ダイナー 映画ネタバレ。 映画『Diner ダイナー』ネタバレ感想・考察!ボンベロとブレイズの当たらない銃撃戦に吹き出しそうになる

ネタバレ&感想!映画『Diner ダイナー』蜷川ワールド炸裂の世界観も、豪華キャストは無駄遣い?

ダイナー 映画ネタバレ

映画『Diner ダイナー』のあらすじ 元殺し屋で天才シェフのボンベロが店主を務める殺し屋専門の食堂「ダイナー」。 そこで日給30万円の怪しいアルバイトに手を出して闇の組織に身売りされた少女のオオバカナコがボンベロに買われて働くことになった。 ダイナーはボンベロが「王」として君臨していて、全身傷だらけの孤高の殺し屋スキンや子供のような姿をしたサイコキラーのキッド。 そして不気味なスペイン語を操る筋肉自慢の荒くれ者のボロなど、ひと癖もふた癖もある殺し屋たちが次々とダイナーを訪れる。 映画『Diner ダイナー』のネタバレ 少女のオオバカナコは母親からも周りの誰からも必要とされずに孤独になった。 いつしか人のことを信用しなくなったカナコは、周りの人間も彼女のことを信用しなかった。 この世界のどこにも自分の居場所がないとカナコは思うようになった。 料理が好きで料理を作る間だけ自分がここにいていいと思える。 ある日、カナコはメキシコに行かなければならないという使命感にかられてその旅費を稼ぐために日給30万円のバイトをする。 しかし、そのバイトはカウボーイとDDに命じられて運転手をさせられる。 事故を起こしたカナコはカウボーイとDDとともに縛られて吊るされてしまう。 DDは「殺さないで!」と泣き叫んでいたが闇の組織に消される。 カナコは組織の連中に料理が得意だから殺さないでと命乞いして組織の一員であるブタ男が彼女をゴルフクラブで気絶させた。 「砂糖の一粒までが俺に従う!」と孤高のシェフ・ボンベロはカナコに告げ俺に従うか死ぬかだと選択を迫る。 ここは殺し屋専門の食堂「ダイナー」で今まで何人のウエイトレスがここで働いたが1人も生き残ってはいないとボンベロはカナコに話す。 カナコはまずトイレ掃除をボンベロに命じられて掃除が終わった後便器を舐めるよう強要した。 拒否したカナコを殺そうとすると電話が鳴り出しボンベロは電話に出る。 その隙にカナコは奥の部屋に入り金庫を開ける。 金庫の中にはダイヤで濾過した「ディーバウォッカ」が入っていてそれをボンベロが見つからない場所に隠した。 「ディーバウォッカ」を人質に取られたボンベロは仕方なくカナコをウエイトレスとして働かせることにした。 ダイナーの掃除を始めたカナコはボンベロからホールに行けと指示された。 ダイナーに行くまでには3つのドアがありボンベロが許可した客だけダイナーの中に入ることができる。 最初に来た客は顔中傷だらけのスキンでカナコは彼を部屋に案内した。 スキンの顔を見てカナコは母親が作ってくれた体操着袋のことを思い出した。 母は姉だけを連れてカナコを祖母の家に置き去りにしたことを話す。 イカれた殺し屋の客 次に店に来たブロたちにカナコは弄ばれていた。 ブロたちはカナコを買いたいとボンベロはカナコをブロたちに差し出した。 そこにスキンが現れてカナコを離すようブロたちに命令する。 スキンはブロたちを倒して硫酸を浴びせようとした。 するとここにメシを食いに来たと話しスキンはカナコに料理を注文した。 料理を持ってきたカナコにスキンは料理を食べさせようとしたが突然ボンベロに呼ばれた。 ボンベロは子供のような姿の殺し屋・キッドの相手をさせてキッドはカナコに抱きつき気に入っている様子だった。 スキンにスフレを持っていけとボンベロはカナコに命じて、スキンは母親が作ってくれたスフレをボンベロが完全に再現して世界一の料理人だと称賛した。 しかし、スフレの中にコイン?が入っていてカナコはボンベロのところに行きこれが入っていたと報告する。 ボンベロはわざと入れたと告げ、いつもスフレに異物を入れられるスキンは自分にはそのようなスフレがお似合いだと話す。 帰ろうとするスキンにカナコは謝りカナコの優しさに触れたスキンは彼女に飴を渡した。 食堂の倉庫でカナコはキッドから一緒に逃げようと提案される。 キッドと一緒に来た教授は孤児院から子供たちを拐ってキッドに子供を殺すよう命じているとキッドはカナコに話す。 その時、突然ボンベロがカナコの腕を掴み壁に押さえつけた。 「自分がどれだけ危険なことをしているのかわかってるのか、無知なものは罪だ!」とボンベロはカナコに言い放つ。 そして、キッドの雄叫びが聞こえて部屋に行くとキッドがブロたちを痛めつけているのを目撃する。 ブロは針で壁に釘付けにされて仲間の1人が口に爆弾をいれられて頭が吹っ飛んだ。 その惨劇を見たカナコはショックを受けてボンベロはキッドにブロの仲間の死体処理を任せた。 キッドは殺しのために全身整形やホルモン注射を施して骨格にまで手を加えて子供の姿になった。 実際の年齢は知らないがカナコよりは確実に上だとボンベロはカナコに教えた。 キッドと一緒にいる教授は仕事を円滑に進めるためのただのお飾りだそう。 キッドの寿命は長くないとカナコに話し、殺しを楽しんでいると告げる。 カナコは「イかれてる」と呟き殺し屋はどいつもこいつもイかれてるとボンベロは話す。 眠りについたカナコをベッドに寝かせてボンベロは組織のナンバー2で南のトップ・コフィからの電話に出る。 組織のボスのデルモニコの一周忌に組織のトップメンバーを集めると宣言した。 東のマテバ、西のマリア、北の無礼図の3人とコフィも入れてダイナーに来ることになった。 その時に「ディーバウォッカ」を出してほしいとコフィはボンベロに命じる。 ボンベロはカナコに「ディーバウォッカ」を渡せと命じたが渡せば命がないと感じていたカナコは拒否した。 キッチンに行ったカナコはボンベロが笑っているのを見て不気味に思っていた。 ボンベロの相棒であるブルドッグの菊千代が戻ってきて喜んでいたのだ。 菊千代がカナコの見張り役になりボンベロが留守の間カナコは菊千代と2人きりになる。 電話でボンベロからキッドを待たせておくように指示を出した。 そのすぐ後にキッドが血まみれの姿で現れる。 電話が鳴りカナコが電話に出るとボンベロだった。 ボンベロはキッドを待たせるように指示は出してなくてキッドがボンベロの声を真似していた。 「キッドに殺されるぞ!」とボンベロは叫び、カナコはキッドにトランプを投げられる。 トランプはカナコの胸に刺さり必死に逃げようとする。 その時、菊千代がカナコを庇いカナコも菊千代を守ろうとした。 キッドの投げたトランプがカナコの背中に刺さり菊千代はキッドに飛びかかりキッドの頭を噛み砕こうとする。 そこにボンベロが現れて菊千代を止めてキッドは頭から血を吹き出しながら「もっと殺したかった!」とボンベロに言い去っていった。 カナコはボンベロからハンバーガーを出されて頬張り祖母と暮らした日々の記憶が蘇る。 スキンの悲しい過去 スキンが傷だらけでダイナーにやってきて組織のボスのデルモニコを殺した裏切り者が組織の中にいるとボンベロに話す。 ボンベロはカナコにスフレ作りを任せてスキンにスフレを出した。 感動のあまりスキンはマシンガンを取り出してやたらめったら撃ちまくりダイナーはめちゃくちゃになった。 ボンベロはスキンをなだめようとしたがスキンは止まらず母親に捨てられた時のことを思い出して恐怖した。 スキンの嘆きを聞いてカナコはスキンを抱きしめて同じ母親に捨てられた者同士共鳴していた。 とそのとき、ボンベロがスキンを殺しスキンの身体に爆弾があったのを発見する。 「スキンに何をした!」とボンベロはカナコを問いつめる。 カナコはスキンに最高のスフレを食べさせたいと思ってスフレの中にあった異物をこっそり取り出していた。 そのことを知ったボンベロは激怒し、母親の最高のスフレを食べたらスキンが暴走することを教える。 ボンベロはカナコに銃を向けて出て行けと言い放ったがカナコは怯まずボンベロに向き合う。 ボンベロのような料理を私も作りたいとカナコはボンベロに告げ、ボンベロは「いらなくはない」とカナコに呟く。 カナコはボンベロから料理を教わり「ディーバウォッカ」のある場所をついにボンベロに教えた。 実はボンベロが倉庫から出ていった隙にカナコが「ディーバウォッカ」を金庫に戻しておいたのだ。 ボスの跡目争いの勝者 組織のボスのデルモニコは1年前に事故で亡くなりそれからは組織のナンバー2のコフィが組織を仕切っていた。 ダイナーでデルモニコの一周忌に懇親会が開かれることになった。 そこで、東西南北の組織のトップが集結して大ボスの跡目争いを始めるとボンベロはカナコに告げる。 「一瞬でも気を抜けば殺される」とボンベロはカナコに忠告する。 コフィは数日前にマテバが殺されたとボンベロに報告した。 それぞれのボスたちが集まり「ディーバウォッカ」はマテバを殺した奴を殺した時の祝杯に飲もうと無礼図は提案した。 ボンベロはかつてボスのデルモニコが愛したメニューをコフィたちに出した。 マテバの部下のスキンから何か聞いていないかと無礼図とマリアが迫るとボンベロはなにも聞いていないと答えた。 その時、カナコはスキンから預かったケースを無礼図たちに渡す。 中に入っていたのはデルモニコの指輪と「コフィ」と書かれたメモだった。 コフィはデルモニコから譲られたものだと説明したがボンベロはデルモニコがコフィのビジネスを気に入っていなったと話す。 デルモニコを殺害したのは自分だと白状したコフィをマリアが殺そうとした。 だが、無礼図はボスが1人の方が美しいと話しマリアの首を掻っ切った。 無礼図はコフィの口に銃を押し込みコフィを殺した。 無礼図はコフィの死体とカナコの処理を部下に任せてダイナーを出ていく。 カナコが連れて行かれようとした時、ボンベロは無礼図の部下を殺してダイナーに立て篭もる。 無礼図たちがダイナーに突入しようとしていた時、ボンベロは突然カナコに料理を教える。 「感覚を研ぎ澄ませて己の欲望に従え!」とボンベロはカナコに告げる。 無礼図はロケットランチャーを発射させてダイナーの分厚い扉を破壊した。 菊千代は無礼図の手下に襲いかかったが撃たれてしまい倒れる。 カナコを部屋に押し込んでボンベロは無礼図たちと激しい銃撃戦を繰り広げる。 無礼図とボンベロは剣とナイフで壮絶な攻防をして、ガス管を切った後マッチで火をつけ大爆発を起こした。 ボンベロはカナコを部屋から出すが無礼図の手下たちに撃たれてしまう。 通気口から外に出るようにボンベロはカナコに指示をして銀行口座と暗証番号が刻印されたアクセサリーを渡す。 カナコはいつか私の店に食べに来てと言いボンベロにキスをした。 通気口を這いつくばってカナコは脱出して、ボンベロは無礼図の銃を掴み爆弾を爆破させた…。 カナコとボンベロの結末は! その後、カナコはメキシコのある街で小さな自分の店「ダイナー」をオープンした。 誰にも必要とされず自分のことも必要としていないと感じていたがボンベロと出会ったことで自分を必要できると思えるようになった。 カナコの夢は彼の人生を変えるような料理を作ることだ。 ある時、店に現れたのは菊千代とボンベロだった。 カナコはボンベロに抱きつき2人はお互いを必要としていたのだっだーー。 映画『Diner ダイナー』の感想 元殺し屋の天使シェフが店主を務める「ダイナー」に少女のオオバカナコが闇の組織に身売りされた。 カナコはボンベロからここで働くよう言いつけられウエイトレスとして働くことになった。 しかし、ボンベロから必要とされなければ命はないと感じたカナコはボンベロが大事にしていた「ディーバウォッカ」をある場所に隠した。 どこか共通点があると思ったらこの2人はともにでーはあ親に捨てられた過去があったのか。 ボンベロがスキンの母親が作ったスフレと全く同じ味のスフレを作ってスキンに食べさせたけどスフレの中になぜか異物を入れている。 その理由は小さい頃に食べた母親の最高のスフレを食べるとスキンが暴走するからということだった。 スキンは母親のスフレが食べたいという願いがあったがその願いが叶ってしまったら生きる希望を失う。 そうボンベロが言ってたけどそれでしか生きる希望を見出せないなんて悲しい…。 組織のボスのデルモニコの一周忌に東西南北のボスが集まって殺し合いが始まった。 ボスの跡目争いで無礼図がマリアとコフィを殺してボンベロとカナコも始末しようとした。 しかし、カウボーイとDDという2人組に無理やり運転手をさせられて事故を起こした。 意識を取り戻すと闇の組織に身売りされて殺し屋専門の食堂「ダイナー」にウエイトレスとして送り込まれた。 そこで出会ったのは元殺し屋で天才シェフのボンベロで、彼はダイナーの「王」だった! カナコはウエイトレスの格好をして働き始め、顔中傷だらけのスキン、見た目は可愛らしい子どもだけど残虐な性格のキッドなどの殺し屋が客としてこの店にやってくる。 最初はボンベロに殺されると思い怯えていたカナコだが、徐々にダイナーで自分の存在価値を見つけていく。 ボンベロとも心を通わせて、無礼図との戦いで生き残ったボンベロとカナコは心を通わせた。

次の

映画「Diner ダイナー」あらすじとネタバレ!結末はまさかの全滅!?

ダイナー 映画ネタバレ

蜷川実花・1996年に第7回写真「ひとつぼ展」でグランプリを受賞し、第13回キャノン写真新世紀で優秀賞を受賞。 1998年には、第9回コニカ写真奨励賞を受賞。 2001年、第26回木村伊兵衛写真賞を受賞。 2006年には、第13回VOCA展2006の大原美術館賞を受賞。 2007年に初監督映画「さくらん」を公開、第57回ベルリン国際映画祭、第31回香港国際映画祭に特別招待作品として正式出品される。 2008年に個展「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回し、のべ18万人を動員。 2010年、写真集を出版し世界各国で話題となる。 2012年、監督映画第2作目となる「ヘルタースケルター」を公開、2012年度新藤兼人賞銀賞を受賞する。 2019年、小栗旬主演の「人間失格 太宰治と3人の女たち」2020年にNetflixで配信予定の「Followers」などがある。 また人気アーティストのPV監督も多数手掛け、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の理事に就任する。 元殺し屋の天才シェフのボンベロが営む殺し屋専用ダイナー食堂。 日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコはウェイトレスとして売られてしまう。 次々と店にやってくる殺し屋たちのオーダーは極上の料理か、それとも殺し合いか。 店主、ウェイトレス、殺し屋たち。 新たな殺し合いが始まる ボンベロ(藤原竜也)オオバカナコ(玉城ティナ)スキン(窪田正孝)キッド(本郷奏多)ブロ(武田真治)カウボーイ(斎藤工)ディーディー(佐藤江梨子)ブタ男(金子ノブアキ)マテバ(小栗旬)マリア(土屋アンナ)無礼図(真矢ミキ)コフィ(奥田瑛二)など ネタバレあらすじ Diner ダイナー 幼い頃に母親に捨てられてから人を信用できなくなったオオバカナコは祖母に育てられ孤独に育ってきました。 誰の事も信じてこなかったので誰からも信用される事はありませんでした。 自分は透明人間なんだと思う事で精神を守っていたオオバカナコは料理だけが心の支えでした。 ある日、メキシコの色とりどりの街並みが映った絵はがきを見て行きたいと思い旅行代理店に行くと宿泊旅行費すべて合わせて30万だと知ります。 あるわけないと思いながら「バイト 側近 30万」で検索をかけると「運転の仕事」でヒットします。 カウボーイの格好でキャンディを舐めながら方言の英語を話す男、そしてそんな彼を「ダーリン」と呼ぶ女 ディーディー、二人の運転を務める事になるが銃は乱射されるはで、気付くと ブタ男率いる組織に捕まりディーディーと一緒に吊されていました。 カウボーイは無残な姿になっておりディーディーは必死に命乞いをするが聞かれていないのに答えたため落とされてしまいます。 あまりの恐怖にオオバカナコは「私を生かしといた方がいいと思います。 りょ、料理が得意ですから」と泣き叫びました。 殺し屋専用ダイナー 面白いと命を助けられたオオバカナコはブタ男にウェイトレスとしてダイナーに送り込まれます。 ダイナーのシェフの ボンベロは元凄腕の殺し屋で殺し屋を束ねるトップのデルモニコに料理の腕を見込まれた事で足を洗っていました。 「お前はオーナーに買われてここに来たから出られない。 俺はここの王だ、砂糖の一粒まで俺に従う。 壁には今まで働き殺されたウェイトレスの写真が飾ってありました。 お皿の置き方1つでも逆鱗に触れたら消されてしまう。 舐めれるまでトイレを綺麗に掃除しろと言われたカナコは早速オーナーに殺されそうになるが電話に応対している隙にダイヤル式のロックを解除して逃げ込みます。 1億のディーバーウォッカが保管されておりそれを人質にとって自分の身を守り、ウェイトレスの服装に着替えさせられ本格的に店内を掃除します。 毎日掃除が必要な仕事なので普通は綺麗だが殺し屋専門ダイナーのせいかとにかく大掃除並みに激務です。 開店 お店に入るまでには3つの扉を突破する必要があり最後のドアはボンベロがモニターで見て開けることになります。 「開店だ」と命じられカナコは準備していると全身が凄まじい傷跡で覆われている スキンが来客します。 ボンベロとは古い仲のようです。 カナコは無意識のうちに鼻歌を口ずさんでしまい理由を聞かれます。 自分を捨てた母親が体操着袋を手作りしてくれる時に口ずさんでたと伝え、母親は自分を捨てて姉だけを連れて行ってしまったと話すとスキンは同情してくれます。 紳士的でとても殺し屋には見えなかったが常連客で 筋肉自慢のブロは違いました。 スペイン語を操り仲間を引き連れてやってきたブロは肉や酒と同じくらい女が大好きでカナコはベタベタ身体を触られます。 前のウェイトレスはブロに消されたと知ったカナコは脅えるがなぜか気に入られてしまいます。 カナコは売られそうになってしまうが「煩くて注文できない」とスキンがやってきます。 スキンは全員をぶっ飛ばすとボンベロがやってきて「スキンに逆らうな忠告しようとしたが遅かったか」と言いました。 スキンはブロよりも高い値段を払うと言い、ボンベロは「それよりも高い金出すか、いまいメシ食うか、それとも消えるか」と聞くとブロは「飯を食いに来たんだ」と言いました。 カナコはスフレを届けると「いらなくなったわけじゃないと思うよ、お母さん」と言われます。 スキンの母親も亡くなっており思い出話だけでボンベロは味を再現してくれたようです。 これを食べるために生きているんだと喜んで食べるが中からコインが出てきたので感情が消えます。 カナコは伝えに行くと「あいつにはあれでいい、そのうちまともなスフレを食べさせてやる」とボンベロは言いました。 スキンは「あいつが正しい」と言い帰って行きました。 教授と幼い子供 キッドが来店します。 どう見ても殺し屋には見えなかったが全身整形やホルモン注射を施し骨格にまで手を加えているので子供に見えるだけであり実は正真正銘のサイコパスです。 「一緒に逃げてよ。 教授は僕みたいな子供を誘拐して獲物にしているんだ」 カナコは戸惑っているとボンベロがやってきて「殺されるのは勝手だがディーバーを渡してからにしろ」と連れて行かれます。 叫び声が聞こえ出て行くとがキッドは店内で仕事をしていました。 ボンベロは仲間が殺されて怒り狂うブロに「今日は帰れ、復讐ならよそでやれ」と命じると「絶対に逃がさないからな」と出て行きます。 遺体の始末は自分でやれと命じるとキッドは「やったー」と喜び巨大なハサミでちょん切っていきました。 「子供に見えても年齢は確実にお前より上だ」とカナコは教えられます。 イカれた連中にうまいものを喰わす場所なんだと言われたカナコはそのまま気を失います。 東西南北の代表 ボンベロは電話に出ると 組織ナンバー2で南のトップのコフィからでした。 デルモニコが亡くなり一周忌まで跡目相続は封印とされているので実質的に組織を仕切ってきたコフィは物静かな老紳士に見えるが大好きなつるつるミカンに少しでも白い筋が残っているだけで部下を撃ち殺す生粋の殺し屋です。 デルモニコの一周忌の懇親会まであと一週間になり各地の代表が集まる事を知らされます。 やってくるのは目的のためなら手段を選ばない 北のトップの無礼図、美しき男装の麗人で腹心の部下・荒裂屈巣と雄澄華瑠を従える。 「美しいことは正しい」という確固たる信念を持ち、ボンベロの料理人としての腕を買っています。 西のトップのセクシーなマリアはイケメンには目がないが根っからの女王気質で美しさと強さを武器に多くの屈強な男達を消してきました。 スキンが仕える 東のトップのマテバは美しい昆虫を寵愛する頭脳明晰な殺し屋です。 コフィは1年ぶりに何事もなく4つの代表が顔を会わせるのだからディーバーウォッカで楽しみましょうとボンベロに伝え電話を切ります。 隣に座っていたマテバは組織トップの証でもある指輪をデルモニコがしていなかった事から事故に見せかけて殺されたのではないかと疑いスキンに探らせていました。 「組織トップの座を狙う者によって消されたというのが町の噂、なぜ事故だと断定できる?」 その頃、「懇親会でディーバーウォッカを使うことになったから渡せ、あれがなければお前だけでなく俺も消される」とボンベロに言われたカナコは命綱でもあるので当日に渡すと告げました。 当日、ボンベロがすごく機嫌が良かったのでカナコは何故なのか聞くと相棒が退院したんだと聞かされます。 相棒の菊千代はボンベロに忠実でありなんの躊躇もなく人を殺す苺が大好物なブルドックです。 忘れていた夢 ボンベロが仕入れに出かけカナコは菊千代に見張られながら留守番を務めます。 ボンベロから「キッドが行くから店に待たせとけ」と電話があったのでドアを開けるが在庫確認の電話があった時に「キッドが待っている」と告げると中に入れたのかとボンベロに驚かれます。 「あいつは仕事を失敗して苛立ち教授を始末したらしい、目的はお前だったか、菊千代から離れるな」 ボンベロの声を真似てキッドが電話してきたのだと分かるカナコは脅えているとキッドが投げたカードが身体に突き刺さります。 菊千代を庇うカナコは背中にもカードが突き刺さるが怒った菊千代が飛びかかりキッドの頭を咥えます。 急いで帰ってきたボンベロは菊千代を止めてキッドを帰らせました。 菊千代を庇って守ってくれたお礼なのかボンベロからハンバーガーをご馳走されます。 カナコは料理を作って祖母に褒められた時にレストランを作って母親に来てもらうのが夢だと語った事を思い出します。 ダイナーに傷だらけのスキンが逃げ込んできます。 ボスのマテバは殺されデルモニコの事件を探っていた自分が狙われた事でやはりあれは事故ではないのだとスキンは言います。 その話は口にするなとボンベロは止め、カナコは話し相手になるよう命じられるが「僕が助からなかったら君がボンベロを守るんだ」とスキンに言われ円形の缶を渡されます。 厨房に呼ばれたカナコはボンベロが作ったスフレを届けに行くとスキンは感動しながら食べます。 カナコは「夢を思い出したけど母親のためじゃなくまずは自分のために生きなきゃと思ったの」と伝えるがスフレを完食したスキンは生きていて良かったと叫びライフルを取り出して乱射し始めました。 「もうお前は大丈夫だ、もう自由なんだ」とボンベロは訴えるが「俺はどうしようもないんだ、母親にお前なんかいらないと言われた」と叫びます。 カナコは「いらくなったわけじゃない」と叫びライフルを手にするスキンに駆け寄って優しく抱き締めます。 「母さんありがとう」とスキンは落ち着くがボンベロは起爆スイッチを持っている事に気付き射殺しました。 完璧なスフレを食べると生きる希望を失ってしまう事が分かっているのでボンベロは小細工をして感情を邪魔していたがカナコは手伝うときに完璧なスフレを食べてほしいと思い抜き取っていたのです。 「望みが叶わない事が生きる希望になっている奴もいるんだぞ」と拳銃を突き付けられたカナコは「分かった。 今は消される理由が分かる」と受け入れると扉が全開します。 「出て行け、2度と戻ってくるな」と言われたカナコは「あなたみたいな料理が作りたい。 最後まで責任とってよ。 消したいならさっさと引き金を引きなよ」と言い放ちます。 「私はここにいる、いらなくてもここにいる」と訴えるとボンベロは「いらなくはない」と銃を下ろしました。 結末 カナコに料理を伝授するボンベロは「これから東西南北のトップの殺し屋がやってくる。 ちょっとした油断で消されるから用心しろ」と伝えるがスキンが予想したとおりマテバは消されていて来ませんでした。 マリアは「あのイケメンを消した奴は許さない」と激怒しています。 スキンが何か探っていたらしいが聞いていないかと無礼図に聞かれたボンベロは「何も」と答えると、マリアに机の上に倒され無礼図に手の甲をナイフで刺されます。 カナコは「待ってください」と止め、スキンから渡されていた円形の缶を差し出します。 そこには組織トップの証でもある指輪と「コフィ」と書かれたメモ用紙が入っていました。 上層部から外されそうになりビジネスのためには仕方なかったとコフィは話すがマリアに蹴っ飛ばされます。 しかし「ボスは一人の方が美しい」と無礼図はマリアの喉をナイフで捌きました。 ドアを開けるよう要求されたカナコは従うと無礼図の部下がなだれ込んできました。 ディーバーをコフィの口に流し込みながらショットガンで始末した無礼図は「私の下でダイナーを続けてくれ」とボンベロに言います。 「俺を見付けて育ててくれたのはデルモニコです」と告げるがカナコが「知りすぎた女」だと連れて行かれそうになったので襲撃をかけてドアをロックします。 破壊して押しかけてくるのを読むボンベロは準備しカナコを安全な部屋に閉じ込めます。 敵を一ヶ所に集めさえマッチで火を点けて放り投げると大爆発を起こします。 二人で逃げだそうとするが敵はまだまだいました。 ボンベロは銀行口座とパスワードが書かれたネックレスを渡し「自分と向き合って自由に生きろ」と言いました。 「お前が逃げてきたものは逃げれば逃げるほど追ってくる。 もう誰もお前を必要としていないなんて事はない。 お前がお前を必要としている」 カナコは「いつかお店に来てね、必ず来てね」と泣きながら伝えキスしてダクトから逃げました。 数年後、メキシコでダイナーを営んでいたカナコは犬の鳴き声が聞こえ振り向くと菊千代を連れたボンベロが入り口に立っていました。 カナコは駆け寄って抱き締め再会を喜びました。 感想 えーっと、面白かったけどどこで恋愛に発展したんでしょうか。 殺し屋だけが来店するダイナー、設定が面白いが今までにウェイトレスが消されていたので細かいルールはないのかな。 ボンベロは結局カナコを守る時だけ腕を見せましたね。 なんで守ったのかな。 キッドに狙われたときも本気で心配していたしスキンが亡くなってしまった時は出て行けと言うし・・・はっきりとした理由がほしかったのが正直なところ。 まさか一目惚れじゃないでしょうに。 最後、真矢ミキさんがやってきてから宝塚になり、藤原竜也がいた事で舞台を見てるような感覚になりました。 代表さんはみんなあっけなかったですね。 真矢ミキ演じる無礼図はみんな同じ格好しているから誰か分からなかったな。

次の

小説『ダイナー』の怖すぎる登場人物たちを紹介!殺し屋ばっか!まるで地獄?

ダイナー 映画ネタバレ

藤原竜也:ボンベロ• 玉城ティナ:オオバカナコ• 窪田正孝:スキン• 本郷奏多:キッド• 武田真治:ブロ• 斎藤工:カウボーイ• 佐藤江梨子:ディーディー• 金子ノブアキ:ブタ男• 小栗旬:マテバ• 土屋アンナ:マリア• 真矢ミキ:無礼図• 奥田瑛二:コフ ィ 映画「Diner」感想:正直つまらない 序盤の時点でというかもっというと冒頭で「あれ……これ大丈夫かな……」と思っていたら本当に終始辛い感じで終わってしまいました。 ぶっちゃけ全然おもしろくなかったです。 話が改変されまくっててちぐはぐになっているし演出も変な演出多いし……。 漫画版しか読んでいない筆者が言うのもなんですが総じて「Dinerらしさ」を欠いているような印象がありました。 悔しい。 オオバカナコはもっとこう普通でおバカな感じがよかったよ。 以下でめっちゃ毒吐きます。 圧縮しすぎて話が全然おもんない 多種多様な殺し屋が狂った行為を繰り広げるのが面白いのにそういうの全然ない。 ほとんどない。 ドレイナー(洗浄屋)とかポロンとか炎眉はいなかったことになってる。 コフィーの小物感も悲しい 原作版は知らないけど、ラスボスのブライズさんも魅力全然感じない。 ぽっと出の人ラスボスにされてもこっちはちっとも熱くなれないよ。 ラストあたりでボンペロとカナコと菊千代と3人で登場するシーンだけはかっこよかった。 演出の「違うそうじゃない」感 これは監督がどういう人か知らずに見た私も悪いかもしれないんですけどそれにしてもあれはやりすぎでは。 「Diner」の魅力って見てるこっちも痛くなったりゾッとするような残虐演出(歯神経への電極はなんど見ても鳥肌竜也)だと思ってたんですけどそういうの一切なし。 悲しいよ。 なんかオサレにお花散らせて色彩豊かなビジュアルばかりで「そういうの見に来たんじゃないんだけどなぁ〜」感が強かったです。 キャラ紹介の字もいちいち読みづらいよ。 何人か読めなかったよ。 一番ムカついたのは亡くなって額縁に飾られているウェイトレスたちの写真(8枚)がいちいちチャチャ入れてくるとこ。 「がんばれー」とか「こわーい」とかなんなのそれどういう演出なの?終始イライラさせられました。 悲しい。 もう一つだけいうと店内の雰囲気も謎。 コンセプト何?勝手なイメージだけどDinerは「シンプルだけどひとつひとつのモノにこだわり抜いた上質な空間」というイメージだったので悔しい。 てか全体的に暗いよ!見づらいよ! 「そこで切るの?」カットが謎 BGMやたら盛り上がったところで突然暗転して別シーン移ることが多かったのもなんとも言えませんでした。 それより戦闘シーンがひどい。 派手にドンパチやってると思ったらいきなり別カットに移る。 どういうこと〜全部見して〜。 ダイジェスト版かこれは。 ラスボス強すぎ説 演出のせいですよね。 ボンベロはどんどんボロボロになっていくのにブレイズさんはどれだけ戦っても全くの無傷。 なんならボンベロの知略で爆発をダイレクトに食らったはずなのに衣装さえも無傷。 帽子も衣装も髪型も最後までピッカピカ。 なに、ストック持ってきたの?それか井上織姫的なあれ?わたしは拒絶したんか? 最後はちゃんと死んだみたいだけども謎でした。 なぜ生きてる そんで同じように爆発を直撃したボンベロがなんで生きとんねん。 あの局面から生き残るの無理でしょどう考えても。 やるにしても事前に抜け穴なりなんなり回避できる伏線用意しといてくれないとちょっと変でしょ。 菊千代もだよ。 あんたぐったりしてたでしょ。 一体どんな魔法使ったの。 関係ないけど菊千代のCG感すごかったですね。 スキンは格好良かった スフレのスキン。 スキンのスフレ! 窪田正孝演じるスキンはちょーかっこよかったです。 髪型がマッシュウルフぽい今っぽい感じで。 暴走までの流れはちょっと違和感ありの助だったけどまぁOKです。 ボンペロとスキンが戦うシーンは新旧デスノートの夜神月の激突を見ているみたいで妙に感慨深くなりました。 笑 「Diner」感想まとめ 原作ファンにはおすすめできない まとめると小説版、漫画版が好きな人にはおすすめできないかなぁ…と思いました。 良くも悪くも監督の色が強く出すぎてて。 小説版が好きな人は店のイメージとか固まってないからいいのかな?でもあれはちょっとやりすぎ感が否めないよ……。 監督はインタビューでこのように語っていたようですが、だからといってこれはちょっと自分色に染め上げ過ぎじゃないか……と思った一作でした。 せっかくの上質なホラー作品がただのキャラ映画になってしまった。 悔しいので他の方に改めてリメイクしてほしいなぁ。 藤原達也大好きなのに残念でした。 彼の主演作ってなんかこう惜しい作品が多いような気がするのは私だけでしょうか。 笑 漫画版はおもしろいのでぜひ読んでみてください。

次の