電報郵便局。 即日配達電報 お悔やみの弔電 お祝い 結婚式の祝電 ・各社携帯からも

弔電・お悔やみ電報》文例・例文・打ち方・宛名・差出人・郵便局・電話番号

電報郵便局

クレジットカードでの支払いができないことに注意が必要です。 土日でも窓口から送ることはできる? お悔やみごとは予期しない場合の対応が必要なことが多いですよね。 土日祝日を問わず弔電を送りたい場合もあろうかと思います。 こんな場合、 窓口での弔電受付が対応してくれるのか気になるところですが、 土日祝日でも郵便窓口が営業していれば 送ることができます。 (レタックスの受付も配達も行なっています。 ) 土日祝日を含めた窓口営業時間については、から確認できます。 検索で絞り込んでいくと、こんな感じで店舗ごとの詳しい営業時間がわかりますよ。 なお、 当日配達が何時までなら間に合うのか、この記事の一番最後で紹介させてもらっています。 Webから申し込む インターネットから申し込む場合は、 Webゆうびん に登録する必要があります。 登録は無料ですし、 レタックス以外にも ・Webレター ・Web速達 が利用できるので登録しておくといいですね。 料金の支払い方法は、 当日配達でも間に合うのか すでに、土日祝日でもレタックスサービスは利用できるのか? についてはお答えしたところですが、 お悔やみごとでは、急な対応が求められることからすると、 当日配達は何時までに申し込めば可能なのか? についても気になるところですよね。 結論から言いますと、 15:30までの申し込みがリミット (一部例外あり) になります。 細かくは、 地域によって、 ・13:30までの申し込み ・当日配達にそもそも対応していない という場合がありますので、 念のため、お送り先の郵便番号から事前に調べておくといいと思います。 こちらの画像のように、 郵便番号の上2桁から細かく分岐した整理表で確認できますよ。 なお、 申し込みの翌日から10日以内なら、 配達日指定と配達時間帯希望が可能 (ただし、希望できる時間帯は午前か午後のみ) です。

次の

弔電・お悔やみ電報》文例・例文・打ち方・宛名・差出人・郵便局・電話番号

電報郵便局

スポンサーリンク レタックスとは レタックス(英語表記:letax) ウィキペディア(Wikipedia)でレタックスは次のように記述されています。 レタックスとは、日本郵便の郵便サービスの一つ。 郵政省が1981年に開始した郵便サービスの商品名であり、法令上では電子郵便と呼ばれる。 出典: レタックスが日本郵便の郵便サービスであることがわかります。 具体的に説明すると、 レタックスとは 電報サービスのように、 お祝いや悔やみの電報を送ることができる日本郵便の郵便サービスということです。 そのため、 「レタックスは電報なのか?」と勘違いされやすいです。 レタックスのことを知っている方でも、 「レタックス=電報」と思っている方は多いようです。 電報について 電報とは、電信を用いた文書の配達サービスのことです。 電信とは電気通信のことで、お金を振り込むのと仕組みは同じです。 普段皆さんが行っている「お金の振り込み」は、一般的に電信で行われています。 振り込みの「お金」部分を「メッセージ」に置き換えるとわかりやすいのではないかと思います。 レタックスと電報の違い 「レタックス=電報」と思っている方は多いのではないでしょうか。 レタックスは「電報のように」利用することができるサービス(日本郵便の商品)ですが、正確には電報ではありません。 ココがポイント! レタックスは電報のように祝電や弔電を速達で送ることができる! 東大の合格通知にもレタックスが使われています。 レタックスは電報ではありませんが、 祝電(しゅくでん)や、 弔電(ちょうでん)のようにメッセージを送ることができます。 レタックスの名前の意味(由来)、電報ではないということ、電報との違いに関しては以下をご覧ください。 「レタックス」という名称は「レター(letter)」と「ファクス(fax)」の合成語(Letax)からきている。 もともとは局内ファクシミリを用いて文面を送受信していたからである。 現在では、 NTTグループの電報のように冠婚葬祭などに用いられている。 電報との違いは、ファクシミリで書面を画像情報としてやりとりするため、直筆のメッセージやイラストが送れることであり、電報との競合サービスとなっている。 出典: ・レタックスの名前の由来は「レター」と「ファックス」をあわせた合成語 ・レタックスはもともとはFAXを利用して文面を郵便局内で送受信する目的だった ということがわかります。 そして、 赤文字部分と 青文字部分に注目ください。 「電報のように」と記述されていることから、電報とは別物だということがわかります。 電報との違い部分を簡単に説明すると、次のとおりです。 画像・写真やイラストを送れるか、送れないか お気に入りの写真やイラストもメッセージと一緒に送ることができるのは、レタックスだけでした。 ですが、現在では電報サービス「」が「画像登録サービス」を開始しています。 参考までに以下、 レタックスとe-denpoの仕様比較になります。 Web(インターネット)申し込みと他の申し込み方法を比較すると、およそ 100円ほどWebのほうが安くなります。 Webの場合、24時間365日申し込み可能なので時間帯を気にせず申し込むことができます。 一般的な電報サービスでは、文字数で料金の変動することがあります(文字料金がない電報業者もある)。 例えば、 NTTの電報サービスは文字数が増えるほど料金が高くなるシステムです(以下表を参考)。 一方、レタックスは 「文字数に制限がなく、伝えたい言葉を届けることができる」ので、文字数を気にする必要がありません。 例)5,062円と表示されている場合 「台紙・メッセージ・配達料・消費税」が含まれて5,062円ということです。 ちなみに、「Webレタックス」「窓口での申し込み」は共通して、一度申し込みするとキャンセル(取り消し)できません。 また、各お申し込みに共通して、通信文用紙が2枚以上となる場合は加算料金が必要となります。 加算料金は以下のとおりです。 Web申し込みと、ほかの申し込み方法では加算料金が異なります。 白黒・カラー、どちらも印刷可能ですが、 カラーの場合は1枚ごとに51円プラスされます。 加算料金についても頭に入れておきましょう。 レタックスの台紙 お祝いの祝電や、お悔やみの弔電として、電報サービスと同様のシーンで利用することができます。 レタックスが利用できるお祝いシーン 結婚式 祝賀パーティ 誕生日 出産 合格祝い 入園 入学(入園) 卒業(卒園) 発表会(演奏会) スポーツ大会 開店 竣工 昇進 研修会・就任・退職 選挙 レタックスが利用できるお悔やみシーン お通夜 告別式 葬式(葬儀) 法事 法要 お見舞い 電報サービスと同じように 慶事(お祝い)や 弔事(お悔やみ)シーンでレタックスを利用することが可能です。 一番高いものは、うるし風の台紙で 5,062円(税込)となっています。 台紙のデザインや種類はお祝い用・お悔やみ用で変わってきますが、料金は同じです。 (文例とは、シーン別に用意されている文章テンプレート・ひな形のこと) 文例のジャンル一覧 結婚 結婚記念日 出産 誕生日 年賀 成人式 七五三 母の日・父の日 敬老の日 長寿の祝い 合格・卒業・入園・入学 就職 就任・栄転 創立・創業記念・開店 新築・落成 叙勲 入選・入賞・受賞・優勝 当選 大会・式典 激励 スポーツ応援 お見舞い お礼 弔慰 上記表のように、様々なジャンルから文例を選ぶことができます。 例えば、ジャンルの「結婚」を選択すると、定型文の形になっている文例が表示されます。 レタックス利用時の宛名の書き方なども、一般的な電報サービス同様です。 自筆でレタックス専用の用紙にメッセージを書く場合でも、ジャンル別で数多くの例文を参考にすることができます。 例)弔電の文例 お祝いの文例だけでなく、葬式などの弔慰用だけでも19の文例があります。 レタックスのメリット レタックスは、低料金、文例が豊富などいくつかメリットがあります。 その中でも特筆すべきメリットは以下の2点です。 ・かんたんフォトフレーム ・無料追跡サービス 「かんたんフォトフレーム」というオプションを使うと、パソコンやスマホ内に保存されている画像・写真を使うことができます。 次に、「無料追跡サービス」ですが、郵便局ならではのサービスだと言えます。 ・台紙の種類が少ない 一般的に電報を送る場合、先方をイメージしたデザインや色など考えます。 そのため、 台紙の種類が少ないと、なかなか自身の思うイメージで送ることができない場合があるかもしれません。 電報の業者によっては、ぬいぐるみ・ドラえもんなどのキャラクター電報として台紙のバリエーションが豊富です。 そういった点を考えると、台紙の種類が少ないというのはデメリットに挙げられると思います。 よくある質問 レタックスのサービスについて、よくある質問をいくつかピックアップしてみました。 申し込みや利用する前に確認しておくことをオススメします。 いつから注文できる? 申し込みの翌日から10日以内であれば、配達日の指定と配達時間帯の希望が可能です。 「何日前から注文できるのか?」と気になる方は、 「配達希望日の10日前から受け付けている」と覚えておくとよいでしょう。 お悔やみのレタックスはいつまでに送ればいい? お通夜の日までに届くように送るのがよいでしょう。 土日祝日(休日)でも配達されるの? Webレタックスは土日祝日でも配達されます。 ほか、レタックスの仕様に関して箇条書きでまとめると、以下のとおりです。 それでは、引き続き読み進めていただければと思います。 レタックスの送り方 前述したように、レタックスを送るにあたって申し込み方法はいくつかあります。 お申し込みの前に 郵便局への電話による申し込みは、事前に差出しを希望する取扱郵便局に専用の承認請求書を提出が必要です。 FAXでの申し込みは、原稿とレタックス差出票を承認(電話申し込み同様)を受けた郵便局宛てに送信する形です。 また、お支払い方法が料金後納に限られ、事前に郵便局で料金後納承認請求手続きが必要となります。 電話やFAXでの申し込みは、方法として一般的とはいえません。 ポストに投函して申し込む形は、封筒に料金相当分の切手は貼ることになるため、金額間違いの場合には手間となってしまいます。 一般的な申し込み方法として「 Web申し込み」または 「郵便局の窓口で申し込み」どちらかの方法がオススメです。 「料金後納」を希望される場合、事前に郵便局で料金後納承認請求手続が必要となります。 決済方法(お支払い方法)をクレジットカードまたは料金後納、どちらかを選択し、「クレジットカード決済」「料金後納」いずれかのボタンを押してお進みください。 Webレタックスの「かんたん作成」と「こだわり作成」 Webレタックスで送る際、 「かんたん作成」または 「こだわり作成」いずれかの形式で申し込むことができます。 「かんたん作成」 用途・台紙を選択し、メッセージの文例を選ぶだけでレタックスとして送る本文が作成できます。 ここでは「かんたん作成」をシミュレーション図解しましたので、以下ご覧ください。 「かんたん作成」シミュレーション図解• このように、「かんたん作成」は文字通りかんたんにレタックスが作成できます。 以前は「レタックス作成ソフト」という簡易作成ソフトをダウンロードしたり、エクセルやワードで作成して印刷される方もいらっしゃったようです。 Webレタックスが登場してからは、かんたんに作成できるようになっています。 Webレタックス「かんたん作成」で申し込みすると、文字数制限無しで512円から今すぐかんたんに送ることができる! 郵便局の窓口での申し込み方法 窓口での申し込みはこんな人にオススメ! パソコン操作・入力が苦手な方や、直接郵便局員と相談しながらレタックスを申し込みたい方 「やり方・頼み方がよくわからない」と感じる方は、窓口からの申し込みがよいでしょう。 スポンサーリンク まとめ 日本郵便の商品・レタックスについて紹介しました。 「レタックスって何?」 「電報との違いは?」 と疑問に思われていた方や、レタックスサービスの口コミや評判を気にされていた方の参考になれば幸いです。 最後に要点をおさらいすると、 ・レタックスは電報ではなく、日本郵便による電報のようなサービス ・祝電や弔電のようにメッセージ(画像、写真も)送ることができ、料金体系も比較的安い ・Webレタックスで申し込みすると、文字数制限無しで512円から(web以外は592円)今すぐかんたんに送ることができる ・無料の配達追跡サービスは郵便局ならでは ・郵便局窓口での申し込みは高齢者の方にも優しい(不明点など郵便局員の方に直接聞けるため) お祝い・お悔やみ、どちらのシーンでも「思いを伝える」という目的ではレタックスも電報も同じです。 今回の記事で何度か「弔電」について出てきましたが、以下の記事で詳しくまとめています。 是非あわせてご覧ください。

次の

郵便局のレタックスとは?電報との違いや送り方、文例や書き方を徹底解説!

電報郵便局

郵便局で結婚式の電報を送るには 電報を送る場合、相手に向けての文章が必要になります。 奥ゆかしいしきたりの日本の作法を取り入れて難しく飾る程でなくても、季節に合わせて趣ある文章を添えたいものです。 しかしはじめて送る場合には文章も考えつきません。 そんな方に向けて文章の例文も用意しています。 こうしてまず郵便局では送付する文章を決めます。 そして送付する場所となります。 結婚祝いの場合は結婚式場への送付が通常です。 事前に新婚家庭に送付しておくという手もあります。 送付する場合には最低、この程度が行えるような事前準備が必要になります。 郵便局の電報の送り方 郵便局において送付する場合には、ネットによる方法と窓口での方法があります。 一部、電話でも行っているサービスもありますが、不安な場合は窓口で確認することをおすすめします。 例えば結婚式に向けて送る場合について紹介しましょう。 まずは台紙を選ばなければなりません。 郵便局ではこの台紙も多彩なバリエーションを取り揃えています。 キャラクターものから大人っぽい台紙まで当事者の雰囲気に合わせてチョイスしましょう。 そして送ってもらう文面を決めます。 文面作成に不安なら例文を使う方法もあります。 あとはどこに送るのかを選択すれば終了です。 様々なバリエーションがあるので、どれがいいかと選ぶのも楽しいです。 支払い方法はチョイスした台紙や文面など、内容によって金額が変わりますので、高額になるのが不安な場合は確認してから決定する方が安心です。 郵便局の電報を送ることのメリット 郵便局はいわずもがな、古くから日本全国に手紙や物品を送付することに長けた組織です。 つまり、送付に関しては日本国内でのスペシャリストといえます。 例えば小さな町の結婚式場であっても、送付に心配はありません。 送り先に絶対の自信を持つ頼れる組織であるということが一つ目のメリットです。 そして、電報はどれほど遠くでも当日のうちに、希望する目的の場所に届けることができます。 簡単に説明すれば手紙とは違うものです。 送付者が手書きした書類を送付しているのではなく、送付者が選んだ台紙に、選んだ文章を添付して目的の場所に送付しているのですから、当日中に目的地に到着します。 ということは、急な依頼であっても一定の時間帯の間なら手紙と違い目的地へ送ることができるのです。 こうした多くのメリットがあるところが最大の良さと言えるでしょう。 送り方により料金に違いが!選べる支払い方法 また送付方法について少し紹介しましょう。 当日送付や指定日に送付できることはもちろんです。 それ以外にも配達状況が明確になるような追跡サービスもあるのが郵便局の利点です。 こうしたサービスを展開している一方、台紙なども非常にバリエーション豊かです。 可愛らしい絵柄のカード台紙はもちろんですが、デコレーションされた貰った後も飾っておきたくなるカードや、ぬいぐるみや花束が一緒になったようなものなどもあり、式典に合わせて選ぶことが可能です。 こうして色々と選べると金額も心配ですが、文面とカードのセットにした料金プランを設定している場合もあります。 金額に合わせて内容を検討することも可能なのです。 ただし、文字数には決まりがあります。 決められた文字数を超えると超過金額が掛かりますから注意が必要です。 支払いも現金やクレジットカードなど、便利な支払方法を選べます。 まとめ 贈る時には気持ちを伝えたい相手の笑顔や、お祝いの気持ちを添えてあげることがなによりも大切です。 こうした文化は空気を読むという気質をもつ日本人ならではと言えますが、こうした配慮が送られたときには、その気持ちに心が温かくなり、いつまでも保存していたくなる気持ちになるでしょう。 例文を参考にするのも良いですが、日頃の関係性の中から相手に最もふさわしい言葉をチョイスしてあげることが、なにより素敵な電報と言えるのではないでしょうか。

次の