!!」が収録されたCD「」が発売されるとのこと。 リーダーは月永レオから朱桜 司に代わり,ユニットには夢ノ咲学院経由で新たな加入志望者たちが現れた。 だが,新入生である彼らはユニットが求める水準を満たせず,脱退を言い渡されてしまう。 すると,朔間凛月たちのもとに1匹の黒猫が現れ,5人は猫の里親探しをすることになる。 ・Knightsの「戴冠式」 卒業を機に月永レオはリーダーの座を最年少の朱桜 司に譲り,瀬名 泉はアイドル活動と並行してモデル活動にも力を注ぐべく海外へ渡った。 「戴冠式」とはKnightsが卒業旅行で海外を訪れ,記念ライブとして行われたイベントのことで,その旅行の様子と次期リーダーをかけた戦い【レクイエム】は「!」の 【レクイエム*誓いの剣と返礼祭】で読むことができる。 だがその時点でのレオはまだ本調子ではなかったようで,しばらくはユニット活動を欠席することも多かった。 また,根っからのアーティスト気質であるためか,インスピレーションを求めて迷子になることも。 ・弓道部のリトル・ジョン Knightsのメンバーと動物の組み合わせはこれまでにも何度か見られていたが,そのなかでも夢ノ咲学院の弓道部に現れたリトル・ジョンは印象的な登場人物,ならぬ登場猫だろう。 そこにはリトル・ジョンという猫がいたそうで, 【スカウト!ロビンフッド】ではその後のリトル・ジョンが描かれている。 ちなみに鳴上 嵐も猫を飼っており,名前は「にゃんこ」である ・朔間凛月の兄 既知のとおり,凛月の兄は朔間 零(UNDEAD)である。 日光に弱いなどの彼らの体質は家柄にも関係しているようで,やや特殊な一族であることが分かっている。 幼少期は兄弟仲が良かったようだが,とある時期から凛月が兄に対して複雑な想いを抱くようになってしまったため,現在も喧嘩と和解を繰り返している様子。 以前から2人を知る衣更真緒(Trickstar)によると,普通に会話をするようになったという話もある。 というわけで今回はこちら。 今回のストーリーで凛月は,迷い込んだ黒猫が引き起こす騒動の中で 「気安く近づけて邪魔になった途端に捨てるくらいなら,最初から遠ざけたほうがいい」と話す。 それは 「お互いが傷つく結果になるからだ」という主張は,件の新入生たちについてもそうだが,どちらかというとこれまでの凛月の経験によるものが大きいと感じた。 凛月は誰彼構わず仲良くなるタイプではないけれど,小さい頃は懐いていたという兄や幼なじみの真緒への態度を見ていると,一度心を許した相手への信頼や愛情は,この上なく強いもののように感じられるからだ。 けれどKnightsは,これまでの歴史で無数の傷を負ってきた前リーダーのレオが,メンバーに対して 「どんなに重くて苦しいことでも受け止める」と言ったように,たとえつらいことがあっても,背中を預けられる仲間がいるからこそ戦い続けられるユニットになったはずだ。 今回のストーリーでは,そうした絆によって彼らがより強くなったことを感じてホロリとしたのだが,みんなが集まればあまりウエットな部分を見せず,愉快(?)なやりとりをしているところがKnightsらしい……と微笑ましかった。 また,筆者が驚いたのは司の成長だ。 もともと責任感の強いタイプだったが,その性質は頑固な方向ではなく芯の強さにつながり,かつ柔軟性も芽生えてきたようにも感じられて頼もしい。 こうしてみると,5人はそれぞれの性格を上手く補い合い,しっかり役割を果たしているようにも見える。 全員が長所を残しつつもひとつ大人になっていて,これからがますます楽しみだ。 楽しみといえばもちろん,泉のお土産も。 天祥院英智からESを紹介する仕事を依頼されたTrickstarだったが,その話を聞いた明星スバルは密かに表情を曇らせる。 近頃は単独での仕事が増え,メンバー全員で顔を合わせられることも減ってしまっていたが,元気のないスバルに気づいた衣更真緒はその理由を探る。 そして,4人がたどり着いた解決策とは……。 このできごとは「!」のいくつかのストーリーで言及されていたが,その騒動と仙石 忍(流星隊)や三毛縞 斑が中心となってお見舞いライブを行った様子は,「!」の 【金色の風*励ましのウィッシングライブ】で読むことができる。 ・桜フェス 春先の【DDD】を終えたのち,Trickstarが出演した名誉あるドリフェス……だったのだが,せっかくの機会だからとお花見をしたがる明星スバルと,仕事優先と主張する氷鷹北斗が険悪になってしまう事件があった。 これは「!」におけるリリース後の初イベント 【春嵐!花舞う桜フェス】にて語られており,いま読むと初々しさが感じられてなかなか感慨深い。 「!」【春嵐!花舞う桜フェス】より ・Trickstarというユニット 今回はユニットの箱イベということで,ストーリーに出てきた小ネタを解説しながら各メンバーを紹介しよう。 今回のストーリーで触れられた「反抗的だが上から言われたことには従ってしまう」性格は,幼少期からアイドルの英才教育を施されてきたことと,【DDD】で英智からTrickstarの解散を言い渡されたときの行動を指しているのだろう。 真面目な努力家であり,思慮深く冷静に見えて メンバーいち喧嘩っ早いというギャップも持ち合わせている。 【明星スバル】 アイドルの頂点を極めた父に憧れ,アイドルを愛し,アイドル道を邁進するスバル。 だが夢ノ咲学院入学時は,環境のせいもあってか周りはやる気のない生徒たちばかりで,1人浮いた存在になってしまっていた。 そんな彼にとってのTrickstarは,仲間であると同時にかけがえのない友人でもあるのだろう。 ちなみに真とは,自称 「アホコンビ」として漫才めいたやりとりをよくしていた。 そこに北斗がさらなるボケやツッコミを入れることも多いが,Trickstarで本当の意味でのツッコミ役は真緒である(と思う)。 【遊木 真】 真はキッズモデル時代のトラウマからアイドルへ転身し,カメラ恐怖症を少しずつ克服している。 人が苦手になってしまった時期はゲームばかりしていたようだが,ゲームだけでなくスマホやPCなどの機械類と情報の扱いも得意で,ESでは情報部の長になったようだ。 これまで真は自分を「4人のなかでは落ちこぼれ」だと言い続けていたが,彼だからこそ気づけるメンバーの機微もあり,頼れる存在だ。 意外に天才肌な上,負けず嫌いなところもある。 【衣更真緒】 3年生に進級して生徒会長になった真緒はなにごとに対しても器用だが,周りのメンバーに比べて突出した才能がないことが密かな悩みでもあったようだ。 そのときのショックは不屈の精神で乗り越え,【SS】の際には 「自分は平凡だが,誰よりも頑丈だ」と仲間を守る頼もしい姿勢を見せた。 ちなみに,「!」のメインストーリーには,スバルのこんなセリフがある。 「!」メインストーリー第一部より 4人は昨年春の革命によって,自分たちだけでなく周りの人たちの運命も大きく変えることになった。 だが彼らの言うとおり「革命は手段であって核ではない」,つまり成し遂げたいことがあったから最初に革命を起こしたのであって,それがゴールではなかったはずだ。 にも「Trickstarの現状は,まさに『めでたしめでたしの先』」と書いたが,革命が成功しても,勝負に勝っても,彼らがアイドルとして生き続ける限り,道は続いていく。 彼らはこの物語の中で 「Trickstarは何者になったのか?」「自分たちらしさって何だ?」と自問自答する。 けれど,個人にしてもユニットにしても,ここでフォーカスされているのは彼らがアイドルになったことで対峙した課題であり, 原点のようにも感じる。 これが,立場が変わっても自分たちらしさを失わず,かつ誰も不幸にならない方法を探してたどり着いた答えなのだろう。 またここから始まる新たなアンサンブルが,アイドルたちや多くの人を照らす光となるように願う。 第2回の記事もお楽しみに!.

次の

あんスタmusicでガチャの値段は?金額や損をしない課金方法を解説!

あん スタ

あんさんぶるスターズ!攻略まとめwikiからの 大事なお知らせ 『あんさんぶるスターズ!』は2020年03月15日に 『あんさんぶるスターズ!!Basic』にバージョンアップし、 リズムゲーム版の 『あんさんぶるスターズ!!Music』もリリースされました。 それに伴い、 「あんさんぶるスターズ!攻略まとめwiki」は 「」へ移行しました。 バージョンアップ以降は『あんスタ!』コンテンツの情報も含め、『あんスタ!!』最新情報は新Wikiで更新していきます。 また、『Music』の攻略情報は 「」にて更新しています。 当Wikiはバージョンアップ後も残りますが、更新はほぼ行われません。 今後は「Basic攻略Wiki」「Music攻略Wiki」をよろしくお願い致します。 大型バージョンアップ前の情報を掲載しています。 3DMV、 リズムゲームなど新しいシステムであんスタの世界を楽しみたい方向けのアプリです。 当サイトは著作権法第32条に基づき、画像を引用及び利用しています。 2019年08月14日(水)発売• EDテーマ集Vol. EDテーマ集Vol. EDテーマ集Vol. EDテーマ集Vol. EDテーマ集Vol. EDテーマ集Vol. ゲーム内情報のネタバレなどもございますので、ご観覧の際はご注意ください。 どなたでも編集可能となっておりますのでぜひ編集にご協力ください。 テンプレート等も自由に変更していただいてかまいません。 メンバー登録すれば編集に応じてポイントももらえるのでぜひ登録して攻略に役立ててください。 誤った情報を発見された方は修正、又は報告をお願いいたします。 項目荒らしを繰り返した場合、WIKIの編集及び閲覧を禁止にする場合があります。 荒らしを発見した場合、速やかに管理人に通報してください。 当サイトはリンクフリーです、リンクの際の報告は必要ございません。

次の

あんスタのコスプレ4

あん スタ

あんスタは4周年を迎え、現在進行形で遊べるソーシャルゲームアプリです。 2,5次元舞台化• 3次元ライブ• 中の人ライブ• アニメ化• アイドル育成ゲームは他にもたくさんある。 ちょっと気になる…けれどそもそもこのゲーム面白いの? 我々オタクは忙しいので面白いかってかなり重要ですよね! もちろんあんスタは面白いです!!! 公式ストーリーが毎月刊行される同人誌のようで、4年経って未だに「えっその話するの?」ってのを持ってくるんですよね~ハピエレずるい! これ…アイドル育成ゲームだよね…?って話が多すぎるので一度はメインストーリーだけでも読んで欲しいと思います! あんスタはこんな人にオススメです。 音ゲーが苦手• 夢女子系苦手• 高校生が仲良くわちゃわちゃしているのを見るのが好き• どちらかというと腐女子だ• かわいい絵が好き• 頑張ればレアが手にはいる• シナリオが面白い! あんスタの面白いところは ゲーム性ではありません。 ゲーム部分はぶっちゃけ何一つ面白いところはありません。 永遠なるタップゲーム(脳が死にます) 音ゲーの苦手な人でも余裕できます! では何が面白いのでしょう? それはシナリオ! 日日日先生が書くシナリオが面白すぎるのです!! あんスタでは月に2回イベントがあり、イベントシナリオが配布されます。 シナリオは4月~3月の1年を永遠とループしてきます。 ドラえもん形式ですね。 進級はしませんし後輩も入ってきません。 ずっと同じメンバーでシナリオが更新されていきます。 たまにイレギュラーで未来の話や過去の話が入ってきますが、過去話はだいたい闇です。 未来編はいろんな関係が修復されているので「このゴールに向かってシナリオは進んでいるのか…」と謎の感動を覚えたりします。 4月はぎこちないメンバーやユニットが3月には絆も深まって未来に向かって進んでいくというストーリーで「みんなここまでよく成長したね…」と第三者目線で涙してしまいます。 そう、プレイしている私=転校生という設定なのですが、めちゃくちゃ影が薄い!! 一言もしゃべらないし、ビジュアルもない!だがそれがいい! 夢展開になることもあまりないし、頑張っている高校生を側でひたすら応援して見守るポジション。。 それが自分視点とリンクさせやすくて私が好きなところです。 イベントストーリーは5万5千ポイントに到達すれば誰でも読めるので初心者にも比較的手が届きやすいです。 イベントは日日日先生、結城先生、あとはハッピーエレメンツの方と3パターンです。 日日日先生はどちらかというと人の闇部分だったり、人間関係の複雑さを描いていたり、どちらかというと腐女子向けのシナリオが多い印象。 結城先生はどちらかというとみんな仲良くだったり、夢女子にも嬉しい設定ポイントがあったり当たり障りのない内容が多いという印象。 ハピエレスタッフのシナリオも最近出てくるようになりましたが、普通に面白くて良いと思います。 私は日日日先生のシナリオが好きですね! これはモノクロのチェックメイトというイベントのワンシーンなのですが、こんな感じのセリフ回しに私の心はぎゅっときちゃって今もあんスタを追いかけている理由の1つです。 月2回のイベントシナリオと月2回のガチャの付属ストーリーで、毎月4話新しい話が更新されていきます。 ガチャ絵は中二病の格好をしていたり獣耳がついていたり鬼になったりサンタになったり…割と「こういう設定同人誌で見たことある!!」みたいなものもあってなんでもあり感があって地味に面白いです。 …シナリオだけで長く語りすぎましたね汗。 ちなみに私が本格的にあんスタにはまったきっかけは「華麗なる怪盗vs探偵団」「追憶のマリオネット」です! イラストが可愛い! あまたのアイドルや王子や役者を育てるゲームがある中で、結構絵柄が苦手でプレイしなかった…ということがありました。 ごついイラストや少女漫画みたいな画風、目が大きすぎる…みたいな絵柄が苦手でして…。 私があんスタを始めたのは絵柄が好きだったからです! こちら推しの真白友也くん。 「普通」が嫌で普通以外になりたくて頑張っている男の子…なんですが、何だこの騎士のイラストは!!けしからん!! って感じでいつも陽気なキャラがたまにビシっとしていて…ずるい。 この笑顔からのこの目つきずるくないですか!? こちらも推しの月永レオくん。 特に推しじゃなくても「あ~~なんだこのイラスト…ありがとうハッピーエレメンツ…」ってなってしまうことが多いです。 絵がうまい! なんならコラボ絵もうまいです。 こちら弱虫ペダルコラボの時の坂道くん。 似てるしうまくキャラを活かしたイラストですね。 あんスタキャラクターの闇が深い みんなで楽しくわちゃわちゃ~って感じかと思っていてはじめましたよ…。 皇帝をぶっ倒す革命軍の話がメインストーリー• 3年生が2年生の時は腐敗していた学園• 親友が死んでいるキャラがいる お墓も学園内にある)• お母さんが死んでいるキャラがいる• 吸血鬼設定のキャラがいる• お父さんが自殺したキャラがいる• いや、みんなアイドルになりたくて来ているんですけれども…。 キャラクターは1つのユニットに属しているのですが、ユニット、クラス、部活と色々な関係性を見せてくれるのでそこを追うのが楽しいです。 例えば先程の月永レオくん。 このキャラは、3-B所属の弓道部所属のKnightsのリーダーをしています。 2年生の時には瀬名泉くんと一緒に楽しく青春をしていたのですが、4月から不登校。 曲を作ることが大好きだったけれど曲を作ることが出来なくなって、自分が嫌になって引きこもり。 その後海外へ行き、自身を取り戻しつつ学園に戻ってきます。 アイドルとして舞台に立つことが怖くなって、でも少しずつ舞台に立って、アイドルはもう引退する!なんて言いつつも卒業間際にはアイドルはやっぱり楽しい!仲間を信じれる!と自信を取り戻していく様子がとてもぎゅっとなります。 えっアイドル大丈夫?もっとキラキラしたアイドルを育成するゲームだと思ってたんだけど??ってなります。 その他弓道部では腕前は良いもののあまり出席せず副会長に怒られたり、意外にも弓道部内で猫を飼っていたり。 3-Bでは中々出席率は低いものの、なずなと紅郎と仲よさげに話しているところが見れたり、ユニットだけにとどまらず色々な交友関係が見れるのが面白いです。 というのが毎年少しずつ話がちょっとずつ更新されていきます。 過去に因縁があったり幼馴染だったり、とにかく人間関係が複雑!! あとキャラ同士のあだ名の数がめちゃくちゃあります。 「朱桜司(すおうつかさ)くん」は「司ちゃん」「かさくん」「スオ~」「ス~ちゃん」「キャシー」みたいな感じで1人3つくらいあります。 ぶっちゃけアイドル育成ゲームっていうよりアイドル見守りゲームです。 あんスタユニットの歌がいい! ユニットソングは本編ではONLY YOUR STARSが流れるくらいなのですが、ゲーム内コインで曲を購入することができます。 つまりアプリ内で楽曲が聞けます!! イベントを読んでから楽曲を聞くとめちゃくちゃぎゅっとなります…。 特にメインストーリーを読んでからTrickstarのRebellion Starを聞くとめちゃくちゃエモいです…。 楽曲はyoutubeからも聞けるのでぜひ聞いてみてください! しかし本当に本編では一切歌は流れません!!笑。 でもでも!各ユニット3枚ミニアルバムに1枚アルバムが出ています! めちゃくちゃ曲ある!! どうやらハッピーエレメンツには楽曲を作ったり音ゲーにしたりする力はなかったらしく…楽曲は「こんな歌どうですか!」って桑原さんが逆にプレゼンをして作られたというエピソードが好きです。 今ならAmazonで99円でなんと音楽聴き放題! 曲を知ればライブが気になる! あんスタの面白くないところ! 面白いところばかり語っていても仕方ないので、面白くないところも語っていきますね。 冒頭でも触れましたが 「とにかくゲーム性がない!!」 ゲームは簡単です。 プロデュースコースをミッションをクリアしながら画面をタップするだけ。 よそ見しながらもできる。 しかもオート機能はないのでとにかく1プロデュース内で20回以上は画面をタップしています。 もう無心です。 何も考えていません。 しかもプロデュースも途中で終わって画面を閉じても続きからできます。 いつでも始められる。 いつでもやめられる。 多分刀剣乱舞とかで単調なゲームにも耐えられる!って方はいける口だと思います。 あまりにも単調なゲームなのでそこがつまらないんですけれど、だから続けられています。 子育て中なのですが、音ゲーをする時間はないし、一回4分を継続してプレイだとか、連続でプレイだとかする時間ってなくて、追いかけられなくてやめていった音ゲーもたくさんあります。 あんスタも音ゲーが始まりますが、多分そちらは追いかけられないと思います。 走らないイベントは5万5千ポイントしか走りませんし、推しキャラの時だけランキング550万まで走ったり110万だけ走ったり。 ガチャも推しだけガチャしたり、30連でも出なかったらもう諦めたり。 程よい距離で付き合っています。 あんスタはストーリーを追いかけるゲーム!.

次の