ツールボックスミーティング。 TBMことツール・ボックス・ミーティングとは何のこと?

作業前の5分間ミーティングが、危険を回避する。

ツールボックスミーティング

会社に限らず、サークルなどでもミーティングを経験した方は多いと思います。 ミーティングはあらゆる業務を円滑に進めていく上でとても重要なものですよね? しかし、同じミーティングをするのでも、ただダラダラと時間ばかりが過ぎていくようでは全く意味がありません。 テーマを明確にし、円滑、かつ効率よく話し合いが出来るようにするためのコツついてまとめてみました。 まずはミーティングのテーマ(議題)と司会進行役を決めましょう 貴重な時間を使ってミーティングを行なうのですから、あらかじめ「どんなテーマについて話し合うのか」「どの部署のスタッフを集めるのか」「どんな結論を導き出したいのか」など、ミーティングの趣旨を決めましょう。 そのためにはミーティングの主導的立場の人が必要な部署の責任者と連携して問題点を話し合い、その中から優先順位の高いテーマを抽出すると良いでしょう。 また、その問題に精通している、あるいは実際に取り組んでいるスタッフをミーティングの司会進行役にすると、より具体的な意見交換が出来ます。 ミーティングをスムーズで効果的に進行するには事前の準備が不可欠です ただ関連部署のスタッフを集め、行き当たりばったりでミーティングを行なっても効果的な結論は出せません。 ミーティングを行なうということは業務に関わる問題点を洗い出し、効果的に解決し、円滑に業務を進めていくことが目的ですから、事前に決めたテーマに沿った資料を集める、問題解決の糸口になりそうな提案に関する資料をまとめるなど、スタッフにも分かりやすいデータを提示できるようにあらかじめ準備しておきましょう。 スタッフが発言しやすい進行を心掛けましょう ミーティングは会議ほど堅苦しくする必要はなく、全てのスタッフが考えを発言出来るようにその場の雰囲気を考慮すると良いでしょう。 せっかく出された発言に対して進行役の人が高圧的だったり、批判的な反応をしてしまうと、それだけで場の空気は悪くなり、他のスタッフまでが発言しにくくなってしまいます。 もちろん全ての意見を取り入れることは出来ませんが、全ての意見に前向きで建設的な態度で耳を傾け、みんなで「どの意見が最も良いか」、「この問題を解決するにはどの方法が適しているか」を全員で考えるように進めていくことを心掛けると、解決の糸口が見つかりやすくなりますし、ミーティングに参加した全員が一つの目的意識をもって問題に取り組めるようになるでしょう。

次の

「ツールボックスミーティング」ちゃまけんのブログ | ──遊──Equipment───────────────────────

ツールボックスミーティング

班前会• 工具,刀具• 英 box 箱;箱型;包厢;[棒球]打击区• 会议,集会• tool box工具箱。 【vaulting box】〔田径〕撑竿跳高的插穴。 【tool box】工具箱。 斜板箱;倾转箱• 【tin box】铁皮箱。 电话亭• 英 class meeting 班会• 英 top meeting 首脑会议• 【meeting house】 〔基督〕 教友会 聚会所。 蜡膜;蜡涂层• 控制箱• 按模数设计的箱型构件(作为构成建筑物的单位)• 小型汽车• プールボックスpull box分线盒。 【volvox】〔植物〕团藻 营群体生活的淡水生物,1至2000个个体形成3至400微米的球状群体,每个细胞都含叶绿素。 【camp meeting】〔宗教〕野营集会 在野外生活的同时举行的宗教集会。 town meeting城镇会议,市民会议。 stuffing box填料涵,填料箱,填密槽。 填料函;填料箱;气密箱• 刀具调整;刀具安装• 【marketing tool】〔商业〕销售手段 市场经营方式,包括价格、广告、促销、信息活动、流通途径。

次の

安全ワンポイント(安全くん 解説コーナー他、掲載記事より収録)

ツールボックスミーティング

この2つの条件とは、1つは「 不安全な状態」であり、もう1つは「 不安全な行動」です。 「不安全な状態」とは、環境や機械、物が不安全状態、つまり危険をはらんでいる場合です。 いわば物的要因と言えますね。 「不安全な行動」とは、作業方法や不注意など、人が危険な行いをする場合です。 いわば人的要因と言えますね。 床に大きな穴があったとします。 これは「不安全な状態」です。 穴の中に落下するかもしれないので、危険なのは分かりますよね。 しかし、この穴に誰も近づかなければ、別に危険でもなんでもありませんよね。 それは、ただの穴でしかありません。 人が近づいて初めて、「落下するかもしれない」危険が生じるのです。 足元も見ずに、穴に不用意に近づく。 これは「不安全な行動」です。 「不安全な状態」、「不安全な行動」が接近しても、必ずしも事故には至りません。 しかし、事故の可能性は非常に高まります。 「不安全な状態」とは、機械や環境です。 移動式クレーンは、力があるので、万全に整備されている状態であっても、危険をはらんでいます。 どこかに故障がある場合は、その危険性は何倍にもなります。 工場で裁断機を使用する場合は、いつでも事故の危険があります。 車であれば、交通事故の危険があります。 建設業で、高所作業は、常に墜落の危険があります。 整備されていないなどの状態はともかく、正常な状態であっても、危険をはらむ物はたくさんあります。 仕事は、その危険にあえて近づかなければなりません。 機械や環境を点検、整備することで、ある程度「不安全な状態」を解消することができます。 事故を防ぐには、もう1つ「不安全な行動」を防がなければなりません。 つまり仕事の仕方が大切なのです。 前置きが長くなりましたが、 今月の安全教育は作業場での行動についてです。 その日の作業を行う前には、その日何を行うのか、どんな危険があるのかを把握しなければなりません。 作業前には、作業内容とどんな危険があるのかをミーティングを行いますよね。 これをTBM(ツールボックスミーティング)やKY(危険予知)などといいます。 製造業、建設業など、TBMやKYは馴染みがあるのではないでしょうか。 私の会社でも、KYなどは励行しています。 しかし、実態はどうかというと、十分に時間をとっているとはいえません。 あちこちの作業場を見たことがありますが、私の会社だけではなく、朝礼やKYにしっかりとした時間をとらず、何となく作業を開始するというのは、見かけました。 あくまでも私が見た範囲ですので、きちんとやっている事業場はたくさんあると思います。 要因としては2つあると思います。 1つは、見知ったグループであり、やることが分かっているから、改めて打ち合わせない。 工場などでは、決まった作業を行うので、改めてというのはないかもしれませんね。 建設業でも、大体作業の状況を共有しているので、話すことはないというのがあるかもしれません。 もう1つは、朝は急いでいる、時間をとるのが惜しいと思っている。 または面倒だと思っているも含まれるかもしれません。 打ち合わせや、KYがなかったら、確実に事故が起こるものではありません。 むしろ事故の確立がのほうが低いと言えます。 しかし、こんな状況ではどうでしょうか? クレーン作業を行うにあたって、誰が玉掛けをするかなどの役割はどうするのか、合図はどうするのか、荷物が頭上を通るルートはどこになるのか、他の作業に影響が出る場所はどこかなど。 曖昧のままだと、自分はどこにいて、何をしたらいいんだろうかと、考えてしまわないでしょうか? ちょっとした判断の遅れ、迷いは、時として危険回避に支障をきたします。 宙に浮いた荷物を見ていて、他の作業を行っていたトラックにぶつかったなんてことも、事例としてあります。 まず 状況を把握することが、危険回避に重要な事なのです。 そのために、 今月の安全目標として、作業場についてから5分始めるのを遅らせてもらい、その5分でTBMとKY、そして機械の作業前点検を行おうとしました。 ほんの5分間でいいです。 作業長が、各人の役割と危険箇所の確認を行います。 危険箇所について、意見があれば作業員に聞いて、KYを行います。 そして機械を点検し、各持ち場に就くようにします。 だらだらと長いのは意味がありません。 短く、ポイントだけおさらいする。 当然、こういったことを実施されている事業所が多いと思います。 私の会社などで、目についたから励行しようとしているものです。 最低限のコミュニケーションではありますが、これで「不安全な行動」が減れば、しめたものです。 さらに現場ごとで行うので、作業長の自覚やコミュニケーションの促進に繋がれば、さらに嬉しく思いますが、そこまでは高望みですね。 まずは、作業員同士の作業内容を把握し、事故を起こさないようにすること。 これが何より得たい結果ですし、事故の条件の1つを解消することになります。 今月も、みなさまが安全に仕事されますように。 最近のコメント• に itetama より• に itetama より• に はしもと より• に みたらし団子 より• に itetama より• カテゴリー• 301• 215• 141• 125• メタ情報• 人気の記事• 94,103件のビュー• 43,767件のビュー• 39,814件のビュー• 19,914件のビュー• 17,874件のビュー•

次の