静岡 朝日 テレビ 高校 野球。 広瀬麻知子アナが第1子妊娠、静岡朝日テレビ退社へ

広瀬麻知子アナが第1子妊娠、静岡朝日テレビ退社へ

静岡 朝日 テレビ 高校 野球

静岡朝日テレビを退社する森直美アナウンサー(左から4人目 写真:静岡朝日テレビ提供) 静岡朝日テレビを退社することを発表している女性アナウンサー・森直美(33)が26日、自身が担当する情報番組『とびっきり!しずおか』(月〜金 後4:37〜)に出演。 この日が最後の出演となり、ガダルカナナル・タカや、先に退職した同局の元アナウンサー・広瀬麻知子からのVTRコメントが流れると、涙を流しつつ、視聴者へ感謝の言葉を述べた。 番組内で、思い出を振り返った森アナは「『とびっきり!しずおか』で35の市町をすべて回りました。 知れば、知るほど静岡が好きになりました」としみじみ。 そして、最後に「10年間、楽しいことも、悔しいことも、悲しいことも、困ったことも、番組を通して、皆さんと共有できて充実した時間でした。 本当に、大好きな静岡のみなさん、大好きな『とびっきり!』、ありがとうございました」と出演者や視聴者へ感謝を伝えた。 また、出演後に自身のブログを更新し「視聴者のみなさんはもちろん、とびっきりを支えるスタッフ、そして大沼さんと温かいとびっきりファミリーに助けてもらって育ててもらってここまでやってこられました」とし、「飛び上がるくらいうれしいこと、ひっくり返るくらいビックリすること、涙が出るほど悔しいこと、人生観が変わるくらい悲しいお別れ、いろんなことがあった10年間。 静岡で色々な経験をさせていただきました」と静岡で過ごした10年間を回顧。 続けて「静岡に来て、あさひテレビに入って、静岡のみなさんのために働くことができて、本当に幸せです。 まだまだ静岡の役に立ちたいところですが、次はもう一つの目標である温かい家庭をしっかりと築いていきたいと思います。 森アナは、1987年6月3日、兵庫県姫路市生まれ。 同志社大政策学部卒。 2010年4月に入社。 主な担当番組は『とびっきり!しずおか』『とびっきり!しずおか 土曜版』『スポーツパラダイス』で、全番組MCを担当。 サッカーの清水エスパルスやジュビロ磐田のサポーターからは、「森ちゃん」と声を掛けられるなど、親しみやすいキャラクターで愛されている同局の看板アナウンサーで、今年3月に7歳年上の一般男性と結婚した。

次の

静岡朝日テレビ・石田和外アナ高校野球代替大会で「しゃべりたい」 93年夏から県大会実況担当(スポーツ報知)

静岡 朝日 テレビ 高校 野球

静岡朝日テレビを退社する森直美アナウンサー(左から4人目 写真:静岡朝日テレビ提供) 静岡朝日テレビを退社することを発表している女性アナウンサー・森直美(33)が26日、自身が担当する情報番組『とびっきり!しずおか』(月〜金 後4:37〜)に出演。 この日が最後の出演となり、ガダルカナナル・タカや、先に退職した同局の元アナウンサー・広瀬麻知子からのVTRコメントが流れると、涙を流しつつ、視聴者へ感謝の言葉を述べた。 番組内で、思い出を振り返った森アナは「『とびっきり!しずおか』で35の市町をすべて回りました。 知れば、知るほど静岡が好きになりました」としみじみ。 そして、最後に「10年間、楽しいことも、悔しいことも、悲しいことも、困ったことも、番組を通して、皆さんと共有できて充実した時間でした。 本当に、大好きな静岡のみなさん、大好きな『とびっきり!』、ありがとうございました」と出演者や視聴者へ感謝を伝えた。 また、出演後に自身のブログを更新し「視聴者のみなさんはもちろん、とびっきりを支えるスタッフ、そして大沼さんと温かいとびっきりファミリーに助けてもらって育ててもらってここまでやってこられました」とし、「飛び上がるくらいうれしいこと、ひっくり返るくらいビックリすること、涙が出るほど悔しいこと、人生観が変わるくらい悲しいお別れ、いろんなことがあった10年間。 静岡で色々な経験をさせていただきました」と静岡で過ごした10年間を回顧。 続けて「静岡に来て、あさひテレビに入って、静岡のみなさんのために働くことができて、本当に幸せです。 まだまだ静岡の役に立ちたいところですが、次はもう一つの目標である温かい家庭をしっかりと築いていきたいと思います。 森アナは、1987年6月3日、兵庫県姫路市生まれ。 同志社大政策学部卒。 2010年4月に入社。 主な担当番組は『とびっきり!しずおか』『とびっきり!しずおか 土曜版』『スポーツパラダイス』で、全番組MCを担当。 サッカーの清水エスパルスやジュビロ磐田のサポーターからは、「森ちゃん」と声を掛けられるなど、親しみやすいキャラクターで愛されている同局の看板アナウンサーで、今年3月に7歳年上の一般男性と結婚した。

次の

広瀬麻知子アナが第1子妊娠、静岡朝日テレビ退社へ

静岡 朝日 テレビ 高校 野球

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、第102回全国高校野球選手権大会の中止が決まった。 晴れの舞台を目指し、練習を積み重ねてきた選手や指導者たちからは落胆の声が上がった。 県高野連は、3年生の最後の舞台を用意するため、独自の大会を開催する方向で検討を始めた。 春の選抜大会で、春夏通じて初の甲子園出場を決めながら、大会の中止で出場できなかった加藤学園。 米山学監督は、夏の選手権大会も中止となったことを受け、悔しさをにじませた。 部員とマネジャー64人にはオンライン会議システムで中止を伝えた。 ショックを隠せない部員もいたが、勝又友則主将は「たとえどんな結果になろうが今まで通り活動していきたい」と、気丈に話したという。 「夏こそは必ず」を合言葉に強い気持ちで練習に励んできた。 学校は18日から分散登校が始まり、野球部の全体練習は6月1日から再開予定だった。 「またグラウンドで一緒に野球ができることを望んでいる」。 米山監督は静かに話した。 昨秋の県大会で優勝した藤枝明誠の光岡孝監督は「夏の大会が開催されることを信じて、今できることをやろう」と選手たちを励ましてきた。 春の選抜代表には、秋の東海大会で同じ4強だった加藤学園が選ばれた。 「夏にかける思いはどのチームよりも強かった。 悔しい思いでいっぱい」。 村松杏都主将は涙ぐんだ。 プロ注目の最速148キロ左腕、静岡商の高田琢登投手も最後の夏に賭けていた。 「中止になるかもしれないという思いはあったが、やはり悲しい。 (県独自の大会が開催されれば)優勝して甲子園に出場するのにふさわしいチームだったと証明したい」。 父親で同校監督の晋松さんは「子どもたちは苦しい練習を乗り越えてきた。 今度も必ず乗り越えてくれると信じ、サポートする」と語った。 昨夏の静岡大会で優勝した静岡高の栗林俊輔監督は「今の状況を考えると、最優先すべきは生徒たちの命。 やむをえない判断。 もし独自の大会が開催されれば優勝を目指したい」と話した。 独自の大会検討 県高野連の渡辺才也(としなり)理事長は、「頑張ってきた3年生は活躍の場がないまま終わってしまう。 何と言えば良いのか。 かける言葉が見つからない」と言葉を詰まらせた。 今後、県高野連で独自の大会を実施する方向で検討するという。 「3年生の努力が何らかの形で実ってほしい」と述べ、6月5日に開催予定の運営委員会で方向性を示したい考えを明らかにした。 (和田翔太、戸田和敬).

次の