グラブル 終末 武器 光。 【グラブル】終末の神器光グローリーでアルバハHL・高火力ながら危険な部分も

【グラブル】終末武器の仕様・必要素材と各ペンデュラムの効果まとめ|こーひーのグラブル攻略ガイド

グラブル 終末 武器 光

4凸スキルLv15のリヴァ短剣を選択しても成功率は60%止まり。 スキルLv1のSSR武器1本だと4%なので、成功率を100%にする為にはSSR武器のスキルLvの合計が 25必要になる計算になります。 R武器を1本入れると100%になりました。 スポンサーリンク 終末武器の第三スキル 終末武器の第三スキルは4種類ありますが、現状では渾身(強壮のペンデュラム)と進境(隆盛のペンデュラム)の2つが強い模様。 計算機で比較 スキルを付ける前に計算機で比較してみました。 進境と渾身の比較に関しては、最大時の比較だと進境>渾身になりました。 メイン装備時の奥義追撃分を考慮しない比較でも進境(最大時)が上になったのは予想外。 ただし初速はかなり落ちるので(スキル無し時との比較)短期戦だとちょっと厳しいかな。 エデン5本 エデンの本数が増えると絶対否定渾身と永遠拒絶渾身の差が広がるという結果が出ました。 エデン3本 エデン3本だと第三スキル渾身の絶対否定の剣が一番数値が高くなりました。 ゼウスマンの一番のイキリ場もとい活躍場所であるツイつよばはは長期戦になることが多く、エデンも4本あるので絶対否定に進境スキルを付けようかなと思います。 進境スキルのダメージ比較 進境スキルを付けたのでターンごとのダメージ比較をしてみました。 しかもこれは単発の差かつ奥義追撃(メイン装備時)の分が計算に入っていないのでそれらを全て含めると非常に大きな差となります。 ちなみに奥義追撃を含めるとこんな感じ。 この追撃(15%)は奥義発動ターンを含めて4ターン持続します。 このダメージの差は終末4凸と5凸の差という風に見ることもできそう。 4凸時点でも終末武器は非常に優秀ですけど、5凸して第三スキルを付けるととんでもない武器になりますね。 ルシファーHはかなりきついマルチだったけど、5凸終末は苦労に見合うだけの性能だったので頑張って作って本当によかったと思います。

次の

【終末武器】永遠拒絶の太刀作製と永遠拒絶の剣4凸+ペンデュラム完成【グラブル】

グラブル 終末 武器 光

この辺りで可能なら武勲交換でシュヴァ剣を交換して1本目を作成しておきたいですね。 方陣枠以外は サイドストーリー「どうして空は蒼いのか」でSSRバハ武器入手、「失楽園」クリア後に天司武器作成までを目標に進めましょう。 できればこの段階で武勲交換によってシュヴァ剣4凸1本目完成を目指したいところ。 メインクエストを「境界の世界」まで進めて天司武器のSSR化も最優先で進めたいですね。 EX枠の理想は六道武器。 ただ、六道武器は撃滅戦限定武器なので手持ちに無ければ黄龍拳など所持しているEX攻刃武器を編成しましょう。 シュヴァ銃の最終解放はシュヴァ剣の集まり方に応じて進めたいですね。 ただしここから先はシュヴァ剣4凸ができ次第銃と入れ替えていくことになるため、 最終的に銃は全て編成から外れるという点は頭にいれておく必要があります。 EX攻刃枠でゼノコロ武器が不足している場合は、最終済みの黄龍拳などで補うのが良いかと思います。 オメガ武器の枠は編成キャラや上限枠が必要かどうかで、ゼノコロ剣2本目と入れ替えも選択肢となります。 また5凸段階まで強化を終えた場合は、更に加護対象となる第3スキルを追加できるため編成から外れることはなくなる。 コスモス武器の4凸実装でダメ上限UP要素も確保可能に。 オメガ武器は編成キャラ次第でEX武器と入れ替える枠です。 クリュサオル等の短期戦では次のメタ弓入り編成が候補となります。 元々メタ弓は2本まで採用していましたが、コスモス武器が4凸実装により上限も確保できる性能となった関係で1本分入れ替えとなっています。 オルテミスの本数を増やした背水特化もありですが、シュバ剣を2,3本採用して最大HPを確保したほうが強敵相手でも安定して立ち回れるためオススメです。 EX枠としては最優先起用候補となる。 所持しているならメイン武器の筆頭候補。 クリュサオル運用時のメイン武器候補。 追加スキルに魔獄を付与することで、 奥義に発生する追加ダメージが強力。 四天刃と比べTA率は上げられないが、効果ターンの長さと属性攻撃UPがある点が優秀。 PTの得意武器を揃えられるならメイン武器の選択肢。 武器種剣の本数が増えやすく、4凸コスモス剣との相性も良い。 SSRマグナ運用ができるようになるまでは、サイドストーリー武器やガチャ武器など、通常攻刃で埋めた編成を作ることになる。 攻刃はシュヴァ剣を含めて3種類あるが、SR方陣攻刃がないこととあわせてマグナ編成が進みづらい属性といえる。 また44章クリアで解禁される「アーカルムの転世」でも光方陣武器入手できるので、うまく3凸できたら繋ぎで編成しておきましょう。 3:SSR通常攻刃はサイドストーリーで収集 ストーリー20章クリアで追加されるサイドストーリー『魔ガ散ルトキ、彼ハ』『神境にて辿る跡』『ロボミ』で それぞれ光SSR攻刃 大 武器が入手できる。 サイドストーリーに挑戦可能になったら、これらを集めて編成の下地を作っていこう。 強力な武器「シュヴァ剣」を収集 1:通常攻刃と方陣攻刃を同時に持つ武器 シュヴァ剣 シュヴァリエソード・マグナ は最終解放後、Lv120で通常攻刃を習得し、 通常攻刃と方陣攻刃が同時についている強力な武器で、最大6本まで編成に入る。 2:武勲での交換制限に注意 それだけ強力な武器であるシュヴァ剣だが、 武勲での交換には10本という上限が設けられている 2020年5月時点。 月4本交換できる他のSSR武器とは違い、10本交換したら在庫は復活しないため、それ以降はドロップで集める必要がある。 3:ドロップ率もかなり低い またシュヴァ剣はドロップ率も マグナ武器で随一と言って良いほど低い。 非常に強力な武器だが、その分収集難易度も高くなっている。 ゼウス編成について 1:ゼウス編成とは 通称神石と言われるSSR召喚石『ゼウス』を使った編成。 無料ガチャなどでどちらかが手に入ったら考え始めるといったレベル感でOKです。 ゼウス編成を目指す場合はこちらを参照 メイン武器の考え方と装備編成 メイン武器の優先度 1. 強力な奥義効果を持った武器を優先 まずは装備できるメイン武器の中で、 奥義効果が優秀な武器があればそれを装備する。 メイン装備時のスキル効果が優秀な武器も含まれる。 次に『もともと編成にある武器』で探す 奥義効果が強力なメイン武器がない場合、次は もともと装備している武器の中でメインで装備できる武器を探すのが良い。 マグナ武器やEX攻刃武器に装備できる武器種があれば理想。 後は『装備できる武器』でOK もし上記ふたつに当てはまる武器がなかった場合は、装備できる武器を探していけばOK。 複数あった場合、より攻撃力が高くなる方を選びたい。 ライターA もちろん育成済みの攻刃があれば優先したいですが、 装備できるなら未育成でも守護でも構いません。 最適なジョブを使えないデメリットの方が大きいです。 中でも短剣武器はメインに持ちやすく、性能面でも末永く使っていけるため、古戦場のタイミングで確保しておくのがオススメ。 方陣・攻刃II 光属性のマグナ攻刃2を持つ装備。 すでにSLvも10まで強化されているので長い間使える。 方陣・攻刃II 光属性のマグナ攻刃。 チュートリアルクリア報酬で1本凸入手可能。 この段階ではまず「チュートリアルクリア報酬」で貰える1本分を編成しよう。 EX攻刃武器 光属性のEX攻刃スキルを持つ武器。 メイン第10章クリアで解禁されるサイドストーリー 「プリコネコラボ」で交換入手可能。 入手できる時期が早く、序盤のEX枠として活躍する。 天光の攻刃 光属性の通常攻刃スキルを持つ杖武器。 メイン第20章で解放されるサイドストーリー「魔ガ散ルトキ、彼ハ」のクリア報酬で3凸入手可能。 天光の攻刃 メイン20章クリアで解放されるサイドストーリー「神境に辿る跡」をクリアで交換できる通常攻刃武器。 こちらは無凸でのトレジャー交換入手となるため編成から外れやすい。 最低限の育成だけして繋ぎとして編成しよう。 天光の攻刃 攻刃スキルの格闘武器。 メイン28章クリアで解放されるサイドストーリー「ロボミ」をクリア報酬で3凸入手可能。 方陣・攻刃II シュヴァ銃よりは攻撃力が低いがスキルは同じため、繋ぎの武器として役立つ。 方陣・神威 4凸Lv120まで育成できれば理想武器となるが、この段階ではまだ考慮に入れなくて良い武器。 天司武器 対闇属性の理想編成に必ず入る武器。 ここからSSR化を目指して強化をすすめていこう。 通常攻刃 天光の攻刃 装備が育つにつれて減らしていくべき枠。 主にメイン武器用として確保する枠となる。 EX攻刃 光属性のEX攻刃スキルを持つ武器。 メイン第10章クリアで解禁されるサイドストーリー 「プリコネコラボ」で交換入手可能。 最終解放も実装済みのため、真化六道武器入手までの繋ぎとして役立つ。 UNK・ATK II等 EX攻刃スキル持ちの格闘武器。 16章クリアで挑戦できるサイドストーリー『交差する運命の物語』のトレジャー交換で入手可能。 バハ武器 強力な通常攻刃枠であるバハムート武器。 メイン54章クリアで解禁される「どうして空は蒼いのか」を進めてSSR段階を入手しよう。 ステータスが高いためシュヴァ琴よりも優先的に編成に入る。 方陣・神威 最終的に理想編成のベースとなる武器。 4凸を目標にして入手する度に上限解放して強化していこう。 EX攻刃武器 SSRのEX攻刃は2枠を用意。 編成優先度は六道武器>4凸EX攻刃武器>3凸EX攻刃武器となるので、手持ちで準備できるものを編成しよう。 天司武器 最終的に対闇属性の理想編成に必ず入る武器。 SSR化を目指して強化をすすめていく段階。 天光の攻刃 通常攻刃枠はほぼメイン武器用の枠となる。 使用頻度の高い四天刃を握るのがスタンダード。 様々な属性の編成で使える武器なので、この段階ではスキル10を目指して強化していこう。 ただしシュヴァ剣の収集にはかなりの時間と労力がかかるため、 火力強化を考えるなら集まるまでの繋ぎとしてシュヴァ銃4凸を作成していくことになる。 シュヴァ銃を4凸する際の注意点 重要 シュヴァ銃4凸を作成する場合、光エレメントの所持数に注意。 シュヴァ剣の4凸に使う素材が不足すると本末転倒になるため、 各エレメントに余裕が無ければシュヴァ銃は3凸で留めて、シュヴァ剣収集に注力していこう。 ライターA 光エレメントだけでなく、シュヴァ銃の4凸に使用する銃エレメントは他属性でも大量に必要となる素材です。 また シュヴァ剣が揃うごとに育成したシュヴァ銃が抜けてしまうのもつらい点ですね。 繋ぎ期間としてシュヴァ銃を育成した方が段階的には強くなれますが自分の手持ち素材と要相談といったところ。 編成候補となる主な装備と解説 方陣・神威 優秀な2種のスキルを持つ、マグナ武器の中でも特に強力な武器。 4凸すれば理想編成でも最大6本に入るが、収集が非常に難しいため完成まではシュヴァ銃で繋ぐことになる。 編成に入る前提条件が4凸Lv120以上と厳しいため、編成候補に入るのはこの段階から。 方陣・攻刃II シュヴァ剣が揃うまでの繋ぎという立ち位置。 ただし、シュヴァ剣の収集には時間がかかるため、長期的に使用することになる。 スキルが攻刃IIと十分優秀なのでなるべく育成しておきたい。 マグナ編成でもメイン武器として恩恵が大きい。 ゼノコロ剣とはATK100の微差のため、作成しやすい銃と剣を1本ずつ作成する形で問題ない。 また、メイン装備時のアビダメ性能UPや奥義で追加ダメを狙えるので、メカニックのメイン武器としても優秀。 EX攻刃 特大 ATKはゼノコロ銃の方が高いが、それほど大きな差はないため銃1本剣1本の計2本でOK。 メイン装備時に発動する全体渾身が強力なので、剣ジョブのメイン武器としても役立てる性能。 EX攻刃 大 闇ダメ軽減 こちらはコロゥ剣と比べてEX攻刃 大 だが、Slv20まで上げれば効果量はEX攻刃 特大 Slv15より2%低い21%で、ATKはこちらが上回っているため コロゥ剣と火力面でそこまで大きな差はない。 加えて最大17. 5%もの闇ダメ軽減スキルが優秀なので、ダメージ軽減が必要な状況なら優先的に1本編成しておきたい武器。 天司武器 対闇属性の理想編成に必ず入る武器。 SSR化&Slv10まで強化できれば不動の枠となる。 フツルス化すれば種族縛りも緩和されるため、パーティの種族に応じて作成したい。 理想を考えるならまずはシュヴァ剣5凸を目指す形だが、 かかる労力に比べて得られる恩恵はそこまで大きくないため、目指す場合は覚悟を持って挑もう。 騎解方陣・神威Slv毎の効果量 「ジ・オーダー・グランデ」各難易度の攻略 メタ弓編成の渾身軸も考える この段階でマグナ2武器「メタ弓」を主軸とした渾身編成も目指せる。 HPがほとんど減らない短期戦や奥義周回時などで瞬間火力の高さを求める場合の選択肢となる編成。 編成候補となる主な装備と解説 方陣・神威 2種類の攻刃を持ち、HPに関わらず火力を確保できる優秀な武器。 方陣・渾身 方陣・意志 別枠スキル「渾身」に加えて「技巧」を持つ優秀なスキル構成。 渾身編成であれば1本編成に入ってくるため4凸1本完成を目標にしたい。 方陣攻刃II 方陣背水 攻刃 大 に加えて背水 小 を持つ武器。 ある程度HPを減らせればシュバ剣染めよりも火力を上回るため、中長期戦などで編成候補となれる。 5凸強化でメイン縛りが無くなると、サブ枠では必須級の1本となる。 最終ダメージ1. 23倍が非常に強力なため、闇属性相手なら編成から外れることはない。 5凸解放をすると加護対象の「渾身」や「背水」といった強力なスキルを付与可能。 オメガ武器の上限枠と共存しないので別の上限を設定したい。 ソード・オブ・ コスモス コスモス剣は装備中の剣のステータスを引き上げるスキルを持つ。 光マグナは剣武器が多く、編成に入る場合がある。 4凸後は上限を伸ばせる要素となるので、1本必ず所持しておきたい。 奥義効果が優秀かつ、メイン装備時の渾身スキルが優秀なため、メイン武器として特に強力。 EX攻刃 特大 同じくアストラル武器に次いで優秀なEX攻刃持ちの武器。 メイン装備時のアビダメ性能UPや奥義で追加ダメを狙えるため、メカニックのメイン武器として優秀。 EX攻刃 大 闇属性ダメ軽減 EX攻刃値はゼノ武器より低いものの、 そこまで火力を落とさず闇属性ダメージを最大17. 5%軽減できる武器。 耐久面を優先する場合は起用候補となる。 PT内の得意武器をある程度揃えられるなら連撃率や渾身目当てで起用候補に。 終末武器とは別のスキルを設定しておこう。 ベルセルクと特に相性が良く、 マグナ編成でもメイン武器として有力候補。 メーテラ、ソーンなどの特定キャラを所持しており、専用の編成を組めるなら優秀な武器。 オメガ杖編成でのEX枠で起用候補になる。 ソーンが恩恵を受けられないが、大量の弱体効果を付与できるため与ダメUPの効果を受けやすくなる。

次の

【グラブル】終末の神器光グローリーでアルバハHL・高火力ながら危険な部分も

グラブル 終末 武器 光

ペンデュラム別スキル性能一覧 4凸Lv120で第2スキル付与可能 終末武器を4段階解放してLv120まで強化すると「ペンデュラム」を消費して第2スキルを付与できる。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 ペンデュラムによって力を得る。 スキル3:『福音の導き』 福音を齎す進化の象徴。 ペンデュラムによって力を得る。 第2スキルの素材も『ダークネス・マテリアル5個』のため、まずはルシファーNを周回して各素材を集めよう。 天上征伐戦や栄誉交換でも入手は可能 「終末の暗晶」は栄誉交換、各属性の「恩寵」は天上征伐戦で入手可能。 ただし 必要な栄誉の多さや征伐戦では久遠や金剛晶など他に優先したいアイテムがあるため、なるべくルシファーHARDで素材を集めたい。

次の