うなぎ 温め方 レンジ。 うなぎ蒲焼の温め方レンジでふっくらさせるには?美味しい食べ方ガイド

うなぎの蒲焼きのおいしい温め方で簡単なのはレンジとフライパン!

うなぎ 温め方 レンジ

冷凍うなぎの温め方とコツ 冷凍うなぎを美味しく仕上げるための温め方のコツはいくつかありますが、まず一つ目は 解凍する時に自然解凍するということです。 うなぎが凍っている場合は、食べる前日に冷蔵庫に移し、じっくり自然解凍します。 どうしても時間がないという場合は、電子レンジで解凍する方法もありますが、この時に注意してほしいことがあります。 電子レンジによって違うかもしれませんが、電子レンジの解凍機能は一部火が通ってしまう場合があります。 私はこれで失敗したんですよ。 解凍が終わって取り出してみると、温かくなっていて一部火が通って硬くなっていました。 ジューシーなうなぎを想像していたのに、ゴムのような食感になってしまいショックを受けた記憶があります。 このように電子レンジで解凍すると、温まってしまったり一部火が通ってしまい、身が乾燥したり硬くなって味まで変わってしまうこともあります。 電子レンジで凍ったうなぎを解凍する場合は、中を確認しながら早めに取り出すなどして下さいね。 うなぎを美味しく仕上げるためのコツの二つ目は、 「酒」をかけることです。 うなぎを温める時に料理酒をうなぎに数滴たらすことで、うなぎの臭みを消しふっくらした仕上がりになります。 かけすぎてしまうと風味が変わってしまいますので、お酒の量はうなぎ一尾につき小さじ1杯程度にしましょう。 うなぎの温め方 電子レンジを使う方法 電子レンジでうなぎを温める場合は、温めすぎると先ほどお話ししたように身が乾燥したり硬くなってしまいますので、温めすぎに注意して下さい。 電子レンジを使って温めるときは、• うなぎの身の水分が蒸発してしまうのを防ぐため• うなぎの臭みを消すため• ふっくら仕上げるため そのために、 料理酒をうなぎに数滴たらし、ラップをかけて温めます。 うなぎをよりふっくらと仕上げたいという場合は、クッキングシートを使って温めるのがオススメです。 クッキングシートに皮側を下に向けて置き、料理酒を数滴ふりかけます。 そして、周りのクッキングシートでうなぎを包み電子レンジで加熱すると、ふっくらした仕上がりになります。 うなぎの温め方 炊飯器を使う方法 炊飯器でうなぎを温める?と思ってしまうかもしれませんが、これが意外と美味しいんですよ。 ご飯を炊いた炊飯器の中には水蒸気がたくさんありますので、その水蒸気で美味しいうなぎが出来上がります。 炊飯器を使って温める方法は、とても簡単です。 うなぎをラップで包み、炊いた炊飯器のご飯の上に置きます。 そして炊飯器の蓋をして、保温で10分程度温めれば完成です。 この方法は、冷凍うなぎではなくてもスーパーなどで安く買ってきたうなぎや、固くなってしまったうなぎ、中国産の激安うなぎでもふっくら仕上げることができるんですよ。 うなぎの温め方 まとめ 冷凍うなぎを美味しく仕上げるコツは、解凍する時から始まっています。 食べる日が決まったら、前日から冷蔵庫に移してじっくり解凍しておくようにしましょう。 解凍したうなぎを温めるときは、数滴の料理酒をかけて温めるようにします。 せっかくのうなぎなので、一手間かけて美味しく食べたいですね。

次の

プロ直伝!アツアツ、ほっくり、柔らか~い!美味しいうなぎの温め方

うなぎ 温め方 レンジ

2-1. 電子レンジ【関東風】 代表的な温めと言えば、電子レンジですよね。 利点はボタンひとつで温めが簡単に出来ると言う事につきます。 しかし、電子レンジで温めすぎると、うなぎの中に含まれる水分まで蒸発してしまい、パサっとした感じになってしまうのです。 ですので、こまめに状態を確認する事が必要です。 また防ぐ方法としては、うなぎに水(調理酒を使う方もいるのでお好みで)を数滴垂らして、ラップを掛けて温めると良いでしょう。 うなぎを電子レンジで温める場合、冷凍のまま温める人、解凍してから温める人、どちらもいてると思います。 どちらでも構いませんが、筆者は冷凍のまま温めるのをおすすめします。 なぜなら、4~6時間解凍しているあいだに劣化も始まっているからです。 こまめに確認いたしましょう。 2-2. 湯煎で温める方法【関東風】 電子レンジの次に代表的な温め方といえば湯煎ですよね。 電子レンジと違い、湯煎は真空パックごと温めますので、うなぎの中に含まれる水分が蒸発する事がありません。 言い換えれば温めすぎて失敗する事が無いのが特徴です。 (1)大きい鍋でお湯を沸騰させます。 (うなぎが入る大きい鍋が無い場合は、フライパンでの代用も可能です) (2)冷凍状態で真空パックに入ったままのうなぎを鍋に入れる(冷凍の長焼き一尾で約8分)これでふっくら食感のうなぎ蒲焼の出来上がりです。 通販で売られているようなうなぎは冷凍かつ真空パックが大半なので、湯煎での調理は可能です。 スーパー のトレーに入っているようなうなぎは、真空パックされていないのが殆んど。 その場合は2-3以降の調理法がおすすめです。 2-3. フライパンで温める方法【関東風】【関西風】 フライパンでは関東風・関西風と両方の調理が可能です。 ひっくり返すときに身がくずれ易い為、フライ返しを使うように致しましょう。 【関東風】蓋をして蒸し焼きにする方法 (1)うなぎを解凍します。 (解凍の目安:冷蔵庫で4~6時間) (2)解凍したうなぎを、過熱していないフライパンに、皮面をしたにして載せます。 (3)蒲焼き表面に水を2~3滴振り掛けて蓋をし、弱火にします。 (うなぎ蒲焼1尾約4分~4分30秒) 【関西風】蓋をしないでパリッとさせる方法 (1)うなぎを解凍します。 (解凍の目安:冷蔵庫で4~6時間) (2)フライパンに油を引き、予熱をします。 (3)うなぎを身の方から焼いていく。 香ばしく焼けたら、裏返して皮面を焼きます。 その場合、焼き上げた後は、最後に添付タレをかけて下さい。 2-4. グリルやトースター等で温める方法【関西風】 魚焼きグリル、フィッシュロースター、トースターetc色々ありますが、基本は一緒です。 (1)うなぎを解凍します。 (解凍の目安:冷蔵庫で4~6時間) (2)グリル・トースター等のトレイにのる大きさで、うなぎをカットします。 (3)トレイにアルミホイルを敷き、皮目を上にして温めます。 (焦げ目を少し入れる程度で大丈夫です) (4)うなぎをひっくり返し、身を上にして温めます。 フライ返しを使うと身がくずれにくいです。 (5)うなぎの表面の脂がブツブツ泡立つくらいまで焼き上げると完成です。 (お好みにより、添付タレを付けて焼き上げると、一層香ばしくなります) 尚、グリルやトースターでも、関西風や関東風に温め分ける事が可能です。 筆者イチオシ! 失敗せず香ばしく温める方法【関西風】 香ばしさを出す為に、グリルやトースターで焼き上げる方も多いと思いますが、焦げすぎて失敗したとか、焦げるのを恐れるあまり、温めが不十分だったとかありませんか? 筆者がオススメする方法で行なえば、失敗はしないと思います。 (1)うなぎを湯煎してしっかり温めます。 (2)真空パックからうなぎを取り出し、あらかじめアルミホイルを敷いたグリル等にうなぎをのせます。 (3)既に温まっている為、軽くあぶれば完成です。 わざと少しタレを焦がせて、香ばしさをより引き出させるのも良いでしょう。 (お好みにより、さらに添付タレを付けて焼き上げるのもおすすめです) 3. 美味しくうなぎをいただきましょう これで美味しく温めることが出来ましたね。 次は美味しくうなぎをいただきましょう。 うな重 お祝い事など、リッチな食べ方。 親戚等のお客さんが訪問された時に、うな重とか良いかも知れませんね。 うな丼 普段の食べ方。 オススメの食べ方は、丼にご飯を少々入れ、そこにうなぎ2切れ程度入れてから、さらに上からご飯を入れます。 その上からうなぎ4~6切れ程度載せて完成です。 2切れのうなぎは、ご飯の中に蒸された状態になりますので、4~6切れのうなぎと違った食感が楽しめます。 ひつまぶし(きざみうなぎ) ひつまぶしは名古屋名物です。 温めてから、包丁で切ろうとすると身がくずれ易い為、半解凍のときに包丁できざみカットするのがオススメです。 その場合、真空袋から取り出してカットする必要がある為、温める場合は電子レンジかトースター等で温めて下さい。 長焼き(1品物) どうしてもご飯の上に載せると、ご飯からの熱気でうなぎの皮目の部分がふやけてしまう場合があります。 それが嫌な方は長焼きをお皿にのせても良いかもしれませんね。 合計で10,000円(税込)以上お買い上げで送料無料。 10,000円未満の場合、 1配送先あたり 1,000円 (北海道:1,650円、沖縄:1,870円) 送料込み商品、10,000円 税込 以上お買い上げの場合でも 北海道・沖縄は追加送料500円が掛かります。 一部地域、山間部、離島等につきましては、別途追加料金を申し受ける場合がございます。 その際には当店からお送りする注文確認メールにて金額をお知らせします。 海外への発送について:海外への発送は承っておりません。 日本国内のみの発送となります。 お届け日数• 商品の発送は工場稼働日での発送となります。 但し、定休日・臨時休業日の発送はしておりません。 前日営業時間内(17:00まで)の受注分が、翌日出荷対象となります。 商品到着は出荷から2〜3日後となりますので、ご注意下さい。 配達日指定のない場合、商品は受注確認後発送日から2日〜3日でお届けいたします。 万一、在庫切れの場合は発送日をメールでご連絡させていただきます。 SSL証明書.

次の

うなぎの温め方で最適なのはレンジ?オーブン?フライパン?

うなぎ 温め方 レンジ

うなぎの人気の温め方色々! まず、うなぎを温めるにあたり確認が一つ。 「ふわふわ」に仕上げたいか、「香ばしくパリッと」仕上げたいか、で意見が分かれるところですよね。 実はこれ、 「関東風」「関西風」の違いだということをご存知でしたか? 「ふんわり」は素焼きのあとに 蒸しを入れてから蒲焼きをする関東風、「パリッと仕上げ」は素焼きのあとに蒲焼きをする関西風なんです! 今回はどちらにも対応できるよう、何種類かの温め方をご紹介したいと思いますが、実はタレの味も関東はお醤油濃いめ、関西は少し甘め、とありますよね。 そこで市販のタレを別鍋で調理しなおしてお好みの味にするのも美味しくいただく秘訣です! また、売っている状態 冷蔵か冷凍か、真空パックか や、うなぎの大きさ・厚さによって変わりますので時間・量などはご参考程度で、あとはぜひお好みを見つけてくださいね。 では早速うなぎの美味しい温め方をご紹介していきましょう! 関東風・関西風でわけて見たのでご参考になりますように!関西風のポイントはタレをつけて炙ること。 焦げないようにご注意を! 「電子レンジ」を使ったうなぎの温め方! 関東風・ふんわりタイプ 関西風・バリッとタイプ 温めたあとグリルかオーブン 一番身近にある 電子レンジはうなぎを温める時にも便利で楽ですが、必要な水分まで蒸発する心配がありますので、電子レンジを使うときはさっと 水や料理酒をかけてから温めるのがポイントです! プロの料理人は電子レンジはNG!という方が多くいらっしゃいますが、これは上記の通り「水分が飛んでしまう」からだそう。 この点はよ〜く頭に入れて短時間で調理しましょう! 意外と短時間 数十秒 で温めますのでその場から離れずレンジ前で見ている必要があります。 温めすぎると焦げたり硬くなってしまいますのでご注意を!! また、 うなぎの下に割り箸を2本敷いてその上にうなぎを乗せることで、うなぎがふんわり美味しく仕上がるそうですよ。 なお、関西風の「バリッと」に仕上げたい場合は、温めたあとに「グリル」や「オーブン」「オーブントースター」などで皮目を軽く炙るとバリッと仕上がります。 ただしうなぎは油が強いので、焦げないように要注意!中を見ながら炙ってくださいね! 「煮る」方法のうなぎの温め方! お鍋・フライパン 関東風・ふんわりタイプ(煮るだけ) 関西風・バリッとタイプ 煮たあとグリルかオーブン こちらはテレビなどでも紹介されている方法で、 タレと酒で煮るだけなので、簡単なおかつふんわりです。 ちなみに、煮たあと、グリルで焼けば外はパリッと中はふんわりの仕上げになります! この方法、実は一番簡単で美味しく仕上がる方法だそうです。 そして、どうやらスーパーで売られているうなぎは「タレを塗ってあるだけ」ということも多いそうです。 つまり味が染み込んでいないのですね・・・ そこで、 このお鍋やフライパンで煮る方法は「タレをうなぎに染み込ませる」という点でも活躍するそうです! ただ、煮ると言っても、大量のタレでぐつぐつ煮込むのではありません!少量のタレ&お酒を回しかけながら温めるイメージです。 ここで「緑茶ってもしかしてここで使うの?」と思った方、そのパターンもありますが、それは次項でご説明いたしますね。 ここではタレとお酒で煮る温め方をご紹介します。 汚れるのが嫌な場合はホイルを敷きましょう!ホイルで包むとふんわりになってしまうので、ホイルは開いてパリッとさせましょう!くれぐれも焦げない程度に、中火以下で1〜2分程度で様子を見てみてくださいね! 「揚げ焼き」するうなぎの温め方! 関西風・バリッとタイプ こちらもテレビで紹介されていますが、 うなぎに熱湯をかけて揚げ焼きにします。 熱湯をかけるとふんわりしますが、そのあとに揚げ焼きにすることで外はパリッと仕上がります。 熱湯をかけるのはうなぎの周りにある「コラーゲン」を溶かすためだそう。 このコラーゲンが冷えて固まることによりうなぎを「硬く」させるのだそう。 これに熱湯をかけてコラーゲンを溶かしてうなぎを柔らかくするんだそうです。 また、熱湯をかけることで「臭み取り」にもなるそうですよ! この「熱湯をかける」ですが、筆者はざるを洗うのが手間なので、シンクに平皿を置き、その上にうなぎを置いて熱湯をかけまわしてしまいます・・・ 笑 うなぎで油だらけ&臭くなったざるを洗いたくない!という主婦の方はよければ試してみてくださいね! ・油をキッチンペーパーなどで拭き取り、タレをかけていただく。 タレは軽く温めておくのがおすすめです。 「焼く」方法のうなぎの温め方 魚焼きグリル 関西風・パリッとタイプ こちらはただ焼く方法ではなくて、「 熱湯でタレを洗い流して」から、「酒をふってグリルで焼く」方法です。 市販の濃いタレを流すこと、酒を使って臭みをとることでうなぎ本来の美味しさがわかるとか。 なぜ熱湯で洗い流すことは「揚げ焼き」の時と同じく、硬くなったコラーゲンを取り除く意味もあります。 コラーゲンを洗い流してうなぎを柔らかくして、お酒を降ってグリルで焼く 炙る と臭みを取りつつパリッと仕上がります! また、この調理法のポイントはタレを流して、タレなしで焼くというところ。 市販のタレはかなり味が濃くできているので、うなぎ本来の風味が飛んでしまうことが多いそうです。 そこでタレを流してお酒で臭み取りをしながら焼き、最後にタレをかけることで上品な味わいになります。 味を少し染み込ませたい・・・という場合は、タレは最後に塗ってもう一炙りすると良い仕上がりになりますよ! ・タレをかけていただく(味を染み込ませたい場合はタレをかけて少し炙る) 熱湯など使うことで、うなぎは柔らかくなりますし、酒や熱湯で臭みとりもできます。 温め方だけでも色々ありますね!ちょっとした一手間がぐっとうなぎをおいしくしてくれます。 あなた好みを見つけて美味しく食べてくださいね。 緑茶を使った美味しいうなぎの温め方も! 実はうなぎを温める際におすすめなものがあります!それはズバリ「緑茶」!!です。 ちょっと意外な組み合わせですが、こちらも、テレビでは何度も紹介されている温め方になりますのでご紹介したいと思います! 緑茶の他にも、ウーロン茶、紅茶を使うパターンがありますが、どれも「煮る」方法で使用します。 目的は「タンニン」を使ってうなぎを柔らかくすること! なぜお茶が良いのかと言いますと、時間がたつにつれて固まってしまったうなぎのコラーゲンを、緑茶が溶かしてくれるそうです。 ですが、「え?渋くならないの!?」とご不安になりますよね。 でもお茶に含まれるタンニンはうなぎのタンパク質と結合することで弱くなる性質を持っているそうです。 ただ・・・ なんと 緑茶・ウーロン茶・紅茶のどれを使う場合でも「茶葉から出したお茶はNG!!」だそうです。 なんとタンニン量が多すぎて渋くなるとのこと・・・その矛盾点を埋めてくれるのは 「お手軽!ペットボトルお茶!」だそうです 笑 ペットボトルのお茶はタンニン量も程よいので、うなぎを絶妙に柔らかくしてくれるそうです!うなぎを買う際にペットボトルも1本買うと良さそうですね。 かならず「無糖」を選んでくださいね。 選ぶお茶の種類はお好みですが、ウーロン茶は、煮たあとに焼くと香ばしさが出てうなぎとの相性が抜群だそうですよ! 以前、試してみましたが、緑茶がうなぎの味に影響することもなく美味しくいただけました!温め方は、フライパンに入れたうなぎが浸るくらいの緑茶を注ぎ、緑茶がなくなるまで煮て、タレを絡めるという簡単なもの。 とても美味しいのでおすすめです!.

次の