お通夜 数珠。 数珠、ハンカチ、バッグ、袱紗など、通夜・葬儀での持ち物とは?|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

神式のお通夜マナー|神道・流れ・時間・数珠・服装・香典|終活ねっと

お通夜 数珠

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 数珠とは? 通夜や葬式に参列する際の必需品ともいえるのが数珠です。 「持参するのが常識だから」と考えている方は多いかもしれませんが、ここからは数珠がいったい何のためにあるのか、必要な理由や正しい使い方について解説します。 数珠とは?葬式に数珠が必要な理由 数珠の構成と深い関係にあるのは 「煩悩の数」です。 本式数珠と呼ばれる正式な数珠では、108個の玉とその他の意味を持つ玉によって構成されています。 以下の名前と位置を把握しておきましょう。 ・中通しの紐:玉をつなぐための紐で、観音菩薩を意味する ・親珠:中心につながる房付きの玉 ・主珠:百八煩悩や百八尊を表す108個の玉 ・四天珠:4か所に位置する玉(略式は2か所) ・弟子珠:房に付く小さな玉 ・露珠:弟子珠の下に付ける玉 ・浄明珠:親玉の下にある玉 本来は、「お経を何回読んだか」が分かりやすくなるよう用いられていました。 現代では玉数の少ない略式数珠を利用するケースも多く見られ、お守りの意味を込めて活用されています。 男性と女性では数珠の種類が違う! 数珠選びの際に注意したいのは、各人に適した数珠の種類は 性別ごとに異なるという点です。 玉ひとつひとつの大きさから全体の構成まで、宗派ごとに男女別の仕様が定まっています。 使う方の性別を明確にした上で選べるよう意識しましょう。 夫婦や兄弟という近親者であっても性別が異なれば共有もできません。 使い方は男女ともに同様なので、略式数珠の適切な使い方を知っておきましょう。 ・移動中:房部分が下になるよう、左手で持つ ・座位姿勢:左手首に掛ける ・焼香時:左手親指以外、4本指に通して持つ ・合掌時:焼香時と同様、または合掌した両手に掛ける 通夜・葬式での正しい数珠の使い方 ここでは、一般的な数珠の持ち方を分かりやすくまとめた動画を参考にご覧ください。 (動画は48秒です) 参考動画:<浄土真宗本願寺派>葬儀の際の数珠の持ち方【小さなお葬式 公式】 の動画が見られない場合は 葬儀の最中は、基本的に数珠を出しておきます。 焼香のときにカバンから取り出す方もいますが、これは正しい作法とはいえません。 数珠の持ち方としては、左手に掛け、輪の中に右手を入れて合掌します。 座って読経などを聞いている時は左手首にかけ、焼香などで歩く必要がある時は房を下にして左手で持ちましょう。 左手で持つのは、 左手が仏の清浄な世界を、 右手が現世を表しているためです。 焼香の際には、宗派によって持ち方が変わりますが、基本的には合掌し、親指と人差し指の間に数珠をかけます。 長い数珠を一連のままで使う場合は、中指に掛け渡して手を合わせましょう。 お葬式では自身の宗派に合わせた数珠を用意 数珠は本来、僧侶が読経を唱える数を数えるために使っていた仏具です。 そのため、キリスト教など仏式以外の葬式では使用しません。 本来の意味を考えると仏式でも不要ですが、マナーと考える方もいるため持参したほうがよいでしょう。 仏式の葬式に参列する際は、自身の信仰する宗派に合わせた数珠を用意します。 信仰する宗派が決まってない場合は、宗派を問わない略式の数珠を用意すれば問題ありません。 数珠による宗派の違いはマナー違反にあたらないため、 自分の宗派に即した数珠を持参しましょう。 2つの数珠を組み合わせた構成になっており、 金属製の二連の輪に房がついているのが特徴です。 一連が27玉、もう一連が20あるいは40玉となっています。 二連の輪違いになっているのは、念仏の数を沢山数えるためです。 玉の数自体はほかの宗派の定番である108個よりも少ないですが、2つの数珠の組み合わせで数を数えられるため、結果的に数えられる数ははるかに多くなります。 そのため、片方の房が 「蓮如結び」という形式で結ばれていて、数取りができないようになっています。 もう片方の房には、20個の弟子玉がついているのが特徴です。 親玉から数えて7個目と21個目に 四天という小さい玉がついているのも特徴です。 これは、お経を7回、21回、54回、108回と唱える修法にもとづいているとされています。 振分数珠(ふりわけじゅず)とも呼ばれることもあるので、覚えておきましょう。 このことから、玉を繰りやすくなっていることが特徴です。 また、親玉からは20個の平玉の弟子玉と10個の丸玉の弟子玉が下がっていて、これらを用いるとおおよそ3万回のお経を唱えられます。 3本のうち1本には10個の弟子玉がついていて、これでお経の数を数えます。 また、全部で5本の房には様々な説があり、それぞれが人体を表しているともされています。 曹洞宗だけの特徴としては、数珠に金属の輪が通っていることが特徴で、一連の数珠に、1本あるいは2本の房がついているシンプルな形です。 また、臨済宗と曹洞宗は禅宗であるため、お経をあげる機会が他宗派に比べて少ないといえます。 そのため、檀家であっても正式の数珠を持っている人は多くありません。 片手に掛ける一連の構成が多く、各宗派の本式数珠に比べて小さいものがほとんどです。 略式念珠は自由度が高い種類でもあるため、素材の意味や効果もチェックしながら選ぶとよいでしょう。 数珠は本来、 「お経を何回読んだか」を分かりやすくするためのものでした。 現代では玉数の少ない略式数珠を利用するケースも多く、お守りの意味を込めて使っているのが一般的です。 数珠に関する注意点 数珠の貸し借りはしない 「葬式の直前に破損した」「家族で同じ物を使っている」といったケースも見られますが、持ち主以外との共有は好ましくありません。 「念珠」ともいわれるとおり、お守りと同じ役割を担っているためです。 数珠を持参していなくても問題ないですが、身だしなみを整えて参列しましょう。 直前に購入する場合は、宗派を問わない 略式数珠を選ぶと対応しやすくなります。 カバンの中で見失ったり破損したりしないよう、数珠入れも一緒に購入するのがおすすめです。 パワーストーンやブレスレット式の数珠は使わない 近年パワーストーンが流行したことから、これを使った数珠が店頭に並んでいます。 また、アクセサリーの一環として、ブレスレットタイプになっているものも見かけるでしょう。 こういった数珠は日頃身につける分には問題ありませんが、通夜や葬式の場では相応しいとはいえません。 こういったものとは別に、きちんとした数珠も用意しましょう。 数珠は信仰に合わせて相応しいものを 宗派によって数珠の種類が違うため、宗派が決まっているのであれば 本式数珠を備えておくと安心です。 略式数珠は100円ショップでも取り扱っていますが、マナーの観点から考えると適切とはいえません。 極端に簡易的な数珠は、遺族や参列者に対して不快感を与える可能性があるためです。 時間があるのであれば、葬式用として適した物を選びましょう。 葬儀が終了したら 葬式を終えた後は、数珠に付着した汚れや汗を拭き取ってメンテナンスを行います。 素材によっては変色することもあるため、なるべく丁寧な手入れを心がけましょう。 保管場所として桐の箱を用意できると、劣化を抑えやすくなります。 利用頻度が少ない仏具でもあるため、引き出しに収納するのがおすすめです。 なるべく温度差がなく、日光が当たらない場所で保管します。 メンテナンス中や利用時に数珠が切れた場合は、新しい物を購入しましょう。 「悪い縁を断つ」という意味があるため、劣化による破損は悪いものではありません。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

お通夜の数珠の使い方や持ち方は?忘れた時はどうしたらいい?

お通夜 数珠

数珠について 数珠の意味 数珠は合掌する手に掛けたり、また揉むようにして音を出すように使っています。 数珠はもともと、 念仏の回数を記憶するためのものとして使われていました。 そのため、 念珠 ねんじゅとも呼ばれています。 数珠の珠の数は宗派によって異なりますが、一般的には 煩悩の数と同じ 108つの珠をつないだものになります。 数珠は持っているだけで功徳を積むことができるとされ、魔除けや厄除けになると言われています。 数珠の使い方 基本的には 左手にかけて右手に添えるようして合掌するか、 両手にかけて合掌をするようにします。 数珠の握り方は各宗派により違いがあります。 握り方の一例。 浄土真宗本願寺派の数珠の持ち方 数珠のマナー・基礎知識 数珠は自分の宗派に合わせる 数珠は宗派によって異なりますが、これは参列する葬儀の宗派ではなく、 自分の宗派に合わせます。 どうしても気になる場合は、宗派を問わない略式の数珠を持参するようにしましょう。 また、結婚した場合は、基本的にはどちらかの宗派に合わせるようにします。 数珠は必要か? 数珠は基本的には仏教徒以外は持ちません。 特に信仰している宗教が無く、慣習として数珠を持参する場合は自分の宗派に合わせます。 数珠は貸し借りはしない 数珠は持ち主個人のものというのが原則で、基本的には 貸し借りはしません。 数珠が切れたら縁起が悪い? 数珠の珠は108個あり、煩悩を表しています。 これらをつなぐ紐が切れることはむしろ縁起がいいとさえ言われています。 数珠が切れた場合は修理を依頼するか、新しいものを新調するようにしましょう。 数珠の購入の仕方 購入の場所 お寺や仏壇仏具店や、念珠専門店から購入することができます。 もちろんAmazonなどインターネットでも購入可能です。 費用は1000円以下のものから3万円以上するものまで様々です。 自分の宗派の確認 自分の宗派を確認して、それに沿った数珠を購入する必要があります。 その際は、 宗派を問わない略式の数珠を購入するか、 自分の宗派に沿った本連数珠を購入するという選択肢があります。 また、一般の法事や親族以外の通夜葬儀等の弔問であれば、単念珠の略式のものでも良いですが、身内の葬儀などのために 自分の宗派の本連数珠を用意しておいたほうが良いでしょう。 男性用・女性用の確認 宗派ごとに男性用と女性用で数珠が異なるものもあります。 忘れず確認しておきましょう。 贈る場合 数珠は祝いごとでも贈っても良いものとされています。 成人式や結婚式など、節目の贈り物として贈ることが多いようです。 具体的な宗派別の数珠の選び方 具体的な宗派別の数珠の選び方はこちらの記事を参考にしてください。

次の

数珠、焼香|安心できる葬儀ガイド

お通夜 数珠

この記事に書かれていること• なんと!お葬式に数珠は必要ない さて、見出しにも書きましたが実はお葬式に数珠は必要ありません。 これは何故かというと 数珠というのは念仏・真言・お題目を何回唱えたか数えるためにある仏具なんですね。 仏教では人間は108の煩悩があると考えられていて、数珠には108の玉があり、その玉一つ一つが108の煩悩を司る仏様と考えられています。 (108個玉がついているのは正式数珠で、数珠の玉の数が少ない1連の略式数珠も最近ではよく使われています。 ) そして、 人間のあらゆる煩悩を数珠が引き受けてくれているとも考えられており、昔から厄除け・お守りとしての役割も持っています。 現在は現実的には亡くなられた方や仏さまに敬意を表すものとして捉えられています。 それで、 少し話は戻りますが、お参りにいらっしゃる一般の方は、お坊さんでもないので、お経をあげなければいけないというわけでもありません。 だから、 お葬式に数珠というのは本来は必要ないものなのです。 しかしながら、仏教のお葬式では基本的に数珠を持ってお焼香するのがパターンとなっていますので、人によっては数珠を持っていないと非常識だと見る人もいる事は確かです。 だから、 現実的には数珠をお葬式は持って来たほうが無難だと言えるでしょう。 また、 自分が神道だったり、キリスト教など、仏教以外を信仰している場合は基本的に数珠は必要ありません。 お葬式は自分の宗派の作法で参加してOKといわれていますので、信仰している宗教が数珠を使わないのであれば、持っていなくても全然大丈夫です。 数珠を忘れた時はどうすればいいの? では数珠を忘れた時はどうすれば良いのでしょうか? 数珠というのはお守りや厄除けという役割も持っているので、本来1人1人がそれぞれ持っているもので、貸し借りをするようなものではないと言われています。 お葬式やお通夜でよく見る「数珠を貸して~」と言って数珠を借りて御焼香に出たりするのは本来はNGな行為なのです。 数珠の本来の意味を知っている方は、数珠を借りている場面を見ると不愉快に思う方もいらっしゃるかもしれません。 葬儀屋さんにご用意している数珠はお客様のご要望があればお貸ししますが、本来数珠というのはなくても大丈夫なので、そのままお参りしても本来大丈夫です。 それでも気になる方は、まずは葬儀屋さんの職員に数珠がないか聞いてみてくださいね。 (お参りされている方の面前であまり貸し借りはしないほうがいいかと思います。 ) また、 コンビニや百均などでも数珠は売っていることもありますので、急ぎで手に入れたい場合はそういう所で探してみるのも良いでしょう。 スポンサーリンク 子供は数珠がなくても大丈夫? 子供がお葬式で数珠がないという場合に悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、上でお話しした通りお葬式に数珠はなくても大丈夫なので、お子さん用の数珠がなくても、もちろん大丈夫です。 ただ、お子さんは大人の真似をしたがる子が多いので、持たせておくと落ち着いたりする子も見受けられます。 そういった面で、持たせてあげたいと考えるのであれば、持たせてあげても良いでしょう。 まとめ 本日は数珠はお葬式で必要かどうか?について述べさせていただきました。 数珠というのは念仏をあげるときに唱えた数を数えるためにもともとあるものなので、念仏を上げるわけではないので数珠は必要ありません。 それでも数珠はお葬式では一般的にはあるのが常識のように思われている面もあるので、気になる方はもっていくのが良いでしょう。 スポンサーリンク.

次の