小山 祐一 作曲。 古関裕而

エール(NHK朝ドラ)木枯正人役は野田洋次郎|実在モデルもチェック

小山 祐一 作曲

略歴 [ ] 文久3年12月11日(1864年1月19日)潟町村(現在の潟町)に生まれる。 16歳で小学校を卒業した後、石油事業をしていた父の仕事を手伝うため高田町(のちの、現在の上越市)へ移り住み、夜は漢学塾に通う生活をしていた。 (明治13年)家人に無断で上京、を経て築地大学(現在の)へ入学する。 とを学び(明治16年)2月、に入学し、に師事。 小山は「品行方正学術優等」とされたため卒業まで一ヶ月六円の手当てを支給された。 (明治20年)、音楽取調所はのちに(現在の)に改組され、小山は首席で卒業した後も、校長となった伊沢に引き続きとして師事し、として教壇に立った。 小山は学生の指導、音楽の研究や作曲に非常に熱心で、教え子にはのちに作曲家となるらもおり、才能を見出した小山が滝にドイツ留学を勧めたとも伝えられる。 (明治30年)にはとなったが6年後、(明治36年)に同校を退職した。 退職後はかつての教え子の面倒を見ていたほか、47歳の時にはの編纂委員となり、作曲や他の委員の指導などにあたった。 (明治37年)には山葉楽器(現在の)の顧問となる。 また多数のの創設、運営にも関わるなど多方面で活躍した。 しかし1927年(昭和2年)6月、東京の自宅で執筆中に倒れ、狭心症のため死去する(享年63)。 「日本音楽教育の母」とも謳われる小山の作曲は唱歌、、、など非常に多岐に亘り、総作曲数は1000曲を越えるといわれる。 また唱歌は当時の国策下で「作者不詳」として発表されたものが多く、小山が生涯実際に作曲した正確な曲数は未だ不明である。 エピソード [ ]• 郷里の上越市大潟区では、小山の生前の功績を称える活動が続けられている。 母校の後身にあたるには小山の胸像と『夏は来ぬ』の歌碑が建立されているのをはじめ、『夏は来ぬ』の唄い出しにある卯の花()は旧大潟町の花に制定されていた。 市の大潟区総合事務所管内では毎年7月から9月にかけての3か月間、の午後5時の時報として『夏は来ぬ』が演奏されている。 また(平成15年)からは毎年7月に、市が主催する「卯の花音楽祭」が開催されている。 (平成27年)、の開業に伴い新幹線ホームのとして『夏は来ぬ』が採用された。 主な作品 [ ] この節のが望まれています。 (作詞:)• (作詞:)• (作詞:)• (作詞:)• (作詞:)• 教育勅語唱歌(作歌・)明治33年• 海事教育 航海唱歌 下巻(作歌・)明治33年• 地理教育 東京唱歌(作歌・武島又次郎)明治33年• 菅公の歌(作歌:)明治34年• 日本文典唱歌(作歌・大和田建樹)明治34年• 春夏秋冬 花鳥唱歌(本元子名)(作歌・大和田建樹)明治34年• 国民教育 忠勇唱歌1 楠公父子(本元子名)(作歌・大和田建樹)明治34年• 東京府民 公徳唱歌(作歌:大和田建樹)明治35年• 満州・西比利亜 地理唱歌(本元子名)(作歌・)明治37年• 舷舷相摩(作歌・)明治37年「戦捷軍歌」収録• 国民唱歌 日本海軍(作歌・大和田建樹)明治37年• 地理歴史教育 東京名所唱歌(作歌・大和田建樹)明治40年 出典 [ ].

次の

エール (テレビドラマ)

小山 祐一 作曲

福島市で老舗呉服店の長男として誕生。 父・三郎次が、当時はまだ珍しかった「蓄音機」で聴いていた、浪曲や民謡が音楽との出会い。 小学3年生のとき、担任の遠藤喜美治先生の指導で初めて作曲を経験。 母・ひさに買ってもらったピアノで、作曲を楽しむようになる。 福島商業高校へ進学。 家業を継ぐために商業高校を選んだが、常にハーモニカを携帯し、学業より作曲に夢中の日々を送る。 妹尾楽譜や山田耕筰著の「作曲法」等を買い集め、当時盛んだったハーモニカ・バンドでの活動に打ち込み、独学で音楽理論を学んだ。 ある時、年に2回行われていた校内弁論大会にハーモニカで音楽をつけることになり、古関が書き溜めていた曲を合奏用に編曲し大勢で演奏し、初めて自分の作品が披露される。 なお、福島商業在学中に家業の呉服店が倒産した。。 古関裕而:青年時代 🔽 昭和6年 1931年 早稲田大学応援部の依頼を受け、応援歌 「紺碧の空」を作曲。 🔽昭和10年 1935年 この年に作曲した 「船頭可愛や」が初の大ヒットを記録。 🔽昭和11年 1936年 大阪タイガースの歌 「六甲颪 おろし 」を作曲。 🔽 昭和12年 1937年 日中戦争の最中に 「露営の歌」を作曲。 その後も 「暁に祈る」や 「若鷲の歌」など戦時歌謡を手掛る。 自らも慰問のため、中国やシンガポール・ビルマなどの戦地を訪ね歩いた。 🔽昭和14年 1939年 読売ジャイアンツの応援歌 「巨人軍の歌(野球の王者)」を作曲。 古関さんはスポーツにあまり興味がなく、プロ野球でも特定のチームを応援することはなかった。 そのため、阪神と巨人それぞれから応援歌の作曲を依頼された際、両方とも断らず中立の立場で依頼を引き受けた。 中日ドラゴンズの初代球団歌 「ドラゴンズの歌(青雲たかく)」も、古関さんが作曲した。 古関裕而:戦後 古関さん没後、国民栄誉賞の授与が遺族に打診されるも、 「元気に活動しているときならともかく、亡くなったあとに授与することに意味があるのか?」 と、没後追贈に疑問を持ったため辞退。 2009年4月11日に生誕100年を記念し、JR福島駅の発車メロディーに古関さんの作品が採用される。 在来線ホーム「高原列車は行く」 新幹線ホーム「栄冠は君に輝く」 発車メロディー用に30秒間にアレンジされた曲が流れている。 2009年8月、同じく生誕100年を記念し、福島市の福島駅東口駅前広場にモニュメントが設置された。 制作・施工費は約1,500万円。 30歳代後半の古関さんが愛用したオルガンを模ったデザインで、午前8時から午後8時までの1時間おきにメロディーが流れる仕組みになっている。 2017年夏以降、出生地などで「野球殿堂」入りを応援する動きが活発になっている。

次の

古山裕一のモデルは古関裕而!作曲家の代表曲がすごい!

小山 祐一 作曲

もくじ• 古山祐一ことモデルは作曲家古関裕而! 古関裕而はどこの出身地? 古関裕而は明治42年8月11日に 福島県福島市大町の老舗の呉服店「喜田三(きたさん)」で生まれました。 呉服店「喜田三(きたさん)」は福島県でも有数の規模で、古関裕而は裕福な家庭で育ちました。 古関裕而はどんな子供だったの? 音楽好きはお父さんゆずりなのでしょうか? 音楽好きなお父さんが 蓄音機を購入したのです。 その当時は珍しいかったのでしょう! お父さんが仕事の合間に蓄音機のレコードを聞いていたことから、古関裕而は、その音楽を聞きながら絵を描く日々を送っていました。 小学3年生の時に遠藤喜美治先生になったのです。 遠藤喜美治先生は音楽が好きだったそうで児童に 作曲や作詞をさせていたので、古関裕而はそのおかげで作曲か大好きになってクラスのみんなの分まで作曲していました。 お母さんが高級な 卓上ピアノを買ってもらったので、古関裕而は独学で勉強して、ピアノで作曲をはじめました。 古関裕而の青春時代は? 古関裕而は、跡取り息子でったので家業の呉服屋を継ぐために、福島商業高校へ進学しました。 がお父さんが呉服屋を倒産させてしまいました。 そのため呉服屋を継ぐ必要がなくなったのです。 呉服屋を継がなくてもよくなった古関裕而は喜んで、音楽に熱を入れて作曲を開始したのです。 ハーモニカに熱中したのです。 叔父さんから銀行に誘われたので川俣銀行で働きながら音楽活動をしたのです。 古関裕而が20歳の時に、作曲 「竹取物語」など4曲をイギリスの作曲コンクールに応募すると、2等に選ばれたのです。 新聞にも大きく報じられたのです。 奥さん(内山金子)の出会い 作曲「竹取物語」の新聞をみた内山金子は古関裕而に手紙を送ったのです。 なぜなら? 内山金子は小学校の学芸会で「かぐや姫」を演じたのです。 するとみんなから「かぐや姫」とよばれたのでした。 竹取物語とかぐや姫・・・!何かの縁でしょうか? こうして 古関裕而と内山金子は交際をはじめました。 交際3か月の電撃結婚だったのでみんな驚きました! コンクールとイギリス行きは謎だという説があるそうです。 古関裕而の代表作! 古関裕而のプロフィール 本名 古関 勇治 生年月日 1909年8月11日 没年月日 1989年8月18日(80歳没) 出身地 福島県福島市 職業 作曲家 ジャンル 応援歌 行進曲戦時歌謡 歌謡曲 配偶者 古関金子 1930年 1980年死別 家族 古関正裕 長男 1969年 紫綬褒章受章 1979年 勲三等瑞宝章を受章。 まとめ もうすぐNHK朝ドラで福島市出身の作曲家・古関裕而と奥さんの金子さんのドラマがはじまります。 古関裕而先生は、いろいろなジャンルの作曲をされました。 全国高校野球大会歌「栄光は君に耀く」や阪神タイガース球団歌「六甲おろし」1964年東京5輪の「オリンピックマーチ」学校の校歌等々名曲を沢山作曲されました。 5000曲とも言われます。 日本が激動の時にみんなの心に響く曲で元気もらったのですね。 日本の為にすごく貢献されて尊敬します。 NHK朝ドラ「エール」で 古山祐一のモデルの古関裕而先生と奥さんの生きざまをみんなでしっかりと見させ貰いたいと思いました。

次の