ガルドドン サポ討伐。 【初勝利】ガルドドン2討伐!しかも初挑戦!

ドラクエ10 ガルドドンサポート討伐(杖賢者編)

ガルドドン サポ討伐

うるせーw無いよりいいでしょうよwww とはいえ、 扇光12%(イオグランデ用)と 鎌闇13%が同時についているので、ガルドドンをやる為に生まれて来たベルトのような気がする。 ただ、賢者のイオグランデって結構罠だよね…。 魔戦をやっている時にイオグランデをしてそのままおたけびを喰らっている賢者を何人も見てきたし、リスクの割にはダメージがそこまで高くないというね。 賢者の装備は? 耐性無しでこうげき魔力とMP特化にしています。 おぞましいおたけびを喰らう賢者はアホだと思ってるし、HP盛らなくていいんだからその分MPを盛っています。 MPが多いって事は、アイテムを使う回数が減るわけで結果的に火力に繋がるんじゃないか?という判断です。 なので最大MPが 729 実はわたしが野良で賢者を誘う時に、判断材料の一つとしているのが最大MP。 これが700を超えているような人ってきちんと準備してきている証拠なんですよね。 こっそり真夜中に緑玉を出して… 賢者2回目だし、強さ2の日だったのでコメントは控えめに練習PT希望にしてみたところ、 占い師入りという素敵な構成にお誘いいただきました~。 練習PTを希望すると、ちょくちょく異色の構成に誘われます。 これはこれで面白いからいいんだけどね。 討伐は出来たんだけど占い師のメリットは余り感じなかったかなぁと言うのが率直な感想ですが、まあ、魔法戦士自体が少ないですからねぇ…。 1とか2なら魔法戦士以外でも全然討伐出来るので、魔戦不足に困っている方はお試しあれ。 壁役は結構いろいろな職でいけると思います。 賢者でやったガルドドンの感想 魔戦をやっていた時と感想はあまり変わりません。 ・壁、軸の意識 ・タゲ判断 ・逃げ方 結局PTが安定するか否かは、賢者のここら辺の動きにかかっていると思いました。 竜巻が出た以降に崩れやすいのはまさにここだと思う。 ガルドドンと味方の行動、立ち位置を見ながら行動する必要があるので、多少の慣れは必要かなー。 立ち位置がよくわからないって人は、1回壁役をやってみるといいかも。 そうすると抜けてしまう人の位置取りがわかりますから。 わたしも賢者は慣れてないので、まだまだ頑張ります! 他のドラクエ10ブログもチェック~ うがい・手洗い・1ポチお願いします!.

次の

剛獣鬼ガルドドンを見学してソロサポの居場所を考える

ガルドドン サポ討伐

剛獣鬼ガルドドン初日の感想 実装初日に、剛獣鬼ガルドドンのサポ攻略に挑戦した感想です。 結論から言うと、残念ながら勝てませんでした。 剛獣鬼ガルドドンは大ダメージの2回攻撃が多く、確実に倒しにきていますね。 強力な攻撃を何とか耐える必要があります。 それから剛獣鬼ガルドドンは守備力が高くて、物理アタッカー泣かせのボスモンスターです。 呪文で攻撃するか、守備力無視の攻撃、会心の一撃重視の攻撃で削る必要がありそうです。 属性は闇属性と光属性が有効でした。 ドルモーアやドルマドンが使える賢者が活躍できますね。 スーパースターでボディーガードを呼ぶと攻撃を耐えられるので、ある程度戦うことはできますね。 スーパースターは、鎌スキルの魂狩りで攻撃を行いました。 ミスすることもありますが、当たると1300ぐらいのダメージになりますよ。 蘇生に追われて攻撃する時間がなかなか作れませんでした。 少しずつ形にはなってきましたが、まだ火力が足りないかんじです。 火力重視だと、僧侶とデスマスターを交替した方が良いのかもしれません。 かなり手強いボスモンスターですね。

次の

剛獣鬼ガルドドンのサポ討伐について

ガルドドン サポ討伐

パパばびぶうです。 いつもは育児記事を書いてますが、今回はドラクエ10の記事を書いてみたいと思います。 聖守護者の闘戦記 第4弾 ガルドドン! 現在最強の敵をソロサポ自前で倒そうと頑張っていますが、最弱のガルドドン1を時間制限いっぱいの20分戦っても、火力不足で黄色までしか削れてません。 悔しいです! という訳で、先人の知恵を借り、新たな構成で挑む予定ですが、用意するのに時間がかかるので、忘れない為と新たな討伐報告から、新構成をじっくり考える為、どんどん記事追加して、まとめておこうと思います。 聖守護者の闘戦記サポ攻略で参考になるのは、4人で最強を倒している構成を参考にするのが、近道でもあります。 現状の最強ガルドドン討伐構成で1番人気ぽいのが、「魔戦・賢者・デス・デス」かなと・・・ただ、壁を成立させて戦うのはサポ攻略の難しいところでもあり、私ばびぶうは超苦手です。 そして、現在サポ攻略で討伐報告が上がっているのは、 「自賢 サポデス・デス・ドラキー」 これは、素敵な構成です!相手をよく見て構成を考えられていて、見事としか言いようがない構成だと思います。 完璧で美しいです! 上記2点を参考にすると、賢・デス・デスは間違いなく必要かな!? と思うので、とりあえず2デス用意したいと思います。 また、別の構成で倒せたよ!という賢者様がいらっしゃいましたら、コメントいただけると嬉しいです。

次の