歌手 シーア。 素顔隠す世界的歌手、シーアがHIV支援に込める想い。(VOGUE JAPAN)

【洋楽歌詞和訳】Bird Set Free / Sia(シーア)

歌手 シーア

アルバム収録曲 iTunes• Alive• One Million Bullets• Move Your Body• Unstoppable• Cheap Thrills• Reaper• House on Fire• Footprints• Sweet Design• Broken Glass• Space Between• Cheap Thrills feat. Sean Paul• The Greatest feat. Kendrick Lamar• Confetti• Move Your Body Alan Walker Remix• Midnight Decisions• Jesus Wept• The Greatest Camila Cabello — Crying in the Club 2017〜2018年にかけて大ヒットした『Havana』を歌っているカミラ・カベラの曲です。 カミラ・カベラは元フィフス・ハーモニーのメンバーで、こちらはソロ初のシングルとなっています。 制作には、ケイティ・ペリー、ジャスティン・ビーバーなどのプロデューサーとして知られるベニー・ブランコとシーアの2人が携わっていたそうです。 Download Song Album Siaが顔を隠している理由 若いころから薬物への依存やアルコールへの依存があり、そうした危うい自身の精神状態を正常に保つために顔を隠しているそうですが、これはあくまでも推測のようです。 現在では依存を断ち切ったといわれています。 ヒット曲『Chandelier』の歌詞には、アルコール依存だった過去が反映しているのではないでしょう。 顔を隠している理由は他にも、有名になることへの抵抗感や自身の病気(バセドー病)の影響があるのではないかと言われています。 Maddie Ziegler(マディ・ジグラー)について ところで、マディ・ジグラーって何者?って思った人もいるでしょう。 マディが有名になったのはDance Momsがキッカケです。 Dance Momsというのはアメリカのリアリティーテレビショーで、そこに出演していたのがマディなのです。 マディを見たSiaはそのパフォーマンスに惚れ込み、オファーをしたのがMV出演のキッカケ。 英才教育を受けていただけあって素晴らしいダンスをするのですが、表情や表現力の豊かさが本当に天才のそれです。 まとめ 自身の曲だけではなく、いろんなアーティストにも曲を提供して数多くのヒット曲を世に送り出してきたSia。 ソロだけでなくLSDや楽曲参加・楽曲提供など、これからもヒット曲を期待したいアーティストです。 他にもこんな記事があります。

次の

シーア 自身の神経障害「エーラス・ダンロス症候群」を告白/海外スターバックナンバー/芸能/デイリースポーツ online

歌手 シーア

アメリカ国籍のダンサーだ。 彼女は、1975年生まれの歌手で90年代後半からジャズシンガーとして活躍していた。 日本での知名度は低かったが、歌の上手さとソングライティングの才能には類い稀なものがあり、地道に活動を続けてきた結果、ようやく世界的に認められるようになってきた…その矢先にバセドウ病を発症。 以来、彼女は表舞台には出てこなくなった。 真相は語られたことはないが、病気の治療の為に容姿が変わってしまったことが理由としてあったのかも知れない…。 ここ数年は自身のシンガーソングライターとしての活動を一時休止し、ポップシンガーへの楽曲提供活動を中心に行っていた彼女。 これまでリアーナ、ビヨンセ、ブリトニー・スピアーズ、クリスティーナ・アギレラ、ケイティ・ぺリー、デヴィッド・ゲッタ、エミネム、マルーン5など、トップ・スターたちに楽曲を提供してきたポップス界最大のヒットメイカーでもある。 そんな華々しい活躍の影で…アルコールと薬の依存症にも苦しんでいた。 なんとかそこから抜け出して書き上げたのがこの曲「Chandelier」だったという。 そして彼女はこの曲を自分で歌うことを決心し、もう一度歌手活動を再開した。 だが、メディアに顔を公開することなく、2013年に米ビルボード誌の表紙に、頭の上から紙袋を被って登場し世間を驚愕させた。 アメリカのテレビ番組に出演し「Chandelier」を披露した際には、カメラに背中を向けて熱唱し、その前代未聞のパフォーマンスが大きな話題を呼んだ。 見ることのできないシーアの表情は、少女のダンスに投影されているかのようだった。 彼女が表を向いて歌わないのは、病気によるものではなく、そのパフォーマンスを含めてこの曲で伝えたいことなのかもしれない。

次の

【洋楽歌詞和訳】Bird Set Free / Sia(シーア)

歌手 シーア

あるネットの記事で、 20代前半の声にしては 低く…みたいに書かれていた ので、23,4歳ですかね? 私はパッと見た感じ、 韓流系のお顔にも 見えたので、 在日だったりするのかなー と第一印象では思いました。 生い立ちも生年月日も わからない、謎に包まれた アーティストなので、 所属事務所のプロフィール なんかも情報源になったり するんですが、 miletさん、所属事務所 までもが公にされていません! レーベルは ソニー・ミュージックレーベルズ内の SME Recordsなので、 ソニーミュージック内の事務所 の可能性もあるかな? と思ったのですが、 それなら普通に公にしてそう ですよね。 同じSME Recordsの アーティストをチェックしましたが 所属事務所に関しては結構バラバラ でした。 中には事務所には所属していない アーティストもいたので、 miletさんも 事務所に所属せず、 活動している可能性がありますね。 でも、公式ホームページなんかは すごくしっかりと作られているので 専門のスタッフがいないとできない とは思うんですよね… 【スポンサードリンク】 milet(ミレイ)の大学や経歴は? miletさんの音楽に関しての 経歴としては、 まず幼少期からクラシック音楽に 親しみ、フルートを習っていました。 そんな中で小学生の時に 聞いていたのがアイスランドの 歌手やロックバンド、 BOOM BOOM SATELLITESや ASIAN KUNG-FU GENERATION などだったということで、 お兄さんの影響があったそうですが、 なかなかコアな音楽を聴いていたん ですね。 クラシックとは違った世界観で 新鮮だったんでしょうか。 私も学生時代から楽器をやって 主にクラシックや吹奏楽でしたが、 正直、ロックは好みじゃなかった ですね。 洋楽もほとんど聴いてなかったし、 それを小学生の頃から聴いていた miletさんはかなり異色だと 思います(笑) フルートで音大を目指そうと 考えたこともあったそうですが、 映画音楽に興味があり、 映像関係の勉強ができる大学に 進学しました。 映像関係なら、 音大や芸大 などで勉強できそうですが、 東京造形大学 造形学部 デザイン学科 映画・映像専攻領域 日本大学 芸術学部映画学科 といった専門的な学科も 最近ではかなり多いですね。 デジタルハリウッド大学 日本映画大学 と、大学名からして より専門的な映像の 勉強ができそうなところも あります。 歌手としてデビューした きっかけは レコード会社に知り合いの いる友達に勧められて カバー曲を歌ったデモテープを 作って聴いてもらったこと でした。 何とmiletさん、 本格的に曲を作り始めたのは デビューの1年ほど前から だったというのに驚きました。 学生時代から作詞作曲を して友達に聴いてもらっていた とかよくある話ですけどね? miletさんの作詞法は また少し変わっていて 最初はほとんど英詞で出てきて、 日本語の響きにしたらどうなるかな という興味もあるので、英語に合わせる ように日本語の歌詞を作っていきます。 歌い方は少し英語の発音に寄せて、 英語と日本語がうまくなじむように意識して。 という感じで、学生時代にカナダに 留学していた経験から、 英語がお得意なんですね。 何かかっこいいなぁ。 レコード会社に所属して、 デビューまでもそんなに 時間がかかっていないようですし、 曲作りもかなりスピーディーなので 今まさに勢いに乗っている という感じなんでしょうね! milet(ミレイ)は声や歌い方が似てる歌手が多い!? miletさんの歌を聴いた方 からは色々なアーティストと 似ている、という声がたくさん あります。 全体的な曲の感じが似てるとか、 声が似てるとか、低い声が雰囲気 あるとか、似てるところは色々なん ですが、個人的には国籍まで 様々なところが驚きました。 元々影響を受けたのが洋楽 ということもあって、色々な 国のアーティストの曲を聴いていた と思うので、そういう面でかなり 曲に表れているんでしょうね。 日本のアーティストだと、 Aimer lecca LOVEPSYCHEDELICO が似てるアーティストとして 名前が挙がっていました。 Aimerさんとは 声はあまり似ていないかな と個人的には思いましたが 曲の雰囲気は似ているかも? と思っていたら、Aimerさんも 同じレーベルでしたね。 ちょっとダークな雰囲気や 謎に包まれたような人物像 みたいなものが最近の 流行りなのかなとも思います。 日本でも海外でも似てる、 と感じるアーティストが多い ということは、そこからファンも たくさん付いてくるでしょうし、 世界での活躍も近いかも しれませんね!.

次の