シャドバ デッキ。 【シャドバ】レガシーデッキのTierと使用デッキまとめ【シャドウバース】

【シャドバ】運命の神々のネクロマンサーの新デッキを3つ紹介!プロの構築を含むミッドレンジ冥府ネクロ、リアニメイトネクロ、自然ネクロのデッキレシピ!デッキコードあり!

シャドバ デッキ

リノセウスでOTK(ワンターンキル)• Xは「自分がこのバトル中に(このカードを含めず)プレイした豪風のリノセウスの枚数」である。 Xが5以上なら、 疾走を持つ。 このデッキのリーサルウェポンは 「豪風のリノセウス」。 以下の点を意識しましょう。 リノセウス召喚• 機械樹の番人(リノ戻す)• リノセウス召喚&進化• ターン終了(リノ手札へ) このような流れでプレイする機会が非常に多いので、覚えておきましょう! ロングゲームを支えるカード! 無窮の輝石・カーバンクル カード 効果 無窮の輝石・カーバンクル 【アクセラレート:2】 カードを1枚引く。 カーバンクルの煌めき1枚をデッキに加える。 自分のPPを2回復。 カーバンクルの煌めき 【スペル】• 自分のリーダーを1回復。 自分のEPを1回復。 カードを1枚引く。 カーバンクルが果たす役割は多岐にわたります。 リーダーの回復• EPの回復• デッキの回復• PPの回復• 手札の補充 EP・ライフ・デッキ・手札を潤してくれるため、 試合が長引いても戦えるようになります。 まさにこのデッキの「心臓」です。 EPの回復は終盤になればなるほど威力を発揮しますね。 リノセウスに進化をきることで、また手札に帰ってきてくれるのもポイントです。 後攻4ターン目に進化して最優先でプレイしたいカードとなります! 不殺の円陣 カード 効果 不殺の円陣 【アミュレット】 カウントダウン:1 このアミュレットが場にある限り、自分のリーダーへの6以上のダメージは5になる。 ファンファーレ:カードを2枚引く。 「不殺の円陣」の役割は以下の通りです。 相手のリーサルを防ぐ• 手札補充 例えば敵のリノ連打、育ちきったギンセツなどの ダメージを5にまで落としてくれます。 1ターン生き延びれるかどうかで勝率が大きく異なるため、非常に重要なカードです。 手札補充にもなるので、序盤に重なってしまってもプレイしやすいのがいいですね。 プライマルギガントの運用方法は以下の通りです。 序盤の事故を回避• 終盤で引いてもユニオンバーストが強い• アマツエルフを偽装できる コッコロは2コストで1枚ドローできるため、序盤の 手札事故に対して有効的なカードです。 いわゆる右手力に自信のない方には特におすすめですね! また、 序盤だけでなく終盤になってもユニオンバースト効果でコスト以上の活躍を見込めます。 間違いなく3枚積みされるカードですね。 ちょっとした違いかもしれませんが、2ターン目コッコロという情報だけだと相手からしたらアマツエルフなのかコントロールエルフなのか分かりません。 その後、このフォロワーを手札に戻す。 ファンファーレ:このターン中に(このカードを含めず)カードを4枚以上プレイしていたなら、ランダムな相手のフォロワー1体に4ダメージ。 デッキから任意のタイミングで引き込める• 潜伏・選択不可フォロワーも除去可能 アクティブエルフ・メイの最も魅力的な点は、 潜伏・選択フォロワーに対しても除去が可能となっているところです。 対空射撃では倒せない敵を倒してくれます。 ただし、与えるダメージ先が 完全にランダムなので、対象フォロワーが複数いる場合には注意が必要ですね。 ダメージはフォロワー1体ずつランダムに決まる。 「純真なる弓使い・リノ」の特徴は以下の通りです。 盤面を一掃できるパワーをもっている• 潜伏・選択不可に対応可能• 自身のリノセウスを巻き込まないように注意 アリアの旋風は、 敵の盤面を一掃できるだけのパワーを持っているカードです。 ただし、自分のフォロワーに対してもダメージが飛んでしまうため、カードをプレイする順番には気を付けましょう! リノと同様に、 クオンやギンセツの横展開に対して発動していく使い方が強力です。 プレイ回数を稼げるカード! ナチュラル・マナ カード 効果 ナチュラル・マナ 【スペル】 ナテラの大樹1枚を手札に加える。 5ターン目かそれ以降なら、自分のPPを1回復。 10ターン目かそれ以降なら、カードを2枚引く。 「ナチュラル・マナ」の特徴は以下の通りです。 カード1枚でプレイ枚数を2進められる。 入手したナテラの大樹を抱えておくことで、好きなときに0コストでプレイ枚数を進められる。 リーダーを2回復できる 荒野の休息は非常に優秀なカードです。 これ1枚で プレイ枚数を2進められるのは非常に大きいのはもちろんのこと、 0コストのカードを抱えておく選択肢があるのが魅力ですね。 このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、さらにフェアリー1枚を手札に加える。

次の

【シャドウバース】自然ドラゴンのローテーション最新デッキレシピ【シャドバ】

シャドバ デッキ

新弾「運命の神々」のローテーション環境の新デッキを3つ紹介します。 ・ミッドレンジ冥府ネクロ ・リアニメイトネクロ ・自然ネクロ 新環境のネクロマンサーは、アルカナゴッド「」がパワーカードで全てのデッキで採用されています。 さらに、レジェンドの「」を始めとして、 葬送とリアニメイトが大幅に強化されており、色々なデッキを組めるので面白いと思います。 ミッドレンジ冥府ネクロ(運命の神々の新デッキ) <> あぐのむ氏(横浜F・マリノス)のミッドレンジ冥府ネクロのデッキレシピです。 前期の冥府ネクロと違って、 盤面を取れるミッドレンジ型の冥府ネクロになっています。 アルカナゴッド「」が非常に強力で、盤面にフォロワーを展開しながら、葬送と連携の回数も稼ぎ、「」「」の直接召喚を早めることができます。 ミルティオを出す時の葬送やフォロワー展開で墓地が稼げるだけでなく、直接召喚したフォロワーも墓地に貢献するので、 盤面を強くしながら「冥府への道()」の完成に近づくことが可能です。 葬送関連の新カードとして「」「」「」も採用されていますね。 冥府ネクロは盤面が弱かったという欠点が新カードの追加で克服され、 新環境で非常に有力なデッキタイプになっているようです。 リアニメイト10を持つ「」「」が採用されています。 葬送した「」をリアニメイトして、さらに「デッドメタルスター」のリアニメイト8で「」を出す動きが強力ですね。 「」などの葬送カードが増えたことで、「」も使いやすくなりました。 「デッドメタルスター」を葬送できない場合でも、 「征伐の死帝」を「フェイタルオーダー」でリアニメイトする動きが強いですし、その「征伐の死帝」は直接召喚から持ってくることができます。 「」「」「」など前述のミッドレンジ冥府ネクロと共通する新カードも多いですね。 まぁまぁ勝ててめっちゃ楽しい葬送ネクロ tier1にはならないけど使ってて楽しいのでお勧め — keisuke3 keisukeniko 自然ネクロ(運命の神々の新デッキ) <> まをう氏の自然ネクロのデッキレシピです。 運命の神々の新カードは「」が採用されています。 ミルティオのリアニメイトにはランダム性がありますが、3~4コストのフォロワーが「」だけなので、 すべてのパターンで「獣の霊媒師」が確定で出てくるようになっています。 たとえば、リアニメイト4とリアニメイト2のパターンだと、 ・《恋人》・ミルティオの本体 ・獣の霊媒師(3コスト) ・2コストフォロワー(、など) のようにフォロワーが並び、0コストのナテラの大樹を含めて、ラストワードの破壊数を合計4つ稼ぐことが可能です。 このように、 盤面を強くしながらラストワードの破壊数を稼げるのが「《恋人》・ミルティオ」の強さで、さらに墓地を稼ぎながらデッキも掘り進めています。 「」が採用されているので、ミルティオや「」「」などで直接召喚を早め、グレモリーが直接召喚されてからは「」「」でPPを回復しながら強力な動きを実現できます。 (能力による進化はできる) 【ラストワード】カードを2枚引く。 【ファンファーレ】2回葬送したなら、リアニメイトX、リアニメイトY(2回葬送するには、これが場に出たあと、空きが2つ以上必要)XとYは、合計が6になるようにランダムに決まる。 【エンハンス 9】2回葬送するのではなく、進化する。 <進化後> 自分のターン終了時、ランダムな他のフォロワー6体を破壊する。 自分のリーダーの体力が7以上なら、6になるようにダメージを与える。 その後、これを手札に戻す。 ———— 場を離れるときか自分のターン終了時、リッチ1体を出す。

次の

【シャドバ】アンリミテッド最強デッキランキング【シャドウバース】

シャドバ デッキ

新弾「運命の神々」のローテーション環境の新デッキを3つ紹介します。 ・ミッドレンジ冥府ネクロ ・リアニメイトネクロ ・自然ネクロ 新環境のネクロマンサーは、アルカナゴッド「」がパワーカードで全てのデッキで採用されています。 さらに、レジェンドの「」を始めとして、 葬送とリアニメイトが大幅に強化されており、色々なデッキを組めるので面白いと思います。 ミッドレンジ冥府ネクロ(運命の神々の新デッキ) <> あぐのむ氏(横浜F・マリノス)のミッドレンジ冥府ネクロのデッキレシピです。 前期の冥府ネクロと違って、 盤面を取れるミッドレンジ型の冥府ネクロになっています。 アルカナゴッド「」が非常に強力で、盤面にフォロワーを展開しながら、葬送と連携の回数も稼ぎ、「」「」の直接召喚を早めることができます。 ミルティオを出す時の葬送やフォロワー展開で墓地が稼げるだけでなく、直接召喚したフォロワーも墓地に貢献するので、 盤面を強くしながら「冥府への道()」の完成に近づくことが可能です。 葬送関連の新カードとして「」「」「」も採用されていますね。 冥府ネクロは盤面が弱かったという欠点が新カードの追加で克服され、 新環境で非常に有力なデッキタイプになっているようです。 リアニメイト10を持つ「」「」が採用されています。 葬送した「」をリアニメイトして、さらに「デッドメタルスター」のリアニメイト8で「」を出す動きが強力ですね。 「」などの葬送カードが増えたことで、「」も使いやすくなりました。 「デッドメタルスター」を葬送できない場合でも、 「征伐の死帝」を「フェイタルオーダー」でリアニメイトする動きが強いですし、その「征伐の死帝」は直接召喚から持ってくることができます。 「」「」「」など前述のミッドレンジ冥府ネクロと共通する新カードも多いですね。 まぁまぁ勝ててめっちゃ楽しい葬送ネクロ tier1にはならないけど使ってて楽しいのでお勧め — keisuke3 keisukeniko 自然ネクロ(運命の神々の新デッキ) <> まをう氏の自然ネクロのデッキレシピです。 運命の神々の新カードは「」が採用されています。 ミルティオのリアニメイトにはランダム性がありますが、3~4コストのフォロワーが「」だけなので、 すべてのパターンで「獣の霊媒師」が確定で出てくるようになっています。 たとえば、リアニメイト4とリアニメイト2のパターンだと、 ・《恋人》・ミルティオの本体 ・獣の霊媒師(3コスト) ・2コストフォロワー(、など) のようにフォロワーが並び、0コストのナテラの大樹を含めて、ラストワードの破壊数を合計4つ稼ぐことが可能です。 このように、 盤面を強くしながらラストワードの破壊数を稼げるのが「《恋人》・ミルティオ」の強さで、さらに墓地を稼ぎながらデッキも掘り進めています。 「」が採用されているので、ミルティオや「」「」などで直接召喚を早め、グレモリーが直接召喚されてからは「」「」でPPを回復しながら強力な動きを実現できます。 (能力による進化はできる) 【ラストワード】カードを2枚引く。 【ファンファーレ】2回葬送したなら、リアニメイトX、リアニメイトY(2回葬送するには、これが場に出たあと、空きが2つ以上必要)XとYは、合計が6になるようにランダムに決まる。 【エンハンス 9】2回葬送するのではなく、進化する。 <進化後> 自分のターン終了時、ランダムな他のフォロワー6体を破壊する。 自分のリーダーの体力が7以上なら、6になるようにダメージを与える。 その後、これを手札に戻す。 ———— 場を離れるときか自分のターン終了時、リッチ1体を出す。

次の