おけぴ。 おけぴネット|満席応援&空席救済

フィギュアスケート・アイスショーの観戦チケット一覧

おけぴ

サイト管理をしている人がいますが、基本は 個人同士のやりとりとなることをおさえておきましょう! 連絡の取り方はメールとなります。 個人同士でのやりとりとなるからこそ、ルールを守って誠実に対応することが大切です。 会員にならないまま、投稿し参加することもできますが 会員として参加することが絶対オススメです。 もし、あなたが取引したいと思った投稿を見つけたとしてもその投稿者が非会員だったら信頼性に疑問を感じることでしょう。 なかには 【おけぴ会員であること】を取引の条件に挙げる人もいるので、自分が取引しやすい(してもらいやすい)条件を整えておくことが自分のためにもなるのです。 また、譲渡の依頼をする場合もなるべくおけぴ会員を選ぶことが安全でしょう。 個人間のやり取りであることを意識し、トラブルに巻き込まれたり詐欺に合わないためにも絶対に覚えておきたいポイントです! なるべく対面での取引を心がけよう! 譲渡の場合は、投稿者へチケットの額面(定価)を支払います。 交換の場合は、チケット同士を交換し、差額が生じた場合は支払います。 その際、なるべく対面での取引がおすすめです。 取引相手と直接会うことで、その場でチケットや金額を確認することができるため、ほぼトラブルに巻き込まれる心配はなくなります。 待ち合わせの場所となるのは 「劇場付近」が一般的ですが双方の都合がつけば別の場所でも構いません。 郵送・振込はチケットの画像を確認しよう! 双方の家が遠い場合、また都合がつかず対面での取引ができない場合は郵送での交換や銀行振り込み後、チケットを郵送してもらうことになるでしょう。 その場合、 発送や入金をする前に、必ずチケットの画像を送ってもらうようにしましょう。 お互いの連絡先を交換すること 郵送する場合は必然的にお互いの住所や氏名などを交換することになります。 譲渡の場合は、チケットを手に入れられることで舞い上がってしまい、投稿者の連絡先を聞き忘れたまま、銀行口座へ入金してしまうのは非常に危険です。 もちろん『おけぴ』利用者のほとんどは誠実で純粋に観劇を楽しんでいるファンが ほとんどですが、 顔が見えない取引をしているということを忘れないでください。 必ず、 住所・氏名・電話番号を聞いてから入金するようにしましょう。 発送後は問い合わせ番号を教えてもらう 発送の方法は決められているわけではありませんが、 『簡易書留』『レターパック』などがおすすめです。 郵便物の追跡ができますし、書留は保証がついているからです。 普通郵便は追跡できないためやめましょう。 発送後は、必ず問い合わせ番号を送ってもらうようにしましょう。 自分が発送した場合は、相手に問い合わせ番号を教えるようにしてください。 万が一トラブルに巻き込まれたら? 「入金したのにチケットが送られてこない」 「音信不通になってしまった」 など、万が一トラブルに巻き込まれたら? まずは、 おけぴ管理人へ問い合わせるようにしましょう。 もしかしたら何かしらの郵送トラブルで到着が遅れているのかもしれません。 不在表を見過ごしていることもあります。 慌てず、自分が伝えた住所に間違いがないか、問い合わせ番号で郵便物がどこにあるのかを今一度確認してみましょう。 確認したけど・・・ 「問い合わせ番号で追跡できない」 「電話しても存在しない番号だった・・・」 「発送日から4日以上経っているのにチケットが届かない」 となると、最悪詐欺の可能性が高いですので、おけぴに問い合わせした上で 警察にも相談しましょう。 必要以上に恐れる必要はありませんが、個人間でも取引だということを意識して トラブルにならないよう注意することが大切です。 おわりに いかがでしたか? ここまでチケット救済サイト『おけぴ』での取引で注意することを解説してきました。 特に宝塚や劇団四季、東宝ミュージカルのファンは、同じ作品を複数回観劇する人が珍しくありません。 常に手元にチケットを所有しているファンが大勢います。 そのようなファン同士のネットワークを最大限活用して楽しい観劇ライフを送りましょう!.

次の

【必見】おけぴで宝塚チケットの交換を成功させる方法!差額・郵送は?

おけぴ

おけぴで譲っていただいたことも、引き取っていただいたこともあります。 おけぴは無料で使えるので非常に便利で助かってます。 問い合わせて譲渡済みと言われ、それなのに募集中の掲載が継続しているのは確かにおかしいですね。 ただ、他の方へお引き受けのお願いのメールをお送りして、お送り先などのお返事を待っている段階だと交渉中に切り替えない方もいらっしゃいますね。 問い合わせだけでなく、質問からご連絡いただいて交渉が内々で進んでいることもあります。 個人情報の開示はファーストコンタクトで明らかにするように掲載文に指示があったのでしょうか? こちらの判断で電話番号まで記載したのであれば今後は気を付けたほうがいいかもしれません。 オークションのような評価制度があれば確かにいいなと思うこともありますが、ただ、全員が会員登録しなくても使える制度であるので、サクラが混じって評価を増やすことは簡単ですから、そうなると評価自体にあまり意味がありません。 私がお譲りいただきたいとお願いするのは、登録歴が長く(概ね1~2年以上)、普段からよくお名前を拝見する方が多いです。 タッチの差で他の方にお譲りが決まってしまうこともありますが、それは運なのでまた機会があったら是非お願いしますとお礼を返して諦めます。 複数のお問い合わせをいただいたときは、なるべくきちんとした印象のメールを下さった方にお引き受けをお願いしています。 文章が丁寧だとその後の取引も円滑に行くかなと思いますので。 逆に、「譲って下さい」とか「売って下さい」の一行メールや、「買ってあげてもいいです」のような書き方のメール、極端に幼い印象の文章だったときは未成年者の方かも、とお取引をご遠慮させていただくこともありました。 質問者さんも次から問い合わせをなさるときは、送信文のチェックを今一度してみられるとよいのでは。 他と競合して譲っていただけないことはよくあることなので、気にしないほうがよいと思います。 私はオケピをいつも利用しています。 定価以下しか譲渡できませんしチケット発券にかかった手数料の上乗せも禁止なので安価ですし、以前自分が記事を出したときもしっかり説明を読んでなく先行手数料などの文をそのまま書いてしまったとき、かなり早く注意のメールが来ましたのでかなりしっかりしたサイトなのだと思います。 お譲りした方への連絡だけで記事の更新を忘れるということはよくあります。 譲渡者さんがオケピ以外にも書き込みをしている場合もありますので、問い合わせが多かった場合譲渡が決定した人以外にはなんの連絡もしないという人も多いですので、きちんと返事が返ってくるのでしたら比較的信用してもいいと思いますが・・ 別にお金を渡したけどチケットが来なかったというわけではないのですよね? 評価はないですが、詐欺がおこったときの為に問い合わせする場所もありますしそれに対する注意事項もしっかり書かれています。 どんなサイトでもまず自分で警戒しないといけません。 譲渡サイトは確実に譲ってもらうことができない可能性があるものなのでどうしても欲しいのであればチケット流通センターなどが確実です。 ただ、そういう譲渡サイトではなく販売サイトは定価以上がほとんどなので あまりにも高いチケットはお勧めしません。 私もお世話になっています。 全席完売の舞台も幸運にも良席を安く譲ってもらったことがあります。 遠征先で受け取れるように発送して下さった出品者さんもいました チケットの問い合わせしたら、偶然にも友達だったこともありました。 こちらからも出品したこともあります。 譲って欲しいと言われて、大まかな席位置を伝え入金確認後チケットを発送と伝えた所、先方から数日中に入金しますと連絡を最後に連絡が途絶えドタキャンされました。 トラブルと言えば、これぐらいかな…。 おけぴのサイト内にも書いてありますが、詐欺、トラブルに遭わないためにという注意事項を読んで自己防衛が基本です。 私は、最初の問い合わせの時点では名字とおけぴで名乗ってる名前にとどめ、実際に取引成立の時点でフルネームと連絡先を伝えてますし、問い合わせをいただく時も大体同じような形て最初の問い合わせが来ますよ。

次の

heads

おけぴ

譲渡の人は公演日が直近で突然行けない。 大劇場でそこまで人気公演でない平日などが多いようです。 買うほうとしては定価で行けるので美味しい話なので希望者は多いので公開するとすぐに決まってしまうことがおおいです。 少ないとは思いますが詐欺もいると思いますので原則先に振り込んだら送るという話は危険です。 原則買うほうとしてはリスク回避のために当日現地で集合しチケットと代金の交換、事前にどこかで待ち合わせて交換になります。 さすがにチケット自体偽装は少ないとは思います。 それでも一応チケットに書いてある場合は売主の免許証など合致しているか見ておきたいところです。 売るほうとしては当日買い手が来なかったらチケットがムダになり空席になるのでやり取りの時点で電話番号など色々信用できるか確認したいところです。 人気公演では高値で流通サイトであるので定価近くて出せばそちらのほうでトラブル無くやり取りできるので定価でも引き取り手がないような公演であればそちらとの併用で掲載するのもありだと思います。 おけぴの規約に意見するわけではないですがたとえば 譲渡が手数料分マイナスになるので1枚あたり500円までのチケット代プラスできるようになれば譲渡希望の人は増えると思います。 意外と多いのですが自分の持っているチケットの総合的な価値よりいい条件の物を希望で公開している物は多いです、これでは応募もないので出すのであればよく考えて出すべきです。 例えばこちらが座席未定で1週間前にわかるチケットと相手に週末の15列以内での良席を希望しても成立はしません。 成立するのは同じS席同士で同じぐらいでの列での席での交換が多いようです。 それでも相手側からすると交換するメリットが無ければ動かないので投稿するのあれば基本は自分の手持ちの価値よりも下がるつもりと思わないと実際交換は厳しいです。 探す場合は希望の公演名や自分の手持ちの公演名で検索しよさそうな条件をウォッチリストに加えて連絡する形になります、経験的には宝塚を観劇する人たちは比較的トラブル無くやり取りできるように思えますので返事で交換OKの流れであれば直接合ってでの実券の交換が理想になります。 おけぴのシステムは大変素晴らしいのですが沢山出ている割になかなかお互い満点の希望になることは少ないので保留されて時間が掛かったりしますのであまり毎日のように張り付いて見る手間や気持ちは勿体無いようにも思います。 投稿した物が日にちが経つと奥にいってアクセスがなくなってしまうので定期的に更新して前の方に表示するための手間も結構あります。 ですので利用するに当たってここまで譲歩する、これまでに決まらなかったら諦めて譲渡するなど決めておくと良いと思います。

次の