ロック バンド kana boon の マスコット キャラクター の 名前 は。 【バンド名が適当すぎ!堺市出身・KANA

飯田 祐馬 KANA

ロック バンド kana boon の マスコット キャラクター の 名前 は

たにぐち まぐろ 谷口 鮪 生誕 1990-05-03 (30歳) 出身地 学歴 卒 担当楽器 、、 活動期間 - 共同作業者 KANA-BOON(2006年 - ) 人物• 身長162cm、体重54kg。 運転免許なし。 全楽曲の作詞・作曲を行う中心人物。 PAの仕事をしている男性と暮らしている。 「鮪」は高校時代のあだなで、「顔が正面から見たに似ている」と廣瀬に言われた事に由来する。 好物は。 音楽を好きになった切っ掛けは。 その他、も憧れであると語っている。 である。 幼少時代から周囲を盛り上げたりすることが好きであったが、その反面複雑な家庭環境で育ってきており、現在両親とは実質状態であることを明かしている。 使用機材• ギター• 「見た目に惚れたから」「セッティングが楽そうだから」という理由で2008年に入手。 以来ほぼすべてのライブやPVで使用している。 改造品で、ピックアップが3つ(通常のLes Paul Jrは1つ)に増えている。 Gibson 『』PVで使用。 レコーディング・一部のライブで使用。 エフェクター• TS-9• SD-1• BOSS DD-6• Pitchblack• AC-10• アンプ• JCM900• Marshall JCM2000 こが はやと 古賀 隼斗 生誕 1990-06-29 (29歳) 出身地 学歴 卒 担当楽器 、 活動期間 - 共同作業者 KANA-BOON(2006年 - ) 人物• 身長165cm、体重55kg。 運転免許あり。 結成初期はツノのような髪型をしていたため愛称は「ツナ」だった。 ただし、「鮪」は英語で「ツナ」であるため谷口と間違えられやすいという理由で最近は「ツナ」とは名乗っていない。 小泉とは幼馴染の関係であり、彼の勧誘を受けKANA-BOONに加わった。 生まれは長崎だが、育ちは大阪• 「ゲームといえば俺、俺といえばゲーム」と豪語するほどのゲーム好き。 ゲーム実況者グループ『』のメンバー、と仲が良い。 公の場に出る際はもっぱら黒ずくめの服装をする。 これは以前付き合っていた彼女がバンド好きだったため。 高校卒業後に就職していた経験がある。 暫くは仕事とバンドを両立していたが、現在は退職している。 最も影響を受けたアーティストは()。 ライブやフェスの後はでセットリストを公開している。 常に黒シャツ黒のズボンを着て黒の靴を穿いて常に全身黒で覆われている。 使用機材• ギター• 「塗装が気に入ったから」「軽いから」という理由で入手。 以来ほぼすべてのライブやPVで使用している。 ボディに安高拓郎(元・)のサインがある。 Gibson Les Paul Classic• エフェクター• TS-9• OS-2• BOSS DD-6• BOSS CE-5• Pitchblack+• MXR microamp• V-847• Custom Audio Japan AC/DC Station 2• アンプ• 1959 こいずみ たかひろ 小泉 貴裕 生誕 1991-01-08 (29歳) 出身地 学歴 卒 担当楽器 活動期間 - 共同作業者 KANA-BOON(2006年 - ) 人物• 身長167cm、体重67kg。 運転免許あり。 古賀とはの関係。 部への所属経験がある。 穏やかな性格であり、メンバー曰く「1度も怒ったところを見た事が無い」。 青色が好きで、好みに合う青色の冷蔵庫が見付からずそのままひと夏を過ごす羽目になったというエピソードがある。 最も影響を受けたアーティストは()。 美容学校を卒業しており、美容師の免許を取得している。 使用機材• ドラムセット• ほぼ全て製を使用。 旧メンバー [ ] めしだ ゆうま 飯田 祐馬 生誕 1990-06-27 (30歳) 出身地 学歴 卒 担当楽器 、 活動期間 - 共同作業者 KANA-BOON(2011年 - 2019年) 人物• 2011年9月 - 2019年11月在籍。 身長165cm、体重53kg。 既婚(2014年4月 - )。 演奏は基本的にで行うが、『』ではを披露している。 KANA-BOONのマスコットキャラである「アサヒレン」の生みの親。 「アサヒレン」という名称は同盟バンド『』のVo/Gt朝日廉に由来する。 名前自体は本名だが「めしだ」という読みは芸名である。 初めて買ったCDは『』()。 最も影響を受けたアーティストは()。 、アレルギー持ち。 2017年2月21日、過去の(清水富美加)との不倫が報じられ、既婚者であることが判明。 2019年6月13日、同月5日よりメンバーや家族と音信不通になり、一時は捜索願も出された。 同月15日に行われる予定だった企画ライブ「KANA-BOONのOSHI-MEEN!! 」も中止となった。 3日後の16日に無事が確認されるが 、「精神的な病気」との診断を受けたため19日より音楽活動を休止して療養に専念していた。 使用機材• ベース• LAKRAND Precision Bass• BB2024X サポートメンバー [ ] 飯田の活動休止~脱退後、サポートベーシストとして参加。 ヤマシタタカヒサ()• カミヤマリョウタツ() 概要 [ ]• 入学当時にバンドをやりたいと思っていた谷口が、たまたま隣の席になった小泉を誘い、その後は古賀、廣瀬を芋づる式に誘う形で通っていた高校の軽音楽部内で結成された。 バンド名はギター古賀が命名。 結成当初バンド名を決める際、の「ブーン」をメンバー達が気に入っていた(実際には古賀のマイブームであったらしい)ことからバンド名には「ブーン」を入れる事になり 、「なんとなくと字面が似てるから」という理由で中央にハイフンを入れ、『KANA-BOON』に決定した。 高校時代はのコピーをしていた。 主に大阪府堺市ので活動をしていた。 作詞・作曲は全て谷口が行なっているが、結成当時からアレンジはセッションで行われ、その後の話し合いをして作られている。 2016年、シングル「wake up」からボーカル谷口鮪がデモ音源を作り、メンバー全員で音作りをする方法をやめた。 彼らの楽曲のの最後にはおまけ映像が収録されたり、俳優や女優、エキストラなどのキャスティングが多いのが特徴の一つとなっている。 略歴 [ ]• 12月17日、高校の軽音部で結成する。 3月、をホームとし、本格的にライブハウスで活動を始める。 10月、ミナミホイール初出演、この時のお客さんは3000人集まり地元で話題となった。 11月、初の自主企画「堺活性化運動」三国ヶ丘FUZZにて開催。 5月3日、三国ヶ丘FUZZにてと2マンライブ『KANA-BOONvsコンテンポラリーな生活』を開催し、157名を動員。 8月、初のワンマンライブを三国ヶ丘FUZZで行う。 チケットはソールドアウト。 地元インディーズファンを中心に爆発的な人気を得る。 9月、Ba飯田加入。 10月、ミナミホイール2年連続出場。 12月、にて特別賞を受賞。 、の20周年記念オーディションで、4,000組の中からグランプリに選ばれる。 、のフロントアクトを務める。 、OSAKA MUSE 25th Anniversary "Movingroove's"に出演。 、「no escaping TOUR 2012 -spring-」に出演。 、「GPS」Release Tourに出演。 、MINAMI WHEEL 2012出演。 、HighApps Vol. 10 SPECIAL!! 〜2013 New Year Rock Party! 〜に出演。 、SPACE SHOWER 2013に出演。 4月、上京。 、初の全国流通作品となる『』を、よりリリース。 デイリーランキング2位。 、"KANA-BOON VS 2マンライブ! "を開催。 、 TOUR 2013 FINDING "SIGNAL"に出演。 、FACTORY LIVE 0518に出演。 、 「SONGS」リリースツアー【泣きながら踊れる夜はあるかい? 】に出演。 、 2013に出演。 - 、HighApps Toursに出演。 、SAKAE SP-RING 2013に出演。 、・に初出演。 、企画フェス 「あっ、良いライブここにあります。 2013」に出演。 、2013に出演。 ,,、グッドモーニングアメリカ"未来へのスパイラルツアー2013"に出演。 、LIVE FACTORY 2013に出演。 、Talking Rock! FES. 2013に出演。 、 2013に出演。 、 2013に出演。 、「試練の2MANシリーズ京阪神Ver. 」に出演。 、2013のRAINBOW STAGEでオープニングアクトを務めた。 、 2013に出演。 、RUSH BALL 2013に出演。 9月、デビューシングル「」が大阪のラジオ局の9月度ヘビーローテーション。 、GLICO LIVE "NEXT"に出演。 、主催イベント『光風動春』に出演。 、より、1stシングル「盛者必衰の理、お断り」リリース。 、 2013に出演。 、MINAMI WHEEL 2013出演。 にてトリを務める。 、タワーレコード新宿店15周年大感謝祭 怒涛のライブ15連発〜新宿ROCK〜に出演。 、1stフルアルバム『』リリース。 、渋谷クアトロにて、心斎橋BIG CATにてワンマンライブ「僕がステージに立ったら」を開催。 V Powered By Radio WE! に出演。 、J-WAVE 25th ANNIVERSARY "THE KINGS PLACE" LIVE Vol. 4に出演。 、 2013に出演。 、Livemasters Inc. COUNTDOWN "GT2014"に出演• 2月、のキャンペーンソング「春の歌」にボーカル鮪がソロで参加。 作詞作曲プロデュース(・)。 2月 - 3月、スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2014に出演。 、2ndシングル「」リリース。 3月、第6回最優秀新人を獲得。 、HighApps Vol. 18 SPECIAL!! 〜スリー・ツー・ワン! SPRING Rock Party〜に出演。 、MUSIC CUBE 14に出演。 、J-WAVE「THE KINGS PLACE」LIVE Vol. 5に出演。 、SP-RING NIGHT OUT 2014 -SPRUNG from SAKAE SP-RING-に出演。 、14に出演。 、に出演。 、3rdシングル「」リリース。 また放送分の系『』に初出演し「フルドライブ」が披露された。 - 、全国9ヶ所でワンマンツアー「KANA-BOONのご当地グルメワンマンツアー」を開催。 、 2014に出演。 、2014に出演。 、JOIN ALIVE 2014に出演。 、2014第三次ライブ審査大阪大会にゲスト出演。 、「 2014」に出演。 、FM802 25th ANNIVERSARY 802GO! SPECIAL 2014に出演。 、Livemasters Summer CHOICE 2014に出演。 、 2014に出演。 、WILD BUNCH FEST. 2014に出演。 、 2014に出演。 、4thシングル「」リリース。 、"KANA-BOON野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり! in 泉大津フェニックス"を開催。 1万6000人動員• 、企画の野外ライブイベント「 2014」に出演。 、 2014 〜galaxy of liberty〜に出演。 、5thシングル「」リリース。 また11月28日放送分のテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』に2回目の出演。 系アニメ『』のオープニングテーマである「シルエット」が披露された。 、メジャー2枚目、通算3作目のアルバム「」発売。 からまで全国ツアー「KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜クアトロだってばよ!編〜」が行われ、またとには「KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜夢のアリーナ編〜」がやで、さらにからまで「KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜全国とぅるとぅる編〜」が行われた。 、メジャー6枚目のシングル「」発売。 「」CMソングに起用された。 、メジャー7枚目のシングル「」が発売。 8月7日より全国公開される映画、「BORUTO -NARUTO THE MOVIE-」の主題歌となり 、この作品の公開日当日にテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』に4回目の出演。 「ダイバー」が披露される。 、とのスプリットシングル「」をリリース。 「talking」は系「」アニメ「」のオープニングテーマとして起用。 、メジャー8枚目のシングル「」発売。 、メジャー3枚目、通算4作目のアルバム「」をリリース。 また、初の海外公演を含む全国ツアー「KANA-BOONの格付けされるバンドマンツアー 2016」の開催が決定された。 、の「堺親善アーティスト」の第1号に就任。 、メジャー9枚目のシングル「」発売。 、メジャー10枚目のシングル「Fighter」発売。 表題曲は、・系列アニメ『』第2期の新オープニングテーマに起用される。 またカップリング曲「君を浮かべて」はが出演する「はたちの献血」CMソングに起用。 、メジャー11枚目のシングル「バトンロード」発売。 表題曲は、テレビ東京系アニメーション『』のオープニングテーマとして書き下ろした楽曲である。 、メジャー4枚目、通算5作目のアルバム「」をリリース。 また、それに伴い全国ツアー「KANA-BOONのバイバイハローツアー 2017」の開催が決定された。 、メジャーデビュー5周年。 からにて5日間連続で行われるライブイベント『Go Back Home』の開催、に新作ミニアルバム『』を発売する事をそれぞれ発表した。 、B面集第二弾『』をリリース。 、ミニアルバム『』をリリース。 、12枚目のシングル『』をリリース。 タイトル曲はテレビアニメ『』のオープニングテーマとして書き下ろされた。 、4月より放送される "" アニメ『』のオープニングテーマとして新曲『まっさら』を提供。 、13枚目のシングル『』をリリース。 からベース・飯田祐馬と連絡が取れない状態になっていることから、15日開催予定のライブ「KANA-BOONのOSHI-MEEN!! 」が中止されることになる。 深夜、飯田が無事帰宅。 、飯田の音楽活動一時休止を公式HPにて発表。 、ライブ活動を再開。 サポートベーシストとしてヤマシタタカヒサ()を迎える。 、飯田の脱退を発表。 12月10日、KANA-BOON初となるベストアルバム『』を来年3月4日にリリースすることとともに、アルバムをひっさげた全国ホールツアーの開催を発表 新型コロナウイルス感染拡大の影響により全公演が開催見合わせ。 3月4日、ベストアルバム『』・シングル『』を同時リリース。 5月12日、YouTubeで海外のみで公開されている「」のミュージックビデオが1億回再生を達成。 ディスコグラフィ [ ] 自主制作盤 [ ] 発売日 タイトル 規格 収録曲 備考 シングル 1 不明 NEW BAND STAGE CD• ワールド• ワカラズヤ• 夕暮れ• ないものねだり 全国流通盤 [ ] シングル [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 収録アルバム 最高位 登場回数 1st 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2303・2304 10位 7回 通常盤:CD KSCL-2305 2nd 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2373・2374 8位 12回 通常盤:CD KSCL-2375 3rd 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2403・2404 6位 8回 通常盤:CD KSCL-2405 4th 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2463・2464 19位 5回 通常盤:CD KSCL-2465 5th 完全生産限定盤:CD+DVD+グッズ KSCL-2517~2519 11位 9回 通常盤:CD KSCL-2520 6th 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2573・2574 9位 6回 通常盤:CD KSCL-2575 7th 初回生産限定盤:CD+グッズ KSCL-2613・2614 11位 8回 通常盤:CD KSCL-2615 初回生産限定盤A:CD+DVD KSCL-2631・2632 11位 8回 初回生産限定盤B:CD+DVD KSCL-2633・2634 通常盤:CD KSCL-2635 8th 通常盤:CD KSCL-2685 9位 3回 9th 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2771・2772 16位 3回 通常盤:CD KSCL-2773 10th 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2867・2868 13位 7回 通常盤:CD KSCL-2869 期間生産限定盤:CD KSCL-2870 11th 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2914・2915 18位 3回 通常盤:CD KSCL-2916 12th 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-3140~1 37位 3回 通常盤:CD KSCL-3142 13th 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-3160~1 25位 3回 通常盤:CD KSCL-3162 14th 期間生産限定盤:CD+DVD KSCL-3241~2 29位 5回 通常盤:CD KSCL-3240 オリジナルアルバム [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位 登場回数 1st 通常盤:CD KSCL-2315 3位 30回 2nd 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-2533・2534 4位 22回 通常盤:CD KSCL-2315 3rd 初回生産限定盤A:2CD KSCL-2686・2687 6位 12回 初回生産限定盤B:CD+DVD KSCL-2688・2689 通常盤:CD KSCL-2690 4th 完全生産限定盤:CD+グッズ KSCL-2969・2970 7位 6回 通常盤:CD KSCL-2971 ミニアルバム [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位 登場回数 1st 通常盤:CD RDCA-1030 14位 42回 2nd 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-6308・6309 16位 3回 通常盤:CD KSCL-6310 3rd 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-3127・3128 36位 3回 通常盤:CD KSCL-3129 ベストアルバム [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位 登場回数 1st 初回生産限定盤:2CD+DVD KSCL-3243〜3245 15位 5回 通常盤:2CD KSCL-3246・3247 B面集 [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位 登場回数 1st 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-3040・3041 27位 2回 通常盤:CD KSCL-3042 2nd 初回生産限定盤:CD+DVD KSCL-3087・3088 36位 2回 通常盤:CD KSCL-3089 映像作品 [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位 登場回数 1st KANA-BOON MOVIE 01 KANA-BOONのご当地グルメワンマンツアー 2014 DVD KSBL-6168 10位 3回 2nd KANA-BOON MOVIE 02 KB CLIPS ~幼虫からサナギ編~ DVD KSBL-6175 39位 3回 Blu-ray KSXL-80 58位 3rd KANA-BOON MOVIE 03 KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 ~夢のアリーナ編~ at 日本武道館 2DVD KSBL-6182・6183 9位 5回 Blu-ray KSXL-82 22位 3回 4th KANA-BOON MOVIE 04 KANA-BOONの格付けされるバンドマンツアー 2016 at 幕張メッセ 2DVD KSBL-6248・6249 20位 2回 Blu-ray KSXL-209 131位 1回 5th SPACE SHOWER TV presents もぎもぎKANA-BOON 2014-2015 2DVD KSBL-6261・6262 25位 1回 Blu-ray KSXL-209 67位 6th KANA-BOON MOVIE 05 KB CLIPS~サナギからもぞもぞ編~ DVD KSBL-6303 35位 1回 Blu-ray KSXL- 46位 参加作品 [ ] 発売日 タイトル 収録曲 規格品番 備考 1 ずんざコンピ 大阪 VS 名古屋 A. その参 ワールド FIVER-021 5 DJ『PARTY』 ないものねだり VIZL-683 VICL-64172 6 ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2014 フルドライブ KSCL-2419 7 ROCK THE BEST 1. step to you VICL-64597 8 君という花 KSCL-2896 バンドスコア [ ]• KANA-BOONのバンバン! ズババン! バンドスコア! 帰ってきた! KANA-BOON のバンバン! ズババン! バンドスコア! 」 48ヵ所55公演 メジャーデビュー5周年にちなんで、47都道府県と台湾でバンド史上最大公演数となる計55公演を行う。 - THE BEST TOUR 2020 7ヶ所7公演 4月12日 宮城・日立システムズホール仙台 シアターホール 4月18日 広島・JMSアステールプラザ 中ホール 4月19日 福岡・都久志会館 5月9日 北海道・札幌道新ホール 5月28日 愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール 6月7日 大阪・NHK大阪ホール 6月12日 東京・LINE CUBE SHIBUYA ベストアルバム「 KANA-BOON THE BEST 」のリリースを引っ提げて行われる初のホールツアー。 楽曲提供 [ ] 年 アーティスト タイトル 収録先 補足 2015年 ナントカナルサ アルバム「」 作詞・作曲:谷口鮪 受賞歴 [ ]• ・特別賞(2011年)• 第7回・ニューブラッド賞「DOPPEL」・「僕がCDを出したら」(2013年) 出演 [ ] 過去の出演番組 [ ] テレビ• (2013年10月 - 2015年9月、) - 谷口のみ出演• KANA-BOONの(2016年2月26日)- 特番• () (2016年4月6日 - 9月28日・) - 水曜日コーナーレギュラー CM [ ]• 「Find my Tokyo. 」(2017年) - 谷口のみ 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• RO69. 2015年6月23日閲覧。 3月号(2015年1月30日発売)• Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2019年6月13日. 2019年6月13日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2019年6月16日. 2019年6月16日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年6月19日. 2019年6月19日閲覧。 2019年11月12日. 2019年11月12日閲覧。 Real Sound. 2017年4月1日閲覧。 「」2015年5月13日放送分。 エルマガジェイピー. 2016年9月29日時点のよりアーカイブ。 2016年12月7日閲覧。 excite music 2015年6月15日. 2015年6月15日閲覧。 ナタリー 2015年9月3日. 2015年9月3日閲覧。 ナタリー 2015年12月4日. 2015年12月4日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年8月17日. 2016年8月17日閲覧。 音楽ナタリー 2017年7月28日. 2017年7月28日閲覧。 音楽ナタリー 2018年1月1日. 2018年1月1日閲覧。 音楽ナタリー 2019年1月17日. 2019年1月17日閲覧。 音楽ナタリー 2019年3月7日. 2019年3月7日閲覧。 音楽ナタリー 2019年4月19日. 2019年4月19日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2019年6月23日. 2019年6月23日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2019年11月12日. 2019年11月12日閲覧。 2008年か2009年に発売されたと見られる。 2014年7月24日. 2014年9月6日閲覧。 2014年7月24日. 2016年3月16日閲覧。 音楽ナタリー. 2017年1月6日. 2017年1月6日閲覧。 外部リンク [ ]• - HIP LAND MUSIC• (モバイル用)• (旧ブログ、2013年10月25日〜2016年8月18日)• (新オフィシャルブログ、2016年8月19日〜)• - チャンネル• kanaboon -• kanaboonmaguro -• kanaboontuna -• kanaboontuna -• kanaboonkoicha - 旧メンバー• kanaboonmeshida -• kanaboonhilose -.

次の

飯田 祐馬 KANA

ロック バンド kana boon の マスコット キャラクター の 名前 は

メンバー• 朝日廉(あさひ れん) ・。 全楽曲の作詞作曲を担当している。 別名義「 石風呂」では、ボーカロイドを使用した、所謂としての活動も頃より行っている。 同盟バンドであるの公式マスコットキャラクター「アサヒレン」という名前は朝日から取られた。 バンド・でも活動を行い、ギターと殆どの曲の作詞作曲を担当している。 先述の石風呂楽曲等はコンポラで定番となっている曲を除き、このバンドで披露されている。 メンバー初の既婚者である。 藤田彩(ふじた あや)。 バンドの名付け親。 バンド・のメンバーとしても活動を行い、こちらでもベースを担当。 2020年6月14日に自身のTwitterにて結婚を発表。 元メンバー• 酒井俊介(さかい しゅんすけ)。 2015年8月に一身上の都合によりバンドから離脱、2016年1月1日に正式に脱退。 2009年• 4月に結成。 2010年• 本格的な活動を開始。 北堀江ビジョンにて初企画ライブを開催し、100名を動員。 4月にデモシングル『 惑星フリーウェイ』、12月2日に1stミニアルバム『 コンテンポラリーな生活』をリリース。 2011年• 5月3日、三国ヶ丘FUZZにてと2マンライブ『KANA-BOONvsコンテンポラリーな生活』を開催し、157名を動員。 9月、京橋ismにて、KANA-BOON、なか卯(現在のオトワラシ)と共に『ゆとり』というイベントを開始。 10月、FM802主催のサーキットイベントMINAMI WHEELに初出演し、入場規制をかける。 3月22日に1stシングル『 diving hole』、7月23日には2ndシングル『 ジュークボックス』をリリース。 2012年• 5月27日に1st EP『 笑えない日々、笑える毎日』をリリース。 8月、オーディション「出れんの!? サマソニ!? 」を突破し、サマーソニックに出演した。 主なライブ ワンマンライブ・主催イベント• 2013年07月27日 - コンテンポラリーな生活 ワンマン• 2014年06月22日〜07月25日 - コンテンポラリーな生活ライブツアー『23歳のポップソング』• 2014年11月22日 - コンテンポラリーな生活 タワーレコードイベント• 2014年12月08日〜2015年01月16日 - レコ発ワンマンツアー ヘドが出る前に• 2016年07月10日〜07月18日 - コンテンポラリーな生活 New ALBUM リリースツアー2016• 2019年1月23@下北沢BASEMENT BAR 2月3日@北堀江club vijon 『You'll dig it the most』リリース記念ワンマンライブ 両公演ソールドアウト.

次の

コンテンポラリーな生活

ロック バンド kana boon の マスコット キャラクター の 名前 は

メンバー• 朝日廉(あさひ れん) ・。 全楽曲の作詞作曲を担当している。 別名義「 石風呂」では、ボーカロイドを使用した、所謂としての活動も頃より行っている。 同盟バンドであるの公式マスコットキャラクター「アサヒレン」という名前は朝日から取られた。 バンド・でも活動を行い、ギターと殆どの曲の作詞作曲を担当している。 先述の石風呂楽曲等はコンポラで定番となっている曲を除き、このバンドで披露されている。 メンバー初の既婚者である。 藤田彩(ふじた あや)。 バンドの名付け親。 バンド・のメンバーとしても活動を行い、こちらでもベースを担当。 2020年6月14日に自身のTwitterにて結婚を発表。 元メンバー• 酒井俊介(さかい しゅんすけ)。 2015年8月に一身上の都合によりバンドから離脱、2016年1月1日に正式に脱退。 2009年• 4月に結成。 2010年• 本格的な活動を開始。 北堀江ビジョンにて初企画ライブを開催し、100名を動員。 4月にデモシングル『 惑星フリーウェイ』、12月2日に1stミニアルバム『 コンテンポラリーな生活』をリリース。 2011年• 5月3日、三国ヶ丘FUZZにてと2マンライブ『KANA-BOONvsコンテンポラリーな生活』を開催し、157名を動員。 9月、京橋ismにて、KANA-BOON、なか卯(現在のオトワラシ)と共に『ゆとり』というイベントを開始。 10月、FM802主催のサーキットイベントMINAMI WHEELに初出演し、入場規制をかける。 3月22日に1stシングル『 diving hole』、7月23日には2ndシングル『 ジュークボックス』をリリース。 2012年• 5月27日に1st EP『 笑えない日々、笑える毎日』をリリース。 8月、オーディション「出れんの!? サマソニ!? 」を突破し、サマーソニックに出演した。 主なライブ ワンマンライブ・主催イベント• 2013年07月27日 - コンテンポラリーな生活 ワンマン• 2014年06月22日〜07月25日 - コンテンポラリーな生活ライブツアー『23歳のポップソング』• 2014年11月22日 - コンテンポラリーな生活 タワーレコードイベント• 2014年12月08日〜2015年01月16日 - レコ発ワンマンツアー ヘドが出る前に• 2016年07月10日〜07月18日 - コンテンポラリーな生活 New ALBUM リリースツアー2016• 2019年1月23@下北沢BASEMENT BAR 2月3日@北堀江club vijon 『You'll dig it the most』リリース記念ワンマンライブ 両公演ソールドアウト.

次の