かれん たぬき。 ホス狂いからNo.

【あつ森】住人(キャラ)一覧【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

かれん たぬき

~うらたside~ こんー、俺はうらた 歌い手をやっていて浦島坂田船というグループのリーダーをやっております そんな俺は最近悩み事をしてる それはな… その浦島坂田船のリーダーとして、メンバーとしていいのか という事 最近Twitterのリプやツイキャスでいわゆる『アンチ』って言うのが来まして 最初はそんな気にしてなかったんすよ…えぇ だが、俺はあるコメントがたまたま目に入ってしまった 『お前が浦島坂田船のリーダーとかwwwお前なんてリーダーとして何も出来ねぇだろうし、ほかの3人にとっても要らない存在なんだよwww』 俺は、考えてしまった。 もしかしたら、表面だけであいつらは俺の事を仲間として見ているだけなのかもしれない。 心の中は…きっと 俺の事を嫌ってるのかも… そう思うと涙が出てきた。 そこで坂田が口を開いた さ『ふぅ…ゲーム疲れた!ご飯食べよ!うらさん!』 うらたんはケータイを見てた。 何かあったのか…? て思ったあとうらたんは う『あ、あぁ…』 と言って立ち上がった…と思ったら 壁にもたれかかるように倒れた せ『うらさん?!』 すぐに反応したのはセンラさんやった 俺と坂田もすぐに駆け寄った さ『うらさん?!うらさん!大丈夫!!?』 う『……』 気を失っていた すぐにすぐそばにあったソファに寝かせた。 し『うらたん…やっぱ隠し事しとったんやろ…』 ~浦田side~ ん…ここはどこだ… 俺は真っ黒の世界?部屋?に居た そこでずっと立ってると声が聞こえた…聞きなれた、好きなヤツらの声だった さ『うらさんってさ……だよねw』 し『ほんとだよな……欲しいよなw』 せ『ほんと………ですよね…w』 …肝心なところが聞こえない だが、予想が出来てしまった。 ~うらさんってさほんとばかだよねw~ ~ほんとだよな消えて欲しいよなw~ ~ほんと、いなくなってほしいですよね…w~ 聞きたくない、思いたくない 俺ってほんと役に立ててなかったんだな。 あいつらにとって、俺はいらない存在だった アンチの言う通りだったんだ…w 『…さん!…らさん!』 ん…声が聞こえる…誰だ? 『…らさん!』 『『うらさん!!!』』 俺は目を覚めた さ『…大丈夫??結構うなされて、泣いてたけど…』 おれ…泣いてたのか… せっかくだし、もう言おうかな う『なぁ…お前らにとって俺って必要なのか?』 ~センラside~ うらさんが倒れてから数分、異変が起きていた。 うらさんは、なにかにうなされて 泣いていた うらさん…やっぱりなにか隠してますね? 考え事をしてたらさかたんが叫んでいた さ『うらさん!うらさん!』 『うらさん!!』 驚くことにうらさんは起きた、けどなにか落ち込んでいた うらさんは口を開いた う『なぁ…お前らにとって俺は必要なのか?』 さ、し、せ『…え?』 う『だって、そうだろ?別に、リーダーらしいことなんて俺やってないし、俺がいなくたってお前ら笑って過ごせてるだろ?正直言って、お前らにとって俺って必要ないんじゃねぇのか?』 うらさんは、下を俯いたまま、僕達に聞こえるように言った 3人は沈黙していた…なんて答えてあげれ良いのだろうか でも、それは志麻くんが破った し『うらたん…いやうらた。 なんでそんな勝手にそんなこと思ってんだ?』 う『…は?なんでって…』 し『いいから、答えろ。 俺らがいつ、うらたのことをいらないって言った、必要ないって言った。 お前はリーダーとして色々行動してくれてたよな?なのになんでリーダーらしいことしてないだァ?言ってみろよ』 志麻くんは半分怒ってるんかな…いつものうらさんのよびかたじゃなかった。 うらさんは…黙ってしまった し『なぁ、最近Twitterやツイキャスでなんかあったんだよな?最近、うらたんケータイばっか見とるし。 何も無いとは言わせない。 』 ~うらたside~ ほとんど、まぁしぃにはバレてたんやな ここまで来て隠すのもあれやな…言うしかないな う『実はな…最近俺のリプとかツイキャスにアンチがいたんだよ…そいつに言われたんだ…『お前なんてリーダーじゃねぇ』って…挑発に乗るわけにも行かないし、無視したんだ…でも最近はこんなことも言われた『お前なんて浦島坂田船の3人から嫌われてるって』って…』 俺は、そこでもう涙が出てきてしまった う『だ…から…俺もかんがえてしまったんだ…!ほんとに俺がリーダーで…よかったのか…っ、て!俺は…お前らにとって…ほん、とうに…ひつよ、うなのか、って…!!』 3人は黙っていた…坂田に至っては半分涙目だった… し『そっか…そんなことがあったんやな…』 まぁしぃは俺に近づいて、抱いてきた し『辛かったよな…大変やったな…』 まぁしぃの声はいつもより優しく聞こえた し『大丈夫やで、誰もうらさんのこと、必要じゃないなんて思ってない 俺も、坂田もセンラも、』 さ『そやで!うらさん!おれはうらさんのこと大好きや!!』 せ『そうですよ~うらさん!いつも話してる仲やないですか~!嫌ったりなんてせんですよw!』 う『う…ぅ…みんな…あり、がと…!』 みんな優しかった…嬉しかった し『今度また、なんかあったら話すんやで?』 う『あ、ぁ…ありが、とう…!』 俺は、こんな仲間に出会えて 幸せ者だな….

次の

ホス狂いからNo.

かれん たぬき

証城寺の狸囃子 しょうじょうじのたぬきばやし 日本の童謡/作詞:野口雨情 作曲:中山晋平 『証城寺の狸囃子(しょうじょうじのばやし)』は、作詞、作曲の日本の童謡。 が千葉県木更津市を訪れた際に聞いた證誠寺の狸囃子伝説を元に作詞したもの。 證誠寺の狸囃子伝説は、『分福茶釜(ぶんぶくちゃがま)』(群馬県館林市)や『八百八狸物語はっぴゃくやたぬき』(愛媛県松山市)と並び、日本三大狸伝説の一つに数えられている。 たぬき囃子伝説が伝わる千葉県木更津市の證誠寺(出典:Wikipedia) 和尚さんに負けるな!タヌキの決死の腹鼓 ある秋の晩、證誠寺の庭で何十匹もの狸がポンポコと腹鼓をしながら楽しそうに踊っていた。 これを見た和尚さんが負けじと自慢の三味線でお囃子を始めると、狸も負けじと大きな音で腹鼓を叩く。 頑張りすぎた狸は、翌朝腹を破って死んでいた。 不憫に思った和尚さんは供養のため狸塚を作ったと言う。 ベートーヴェンやハイドンが元ネタ? 余談だが、クラシック音楽の分野では、童謡『証城寺の狸囃子』の一部のメロディによく似た旋律を持つ楽曲が二つ存在している。 二つ目は、ベートーヴェンからさらに数十年さかのぼる。 こうした2曲の偶然の一致については、こちらの特集ページ「」で他にもいろんな曲を取り上げているので、是非ともお立ち寄りいただきたい。 証 証 証城寺 証城寺の庭は つ つ 月夜だ みんな出て 来い来い来い おいらの友だちゃ ぽんぽこ ぽんの ぽん 負けるな 負けるな 和尚(おしょう)さんに 負けるな 来い 来い 来い 来い 来い 来い みんな出て 来い来い来い 証 証 証城寺 証城寺の萩(はぎ)は つ つ 月夜に 花盛り おいらは浮かれて ぽんぽこ ぽんの ぽん 月の関連ページ 『月(出た出た月が)』、『炭坑節(月が出た出た)』、『月の沙漠』、『うさぎ』など、月に関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ 十五夜、望月、十六夜など、夜空の月の満ち欠けとその名前の呼び方・読み方、別名・異名の一覧、意味や由来・語源まとめ 関連ページ 桃太郎、浦島太郎、金太郎、一寸法師、花咲かじいさん(花咲爺)など、日本の昔ばなしに基づく童謡・唱歌・有名な唄まとめ 『あんたがたどこさ』、『げんこつやまのたぬきさん』、『こだぬきポンポ』など、タヌキに関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ 動物が歌詞に登場する世界の民謡・童謡、日本の唱歌、動物に関連する歌、動物をテーマとした曲・クラシック音楽など動物別まとめ 『証城寺の狸囃子』、『山寺の和尚さん』、『坊さん坊さんどこいくの?』など、日本のお寺・お坊さんに関する民謡・童謡まとめ.

次の

ニャニがニャンだー ニャンダーかめん

かれん たぬき

~うらたside~ こんー、俺はうらた 歌い手をやっていて浦島坂田船というグループのリーダーをやっております そんな俺は最近悩み事をしてる それはな… その浦島坂田船のリーダーとして、メンバーとしていいのか という事 最近Twitterのリプやツイキャスでいわゆる『アンチ』って言うのが来まして 最初はそんな気にしてなかったんすよ…えぇ だが、俺はあるコメントがたまたま目に入ってしまった 『お前が浦島坂田船のリーダーとかwwwお前なんてリーダーとして何も出来ねぇだろうし、ほかの3人にとっても要らない存在なんだよwww』 俺は、考えてしまった。 もしかしたら、表面だけであいつらは俺の事を仲間として見ているだけなのかもしれない。 心の中は…きっと 俺の事を嫌ってるのかも… そう思うと涙が出てきた。 そこで坂田が口を開いた さ『ふぅ…ゲーム疲れた!ご飯食べよ!うらさん!』 うらたんはケータイを見てた。 何かあったのか…? て思ったあとうらたんは う『あ、あぁ…』 と言って立ち上がった…と思ったら 壁にもたれかかるように倒れた せ『うらさん?!』 すぐに反応したのはセンラさんやった 俺と坂田もすぐに駆け寄った さ『うらさん?!うらさん!大丈夫!!?』 う『……』 気を失っていた すぐにすぐそばにあったソファに寝かせた。 し『うらたん…やっぱ隠し事しとったんやろ…』 ~浦田side~ ん…ここはどこだ… 俺は真っ黒の世界?部屋?に居た そこでずっと立ってると声が聞こえた…聞きなれた、好きなヤツらの声だった さ『うらさんってさ……だよねw』 し『ほんとだよな……欲しいよなw』 せ『ほんと………ですよね…w』 …肝心なところが聞こえない だが、予想が出来てしまった。 ~うらさんってさほんとばかだよねw~ ~ほんとだよな消えて欲しいよなw~ ~ほんと、いなくなってほしいですよね…w~ 聞きたくない、思いたくない 俺ってほんと役に立ててなかったんだな。 あいつらにとって、俺はいらない存在だった アンチの言う通りだったんだ…w 『…さん!…らさん!』 ん…声が聞こえる…誰だ? 『…らさん!』 『『うらさん!!!』』 俺は目を覚めた さ『…大丈夫??結構うなされて、泣いてたけど…』 おれ…泣いてたのか… せっかくだし、もう言おうかな う『なぁ…お前らにとって俺って必要なのか?』 ~センラside~ うらさんが倒れてから数分、異変が起きていた。 うらさんは、なにかにうなされて 泣いていた うらさん…やっぱりなにか隠してますね? 考え事をしてたらさかたんが叫んでいた さ『うらさん!うらさん!』 『うらさん!!』 驚くことにうらさんは起きた、けどなにか落ち込んでいた うらさんは口を開いた う『なぁ…お前らにとって俺は必要なのか?』 さ、し、せ『…え?』 う『だって、そうだろ?別に、リーダーらしいことなんて俺やってないし、俺がいなくたってお前ら笑って過ごせてるだろ?正直言って、お前らにとって俺って必要ないんじゃねぇのか?』 うらさんは、下を俯いたまま、僕達に聞こえるように言った 3人は沈黙していた…なんて答えてあげれ良いのだろうか でも、それは志麻くんが破った し『うらたん…いやうらた。 なんでそんな勝手にそんなこと思ってんだ?』 う『…は?なんでって…』 し『いいから、答えろ。 俺らがいつ、うらたのことをいらないって言った、必要ないって言った。 お前はリーダーとして色々行動してくれてたよな?なのになんでリーダーらしいことしてないだァ?言ってみろよ』 志麻くんは半分怒ってるんかな…いつものうらさんのよびかたじゃなかった。 うらさんは…黙ってしまった し『なぁ、最近Twitterやツイキャスでなんかあったんだよな?最近、うらたんケータイばっか見とるし。 何も無いとは言わせない。 』 ~うらたside~ ほとんど、まぁしぃにはバレてたんやな ここまで来て隠すのもあれやな…言うしかないな う『実はな…最近俺のリプとかツイキャスにアンチがいたんだよ…そいつに言われたんだ…『お前なんてリーダーじゃねぇ』って…挑発に乗るわけにも行かないし、無視したんだ…でも最近はこんなことも言われた『お前なんて浦島坂田船の3人から嫌われてるって』って…』 俺は、そこでもう涙が出てきてしまった う『だ…から…俺もかんがえてしまったんだ…!ほんとに俺がリーダーで…よかったのか…っ、て!俺は…お前らにとって…ほん、とうに…ひつよ、うなのか、って…!!』 3人は黙っていた…坂田に至っては半分涙目だった… し『そっか…そんなことがあったんやな…』 まぁしぃは俺に近づいて、抱いてきた し『辛かったよな…大変やったな…』 まぁしぃの声はいつもより優しく聞こえた し『大丈夫やで、誰もうらさんのこと、必要じゃないなんて思ってない 俺も、坂田もセンラも、』 さ『そやで!うらさん!おれはうらさんのこと大好きや!!』 せ『そうですよ~うらさん!いつも話してる仲やないですか~!嫌ったりなんてせんですよw!』 う『う…ぅ…みんな…あり、がと…!』 みんな優しかった…嬉しかった し『今度また、なんかあったら話すんやで?』 う『あ、ぁ…ありが、とう…!』 俺は、こんな仲間に出会えて 幸せ者だな….

次の