くらし モア 取扱 店舗。 イズミ/セブン&アイとの提携で、PB「くらしモア」の取扱いに変更なし

店舗一覧

くらし モア 取扱 店舗

第1類医薬品・要指導医薬品取扱い ガスター10、ロキソニンS、リアップ等の「第1類医薬品」と「要指導医薬品」の販売には、薬剤師による情報提供が医薬品医療機器等法(旧薬事法)により義務付けられています。 薬剤師の採用は継続的に実施しておりますが、人数が不足しているため、一部、薬剤師が在籍していない店舗があり、薬剤師不在の店舗では「第1類医薬品」「要指導医薬品」を取り扱っておりません。 また、薬剤師在籍店舗でも、薬剤師が勤務していない曜日・時間帯には「第1類医薬品」「要指導医薬品」の販売を一時休止しております。 お客様にはご不便をおかけし、申し訳ございませんが、状況により別の医薬品をお奨めしたり、「第1類医薬品」「要指導医薬品」の販売が可能な近隣店舗をご紹介するなどの対応をとらせていただいておりますので、ご理解くださいますようお願い申し上げます。 電子マネー取扱い 「おさいふHippo」、クレジットカード、ICチップ系電子マネー、QRコード決済は全店(一部調剤薬局を除く)でご利用いただけます。 【ご利用可能な電子マネー】 ・おさいふHippo ポイントカードと一体となった薬クリエイト独自の電子マネー。 チャージ金額1,000円につき5ポイント進呈。 ・クレジットカード VISA、Master、JCB、オリコ、Nicos、DC、UC、OMC、ダイナース 及びアメリカンエキスプレス ・ICチップ系 交通系 スイカ、パスモ等 、楽天Edy、iD、nanaco、waon、クイックペイ 及び銀聯(デビットカード) 注1:チャージはできません。 注2:Cremo横浜ワールドポーターズ店ではnanacoはお使い頂けません。 注3:ウィングキッチン京急蒲田店では、交通系、楽天Edy、銀聯のみご利用 可能です。 ・QRコード決済 Paypay、LINEPay、Alipay、WeChat Pay.

次の

【アットホーム】賃貸店舗・貸店舗の物件情報

くらし モア 取扱 店舗

イズミは4月6日、セブン&アイ・ホールディングスとの業務提携の一環として、プライベートブランド商品の取り扱いを検討していることについて、「現時点では、セブンプレミアムの導入を決定していない。 これまで販売しているプライベートブランド『くらしモア』の取扱いに変更はない」とコメントした。 同日、流通ニュースの質問に対して、広報部が答えた。 イズミは、ライフコーポレーション、平和堂、オークワ、コープこうべ、コープさっぽろなど全国の19社が加盟するニチリウグループの主要企業の一つとなっている。 <ニチリウグループ> 現在、プライベートブランド商品は、ニチリウグループが提供する「くらしモア」を中心に展開し、一部、メーカーがイズミ向けに生産する留め型商品を販売している。 広報部によると、「現時点では、セブンプレミアムの導入を検討している段階で、具体的な取り扱いは未定だ」という。 提携のきっかけは、イズミの創業期に創業者である山西義政氏が、イトーヨーカ堂の創業者である伊藤雅俊氏に総合スーパーの運営手法を学びにいったことまでさかのぼる。 店舗展開地域が、中国地方と関東地方と両社で異なることもあり、創業期からこれまで情報交換を重ねていた。 セブン&アイ・ホールディングス傘下の赤ちゃん本舗が、イズミの展開するショッピングセンター「ゆめタウン」に出店する一方で、イズミが展開するインポートブランドセレクトショップ「エクセル」がセブン&アイグループの開発したSC「プライムツリー赤池」に出店するなど交流を重ねていた。 2017年2月28日に、「イトーヨーカドー岡山店」が閉店した際に、広島県福山市にある「イトーヨーカドー福山店」が、ヨーカドー展開エリアとして飛び地となることから、イズミが店舗運営で支援を申し出た。 ヨーカドー福山店の支援を中心とした話し合いが拡大し、電子マネーの相互利用やプライベートブランド商品の取り扱いを検討する業務提携まで発展したという。

次の

くらしモア25th ニコニコ感謝フェア

くらし モア 取扱 店舗

「」では、これまで販売してきたのプライベートブランド商品「 くらしモア」の取り扱いを、2月20日で終了しました。 親会社の「」がニチリウグループを脱退したことによるもので、 今後は所属するセブン&アイホールディングスのプライベートブランド「 セブンプレミアム」の取り扱いに、3月2日 月 から順次切り替えていくそうです。 「ゆめタウン丸亀」店頭にも、「くらしモア」の取り扱いを終える旨の表示がありました。 セブンプレミアムとは? セブンプレミアムは、セブン&アイグループ独自の商品として2007年5月に誕生いたしました。 グループ各社の開発担当者が結集しそれまで価格中心に作られることが多かったプライベートブランドの常識をくつがえし、お客様に提供する価値を重視した安全・安心な「プライドブランド」です。 生活を「より豊かに・楽しく・便利に」することを目標に、たった49アイテムからスタートしたセブンプレミアムは、多くのお客様に支えられ、現在では4つのブランドに4000以上のアイテムをそろえるまでに成長いたしました。 発売開始から12年。 多様化するお客様の生活を見つめ、その声に耳を澄ませ、価値ある商品をお届けする姿勢は、今も変わりません。 手ごろな価格で美味しい商品を幅広く取り揃え、お子様からお年寄りまで、広くご満足いただける食品メニューから、女性の社会進出や高齢化など、多様化する生活のニーズにきめ細かく応える暮らしの品まで。 セブンプレミアムは、あなたの暮らしを応援します。 引用:.

次の