ポプラ社。 人気漫画家×名作文学がコラボする、ポプラ社「キミはまだ、名作の面白さを知らない」フェア限定カバー

ポプラ社、絵本作家・二歩がZoomを使った無料オンラインイベント

ポプラ社

[株式会社ポプラ社] 「キリンビール公式note」と「ポプラ社一般書通信」、そして7月にデビュー作『縁結びカツサンド』を刊行した新人作家・冬森灯さんが業界を超えたチームを結成。 キリンビール公式noteが大切にする「乾杯の時間」と、ポプラ社が大切にしてき「つながる温かな想い」というテーマを融合させた小説作品を、冬森灯さんが優しく書き上げます。 小説は秋よりキリンビール公式noteで連載し、執筆の裏側をポプラ社noteで公開予定です。 メディアプラットフォーム「note」にて、「キリンビール公式note」と「ポプラ社一般書通信」がコラボした新企画がはじまります。 「キリンビール公式note」と「ポプラ社一般書通信」、そして新人作家の冬森灯さんの三者でチームを結成。 メディアプラットフォーム「note」にて「うしろむき夕食店」プロジェクトをスタートいたします。 コラボ新企画『うしろむき夕食店』プロジェクト概要 キリンビール公式noteが大切にする「乾杯の時間」。 ポプラ社が大切にしてきた「つながる温かな想い」。 その二つのテーマを融合させた小説を、チームで新たに作り上げます。 小説を手掛けるのは、2020年7月に刊行された『縁結びカツサンド』で優しい縁の形を描いた冬森灯さん。 冬森さんはデビューしたばかりの新人作家ですが、食べものや飲み物の美味しさ、人の心の温かさと機微、それらを書き上げる筆力が高く評価され、今回の抜擢となりました。 また、新しいクリエイターをnoteという場で応援していきたい、というキリンビール公式noteとポプラ社の想いもあり、この三者でのチームが結成されました。 冬森灯さんの描く温かで心においしい小説『うしろむき夕食店』は、秋ごろよりキリンビール公式noteにて発信してまいります。 また、ポプラ社一般書通信では、プロットなどの『うしろむき夕食店』創作裏側を公開していく予定です。 連載スタートまでの過程やインタビューもnoteにて公開し、物語ができるまでの「ドラマ」もリアルタイムで伝えていきたいと考えております。 『縁結びカツサンド』でデビュー。 『縁結びカツサンド』内容紹介 駒込うらら商店街に佇む、昔ながらのパン屋さん「ベーカリー・コテン」。 あんぱん、クリームパン、チョココロネ。 気取っていない顔が並んでいて、見ているだけでほっとするような、そんなお店。 一家で経営してきたコテンの未来を背負うのは、悩める三代目・和久。 商店街が寂れる中で、コテンを継ぐべきか。 「自分なりのパン」を見つけないといけないのではないか。 創業者のじいちゃんが亡くなって、店名の「コテン」の由来もわからない。 日々迷いながらパン生地をこねる和久のもとには、愉快なお客たちがやってくる。 ヒョウ柄のコートを着込む占い師に、就活に落ち続ける学生、肉バカの肉屋の息子。

次の

キリンビール公式note×ポプラ社×新人作家 異例のチームが作り上げる『うしろむき夕食店』プロジェクト始動!

ポプラ社

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年8月) 株式会社 ポプラ社 POPLAR PUBLISHING CO. , LTD. 市場情報 非上場 本社所在地 〒102-8519 4-2-6 住友不動産麹町ファーストビル8・9階 設立 (22年) 事業内容 代表者 千葉均 資本金 3050万円 純利益 15億9900万円(2019年03月31日時点) 総資産 152億3200万円(2019年03月31日時点) 従業員数 173名(2006年7月13日現在) 主要子会社 株式会社そうえん社(旧・株式会社草炎社) 外部リンク 株式会社 ポプラ社(ポプラしゃ、: POPLAR PUBLISHING CO. , LTD. )は、の。 本社はに所在。 概要 [ ] 元の、編集長の久保田忠夫、営業担当の田中治夫らが独立して創業。 長きに渡り、の〈名探偵ホームズ全集・全20巻・絶版〉、の〈怪盗ルパン全集・全30巻〉(現在はシリーズ怪盗ルパン・全20巻)、の〈少年探偵江戸川乱歩全集・全46巻、後半20巻は乱歩の大人向け作品を乱歩の弟子が子供向けに書き直したもの〉(現在はシリーズ少年探偵・全26巻)、の〈〉シリーズやの〈〉シリーズ、などのを専門に出版してきたが、近年では成人を対象とした書籍にも幅を広げ、成功を収めている。 その他、かつては『』(旧称:プレコミックブンブン)を発行していた。 プレコミックブンブン編集のため、にとの共同出資で 株式会社を設立、に合弁を解消し、会社清算。 またには玩具メーカー・(現・)の系列出版社であったを買収・子会社化している。 2005年には、日本で初めての心理学マガジン『』を創刊。 に大人向けの文庫「」を創刊している。 主催・共催している文学賞 [ ]• ポプラズッコケ文学新人賞 詳細は「」を参照• おいしい文学賞 選考委員• 第1回 応募数252• 受賞作 『母さんは料理がへたすぎる』 白石睦月 *ジャンル:「おいしいもの」と聞いて連想するテーマあるいはモチーフが含まれた短編小説。 ピュアフル小説大賞。 第1回(応募数300)• 大賞 該当作なし• 金賞 『咲久良町シンフォニー』 沖田円• 金賞 『キミの気持ちが分かっても、恋というものは分からない。 』 中山おかめ *ジャンル:日常を舞台にした心をピュアにゆさぶる作品 休止・終了した文学賞 [ ]• ポプラズッコケ文学賞• 第1回• 大賞 該当作品なし• 優秀賞『ジャック&クイーン』荒井寛子• 『ナニワのMANZAIプリンセス』に改題し出版• 第2回• 大賞 該当作品なし• 優秀賞『ネコの声』• 『時間割のむこうがわ』に改題し出版• 第3回• 大賞 該当作品なし• 奨励賞『クレセント・コッペリアと人形たちの教室』相原礼以奈• 相原れいな作『人形たちの教室』として出版。 ポプラ社小説大賞 詳細は「」を参照• 新・『童話の海』 と共催• 第1回 2008年 応募数129• 入選「ガラスケースの蝶」榎本珠樹• 作『転校生とまぼろしの蝶』として出版。 入選「ラスト・ラン」• 『ぼくとあいつのラストラン』に改題し出版。 入選「華花さん」田中良子• 『華花さんのあたらしい家』に改題し出版。 第2回 2009年 応募数168• 入選「りんりんちゃんとダッペルピーポン」• 『リンリンちゃんとワンゴ天才発明会社』に改題し出版。 第3回 2010年 応募数191• 入選「海の指輪」田沢五月• 『ゆびわがくれたプレゼント』に改題し出版。 第4回 2011年 応募数176• 入選「子どもの子どもによる、子どものためのカクモ」かみやとしこ• 『ひま人ヒーローズ』に改題し出版。 第5回 2012年 応募数186• 入選作なし• 第6回 2013年 応募数111• 入選「お昼の放送の時間です」乗松葉子• 第7回 2014年 応募数111• 入選作なし 刊行物 [ ]• - 9月創刊。 主な書籍 [ ]• ・あだちなみ〈〉シリーズ• 『』〈〉シリーズ、〈〉シリーズ• 〈〉シリーズ• 『』第一回ポプラ社小説大賞受賞作品• 〈〉シリーズ• 〈〉シリーズ• 〈美大デビュー〉シリーズ、〈もち・ぽち〉• トロル 〈〉シリーズ• ジェフ・キニー〈〉シリーズ• 〈〉シリーズ• 〈〉シリーズ• 芭蕉みどり〈ティモシーとサラのえほん〉シリーズ• 〈〉シリーズ• 〈〉シリーズ• 〈〉シリーズ• ・『』〈〉シリーズ• 〈〉シリーズ• 〈〉シリーズ コミック本 [ ]• バンジのにゃむにゃむ日記・ジョンイ• 〈〉シリーズ(既刊15巻)• 〈トーマスの知育〉シリーズ(既刊7巻)• 〈〉シリーズ• 〈〉シリーズ(既刊8巻)• 〈〉シリーズ(既刊8巻)• 〈〉シリーズ(既刊10巻)• 〈〉シリーズ(既刊6巻)• 〈〉シリーズ(既刊2巻)• 〈〉シリーズ• 〈キャラクターカード〉シリーズ(プラレールトーマスカード/トーマスストーリーカード) かつて刊行されていたシリーズ [ ]• メディア展開 [ ] 以下の作品は実写化やアニメ化を果たしている。 アニメ化 [ ]• シリーズ(:東映アニメーション、劇場版:) 実写化 [ ]• ポプラ社. 2018年5月1日閲覧。 ポプラ社. 2018年5月1日閲覧。 ポプラ社. 2018年5月1日閲覧。 ポプラ社. 2018年8月28日閲覧。 ポプラ社. 2018年5月1日閲覧。 ポプラ社. 2018年5月1日閲覧。 ポプラ社. 2018年5月2日閲覧。 ポプラ社. 2018年5月1日閲覧。 ポプラ社. 2018年5月2日閲覧。 ポプラ社. 2018年5月1日閲覧。 ポプラ社. 2018年5月6日閲覧。 日本児童文学者協会. 2018年5月1日閲覧。 ポプラ社. 2018年5月1日閲覧。 日本児童文学者協会. 2018年5月1日閲覧。 日本児童文学 2013年11-12月号、小峰書店刊、p93より。 日本児童文学者協会. 2018年5月1日閲覧。 外部リンク [ ]• poplarsha -• - チャンネル この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

キリンビール公式note×ポプラ社×新人作家 異例のチームが作り上げる『うしろむき夕食店』プロジェクト始動!

ポプラ社

「キリンビール公式note」と「ポプラ社一般書通信」、そして7月にデビュー作『縁結びカツサンド』を刊行した新人作家・冬森灯さんが業界を超えたチームを結成。 キリンビール公式noteが大切にする「乾杯の時間」と、ポプラ社が大切にしてき「つながる温かな想い」というテーマを融合させた小説作品を、冬森灯さんが優しく書き上げます。 小説は秋よりキリンビール公式noteで連載し、執筆の裏側をポプラ社noteで公開予定です。 メディアプラットフォーム「note」にて、「キリンビール公式note」と「ポプラ社一般書通信」がコラボした新企画がはじまります。 「キリンビール公式note」と「ポプラ社一般書通信」、そして新人作家の冬森灯さんの三者でチームを結成。 メディアプラットフォーム「note」にて「うしろむき夕食店」プロジェクトをスタートいたします。 コラボ新企画『うしろむき夕食店』プロジェクト概要 キリンビール公式noteが大切にする「乾杯の時間」。 ポプラ社が大切にしてきた「つながる温かな想い」。 その二つのテーマを融合させた小説を、チームで新たに作り上げます。 小説を手掛けるのは、2020年7月に刊行された『縁結びカツサンド』で優しい縁の形を描いた冬森灯さん。 [画像: ] 冬森さんはデビューしたばかりの新人作家ですが、食べものや飲み物の美味しさ、人の心の温かさと機微、それらを書き上げる筆力が高く評価され、今回の抜擢となりました。 また、新しいクリエイターをnoteという場で応援していきたい、というキリンビール公式noteとポプラ社の想いもあり、この三者でのチームが結成されました。 冬森灯さんの描く温かで心においしい小説『うしろむき夕食店』は、秋ごろよりキリンビール公式noteにて発信してまいります。 また、ポプラ社一般書通信では、プロットなどの『うしろむき夕食店』創作裏側を公開していく予定です。 連載スタートまでの過程やインタビューもnoteにて公開し、物語ができるまでの「ドラマ」もリアルタイムで伝えていきたいと考えております。 『縁結びカツサンド』でデビュー。 『縁結びカツサンド』内容紹介 駒込うらら商店街に佇む、昔ながらのパン屋さん「ベーカリー・コテン」。 あんぱん、クリームパン、チョココロネ。 気取っていない顔が並んでいて、見ているだけでほっとするような、そんなお店。 一家で経営してきたコテンの未来を背負うのは、悩める三代目・和久。 商店街が寂れる中で、コテンを継ぐべきか。 「自分なりのパン」を見つけないといけないのではないか。 創業者のじいちゃんが亡くなって、店名の「コテン」の由来もわからない。 日々迷いながらパン生地をこねる和久のもとには、愉快なお客たちがやってくる。 ヒョウ柄のコートを着込む占い師に、就活に落ち続ける学生、肉バカの肉屋の息子。

次の