社会 福祉 士。 社会福祉士に独学合格する勉強法!学習スケジュール計画を最初に決めることが大切!

社会福祉士とは

社会 福祉 士

まずは、社会福祉士試験に独学で合格するために大切なポイントを押さえておきましょう。 重視したいのは、3つのポイントです。 合格ラインを理解すること 社会福祉士試験の合格を目指すなら、勉強を始める前に合格ラインを把握しておく必要があります。 どのくらい得点すれば合格できるのか、科目ごとに取らなければならない得点はあるのかなどを知らないで試験にチャレンジするのは無謀です。 社会福祉士試験では、年度によっての調整もありますが 基本的には合格基準が全体の60%の得点となっています。 例えば第30回の試験では、総得点が150点満点で得点99点以上の者が合格とされました。 このときは、9点程度が補正になったわけです。 150問の出題で配点は1問1点です。 出題される科目群は19もあり、全ての科目において1問以上は正解しなければ合格できません。 そのため、ま るごと捨ててよい科目はないのに注意です。 基礎知識と事例の勉強を優先すべし! 第30回の社会福祉士試験では、 共通科目から83問、専門科目から67問出題されています。 5肢2択形式の問題が、全体の1割弱出題されているのは厄介です。 共通科目では基本的な知識を問う問題が多かったものの、科目をまたいで出題される傾向は毎年あります。 事例問題が増加傾向にある点も見逃せません。 社会福祉士試験は難易度が高いわけではないものの、 基礎知識がしっかり備わっていないと対応できない問題が多くなっています。 解きにくいと感じる問題でも、 基礎力がきちんとしていれば正解できるでしょう。 社会福祉士試験では、不得意科目があってもその科目を得点ゼロにするわけにいきません。 その意味でも、 苦手な科目の基礎を確実にしておく必要があります。 学習スケジュールの計画を立てること! 社会福祉士試験は、 19科目群と幅広い範囲から出題されるのがネックです。 苦手な科目も複数出てくるかもしれません。 社会福祉士試験は、全科目において1問以上正解しないと合格できないため、 全科目群においてまんべんなく学習しながら得意科目を伸ばして全体の得点を上げる対策をする必要があります。 そのためには、学習スケジュールを事前に立てておくことが大切です。 社会福祉士試験に合格するためにはどのくらいの勉強時間が必要か、その勉強時間をこなすためにはどのくらいの期間が必要になるかを考えたうえで、学習スケジュールを計画しましょう。 社会福祉士試験に独学合格するためのスケジュール計画の内容 社会福祉士試験に独学合格するためには、スケジュール計画が重要です。 どのくらいの勉強時間が標準的か、試験までどのくらいの準備期間を設けたらよいかなどを調べてみました。 あくまで目安程度に考えてください。 社会福祉士試験合格に必要な勉強時間は「150時間」 社会福祉士試験合格に必要な勉強時間は、 一般に150時間といわれています。 もちろん、人によってこれより少ない時間で合格できるかもしれませんし、その逆もあるでしょう。 150時間はあくまでも目安として、学習スケジュールを組むときに役立ててみてください。 10か月前に勉強を始める場合 社会福祉士試験は10か月前から始めるとスキマ時間を有効活用できます。 150時間分の勉強を10ヶ月でこなすとなると、 1ヶ月で15時間、毎日休みなく勉強するとして1日に30分の勉強が必要になります。 このくらいなら楽勝という人もいれば、働きながらの受験を目指していて30分の勉強時間をとるのも難しいという人もいるでしょう。 スキマ時間を活用すれば、30分の勉強時間をとりやすくなります。 な るべく余裕をたっぷりとって受験勉強を始めたほうが有利です。 ただ、社会福祉士試験の勉強量は、10ヶ月でも勉強足りない人もいますから、 1年かけて勉強するのもありです。 たった1科目で正解できる問題がなかっただけでも、不合格になってしまいます。 集中力を保ち続けることができれば、このくらい勉強時間をかけてもいいくらいです。 半年前から勉強を始める場合 昨年の7月です。 30台後半で若くもないので一日5~6時間前後はやりました。 引用: 社会福祉士試験は出題範囲が広いにもかかわらず、直前になって勉強を始める人が少なくないようです。 半年前に勉強を始めれば 1ヶ月に25時間、1日に1時間程度の勉強でも済むはずですが、実際にはもっと勉強時間をとっている人も少なくありません。 社会福祉士試験の勉強を1日に数時間するのは働きながらでは大変です。 集中力の面でも効率が良いとはいえないため、勉強内容が頭に入りやすいように工夫したほうがよいでしょう。 3か月前から勉強を始める場合 勉強時間としては、1日平均5~6時間程度です。 本格的な勉強を始めたのは、12月からです! 引用: 社会福祉士試験を受ける人の中には、大学などで専門課程をみっちり学んできた人もいます。 それでも 受験対策なしでの合格は難しいのがこの試験の難易度を示していますが、3ヶ月前から勉強を始める人が多いのも事実です。 3ヶ月間で150時間の勉強をこなすとなると、 1ヶ月で50時間、1日で2時間弱の勉強が必要になります。 といっても、実際に2時間程度の勉強で合格している人の声はあまり聞かれません。 これには、効率の良い学習法をとっているかいないかが関係しているでしょう。 3ヶ月間の準備期間は短めですが、 効率的な学習をすることで合格の可能性が出てきます。 社会福祉士試験に独学合格するために動画・音声教材を有効活用すべし! 社会福祉士試験に独学で合格するには、動画や音声による教材が効果的です。 スキマ時間を活用した勉強も可能な教材について紹介します。 ユーキャン 社会福祉士合格指導講座 7ヶ月を標準学習期間とする通信講座です。 5冊のテキストにチェック&ドリルが2冊、問題集とガイドブックが付いた教材に、e-ラーニングや添削課題が加わります。 メールでの質問が無制限なのも頼りになるはずです。 また、他の通信講座に比べて、スクーリングを必要としない点も気軽に受講できます。 料金も他の講座より比較的低料金で済むのが魅力です。 高崎福祉医療カレッジ 社会福祉科短期養成課程 9ヶ月を標準学習期間とする通信講座です。 ユーキャンに比べると、入学資格が細かく設定されているのが特徴です。 また料金も数倍高くなりますが、スクーリングや実習が含まれることを考えると実力がつくのは間違いないでしょう。 教材はテキストでの学習に加えてe-ラーニングも利用可能です。 実習時間は24日間で180時間ありますが、添削課題やメールでの質問ができるのも大学系の通信講座にしては珍しい存在です。 ちなみに大学系の通信講座では他に 聖徳大学の社会福祉コースがありますが、e-ラーニングには対応しておらずスクーリングもあります。 スクーリングがあると、働きながらではなかなか受講が難しくなりやすいのがネックです。 まとめ.

次の

社会福祉士とは?|資格概要・資格取得メリット・資格取得方法などを紹介

社会 福祉 士

苦労して取った社会福祉士の資格・・・・ 取得して良かったと思うことが少なからずあります。 私の実体験をもとにそのベスト5を発表します。 では、まず 第5位の発表 ケアマネの試験を受ける時に科目免除されたこと ケアマネの試験って結構難易度が高いんですけど、社会福祉士の資格があったので、福祉分野の解答が免除されたのはラッキーでした。 今後科目免除は廃止予定 解答免除科目があったおかげで、ケアマネの試験勉強は約3か月で終えることができました。 一回の受験で試験をパスできたのは本当に助かった。 ケアマネの資格は、結局、今のところ使ってないし、いまは更新もしていないので免停状態なんですけど、試験に合格した時の喜びは今も忘れられません。 なんか「もうなんでもできるぞー」みたいな自信がついたのを覚えています。 実際は、そんなことないんですけれどね。 続きましてー 第4位 障害者施設の支援員として採用されたこと 社会福祉士の資格を取ったものの、実は私は、いわゆる就職活動には失敗しまくりました。 何度も面接で落とされましたし、勤め始めたはいいが、1か月で辞めたデイサービスの生活相談員の経験もあります。 大学を卒業した後も、仕事を転々としながら、最終的に落ち着いたのが、いま勤務している障害者支援施設です。 今から、もう8年くらい前のことです。 ここに採用されたのは、社会福祉士の資格があったからだと思っています。 当時、社会福祉士の資格を所有していることは非常に珍しがられましたし、福祉業界の中では高く評価されていました。 もちろん人間性がどう評価されるかについては、資格とは別問題です・・・・・・ いずれにしても、資格のおかげで、私は職にありつくことができた訳です。 これがよかったことです。 ちなみに、資格が給料で評価されていることはありませんでした。 ですが、現在の職場には、社会福祉士の有資格者は、私以外には一人しかいません。 保育士の有資格者は、多いのですが社会福祉士は、圧倒的に少数です。 低い待遇に甘んじてはいても、専門的技術を持っているのだという気持ちになれる・・・ それも資格の効果だと思います。 続いてはー 第3位 連絡調整ができるようになっていたこと 社会福祉士の専門技術の一つに連絡調整業務があります。 一件、バラバラに動いている社会資源を問題解決に向けて働きかけて調整する・・・ こうした業務は、なにも社会福祉士だけがしていることではありませんが、資格を取る過程で自然に上達したと感じています。 社会福祉士の資格を取得するまでに、多くの調整業務があるので、それはきっと役に立つことがあります。 連絡調整は、自分に対しても使える技術です。 ある問題が自分に降りかかったときに、どうそれを解決していくか? これは連絡調整の技術です。 分からないことがあったら調べる。 わかる人に相談する。 そういうフットワークが身についたのは社会福祉士資格のおかげです。 最近、私は身内が交通事故にあって、労災や第三者行為災害などの手続きに関わったのですが、その過程で労基署に書類を取りに行ったり、いろいろ調べものをしたりと貴重な経験をしました。 社会福祉士は法律の専門家ではありませんが、社会資源を活用する意味では、こうしたことも連絡調整の経験になりました。 つまり、生きていく上で、賢く問題解決にアプローチできるようになるという意味で、この資格をとって良かったと思ったのです。 そして 第2位 人生はかけがえがなく、今が貴重だと思えたこと これは、社会福祉士の資格に限らないことかもしれません。 介護福祉士や精神保健福祉士の保有者にも言えることでもあります。 要は、福祉の仕事を通して得た、生き方に関することです。 私は、仕事を通して、重度の障害者や認知症老人などに多く接してきました。 その方たちが、先天的、後天的、事情はさまざまですが、不自由な人生を強いられているところを、まざまざと目の当たりにしてきました。 例えば、重度の身体障害があれば、好きな時に、好きなことをすることはできません。 できたとしても、常に人の介助を必要とします。 健康体の知的障害者であってもかなり制限がかかります。 また、一見裕福な老人であっても、認知症症状が進み、自身の財産は後見人や親族に管理されている人もいます。 あるいは、生活保護を受けているという負い目から、他人の批判ばかりして、自身の心理的負担を紛らわしている老人もたくさん見てきました。 また、先週まで元気だった高齢者が、翌週には誤嚥性肺炎であっという間に亡くなることも幾度となくみてきました。 福祉の仕事を通して得られることは、多いです。 目の前にいる利用者は、将来の自分の姿かもしれないのです。 そう思うと、自分の今という時間がいかに貴重か、そして自分はいかに自由で恵まれているかということが身に染みて分かるのです。 だから・・・・ 今という時間を大切にしよう・・・・ そう思えるようになったことが、社会福祉士の資格を取得して良かったと思うことです。 そして 栄えある 1位の発表です 資格取得の達成感をえられたこと 一言でいうとこれにつきます。 ちょっと自虐的に言うと、自己満足 といってもいいです。 ばかばかしいように聞こえるかもしれませんが、この理由が実は一番良かったと思うことです。 5年という歳月をかけて、社会福祉士の資格を取得するという目的を果たせた・・・・ 1年留年 私の場合、ブラック会社での仕事を捨てて、バイト生活をしながら、ついに目的を達成できたという感銘がありました。 そのことは何よりも満足していますし、良かったと思うことなのであります。 正社員にならなかったことや、社会福祉士資格が金銭面で評価されていないということも帳消です。 この問題には、別途解決方法がありますし、そもそも私が望んでいたことでは、もはやありません。 社会福祉士の資格を取ったことに満足しています。 いまこうして書いているブログも、社会福祉士の資格を取ったからこそできることです。 ブログを書くこと自体は誰にでもできることですが、社会福祉士ドットコムのブログを書けるのは、資格があるからこそです。 今は、ブログを書くことがとても楽しいです。 以上、社会福祉士の資格を取って良かったと思うこと、ベスト5を発表しました。 補足 正社員にならなくて良かったというのは、誤解を招く表記なので説明します。 これは、逆に言えば、福祉業界の正社員になったところで、経済的な豊かさは得られないことを意味しています。 福祉職の公務員は、安定した収入で、かつ民間よりも高収入であるのは確かですが、皆がなれる立場ではありません。 それに、公務員になるために、社会福祉士の資格の有無は問われないのが基本です。 要は、経済的な成功を目指すのであれば、社会福祉士の資格は最もコストパフォーマンスが低いといえることは、残念ですが明記しておくべきでしょう。 それから、自己満足で資格をとったというのも補足が必要かもしれません。 これは、あくまで結果として満足しているということであり、自らの決断が正しかったと判断している状態のことです。 もし、タイムマシンがあって、昔に戻って、もう一度将来の決断をするとしたら、まったく異なる決断をすることになります。 でも、昔には戻れませんし、その時々で、精一杯の決断をしてきたので、今の自己満足があるという訳です。

次の

【最短】社会人が社会福祉士になるには?

社会 福祉 士

社会福祉士は、いわゆる「ソーシャルワーカー」と呼ばれる社会福祉専門職の国家資格です。 身体的・精神的・経済的なハンディキャップのある人から相談を受け、日常生活がスムーズに営めるように支援を行ったり、困っていることを解決できるように支えたりすることが主な仕事となります。 また、他分野の専門職などと連携して包括的に支援を進めたり、社会資源などを開発したりする役割も求められます。 地域を基盤として、さまざまな場所で活躍しています。 1987年の「社会福祉士及び介護福祉士法」制定と同時に誕生し、少子高齢社会がすすみ、さまざまな福祉的課題が注目される現在、社会福祉士への期待はますます高まってきています。 資格を持っている人だけが「社会福祉士」と名乗れますが、業務に関しては資格を持っていない人も行うことが可能です。 医師や看護師などの資格は「業務独占」となります。 仕事の内容は? 社会福祉士の仕事の範囲や対象は多岐にわたります。 お年寄りや身体・知的障害者、ひとり親家庭などの相談にのり、それぞれの状況に応じた支援を行います。 また、行政や医療機関など各関連施設をつなぐ役割も担います。 社会福祉士資格取得者が働く職場としては社会福祉施設等が多く、その他社会福祉協議会、医療機関、行政機関、独立型社会福祉士事務所等が代表的なものです。 地域包括支援センターで働くソーシャルワーカーのある一日 08:30 出勤後、朝礼。 今日は日勤だが、夜間も電話相談を受けるため遅出シフトの日もある。 09:00 巡回入浴を希望しているSさん宅を訪問。 身体状況の確認をして、家族と具体的なスタート時期について打ち合わせをする。 11:00 センター利用希望者からの電話相談を受ける。 デイサービスやショートステイなどの支援サービスから、介護用品や住宅リフォーム、経済的・精神的な悩み事まで、その内容は実にさまざま。 来所をすすめたり、関係機関との調整を行ったりとフレキシブルな対応が求められる。 12:30 昼休み。 自宅が近いので、自転車で帰宅して昼食をとることが多い。 大好きなコーヒーを飲んでホッとひと息。 13:00 市役所にて関係機関との定例連絡会議。 その帰りに、手すりを取り付けたいというOさん宅に寄って打ち合わせ。 16:30 センターに戻って指定契約業者に連絡し、手すり取り付け工事を依頼。 福祉事務所に提出する公的書類の作成などのデスクワーク。 17:00 帰ろうとしたところ、相談の電話が入ったので急遽対応。 18:30 退勤 どんな人を対象に、どんなところで働くの? 高齢者 対象 施設で暮らす高齢者、施設や機関を利用する高齢者、およびその家族など 職場 特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、デイサービスセンター、地域包括支援センターなど 職種 ソーシャルワーカー、生活相談員(指導員)など 子ども 対象 精神的・肉体的ハンディキャップのある子ども、虐待や生活上の理由などで保護者の養育を受けられない子ども、非行・不良行為に関わる子ども、およびその家族など 職場 児童相談所、児童養護施設、障害児入所施設、母子生活支援施設、母子福祉センター、児童自立支援施設など 職種 児童福祉司、児童指導員、母子相談員、少年指導員、児童自立支援専門員など ハンディキャップのある人 対象 身体障害者、知的障害者、およびその家族など 職場 障害者支援施設など 職種 生活相談員(指導員)、作業指導員など 生活に困っている人 対象 母子家庭、障害者、高齢者、失業者、貧困者、身体・知的障害者など 職場 都道府県の福祉事務所など 職種 現業員(ケースワーカー)、査察指導員(スーパーバイザー)、専門職員など 地域に住む人たち 対象 地域社会における個人、家族、各種の住民団体や住民組織など 職場 社会福祉協議会(社協)など 職種 コミュニティワーカー、コーディネーターなど 試験科目 試験科目は、次の19科目(18科目群)です。 合格基準では、「就労支援サービス」と「更生保護制度」をあわせて1科目群としています。 なお、1~11までの11科目については、精神保健福祉士との共通科目となっています。 人体の構造と機能及び疾病• 心理学理論と心理的支援• 社会理論と社会システム• 現代社会と福祉• 地域福祉の理論と方法• 福祉行財政と福祉計画• 社会保障• 障害者に対する支援と障害者自立支援制度• 低所得者に対する支援と生活保護制度• 保健医療サービス• 権利擁護と成年後見制度• 社会調査の基礎• 相談援助の基盤と専門職• 相談援助の理論と方法• 福祉サービスの組織と経営• 高齢者に対する支援と介護保険制度• 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度• 就労支援サービス• 更生保護制度.

次の