アマゾンプライム 解約 方法。 【Amazon】 定期おトク便 をキャンセル(解約)やスキップする方法 【かんたん】

Amazon Musicを解約する方法を世界一わかりやすく解説

アマゾンプライム 解約 方法

アマゾンの有料会員サービスである「Amazonプライム」。 年額4900円の年間プランまたは月額500円の月間プランに加入すれば、ショッピングのお急ぎ便やプライム・ビデオ、Prime Musicなど、非常に多彩なプライム特典が利用できます。 しかし実際には、プライム特典をあまり利用しなかった、料金が割高に感じるといった理由で解約・退会を考えている人もいるでしょう。 そこで本記事では、Amazonプライム会員を解約・退会する方法を紹介。 いつ解約するのが有利なのか、解約時にどのくらい返金されるのか、といった疑問点も解決します。 さらに、Amazonプライムの無料体験期間中に解約した場合にはどうなるのかについても解説します。 次回更新日での解約• 即日解約 [(日付)特典と会員資格を終了](次回更新日での解約)を選んだ場合、次回更新のタイミングで自動的に解約となります。 [今すぐ解約する](即日解約)を選ぶと、その瞬間からプライム会員の特典を利用できなくなります。 解約時にいずれかを選択できる 「更新のタイミングまではAmazonプライムを使い続けたいけれど、それ以降は使いたくない」という人は、あらかじめ次回更新日での解約をしておくのがいいでしょう。 Amazonプライム解約時の返金 Amazonプライムの解約時には返金制度があります。 これは、Amazonプライムの特典をどれだけ利用したのかをAmazonのシステムで自動算出し、未使用分を返金するというものです。 Amazonプライムの利用規約より 1カ月間でまったくAmazonプライムの特典を利用していなければ全額が返金されるケースもありますし、たとえ1日でも特典の利用頻度が高ければ返金される金額が少なくなることも。 返金額は、あくまでもシステムが利用状況を自動で算出しており、利用日数による日割りではありません。 返金がある場合はクレジットカードに返金されます。 Amazonによる返金手続きは1〜3営業日ほどかかり、返金の期日はクレジットカード会社によって異なるようです。 なお、Amazonプライムには月額支払いと年額支払いがありますが、返金額の算出方法についてはどちらも同じです。 ちなみに、筆者が実際にAmazonプライムを解約してみたいところ、特典をまったく利用していなかったため、月額費用500円全額が返金されました。 結局、Amazonプライムはいつ解約すべき? 前述のとおり、Amazonプライムでは解約のタイミングが選択でき、利用状況に応じて返金制度があります。 これらを踏まえると、結局いつ解約するのがよいでしょうか。 ほとんどAmazonプライム特典を利用しておらず、これからも利用するつもりはない」という人は、即時解約しても問題なさそうです。 そのタイミングで解約してしまって、返金額を確保したほうが有利といえるでしょう。 反対に、 これまでそれなりにAmazonプライム特典を利用してきたという人は、次回更新日での解約のほうがベターかもしれません。 利用頻度が高いとそもそも返金額が期待できないため、契約期間ギリギリまでAmazonプライム特典を享受したほうが得策と考えられます(もちろん、特典利用でさらに返金額が減るリスクもありますが)。 Amazonプライムを解約する方法 Amazonプライム会員を解約する方法は、いくつかあります。 いずれの方法でも、即日解約するか次回更新日に解約するかを選択できます。 Amazonアプリから解約する手順 Amazonアカウントでログインした上で、トップ画面左上のメニューボタン[ ]をタップし、メニューから[アカウントサービス]を選択します。 「アカウント設定」から[プライム会員の設定・変更]を選択。 次のページで「プライム会員情報の管理」の[会員資格を終了する(特典を終了)]をタップしてください。 解約の画面で[特典と会員資格を終了]をタップし、次のページで[会員資格を終了する]をタップします。 まだ解約は完了していません。 最後のページで、次回更新日での解約か即日解約かを選択できる [(日付)特典と会員資格を終了]を選択すればその日付までAmazonプライムの利用が可能で、[今すぐ解約する]を選択すれば即時解約となります。 このいずれかを選択すると、解約手続きは完了となります。 PC(パソコン)でWebページから解約する手順 Amazonアカウントでログインした上で、トップ画面左上にある[ ]をクリックし、メニューから[アカウントサービス]を選択します。 メニューから[プライム]をクリックします。 「Amazonプライム会員情報」ページの左側にある「プライム会員情報の管理」から[会員資格を終了する(特典を終了)]をクリックしてください。 まだ解約は完了していません。 最後のページで、次回更新日での解約か即日解約かを選択できる 最後のページで[(日付)特典と会員資格を終了]を選択すればその日付で解約となり、[今すぐ解約する]を選択すれば即時解約となります。 いずれかを選択すれば解約完了です。 電話で解約する手順(カスタマーセンターから掛けてもらう) Amazonプライムは電話で解約することもできます。 カスタマーサービスの電話番号は以下の2つです。 0120-999-373(自動音声システム)• 011-330-3000(フリーダイヤルが繋がらない場合) またアプリを利用して、Amazonのカスタマーサービスから電話をかけてきてもらうことも可能です。 電話番号を入力し、[今すぐ電話がほしい]をタップするとカスタマーセンターから電話がかかってきます。 オペレーターに解約の旨を伝え、手続きをおこないましょう。 Amazonプライムの無料体験期間でも解約できる Amazonプライムには、新規加入すると30日間の無料体験を利用できます。 30日間は有料会員と同じく、お急ぎ便やプライムビデオなどの特典が無料で利用できるというものです。 無料体験期間中だけAmazonプライムを利用したい、解約を忘れて課金されてしまうのが心配といった人は、あらかじめ有料会員に自動更新されないよう設定しておくのがおすすめです。 有料会員に自動更新されないようにする設定は、有料会員が解約するときと同様の手順で進めます。 スマホアプリの場合 PCサイトの場合 解約手続きのページで[(日付)特典と会員資格を終了]をタップすれば、その日付で自動的に無料体験期間が解約となり、有料会員に移行することはありません。

次の

Amazonプライム会員を解約・退会する方法|返金はいつ?月額の日割り返金は可能?

アマゾンプライム 解約 方法

Amazonプライム無料体験の解約方法 Amazonプライム無料体験の解約方法は、に書かれています。 その方法は、以下のようになっています。 Amazon管理画面、「アカウント設定」の欄にあるをクリックします。 すると、以下のような画面が表示されるので、「自動移行しない」をクリックします。 最後に、「会員資格を継続しません」をクリックすれば解約完了です。 とこのように、わずか3クリックほどで、解約手続きが終わってしまいます。 「会員をやめると、こんな特典が受けられないよ」といった引き止め的なものも1回しか表示されません。 「なんだ普通じゃん」と思われるかもしれません。 けれど以前、Yahoo! プレミアムの解約手続きが余りにもエキセントリックだったもので、その簡単さに驚きました。 Yahoo! プレミアム解約手続きとの比較 その、Yahoo! プレミアムの解約手続き方法の詳細は、以下に書いてあります。 2016-03-08 10:47 まーとにかく長いです。 そして途中、何回にも及ぶ引き止めページや注意事項、軽いボタントラップ、解約理由アンケートと、とにかくアトラクションが満載で、ある意味楽しい作りにはなっています。 解約方法のヘルプの違い Amazonと、Yahoo! の違いは、まずヘルプからして違います。 その見た目を、以下でスクリーンショットで比較してみたいと思います。 Amazonプライム解約方法のヘルプ で、解約をするのに読む必要がある内容は、これだけにまとめられています。 この内容に、「Amazonプライム解約方法」と「無料体験キャンセル方法」の2つの方法がまとめられています。 そして、これに書かれている通りに実行すれば、解約作業はすぐに終わります。 Yahoo! プレミアムの解約方法のヘルプ 反面、では、とりあえず、これだけの内容を読む必要があります。 こちらも「ウォレットから解除」と「プレミアムトップページから解除」の、2通りの方法が書かれていて、どちらか1つを読めばいいのかもしれません。 けれど、ユーザーとしては、どちらが自分に当てはまるのかを見きわめるため、結局全て読む必要があります。 で、書いてある通りに実行すれば、うまく行くのかといえば、そういうわけでもありません。 解約手順で比較 Amazonプライムと、Yahoo! プレミアムの解約手順の違いを比較すると以下のようになります。 Amazonプライム 以下は、プライム無料体験の解約方法です。 「アカウント設定」の欄にあるをクリック• 会員情報管理ページで「自動更新しない」をクリック• 最後の確認画面で「会員資格を継続しません」ボタンをクリック 手順通りにやれば、解約開始から3手順ほどで終わります。 通常のパソコン画面なら、スクロールの必要もありません。 Yahoo! プレミアム 対して、Yahoo! プレミアムの解約手順を箇条書きにすると以下のようになります。 (2015年1月時点)• 「」から「プレミアム会員登録の解除手続き」をクリック• 「Yahoo! プレミアム会員登録を解除いたしますと、ヤフオク!のプレミアム会員特典がご利用できなくなります。 」と軽い引き留めページをスクロールしていって最後にある「次へ」ボタンを押す• 「その他の会員特典も利用できませんよ」と引き止めページをスクロールしていって「次へ」ボタンを押す• またも「Yahoo! プレミアム会員登録を解除いたしますと、下記の特典が受けられなくなります」と表示されるので「下へ」とボタンをクリック(スクロールで飛ばせない)• 「保証の対象外になる」というメッセージが表示されるので「下へ」ボタンをクリック(スクロールで飛ばせない)• 「Yahoo! ボックスで利用可能な容量が減る」というメッセージが表示されるので「下へ」ボタンをクリック(スクロールで飛ばせない)• またも、「無料の特典が受けられない」「割引利用中のサービス料金の変更」「サービス内容の制限」に関する情報が表示されるので「下へ」ボタンをクリック(スクロールで飛ばせない)• そしてまたも「ご注意」とタイトルされた注意喚起表示がテキストで表示されるので「次へ」ボタンをクリック• 「来月無料プレゼント」情報が表示されるので、下にスクロール(これまで最大のスクロール量)していって「登録解除を続行する」ボタンをクリック(このとき、これまで次の画面に進むときのボタンの位置とは逆のボタン配置というトラップに気をつける)• 「Yahoo! プレミアムの登録解除の理由をお聞かせください」とアンケート(任意)があるので「次へ」をクリック• ようやく「ご利用の停止」画面が表示されるので「はい」を押して解約完了 とりあえず、なるべくわかりやすく書いたつもりではありますが、Yahoo! プレミアムでは、これだけの手順が必要です。 Yahoo! プレミアムの方は、とにかくユーザーの引き留めに力が入っている感じです。 何度倒しても立ち上がるJRPGのボスキャラみたいな印象です。 詳細は以下。 2016-03-08 10:47 解約手続きの動作比較 ということで、管理画面からパソコンで解約しようと思ったら必要な操作は、以下のようになります。 Amazonプライム:クリック3回• Yahoo! プレミアム:クリック11回(ボタントラップ込み)、下までスクロール3回 「ユーザーの引き留め、もしくは注意事項」が書かれたページが表示される回数は以下のようになります。 Amazonプライム:1回• Yahoo! プレミアムに関しては、2015年1月時点のものです。 まとめ とりあえずAmazonの方は、「とにかくユーザーの願い(解約)を最短距離で叶えてあげよう」という作りになっていると感じました。 反面、Yahoo! の方は、「プレミアムの利点や、解約することによるマイナス面を何度も伝えることにより、とにかくユーザーに解約という考えを止めてもらおう」という作りという印象を受けました。 結局、ユーザビリティー(使いやすさ・利便性)の感じ方は、人それぞれなので、どちらがどうあるべき、という事ではありません。 ただ、サービスによって、ここまで「解約手続きの手順」に差が出るほど、方針の違いがあるものだと思った次第です。 追記:その後、「お急ぎ便」「日時指定便」「 」が利用したくなり、結局年会費を払って加入することにしました。 これだけ特典があって年4900円なら余裕で元を取れると試算しました。

次の

Amazonプライムビデオの解約・退会方法!自動更新を解除すれば安心!

アマゾンプライム 解約 方法

Amazonプライムビデオの解約・退会方法 Amazonプライムビデオを解約・退会するまでの流れはコチラ!• にアクセスして、「メニュー」をクリック• 「アカウント」を選択• 「プライム会員情報の設定・変更」を選択• 「会員資格を終了する(特典を終了)」をクリック• 「特典と会員資格を終了」をクリック• 「会員資格を終了する」をクリック• 解約・退会完了 それでは初めての方にもわかりやすいように画像付きで解説します。 手順1. にアクセスして、画面左上の「メニューアイコン」をクリック。 手順2. メニューから「アカウント」を選択。 手順3. アカウントサービスが表示されるので、アカウント設定にある「プライム会員情報の設定・変更」を選択。 手順4. プライム会員情報の設定・変更から「会員資格を終了する(特典を終了)」をクリック。 手順5. Amazonプライムビデオの解約・退会手続きが始まるので、「特典と会員資格を終了」をクリック。 手順6. もう一度、「会員資格を終了する」をクリック。 手順7. 手順8. 」と表示されたら、Amazonプライムビデオの解約・退会方法はすべて完了です。 無料期間中に退会しても、残りの期間まで利用できるので安心してください。 Amazonプライムビデオの解約を忘れないためには? Amazonプライムビデオの解約を忘れたくない方は、メールでお知らせしてくれる機能があります。 この機能を利用するには の「更新前にお知らせを受ける」を押すだけ。 これで、更新3日前にメールでお知らせしてくれるので、「気づかないうちに料金が発生していた・・・」ということが少なくなります。 Amazonプライムビデオは解約を忘れても返金できる Amazonプライムビデオは解約するのを忘れても、 解約手続きの途中に表示される「今すぐ解約する」から返金できる場合があります。 返金される金額はプライム特典の利用状況や残りの日数によって計算されます。 そのため、プライムビデオやお急ぎ便などを利用していたり、登録から期間が空いてしまうと 「返金対象となっておりませんので、今すぐ会員を終了をする利点がございません。 」と表示されます。 この場合は今すぐ解約しても返金されないので注意してください! Amazonプライムビデオを解約できない iOS・Androidアプリからは解約できません。 解約するにはSafariやChromeなどのブラウザからAmazon公式サイトにアクセスしてください。 Amazonプライムビデオの解約タイミングは? いつ解約しても残りの契約期間まで利用してから自動解約してくれるので、タイミングはいつでも損することはありません。 Amazonプライムビデオの解約をキャンセルするには? 一度解約したけどやっぱり継続したいときは、プライム会員情報の設定・変更の「会員資格を継続する」を押すだけです。 Amazonプライムビデオの次回請求日を確認するには? プライム会員情報の設定・変更の「次のお支払い」で確認できるので、それまでに解約すれば翌月(翌年)の料金は発生しません。 Amazonプライムビデオ解約完了後でもダウンロードした動画は見れる? 解約完了するとダウンロードした動画はすべて見られなくなります。 Amazonプライムビデオの解約・退会まとめ.

次の