もこう 創価。 退会しても「統監票」に一生残る

創価学会はなぜ社会から嫌われるのか

もこう 創価

ブログ応援頂ける方はポチッとお願いします。 (一日一回有効です!) ブログランキング 2018年9月追記:沖繩県知事選挙の影響なのか、急にこの記事が読まれるようになりました。 元々は都議会選挙の時に書きましたが、どのタイミングでも読んでいただけるように更新しました。 いつもお読みいただきありがとうございます。 管理人のけいすけです。 以前「創価学会と政教分離」についてはこちらの記事に書かせていただきました。 ざっくり言うと、• 日本憲法にある「政教分離」とは政府が特定の宗教への信仰を強制したり、弾圧したりしてはいけないこと• 宗教団体が特定の政治団体を応援することを禁止するものではない• よって、創価学会員が公明党を応援することは問題ない というようなお話でした。 今回はこの政教分離の話でよく聞かれる、 「そもそも公明党と創価学会ってどういう関係なの?」について書きます。 公明党のHPには創価学会のことはほとんど書いてない をみるとびっくりするくらい創価学会のことは書いていません。 政教分離の考えからすると当たり前なんですが、 ぱっと見ると本当に創価学会の「創」の字もないのに驚きます。 「関係を隠しているのでは?」と思われるかもしれませんが、 サイト内検索してみると「よくある質問」にちゃんと説明がされていました。 公明党と創価学会の関係は? A. 政党と支持団体の関係です。 各政党を労働組合や各種団体などが支持する関係と同類です。 公明党と創価学会は不定期で「連絡協議会」を開催し、協議内容はマスコミ公開されています。 一部週刊誌等で「政教一致だ」とか「憲法20条に違反した関係にある」等の記事が掲載されることがありますが、全く的外れな批判であり、既に国会の論戦の場でも決着済みのことです。 そもそも、憲法が定める「政教分離」原則の意味は、憲法が宗教団体の政治活動を禁止しているということではありません。 内閣法制局は「憲法の政教分離の原則とは、信教の自由の保障を実質的なものとするため、国およびその機関が国権行使の場面において宗教に介入し、または関与することを排除する趣旨である。 それを超えて、宗教団体が政治的活動をすることをも排除している趣旨ではない」(大森内閣法制局長官の国会答弁趣旨=1999年7月15日)としています。 憲法が規制対象としているのは、「国家権力」の側です。 つまり、創価学会という支持団体(宗教法人)が公明党という政党を支援することは、なんら憲法違反になりません。 国家権力が、ある特定の宗教を擁護したり、国民に強制するようなことを禁じているのが「政教分離」原則です。 具体的に言うと、先の戦前・戦中に実際にあった事実として軍事政権・国家(政)が、一定の「国家神道」(教)を強要したり、天皇陛下を神に祭り上げ、思想統制を図ろうとしたことなどです。 この反省に立ち、信教の自由、言論の自由、結社の自由--などが定められ、「政教分離の原則」が条文に記載されたのです。 まずはじめにはっきりと「政党と支援団体の関係です」と認めています。 そしてその関係とは、 「各政党を労働組合や各種団体などが支持する関係と同類です。 」と述べています。 また、政教分離の考えについても 「憲法が定める「政教分離」原則の意味は、憲法が宗教団体の政治活動を禁止しているということではありません。 (中略)憲法が規制対象としているのは、「国家権力」の側です。 つまり、創価学会という支持団体(宗教法人)が公明党という政党を支援することは、なんら憲法違反になりません。 国家権力が、ある特定の宗教を擁護したり、国民に強制するようなことを禁じているのが「政教分離」原則です。 公明党の歴史 創価学会色が全くないHPの中で、唯一創価学会の話が少し出てくるのが「歴史」です。 といってもHPにある「」には創価学会の話は出てきません。 HPにある「写真で読む公明党の50年」というリンクの中にようやく見つけることができます。 そこでは、1964年に池田大作創価学会会長(当時)によって創設されたと堂々と書かれています。 (前身の「公明政治連盟」1961年設立) さらにwikipediaをみると、その源流が「創価学会文化部」にあることが書かれています。 このように公明党と創価学会はたしかに当初は同じ組織であり、 公明党の創設者は池田大作さんということになります。 しかし、1969年頃に言論弾圧の事件があります。 詳しくはwikiに書いていますが、ざっくり言うと、• 学会のことを批判した書籍を出版しようとしたら、創価学会・公明党が圧力をかけてそれを阻止しようとした。 それが世間の知るところとなり、ものすごい非難が起きた。 結果、当時会長だった池田大作さんが公に謝罪をして、以後、創価学会と公明党を明確に別組織として運営することにした。 学会幹部が議員と兼務することは禁止とし、また池田さん自身も政界に進出することはないことを明言した。 というようなことがありました。 創価学会員が公明党を応援する意味とは? 組織が別れたことや、時代の流れもあり、学会員の中にも当然公明党を批判する方も出てきていますし、 全ての人が応援しているわけではありません。 その辺はこちらの記事もわかりやすいと思います。 一方で、組織としては分離した創価学会と公明党ですが、 もともとは同じ団体であり、目指す世界観も同じであったことから、 今も多くの創価学会員が公明党を応援しているのも事実です。 選挙の時期になると、 熱心な学会員は「戦いが始まった!」というような表現をして、 自ら選挙応援に参加しています。 その勢いたるやすさまじいものがあり、 わたしの母は前回の都議選の時にはわざわざ関西から東京に(当然自費で)やってきて、知り合いを行脚したりしていました。 別に彼ら彼女らにノルマがあったりするわけではないわけですが、 「随自意」の思いもあったりするせいか、 誰に言われるでもなく(だからこそ真剣なのですが)、全力で活動しています。 そういう人たちは「公明党を応援することが、創価学会を応援すること」 という意識が高いのだと思います。 一方で、若い世代はわりかしフラットな人もいて 「自分たちが選挙応援で友人に対話をして、結局公明党に入れてくれなくてもよい。 ただその人が選挙にいってくれるだけでも、意味がある」 という人もいます。 若い世代はなかなか投票にいかない人も多いですし、 そもそも政治に興味をもっていない人も多いです。 その人たちに対して(少々うざいと思われても)政治で何が起きているか説明して、 たとえ公明党を応援してくれなくても、「政治に興味をもってもらえた」という意味があると言っています。 「もし学会員が全く選挙応援をしなければ投票率が10%近く下がるのではないか」 というようなことを言っている人もいました。 これを聞いた時は「んなことないだろ」とも思いましたが、 母の動き方や熱心な方の活動ぶりを見ているとあながち嘘でもないな、 と思います。 追記:池上彰の選挙速報(F票って何?) 以前、選挙特番で池上彰さんも解説していましたが、 「創価学会のF票」というのは「F=フレンド」で創価学会員が友人に頼む票のことです。 別に悪いことではないわけですが、選挙特番では 街頭のインタビューでは「100票のF票を獲得した!」と 応える学会員や商店街をまわる学会員の姿も映っていました。 「ここまでやっているのか!」と一般の人は驚くような内容だったのではないでしょうか。 このような活動が選挙場所の地元の人だけではなくて、 全国から選挙場所へ応援に駆けつけて行われているわけです。 ちなみに池上彰さんは公明党の山口代表とも中継をしていました。 舌鋒鋭く池上さんは切り込んでいきましたが、山口代表も冷静に受け答えされていました。 創価学会の説明が「南無妙法蓮華経をひたすら唱える」と 書かれているのが若干悪意を感じなくもないですが。 まあ事実かな。。。 (よくある疑問シリーズ).

次の

退会しても「統監票」に一生残る

もこう 創価

創価学会とは日本でも非常に大きい宗教として知られ、およそ827万世帯もの学会員がいるとも言われています。 実際には学会員であっても、活動は全くしていないという人も存在しますが、これだけの数の学会員がいるということは、言動面での特徴を探っていけば、確かめる方法が見えてくるはずです。 しかし、信者の規模の大きさと、政治・新聞・芸能界・一般社会にまで広がった創価学会のネットワークの強力さ故に、怖さを感じているのは事実です。 今回の記事では、そんな 創価学会員を確かめる方法や特徴に関して、親族が信者である筆者自身の経験と、実際に両親が創価学会員であった人の証言なども参考に、10項目にまとめています。 タップできる目次• 聖教新聞をとっている 電車などを見渡してみると、まれに聖教新聞を読んでいる人を見かけますが、聖教新聞は創価学会の機関紙発行・出版部門であるため、創価学会員である可能性が高くなります。 もちろん、創価学会員の友人に頼まれて数ヶ月間だけ契約をしているというケースもありますので、一概に決めつけるのは良くないですが、確かめる方法の1つであるといえるでしょう。 この新聞には、創価学会員による日々の活動や、活躍の場が紹介されているページがあります。 創価学会は「いいものはいい、悪いものには悪いとはっきりという」というスタンスのため、共産党や他の仏教系宗教団体を明確に批判する論調の記事を見かけることもありますが、それ以外は至って一般的な新聞社のものと変わりません。 公明党押しである 公明党は、1961年に公明政治連盟、1964年に公明党を結成し、1967年には初めて衆議院に進出した党です。 公明党の方は、公には「創価学会は支持団体の一つに過ぎない」と言っていますが、公明党=創価学会であることは公然の秘密であるといえます。 創価学会員の人々は選挙前となれば公明党を支持し、親戚や友人などに選挙の投票をお願いするといった決まった流れがあります。 私自身も、親戚の信者の叔母から電話で選挙投票の勧誘を受けたことがあります。 また公明党以外でも、この人を当選させようという明確な目標が決まった場合は、違う党であっても応援することもあります。 (ただし多くの場合、公明党との繋がりがある場合に限ります) 親が創価学会員であった 親が創価学会員であった場合は、子供も強制的に学会員として登録されることが多く、創価学会員の子供として生まれてきたが故に、たくさんの悩みを抱えていたという人も、珍しくありません。 ここで1つ注意しておきますが、必ずしも親が創価学会員だからと言って子供も必ず創価学会員であるということではありません。 自ら学会員を脱退する人もいますし、親が強制的に入れないというケースもありますので、親が学会員だからといって決めつけるのはよくありません。 会合への出席 熱心な学会員さんであった場合、友達を会合へと誘うことがあり、会合とは学会員の皆さんで最近の活動を報告しあったり、勤行を全員でするなど、様々な目的を果たすための場であります。 この会合へ誘われた場合は、創価学会員であると思っておいた方がいいでしょう。 学会員でなければ、そもそもこのような会合が開かれていることすら知らない人も多いので、興味がないという人の場合は、きちんと事前にお断りをしておくことが大事です。 勤行をしている 熱心な創価学会員であれば完璧にこなすことができる勤行は、毎日を課題として行っている人もいて、こういった人はかなり熱心なタイプと言えます。 ですから近所から勤行が聞こえてくることがあれば、それは学会員である証拠です。 見分け方としては、数珠と勤行要典を持っているといった特徴が見られます。 宗教(日蓮)関係の本がある 創価学会は日蓮宗を基にしていますが、1990年代前半に破門騒動があって現在は日蓮宗とは関係ありません。

次の

退会しても「統監票」に一生残る (2ページ目)

もこう 創価

ゲーム実況者の「もこう」さんが創価学会であることはご存知でしょうか?もこうさんは、もこうさんの母親が熱心に創価学会を信仰しており、創価学会員2世だと自分自身で明かしています。 もこうさんは創価学会は「大きな宗教で普通」だと話しており、ネット上で言われている、悪いイメージとかけ離れていると説明しています。 もこうさんの創価学会トークをまとめます。 もこうは創価学会員だった ゲーム実況者のもこうさんは、頻繁にニコニコ生放送で雑談や動画の収録配信を行っており、その際に「自分は創価学会員である」と発言しています。 もこうさんの発言によると、もこうさんの「母親」が創価学会を強く指示しているようです。 もこうさんの母親は、「もこうさんの結婚相手は創価学会員の女性が良い」と助言をしているようです。 もこうさんは、結婚相手に創価学会かどうかは求めないという反対の意見を持っています。 しかし、結婚相手や子供は創価学会に入会してもらうと考えています。 もこうさんは自分自身のことを「創価学会の幽霊部員」と言っており、創価学会員の2世だから母親ほど活動していないと話しています。 しかし、母親のことは尊敬しており、子供の頃からお世話になっている宗教団体だとは思っているようです。 もこうさんは創価学会員だからと言って、特別なことな何もないようですね。 もこうは創価学会で何をしているの? 世間では創価学会について様々な見方がありますが、もこうさんの視聴者のコメントで「もこうは創価学会、危険思想を持っている」という意見が見受けられます。 もこうさんは創価学会についてどのような活動をしていて、どのように思っているのでしょうか? もこうさんは雑談配信時に、創価学会員だからと言って、特別な思想や信仰は無いと発言しています。 もこうさんは子供の頃に創価学会の集会に参加していたようですが、今現在は特別何かに参加している等は無いようです。 大学生時代や東京に上京して間もない頃に、創価学会にお世話になった事があると明かしています。 しかし、選挙は必ず行くようにしており、公明党を指示していると発言していました。 創価学会について赤裸々に明かしているもこうさん、このような発言を繰り返して大丈夫なのでしょうか。 もこうさんはファンの心配に対して、創価学会に語ることについて、「自分が創価学会について触れて消されたのなら、それこそ創価学会が世間から疑われる」と話しています。 もこうの創価学会トーク 訪ねて来た創価学会員に居留守を使うもこう もこうさんは創価学会員のため、一人暮らしをしている家の住所を創価学会に登録しています。 これは、もこうさんの母親が勝手にもこうさんの住所を創価学会に伝えたと話しており、もこうさんは母親と本気の喧嘩になりました。

次の