いつも頑張ってる君の姿が。 頑張っています子どもたち・・・・

>ゆっち&てる君&みおちゃん&ちかちゃんの成長日記12(みんな成長編)/TITLE>

いつも頑張ってる君の姿が

岡田さんご家族がタイから帰任、さえちゃんが混じってます。 2019年3月31日 久しぶりに、女子たちとサイクリングです。 千歌ちゃんの足がだいぶ強くなってきて、遠出できるようになりました。 2019年4月6日 初めての岡崎城の夜桜です。 人人人の波に負けず、楽しめました。 2019年4月7日 Pちゃん秘蔵の留袖を着付けていただいて、てる君の入学式前撮りです。 亡きやゑばあちゃんが、仕立ててくれた我が家の家宝。 サーモンピンク、むちゃくちゃ似合ってます。 2019年4月10日 てる君が中学校に入学しました。 今まで通り、楽しい学校生活を送ってください。 2019年5月5日 ゆっちとみおちゃんと一緒に、高取城に登りました。 パパは、子供のころか近所に住んでいたんですが、来たことはありませんでした。 すごい規模の豊臣遺構に圧倒されました。 また来よう。 2019年5月11日 南公園のオカザえもんベンチで記念写真です。 部活のゆっちを迎えに来て、「ついでに」南公園を満喫した美緒ちゃんです。 暑かったね。 2019年5月11日 そのゆっちです。 この三年、ソフトテニスを頑張ってきました。 おかげで体が、しっかりしてきました。 2019年5月25日 美緒ちゃんが学級対抗リレーで力走しています。 水泳・体操と頑張っているので、力強い走りに変わってきています。。 行っけー。 2019年5月25日 ちかちゃんも、徒競走でがんばりました。 2年生は、運動場半周ですね。 すっかりおねえさんだ。 2019年6月26日 パパ45歳のお祝いをみんなでやりました。 みんな、いつもありがとう。 長生きを目標に、ぼちぼちがんばります。 2019年7月6日 南知多おもちゃ王国にてるくんの天国がありました。 しばらくここで、久々のプラレール&トミカを満喫しました。 2019年7月6日 ちかちゃんは、メリーゴーランドで大暴れです。 初めて行きましたが、皆満喫できました。 2019年7月18日 てるくんが、中学校の山の学校にバスで向かいます。 楽しかったみたいです。 先生、いつもありがとうございます。 2019年8月10日 古村積神社の盆踊りに、皆でおめかしして参加しました。 (男子は普段着、、) みおちゃんは、今年から大人の浴衣です。 ママの着付け、ゆるくって好評です。 ありがとう。 2019年8月11日 みおちゃんが、やまびこキャンパーズクラブ(YCC の夏のお泊りキャンプ(3泊4日)に向かいます。 ネタになるほどの、大荷物。 楽しかったようです、ありがとうございました。 2019年6月30日 パパが2年に一回のトライアスロン行ってきました。 Total-3:18:24 Swim-0:38:30 Bike-1:46:17 117 Run- 0:53:37。 台風直撃当日の悪天候の中、大苦戦でしたが、何とか完走しました。 2019年7月18日 名古屋で会った自工会の展示会、「人とくるまのテクノロジー展なごや2019」にパパと愛車が参加しました。 40年前にこの車を開発された人や、昔乗っていた人、そしてただかっこよいと喜んでくれる皆さま、 出張で参加させてくれる職場にも感謝です。 2019年7月28日 そば打ち体験にみんなで参加しました。 よしゆき、やはりうまい。 見事です。 2019年9月13日 てる君が中学生として迎えた運動会、楽しく踊っています。 勝負にこだわりがつよくなり、リレー種目では中々納得いかないみたいですが。 それも成長、ママいつもお疲れ様。。 2019年9月15日 長男よしゆき、15歳です。 受験を控えいろいろあるが、まっすぐ生きてくれ。 おめでとう。 2019年9月21日 こちらは中学校最後の運動会です。 部活のおかげで、走る姿がすっかり力強い。 残りの中学生活も、楽しく過ごしてください。 2019年10月4日 これと言って、特に何もない朝二人がイチャイチャしてるので、パチリ。 撮られた当人たちの記憶には全く残っていない、素敵な朝でした。 2019年10月26日 てる君が13歳になりました。 できることが着実に増え、「自分」が変わってきて、パパもママもうれしいです。 いろいろなことに興味を持って、チャレンジしてほしいです。 2019年10月26日 ちかちゃんの今年の学芸会のお題は「お祭り」。 練習熱心な、かわいらしい、祭りっこでした。 しっかり練習して臨んでましたね。 2019年11月3日 フォレスタヒルズの芝生でくつろぐてる君です。 一人の時間をだれよりも満喫できるの、うらやましいです。 n 2019年12月5日 ちかちゃんが、校内マラソン大会で力走中です。 スタート直後の転倒に巻き込まれ出血しながらの力走でした。 あれで切れないのは、君のいいトコロ。 48位は勲章です。 よく頑張った。 2019年12月5日 みおちゃんも前半から突っ込み、先頭集団に食らいついて帰って来ました。 昨年の10位から5位にジャンプアップ。 来年がさらに楽しみだ。 2019年12月5日 みおちゃんは11歳ですね。 水泳、体操、マラソン、、、どんどんうまくなっていく君はすごいです。 今のまま、頑張ってください。 ,br. 2019年12月14日 よしゆきが、マラソン大会で激走です。 個人戦3位に食い込みました。 ナイスラン。 その勢いで、ちゃっちゃと受験も終わらせようぜ。 2020年1月20日 てる君がマラソン大会で頑張りました。 立ち止まることもなく、完走できました。 少しずつ競技性を理解して、運動する楽しさを覚えてくれたら、人生豊かになると思います。。 2020年1月25日 みおちゃんと一緒に通っている体操教室で、ちかちゃんが躍動しています。 自宅のトランポリンでの練習が活きてます。 おねえちゃんを追いかけて、どんどん成長しています。 楽しんで、頑張って。 2020年2月8日 ひいおばあちゃんの1回忌で、古瀬間霊園にみんなでお参りに行きました。 みおちゃんは、おばあちゃんとのお別れで、色々学んだんだと思います。 みんないい笑顔です。 2020年2月16日 学芸会で前説をする、てる君です。 色んなアドリブを挟みつつ、楽しく大任を果たしました。 2020年2月16日 同じく、劇(ミニオンズ)で熱演するてる君です。 大好きな話に入り込み、役を満喫している姿を見させてもらいました。 成長したねー。 2020年2月25日 ちかちゃんの8歳のお誕生日をみんなでお祝いしました。 こちらは、お澄ましバージョン。 2020年2月25日 お姉ちゃんが大好きで、マネばっかりするかわいい末っ子です。 体操教室とスイミングに通い始め、体幹強くなってきたと思います。 やるべきことはちゃっちゃとやる、これからもその調子!おめでとう。 2020年3月3日 岡崎市立新香山中学校の卒業証書を受け取るゆっちです。 新型コロナの影響で、最後はぐちゃぐちゃになりましたが、何とか証書はいただけました。 2020年3月3日 在校生やインフルエンザ罹患の同級生は欠席となり、寂しい式となりましたが、 卒業生たちと先生方の心のこもった、記憶に残る、いい式でした。 色々ありましたが、3年間、よく頑張ったと思います。 おめでとう。 受験から解き放たれた男がいます。 笑 当時と遊具もカメラも変わりましたが、笑顔は変わりませんね。 2020年3月22日 そして久しぶりの、お墓参り@西宮です。 ちょうどお彼岸でしたね、母さんと一緒に行けてよかったです。 騒がしい一向に、じちゃんばあちゃんも驚いたことでしょう。 おかげさまで、皆元気です。 2020年3月23日 帰りも、亀山で1時間です。 それぞれの時間を満喫していたら、東名阪道のすぐ横の資材置き場で大火事、あっという間に通行止め。 下道での戻りに、予想外に時間かかりました。 これはこれで、記憶に残る帰省でした。 2020年3月23日 一年休作しましたが、ジャガイモを植えるべく、耕そうと。 キャブ詰まりで寝ていた耕運機を復活したところ、みおちゃんがやりたい!と。 手伝ってくれてありがとう、助かりました。 2020年3月29日 外出自粛、とは言え、子供たちには体を動かす時間は必要です。 柳川瀬公園の鉄棒で、ちかちゃんが遊んでいます。 体操やるようになってから、すっかり体幹がしっかりしてきました。 2020年4月5日 桜が満開の週末に、ゆっち入学式前撮りという事で、みんなおめかしで撮影です。 みんな、おおきくなったねー。 いつまで、こんなに楽しい写真が撮れるのか。。。 2020年4月5日 実は、両親もおめかしです。 長坂さんに着付けていただいて、Pちゃんも和服です。 満開の桜の下で。 2020年4月6日 そして、よしゆきが高校入学です。 楽しい3年間を送ってください。

次の

君はいつだって一人じゃないのさ

いつも頑張ってる君の姿が

君と会わなくなって もうどれくらい経っただろう。 僕と会っていた頃の君は まだ自分のことが嫌いで 自分に自信がなくて 自分のことがよくわかっていなかったよね。 いつも自信のあるフリをし いつも大丈夫なフリをし そうやって本当の自分を隠しながら生きていて 隠すことに君はいつも疲れていた。 それでも君は いつも頑張っていた。 自分の本当の気持ちを隠しながら その気持ちの裏ではいつも 自分を好きになろうと 自分に自信が持てるようになろうと いつも頑張っていたし ずっとずっと頑張ってきたんだ。 何年も何年も 誰にも知られない気持ちを一人で抱え 君はずっとずっと一人で頑張ってきてたんだ。 君と最後に会った時 僕が君のそんな気持ちを 「わかってる」ことを知って 君は僕の前から旅立っていったよね。 僕の言葉で君は自分の気持ちを思い出し 君は僕の前に姿を見せなくなった。 あれから君が何をしていたか やっぱり僕は知っているよ。 あれから君がどこに向かって歩き出したか やっぱり僕は知っているよ。 あれから君は やっぱり自分を諦めず 今まで以上に頑張ってきたんだ。 あれから君は 今まで以上に自分を信じて ずっと自分に向き合ってきたんだ。 君はずっと 自分を諦めたくなかった。 君はずっとずっと 自分を信じたくて仕方なかったんだ。 君のそんな気持ちを 僕が知っていることを知って 君は一人じゃなくなった。 だから、ようやくそれができるようになって あれから君は ずっと自分に向き合い続けてきたんだ。 そうして君は、今の君になった。 今の君は、前よりも 自分のことが好きになったと思う。 今の君は、前よりも 自分に自信が持てるようになったと思うし 自分のことがわかるようになったと思う。 今の君は、昔より 自分のことが受け入れられるようになったと思うし 自分のことを愛せるようになったと思う。 そして、今の君は、以前よりも 自分に笑うことができるようになったよね。 それでも僕は思うよ。 君にはまだまだ、足りないと。 君にはまだまだ 愛が足りないし 君にはまだまだ 優しさが足りないし 君にはまだまだ 幸せが足りない。 君はもっと、愛されていいし 君はもっと、優しくされていいし 君はもっと、幸せになっていいんだ。 君の心はもっと 実際に愛を感じられるはずだし 君の心はもっと 実際に優しさを感じていいし 君の心はもっと 実際に幸せを感じなきゃいけない。 君がいつも 自分でいることに 君がいつも 今ここにいることに 君がいつも 自分に生まれてきたことに 君はもっと 心から幸せを感じていいんだ。 君はいつか僕のことを 「一言えば十わかる」 そう言ったよね。 でも本当は 君が何も言わなくても 僕はわかってたんだ。 君の人生がどうなるかも 君がどこまで幸せになるかも 僕はわかってるんだ。 僕だけが、わかってるんだ。 君はいつか言ったよね。 「私たち近いから」って。 でも、僕は本当は 「僕たちは同じなんだよ」って 言いたかったんだ。 君が頑張ってきた気持ちも 君が抱えていた苦しみも 僕はわかってしまう。 そして、君の気持ちを 僕がわかってしまうことも 君もわかっているだろう? だからいつか 君の気持ちはすべて 僕が愛に変えたいと思う。 君が流せなかった心の涙を 愛の涙に変えたいと思うよ。 君が自分の気持ちがわからなくなったら 僕がいつでも君に教えてあげる。 どんなに小さな君の気持ちも 僕がいつまでも覚えているよ。 君はもっと 幸せになっていいし 君をもっと 幸せにしたい。 君が何も言わなくても 僕はいつも君を わかってしまうのだから。 いつか、また逢おう 魂の、約束の場所で。

次の

誰よりも頑張ってる君へ

いつも頑張ってる君の姿が

最近早く家に帰れるので嬉しいです。 それにしても昼間は少し日が出るものの、相変わらず寒いですね。 お風呂なんか入ると毎回こう、毛穴からじゅわぁ〜と慣れない温度が伝わって、鳥肌立つけど幸せ。 冬は家の暖かさを改めて教えてくれる季節でもあります。 お鍋とかクリスマスとかお正月とかいろいろありますけど、毎年そんな"冬"に触れる度懐かしい気持ちになります。 幸せです。 ……勉強があるけど。 モチベが下がったとか忙しかったなんて言い訳とか理由はいろいろありますが、本当に久しぶりにちゃんときゃとと話しました。 以前の感覚が鈍ってきたのか段々きゃとと一緒にいる感覚がなくなってきた最近。 会話はいつもしてますが、やっぱり姿もイメージできてないときは駄目ですよ、全然きゃとらしくないんですもん。 なので一度初心に戻るつもりで想像して向き合ったら、いました。 ちゃんとそこに、きゃとが。 こういうこと言う時はこんな声のトーンだとか、こういう時はこんな仕草だとか、触れるとどんな温度柔らかさだとか。 想像してたつもりだけどできてなかった。 ちゃんと向き合ってたつもりだけど向き合えてなかったんだって、気付きました。 それと、今まではきゃとだったら〜という相手を探るような気持ちでいましたが、逆に、"私と違うところ"も探してみて。 そうするとまた見えなかった部分が新たに分かって、少し何か変わった気がしました。 いつもどうしたらオート化できるか?とか、とにかく結果を残したくてきゃとと話しているところがあったけれど、もしかしたらいつも何か伝えようとしてくれてたのかもしれません。 ちゃんと向き合おうとした時にそれが少なからず伝わって、きっかけになるかもしれない。 「もどかしいかもしれないけど、もうちょっと待ってて。 今はちゃんとモモ達のこと見て、真似できるようになりたいんだ」 やっぱり少し焦っちゃうけど、続けることに意味がある!.

次の