センシティブ意味。 「センシティブ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

「センシティブ」とは?意味と使い方

センシティブ意味

[スポンサードリンク] 基礎 英語表記 sensitive 意味 センス sence の形容詞形。 感じやすい、敏感である、神経質な、といったさまを表します。 肉体的、精神的な敏感さに対しても用いられますし、政治や交渉事、国家や思想においての慎重な話題、機密や重要事項を表すのにも使われます。 日常会話では主に 「壊れやすい、傷つきやすい」等、マイナスの意味で利用されています。 似た意味合いの言葉に『ナイーブ』『デリケート』等がありますが、センシティブは、それらより純粋に「感受性が高い」「刺激に敏感である」の意味が強くなります。 本来は良い意味での繊細、感覚が鋭いといった解釈もあるのですが、慣例的には決して手放しの 褒め言葉ではないので、「あなたはセンシティブだね」と面と向かって言うのは避けた方が良いかも知れません。 「神経質で面倒な奴だ」と捉えられてしまう可能性があります。 使い方・例文 政治、宗教、戦争などの話の時に 互いの宗教観に付いての話題はセンシティブだから控えよう。 仕事の用事で同僚に会いに行ったがテレビつけたまま爆睡中。 流れてたのが湾岸戦争のドキュメンタリー。 ひょっとしたら彼の祖父が参戦してたかも。 いろいろ聞きたいが、センシティブなテーマだし今日は断念。 政治的な話題はセンシティブであるはずの中国でこうした対抗言論がしっかりなされ、「言論の自由」があるはずの日本で冷笑がはびこる原因は何か、いい加減ちゃんと考えないといけないんではないですか。 「日本が悪かった」論は戦争に実際に参加した人が多かった当時には無理だったんだろうなあ。 あまりにセンシティブな問題だし。 問題はそれが戦後70年経ってもそのまんまだということかねえ。 タブーや神経質なことに気をつけたい時に この問題はセンシティブなので、慎重に取り扱うべきである。 不思議と人の評価というのは割れるもの。 あまりセンシティブになり過ぎるのはよくないかもしれない。 相手や自分の性格について話す時に センシティブな新入社員とは接するのが難しい。 十代の若者は何かとセンシティブだ。 傷つきやすい。 センシティブ。 超過敏。 周りの人が、えっこんなことで!?と驚くほど些細なことで深く落ち込む。 また個人的なご意見ご指摘を頂けるのも、わざわざ私の作品を観察して時間を割き言葉にしてくださっていることと思いますので真摯に受け止めたいと思います。 ただ作品の線を超えた無意味な恨み妬みのお言葉は、なにぶん作家ってセンシティブな生き物なので、見なかったことにしますけどね 質問をされたTさんは非常にセンシティブな感覚の持ち主で、相手の変化は間違いなく感じ取れてると思う。

次の

「センシティブ」とは?意味と使い方

センシティブ意味

センシティブの意味とは 「ちょっとセンシティブな話題だから、話す場所と相手には気をつけてくれ」 なんて上司から言われたら返事にとても困る。 いや、本当、こういうカタカナ語連発マンはいるので厄介なのです。 このサイトを作るきっかけになった…。 <センシティブの意味> センシティブ(sensitive)は、 「感覚が敏感な、感じやすいさま、鋭敏」 「微妙で慎重を要するさま」 という意味です。 人にも物にも使う言葉です。 冒頭の例の場合は、 「慎重を要する話題だから」ということになりますね。 名詞は「センス(sense)」となり、「感じる」という意味です。 「良いセンスだ」という使い方だと、 「良い感覚=良い才能・能力だ」といった意味になる。 なかなか意味が豊富な単語です。 そのため、「センシティブ(sensitive)」も和訳が難しい。 〈センシティブの使い方〉 ・センシティブな年頃だから、ちょっとした言葉にも傷つきやすい。 ・これはセンシティブ情報だから親書で送るように。 ・センシティブなテーマだから慎重に書くように。 以上、センシティブの意味とはでした。 前: 次:.

次の

「センシティブ」の正しい意味とは?類語であるナイーブとの違いもあわせて解説

センシティブ意味

センシティブ sensitive : 敏感なこと・傷つきやすいこと 「センシティブ」の意味を詳しく 「センシティブ」とは、 「敏感な」「傷つきやすい」という意味を持つカタカナ語です。 人の言動など外からの刺激に対して、過度に敏感なさまや、精神的に傷つきやすいさまを表しています。 「センシティブ」は、そういった敏感さ・傷つきやすさを形容詞的に表現する言葉です。 また、政治思想・宗教・戦争などの神経質な話題・タブー視されているような話題についても使われます。 政治や宗教などに関する話題は、特に日本では非常に神経質になるべき話題とされています。 お互いに立場が異なった時に、その溝を埋めたり歩み寄ったりするのが困難な話題であるからです。 新しい部下は非常に センシティブで、注意がしづらいなど接するのが難しい。 お金に関しては多くの人が センシティブになる。 宗教に関しては センシティブな話題なので、初対面の人との会話では控えるべきだ。 上の例文のように、「センシティブ」は、形容詞として用いられることが多いです。 上の例文において、「センシティブ」が形容する、対象となる名詞は、上から順に「新しい部下」「お金」「宗教」です。 神経質:情緒不安定であり、わずかなことにも過剰に反応してしまうこと• 過敏 かびん :過度に敏感であること• 鋭敏 えいびん :敏感であること• 多情多感 たじょうたかん :感情が豊かで、物事に敏感であること 似た言葉「センシブル」とは 「センシティブ」とよく似た言葉に「センシブル sensible 」というカタカナ語があります。 「センシブル」は、 「思慮深い」「分別がある」という意味を持ちます。 思慮深いとは、物事をしっかりと深く考えることができる様子を表します。 また、分別があるとは、道理や物事の善悪をよくわきまえている様子を表します。 以上のように、「センシブル」は肯定的な意味合いで用いられる言葉です。 まとめ 以上、この記事では「センシティブ」について解説しました。 対して、記事内で紹介した「センシブル」は思慮分別があるという肯定的な意味合いで使用する言葉です。 よく似た言葉ですが、意味は大きく異なり、注意が必要です。 しかし、その違いはそれぞれの語源から見てみることで、理解することはできたのではないでしょうか。 難しい言葉、紛らわしい言葉も、語源からアプローチすることで、すんなりと頭に入ることも少なくありません。 ぜひ、言葉を覚える際は、「語源」にも着目してみてください。

次の