鼻くそ に 血 が 混じる。 鼻から血が出る

鼻の中のかさぶた痛いし血が出る・・・治らないけど原因は?

鼻くそ に 血 が 混じる

そもそもなぜ痰が出るのか?• 茶色・赤黒・赤色の時に考えられる原因• ピンク色になるときに考えられる原因• 痰を上手く切る方法と出し方 人気の関連記事!• スポンサーリンク そもそも痰はなぜでる? 「痰はなぜ出るの?」 これについては、以下のページで分かりやすく説明しておりますので、気になる方はご覧下さい。 また、痰の色が白っぽい方や、黄色っぽい方もこちらをご覧下さい。 「痰」は、体内に入ったウィルスや細菌などを外へ追い出すために、 気管や気管支という部分から分泌される液体です。 風邪気味の時に痰が増えるのは、 その異物 菌やウイルス を痰に絡ませ、咳をして外に吐き出そうとする人間の防衛反応です。 痰は、菌やウイルス、白血球 菌と戦う細胞 の死骸が含まれることで、黄色っぽい色になります。 しかしまれに、茶色やピンク色、赤色、黒色の痰が出ることがあります。 それらの場合には、多かれ少なかれ「血が混じっている」可能性が高いです。 ではそれぞれの色について、 原因となり得る病気を一つずつ紹介しましょう。 そして 原因を知った上で、ページ下の「痰を出す方法・切る方法について」へすすみましょう。 スポンサーリンク 「茶色」「赤黒」「赤色」になる原因とは 茶色や赤黒くなる場合は、 以下6つの病気が考えられます。 なお血痰 血が混ざった痰 は、新しい血液が混じれば 赤く、古い血液が混じれば 赤黒 暗赤色 くなり、さらに古いと 黒に近づく事もあります。 肺がん 肺がんは文字通り「肺に出来るガン」です。 原因の多くは 喫煙であり、早期発見できれば治癒出来ることが多いです。 しかし発見が遅れて死に至ることが多く、 数あるガンの中で一番死亡率が高いのが、この「肺がん」です。 (世界的にみても、肺がんが一番高いです) 発見が遅れやすいという事から分かる通り、肺がんは症状が出ない場合も多いです。 一般的な症状としては、• ぜぇぜぇとした呼吸音• 息切れ• 痰 などがみられます。 痰は 無色透明の場合や、 うっすらと血が混じる場合もあります。 気管支拡張症 きかんしかくちょうしょう 気管支拡張症とは、「気管支」が拡張してしまい、元に戻らなくなる症状です。 ほとんどの場合が、原因不明の「慢性気管支炎」と併発しますが、その他色々な原因によっても気管支拡張症は発症します。 慢性的な咳と痰が特徴的で、 多いときは一日100mlを超す痰が出ます。 痰の色としては 黄色〜緑色、さらに悪化すると 血液を含む場合もあります。 肺結核 はいけっかく 結核菌という菌が肺に侵入し、感染症を引き起こす病気です。 症状としては、• 微熱や身体のだるさ• 胸の痛み• 痰 などがみられます。 また、放置しておくと、 血の混じった痰だけでなく、 喀血 気道から出た出血が、口から吐き出される事 の可能性があります。 スポンサーリンク 非結核性抗酸菌症 ひけっかくせいこうさんきんしょう 上で挙げた結核菌は、「抗酸菌」というグループに属している菌です。 非結核性抗酸菌症というのは、「結核菌以外の抗酸菌」によって引き起こされる病気です。 一番多く見られる症状としては「咳」がありますが、それ以外にも• 痰(血が混じることも多い)• 喀血(口から血を吐く)• 全身のだるさ などがあり、さらに進行すると発熱や呼吸困難などを引き起こします。 進行スピードは緩やかですが、確実に進行していくとされています。 肺梗塞症 はいこうそくしょう 肺梗塞症とは、肺の一部に血液が流れなくなり、その部分のみ壊死 えし してしまう状態のことです。 肺塞栓症の症状としては、胸の痛みや呼吸困難などが挙げられますが、 肺梗塞症にまで進行すると、血痰 血の混じった痰 が見られます。 まれに壊死した肺組織を吐き出す場合があり、その場合は黒っぽくなり、臭いも強くなります。 肺真菌症 はいしんきんしょう 真菌とはカビのことです。 「真菌」にも種類はありますが、空気中や土壌、植物など、あらゆる場所に存在するものです。 通常はそれらを吸い込んでも、身体の免疫力によって、何ら悪影響は及ぼされません。 しかし、抗がん剤の使用中や白血病など、免疫力が大きく落ちるタイミングでは、この真菌を吸い込むことで肺に感染症が起こりえます。 それが肺真菌症です。 症状としては、発熱や呼吸困難の他、全身のだるさ、 痰の増加、血痰 血の混じった痰 が見られます。 どれも肺炎や結核とも似た症状であることが多いです。 グッドパスチャー症候群 聞きなれない病名ですが、グッドパスチャー医師の名前からつけられています。 自己免疫性疾患とは? 本来、身を守る「免疫機能」がなんらかの原因で暴走してしまい、健康な細胞まで攻撃してしまう病気の総称です。 症状としては、咳や呼吸不全の他 、血痰 血の混じった痰 や喀血 気管の出血を、口から吐き出すこと が見られます。 その他、腎不全を併発する場合や、尿に微量の血が混じる場合もあります。 さて、ここまでは「痰の色が茶色、赤色、赤黒くなる原因」について説明しました。 続いては、 「ピンク色になる原因」について説明しましょう。 スポンサーリンク 痰がピンク色になる原因を知ろう! 痰がピンク色になる場合に疑われる病気は、 肺水腫 はいすいしゅ があります。 肺水腫とは、肺に水分が溜まるってしまうことで、十分な呼吸が出来なくなる症状です。 この肺水腫では、呼吸不全におちいるだけでなく、「ぜぇぜぇ、ひゅーひゅー」した呼吸や、横になると苦しくなる、という特徴があります。 また、進行すると、ピンク色の泡っぽい痰が出てきます。 痰をうまく切る方法、出し方について ページが長くなるため、 別ページでまとめました。 スポンサーリンク• 記載内容についての注意点 当サイトに掲載した情報に関して、管理人の経験や、調べた知識、収集した情報をもとにできる限り正確なものを提供できるように努めております。 しかし、必ずしも正確な情報でない場合があります。 また、私が独自に集めた情報を分析し統計を取った上での記載もあります。 そのため、偏った情報・意見も含まれている可能性もあります。 それら理由より、当サイト上の情報においては、正確性を期しておりますが、確実性・安全性は保障しかねます。 特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。 以上のことを踏まえ、当サイトのご利用は、利用者様の自己責任による判断でお願い致します。 万が一、当サイトに掲載された情報に起因してトラブル等が発生した場合でも、管理人は一切の責任を負わないことをご了承ください。

次の

汚い話ですみません。 最近、鼻くそに血が混じり...

鼻くそ に 血 が 混じる

この記事の目次• 鼻に痰!?これはなに? 鼻の奥を流れ落ちる気持ち悪い物の正体は、鼻の 粘液(ねんえき)とホコリなどが混ざった鼻水のかたまりです。 喉の方に流れ落ちる鼻水のことを 後鼻漏(こうびろう)といい、 誰にでもあるもので、気付かないうちに落ちているうちは問題ありませんが、 痰のようにかたまりとなって落ちてしまうことがあります。 鼻の痰ができる原因はなに? 鼻の中にできる鼻水が、痰のようなかたまりを作る原因には、次のようなことが考えられます。 鼻の粘膜に 炎症が起きている場合• 鼻の粘膜(ねんまく)が 変性してしまった場合• アレルギーによるものです。 それぞれについて解説していきます。 鼻の炎症によるもの 副鼻腔炎(ふくびくうえん) 鼻の奥に炎症が起きる病気のひとつに、 副鼻腔炎(ふくびくうえん)があります。 副鼻腔炎が慢性化したものを、 蓄膿症(ちくのうしょう)といったりもします。 急性の副鼻腔炎は、鼻水が 水様性をしていますが、慢性化してくると、ネバネバした 粘液性の鼻水になります。 さらに、粘膜が 細菌や風邪のウイルスに感染すると、黄色や黄緑色をした 膿性(のうせい)の鼻水のかたまりになってしまうのです。 炎症が起きている副鼻腔とは、大小さまざまな大きさのものがあり、合わせると顔の中、3分の2ほどを占める空洞になっています。 数は全部で8つです。 副鼻腔内は粘膜で覆われていて、外から入ってきた異物を粘液とからめて、 鼻腔(通常私たちが鼻の穴というところで、喉につながっている部分)へ排出する働きがあります。 副鼻腔の働き 副鼻腔には、次のような働きがあります。 鼻から入ってきた空気を温めたり冷やしたり、加湿したりして、肺を守る(ラーメンを食べたときに鼻水がでるのはこのためです。 外敵から体を守るための免疫システムがある• 頭の衝撃を緩和させる• 頭を軽くする• 声を共鳴させる などで、とても重要な器官と言えます。 上咽頭炎(じょういんとうえん) 鼻の炎症には副鼻腔炎以外にも、上咽頭炎(じょういんとうえん) などがあります。 上咽頭炎は喉の上にできる炎症で、やはり鼻水の塊ができることがあり、原因も副鼻腔炎と共通するところがあります。 鼻の粘膜の変性によるもの 鼻の粘膜が変性してしまう原因には、長引く鼻の炎症が考えられます。 鼻水がでたり、咳が出たりするのは、細菌や 風邪のウイルスが体内に入ってくるのを防ぐ 免疫システムの働きのひとつですが、それが長引いたり、鼻の炎症が長引いたりすることで、鼻の粘膜の 性質が変わってしまうことがあります。 鼻の粘膜の中にある粘液を分泌する 鼻腺(びせん)が増えてしまうのです。 鼻水を大量に作ってしまうことが癖になる、というようなことが起きてしまうのです。 アレルギーによるもの アレルギー反応のひとつとして、鼻に痰状のものができることがあります。 アレルギー反応も免疫システムのひとつで、異物と見なしたものを排除するためにおこります。 異物と見なしたものが、生活の身近にあるホコリやダニなどである場合に、常にこの反応が起きてしまうことになります。 アレルギー反応による場合は、 水様性の鼻水が続く、と言われています。 温かい飲み物を飲んだときに、鼻水の症状が和らいだ、という経験がある方も多いでしょう。 湯気により、鼻の中の乾燥が改善されたと考えられます。 大切なことは、乾燥させないことなのです。 部屋の乾燥を防ぎ、鼻の粘膜を傷つけないようにしましょう。 部屋の温めすぎは乾燥をまねくことがありますので、注意が必要です。 粘膜は、水や食べ物の栄養素で作られます。 寒い冬は、 水分不足が起こりやすいと言えます。 脱水症も、冬に起こりやすいと言われています。 水分不足に気をつけましょう。 ミネラルウォーターを常温か少し温めて飲むといいですね。 ビタミンAは、皮脂の内部にある、真皮を活性化し、 皮脂細胞の働きを正常に保つ働きがあります。 またビタミンAは、 粘 膜 を作っている、材料でもあるのです。 鼻の乾燥を防ぎ、外敵から鼻の中を守る粘膜を良好に保つために、ビタミンAはまめに摂るようにしましょう。 ビタミンAを多く含む食べ物には、にんじん、かぼちゃ、春菊、たまごなど色いろあります。 こちらで詳しくご紹介したいます。

次の

精子に血が混じっている!血精液症の原因と受診のタイミングとは?

鼻くそ に 血 が 混じる

「精子に血が混じっている!」 いつも通り出した精液に突然血が混じっていたら…、かなり衝撃を受けてしまいますよね。 精子に血が混じる、それは血精液症かもしれません。 突如あられたカラダの異変に、何か重篤な病気が潜んでいるのではないかと、良からぬことが頭をよぎってしまいますが、血精液症が原因であればそれほど不安を抱えなくても大丈夫。 精子に血が混じる血精液症とは、一体どのようなものなのか、その症状と起こる原因を深く探っていきましょう。 精子に血が混じっている?それは血精液症かも 冒頭でもお伝えした通り、精子に血が混じっていた場合、血精液症の可能性が考えられます。 血精液症とは、まさに精子に血が混じる症状のこと。 精子に新鮮な血液が混入した場合はピンク色、時間が経ち古くなった血液が混じった場合は茶褐色となってあらわれます。 一般的に、射精時に痛みを伴うことはありません。 次の項で、血精液症の原因をご説明します。 血精液症の原因 血精液症の原因は、そのほとんどが前立腺や精嚢 せいのう の炎症、うっ血など局部の循環障害によるものとされ、まれに、精液の通り道における腫瘍、のう胞、結石などが原因となっている場合もあります。 【主な原因】• 前立腺や精嚢の炎症• 局部の循環障害• のう胞• 胆石など これらが原因となって起こる血精液症。 その症状があらわれた場合、病院へは行くべきなのでしょうか。 次の項でその答えを探っていきましょう。 病院に行ったほうがいいの? 実は、血精液症は兆候もなしに突如発生し、検査をしてもしっかりとした原因を特定できないケースがほとんどと言われています。 その場合には、特発性血精液症と診断され、数日~数週間で自然に解消していきます。 では、どのような場合に病院へ行くべきなのでしょうか。 診察の必要がある状態と、診察を受けた場合どのような検査や治療が行われるのかを確認していきましょう。 病院に行くことをおすすめする状態 通常は重篤なものではないとされる血精液症ですが、下記のような症状や特徴が見られる場合には注意が必要です。 1ヶ月以上出血している• 陰嚢内にしこりがある• 住血吸虫症の流行地域(アフリカ、インド、中東の一部など)への旅行• 35歳以上 出血が長く続いていたり、陰嚢内にしこりを感じるような場合には、速やかに泌尿器科などの専門医を受診してください。 また、上記のような注意すべき症状が見られない場合でも、年齢が35歳以上の方はあまり放置せずに、一度医師に診てもらうことをオススメします。 診断と治療法 血精液症で病院を受診すると、まず尿検査が行われ、診察では、精巣・精巣上体などの外陰部の異常を確認し、直腸指診で、前立腺の肥大、圧痛、しこりの有無などを調べます。 問診では、主に次のようなことが質問されるので、事前に自身の症状を確認しておきましょう。 いつから出血しているか• 直近で前立腺の生検を受けたか• 尿路感染症(血尿・排尿困難・排尿時の灼熱感・陰茎からの分泌物など)の症状がみられるか• 過度の出血傾向があったり、出血を引き起こす持病があるか• 前立腺の病気があるかなど 尿検査で血尿などがみられた場合には、膀胱や腎臓などを調べるために超音波検査が行われ、さらに異常が認められた場合にはCTやMRIなどが追加されます。 中高年以上の方には、前立腺がんの検査が行われる場合もありますよ。 ただし、血精液症でがんが発見される確率は高くないとされていますので、あまり心配しないようにしましょう。 尚、尿検査や診察で、精巣・精巣上体・精管・精嚢・前立腺といった精子輸送路に炎症があると診断された場合は、抗生物質や抗炎症薬での治療が行われます。 ちなみに、通常、血精液症で性交を行っても女性パートナーへ悪影響を及ぼすことはありません。 ただし、炎症が原因となっている場合には感染の可能性もあるので、症状が治癒するまでは控えたほうがよいでしょう。 まとめ 精子に血が混じる症状のことを血精液症といいます。 血精液症は、検査をしても原因が特定できない特発性血精液症と診断されることが多く、そのほとんどが数日~数週間で自然に解消していくもの。 そのため、あまり心配する必要はありません。 ただし、1ヶ月以上も出血が続くような場合や陰嚢内にしこりがあるような場合には、速やかに専門医を受診するようにしましょう。 また、血精液症からがんが発見される確率はあまり高くはありませんが、悪性腫瘍の発生は年齢とともに多くなります。 そのため、精子に血が混じっていること以外に警戒すべき症状が見られない場合でも、中高年以上の方は一度医師に診てもらうことをオススメします。

次の