名古屋外国語大学 フランス語学科。 名古屋外国語大学の伊藤達也教授が教育功労章を受章

名古屋外国語大学の評判と偏差値【学費が高くお金持ちの学生が多い】

名古屋外国語大学 フランス語学科

大学概要 施設・付属機関 本学の取り組み• ミッション・ステートメントとポリシー• データ集• 施設・付属機関• ・・・• 国際貢献学部 カリキュラム (4年間の学び)• 語学検定• 各種手続き• 学費・納付金など• 福利厚生• 学則・規程集• 学生生活支援• 行事予定表(学年暦)• クラブ・課外活動• キャンパス環境• 留学の種類と概要• 協定大学• 語学検定試験について• 留学にあたって• 就職・教職・キャリア支援 卒業生の方へ• 採用ご担当者の方へ• 高校で学んでいたフランス語をもっと上達させたいと考えて進学した京都外大。 学内ではマルチリンガルの留学生と交流する機会もあり、向上心が強い仲間が多いため、「私も負けていられない ! 」と学ぶ意欲が高まる環境です。 ネイティブ教員はとてもフレンドリーで、休み時間もフランス語で会話を楽しんでいます。 また、通学中に外国人観光客を見かければ、自分から話しかけて道案内をすることも。 国際都市・京都にあるキャンパスに通う中で、異国で困っている人を助けたいという気持ちが芽生えるにようになりました。 今後はフランスへの長期留学も検討しており、語学力の向上はもちろん、グルメから芸術まで魅力的なフランス文化を吸収したいと思います。 (2020年3月現在) 学科の魅力 国際コミュニケーションにおける2大言語のひとつ。 フランス語を母語とする人口は約1億人。 フランスやベルギーをはじめ、カナダのケベック州や、今後大きな成長が見込まれるアフリカ諸国など、約30カ国で公用語となっている言語です。 また、国際連合やUNESCO(国連教育科学文化機関)等の国際機関でも公用語とされており、文化と国際コミュニケーションにおいて、英語と並ぶ2大言語のひとつです。 芸術やファッション、料理など、文化をテーマにフランス語を理解。 フランス文学の名作『星の王子さま』を題材に文法読解力や語彙力を高めるなど、芸術やファッション、料理に代表されるフランスの文化・社会から、言語の運用能力を高めます。 また、フランス語と英語を比較しながら学ぶ「2言語同時学習」も特徴的なカリキュラムです。 世界の文化をリードするフランスの背景を探る。 フランスはさまざまな分野で世界の文化をリードし、哲学・思想に関しても世界の価値観に大きな影響を与えてきました。 その背景として、ヨーロッパを中心に、アフリカ等からも多くの移民が共生することで醸成されたダイバーシティ(多様性)があげられます。 欧州最大の多民族国家、フランス。 日本や英語圏とも異なる独自の価値観を学び、グローバル社会に必要な異文化理解力を高めましょう。 また、近年では、日本のポップカルチャーに興味があるフランス人も多く、日本語を学ぶ人たちが年々増加しています。 京都外大でも日本文化に興味を持った留学生が多く学んでおり、言語や文化、さまざまな面で交流が生まれています。 Quick Link•

次の

フランス学科|南山大学

名古屋外国語大学 フランス語学科

名古屋外国語大学は、愛知県日進市に本部を置く私立大学です。 通称は「名古屋外大」「名外大」「NUFS(ナフス)」など。 1988年に中部地方で唯一の外国語大学として開校しました。 設立当初は「英米語学」「フランス語学」「中国語学」の3つの学科でしたが、現在では外国語学部6学科に現代国際学部3学科が設置されています。 海外の多くの大学と協定を結び、留学派遣数が中部地方でも最多を誇っています。 キャンパスは一か所のみで、上社駅と赤池駅から専用バスが、長久手古戦場駅からはシャトルバスが出ています。 コミュニケーションプラザにある「Language Lounge」では、時間によって話す言語が決められており、ゲーム感覚で会話を楽しむことができるのも特色のひとつです。 国語 【センター】 現代文の長文問題は、何回も解いて、早く答えられるようになるため努力した。 古文は、非常に苦手だったため、基礎から市販の教材を利用して勉強した。 【2次・個別】 とにかく過去問を解き、時間の感覚を掴んだ。 利用した参考書 進研ゼミ高校講座 ジャンプアップノート古典文法 赤本 外国語 【センター】英語、英語リスニング もともと英語は好きで、得意な教科だったので、他の科目に比べあまり勉強しなかったが、長文問題は苦手だったため、できるだけ毎日長文を解くようにした。 【2次・個別】英語 過去問を時間を計りながら繰り返し解いて、間違えた点は、なぜ間違えたのか理解するまで、文法書などで調べた。 利用した参考書 進研ゼミ高校講座 赤本 社会 【センター】日本史B、地理B 日本史は最も苦手だったためにとにかくじ重要語句や人物名をひたすら紙に書き、覚えた。 【2次・個別】日本史 過去問を解き、時間の感覚をつかみ、本番に備えた。 利用した参考書 進研ゼミ高校講座 詳説日本史ノート 赤本 受験の振り返り、反省 【受験生活を振り返って】 自分が入ることができる大学、あるいは、先生などに勧められた大学に行くのではなく、自分が本当に行きたい大学に向かって勉強するといいと思う。 必ずしも、頭のいい大学に行く必要はないし、世間ではレベルが低いと言われている大学でも、それが自分が行きたい大学なら、そこに向かえばいいと思う。 そうすれば、受験勉強もリラックスしてできると思う。 【2次・個別試験を振り返って】 過去問をたくさん解いて、その学校の問題形式に慣れることが重要だと思う。 どれだけ問題を解く能力があっても、自分にとって馴染みのない問題形式であった場合、戸惑ってしまい、解答に時間がかかるかもしれないので、慣れるといことは大事だと思う。 受験データ.

次の

早分かり 外国語大学・外国語学部 偏差値 ランキング 2020

名古屋外国語大学 フランス語学科

学ぶ内容 フランス語は世界で2億5000万人が共有する国際言語です。 国連の公式言語でもあり、ユネスコやWHO(世界保健機関)など、多くの国際機関で主要言語として用いられています。 フランス学科では、このフランス語を集中的に学習し、高度なフランス語運用能力を獲得します。 また、フランスは古くからヨーロッパ文化をリードしてきた文化国家であると同時に、現在の国際社会で指導的役割を果たす大国です。 フランス学科は2専攻制ですが、それぞれの必修コア科目を通して「フランス文化専攻」ではフランスの言語、文学、思想、芸術を、「フランス社会専攻」では主にフランスの政治、外交、社会、経済、歴史を学びます。 両専攻ともに、1年次には「基礎演習」を通してプレゼンテーションや資料収集などのアカデミックスキルを身につけ、2年次には「海外フィールドワーク」でフランスへの短期留学を体験します。 3年次からは「演習」で専門的な知識を習得し、更に研究を深めていきます。 フランス語の授業は1年次で週4~6コマ、英語の授業は1年次で週2コマあり、フランス語と英語の2つの外国語の運用能力を同時に高めることができます(1コマ90分)。 想定される進路 日仏交流の実務に携わるに十分なフランス語の習得を目標に、4年次までにフランス語検定準1級の取得、あるいはヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)B2レベルを目指します。 これは、一般的な「聞く・話す・読む、書く」ことができ、日常生活だけではなく、ビジネスやアカデミックな場でも通用するフランス語能力に相当します。 また、ヨーロッパの政治、文化、社会の重要な一角を担い続けているフランスの柔軟かつ強靭な精神を理解しうる、幅広く複眼的な視野を身につけた人材を育成します。 卒業後の進路は、企業の国際部門、キャビンアテンダント、翻訳業、通訳業、外国人への福祉サービスを企画実行する部門、国際機関などの公的機関まで様々な分野があります。

次の