ノーダウト 歌詞。 Official髭男dism『ノーダウト』歌詞の意味・解釈と考察

ノーダウトの歌詞

ノーダウト 歌詞

人の噂ほど恐ろしいものはない。 インターネットが発達している現代では、それは音速をも越えるスピードで世界中へ広まっていく。 人はいつも、世間の噂話やメディアのゴシップ等に振り回されがちだ。 それ故に、特定の誰かに悪い印象を持ったり、批判的な態度をとることもあるだろう。 しかし、大半はそれで終わりだ。 自ら噂話に首を突っ込んで勝手な推察をした挙げ句、マイナスな評価をつけ、スッと去っていく。 耳の痛い方も多いのではないだろうか。 噂話に振り回される人々 ---------------- STOP! この偽物を撒き散らす。 つまり、それほど好きでもない相手に好意があるふりをして良い顔をしている時のことだろうか。 そして浴びる「9桁のビルシャワー」。 9桁といえば一億。 その紙幣がシャワーの如く降り注ぐ。 まさに、一仕事終えた『コンフィデンスマンJP』の主人公3人組を描いた情景そのものだろう。 つまり、日頃人々が噂話に振り回される様すら、彼らの策略の一部なのかもしれない。 虚偽の情報に翻弄されまんまと信じ込めば、彼らの計画通り。 すべて終わってからそれを責めたところで、「勝手に信じたのはお前達だ」と札束を抱え高笑いするダー子が目に浮かぶ。 主人公が詐欺師というまさかの犯罪者にも関わらず、妙に快活なストーリー。 正義と悪がごちゃごちゃに入り交じって、誰が正しいのか良く分からなくなるような複雑性。 このドラマの最大の魅力だ。 そのように思わせる最大の理由として、彼らは無実の一般人には手を出さない。 反社会的活動など、悪意を持って弱者を虐げ富を築き上げた人間達を、主なターゲットにしている。 それが彼らなりの正義なのか優しさなのかは分からない。 しかし、上記のフレーズはそんな彼らの「善」の一面を描いているように思える。 『ノーダウト』とはつまり「疑いがない」という意味だ。 それほどまでに、自分達の虚構は素晴らしいパーフェクトな完成度であると自画自賛しているのだろうか。 ドラマを踏まえた概念を捨てれば、おそらく現代社会への真偽を問う提案や、人を守るためにつくような優しい嘘、それを持って越えられる未来等も読み取ることができる。 しかし、あの3人組が豪華なスウィートルームではしゃぐ様を思い浮かべると、とてもそんな美しい解釈ができない。 ストレートなはずの言葉の一つひとつを疑いたくなるのだ。 いや、もしかしたらそれすらもコンフィデンスマン達の、もしくはヒゲダンの策略なのだろうか。 思考の沼に嵌ってしまった私にはもう分からない。 一体どちらが正しいのか、是非もう一度じっくり聴いて判断していただきたい。

次の

ノーダウト 歌詞 Official髭男dism ※ search.applylikeapro.com

ノーダウト 歌詞

音楽に関する情報がない!(笑) 結成の経緯 藤原が島根大学在学中、同じ軽音楽部だった楢崎・松浦と、学外で仲が良かった小笹に声をかけ結成。 藤原と小笹は別バンドで対バン(複数のアーティストが順番に演奏する形で共演すること)した際に、お互い「Children Of Bodom」というメタルバンドが好きだと分かり意気投合。 2016年2月に活動を本格化させる為に上京。 今までにシングル1枚、配信限定シングル1曲、ミニアルバムを3枚リリースしている。 ドラマ「コンフィデンスマンJP」とは 2018年春の月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」。 「リーガルハイ」シリーズ、「デート~恋とはどんなものかしら~」、映画「ミックス。 」などの古沢良太さんのオリジナル脚本だよ! コンフィデンスマンJPのあらすじ この物語の主人公・ダー子(長澤まさみ)は年齢不詳、正体不明、とにかく規格外で無軌道なコンフィデンスウーマン。 お金とファッションとおいしい食べ物に目がない、やや天然な女性。 都内の高級ホテルのスイートルームに居を構え、業界を牛耳る悪徳大富豪たちをターゲットに日夜、詐欺の計画を練っています。 彼女の目的は、彼らのばく大な財産を根こそぎだまし取ること。 行動を共にするのは真面目で小心者の若きコンフィデンスマン・ボクちゃん(東出昌大)と、百戦錬磨のベテランコンフィデンスマン・リチャード(小日向文世)。 このチームが、悪徳企業のドンやマフィアのボスなど欲望にまみれた金の亡者たちから、あらゆる手段を使って金を巻き上げようとチームとして動きます。 武器は、ダー子の天才的知能と抜群の集中力。 彼女は、あらゆる職業の専門知識を短期間でマスターし、さまざまな職業人になりすまします。 彼らは、抜群のチームワークで常識外れの作戦を仕掛け、一度狙ったターゲットは絶対に逃しません。 だまし、だまされ、時には味方さえ欺くことも。 彼らが、どんな奇想天外なトリックでターゲットから巧妙に金を奪うのか。 知名度もまだ無い、いちインディーズバンドの僕らですが、とてもカッコいい楽曲が完成しました!ドラマに少しでも華が添えられれば幸いです。 放送をお楽しみに。 ノーダウトはドラマ「コンフィデンスマンJP」のための書き下ろし楽曲ということになる。 ドラマ編成部コメント 脚本が仕上がり、キャストが決まり、いざ撮影を開始した時、このドラマを飾る主題歌とは何か?と壁にぶつかりました。 既存のアーティストの楽曲は似合わないかもという漠とした感覚。 そこから文字通り、ネット動画やCDショップに入り浸り、新しい出会いを探しました。 Official髭男dism1stフルアルバム「エスカパレード」発売日・収録曲は? 収録曲 01. 115万キロのフィルム 02. ノーダウト 03. ESCAPADE 04. LADY(配信限定シングル) 05. たかがアイラブユー 06. されど日々は 07. 可能性 prod. Masayoshi Iimori 08. Tell Me 09. Second LINE 10. Driver(配信限定シングルカップリング曲) 11. 相思相愛 12. ブラザーズ(配信限定シングルカップリング曲) 13. 発明家 ほとんどが新曲!初回限定版にはDVDもついているよ! 【DVD】 01. 恋の前ならえ 02. ブラザーズ 03. 夕暮れ沿い 04. LADY 05. Tell Me Baby 06. 日曜日のラブレター 07. コーヒーとシロップ 08. 異端なスター 09. SWEET TWEET 10. Rolling 高いライブ力と圧倒的な歌唱力で動員急上昇中! 今作のツアーでは中野サンプラザ単独公演も決定しているOffcial髭男dism。 通称『ヒゲダン』。 今作ではテレビ朝日系 「関ジャム」にて蔦谷好位置が選ぶ年間ベストソング2017で2位に選出された「Tell Me Baby」を含む全12曲を収録。 初回盤のDVDには昨年開催されたワンマンツアーファイナル 赤坂マイナビBLITZ公演 のライブ映像を10曲収録。 様々な著名ミュージシャンから支持を集める彼らの魅力が凝縮された 2018年必ず話題になる1枚!!

次の

Official髭男dism「ノーダウト」歌詞の意味と解釈【コンフィデンスマンJP|主題歌】

ノーダウト 歌詞

まるで魔法のように簡単に広まってく噂話 偏見を前にピュアも正義もあったもんじゃない 仕方ないどうしようもない そう言ってわがまま放題大人たち どうぞご自由に嫌ってくれて別にかまわない Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh 誰も ハリボテと 知るよしもない完璧な Lie and lie lie and lie そして少しの愛で Let me show 欲張りのその向こうを STOP! 偽のウォーアイニーまき散らして暴走してるあなたたち 使って華麗に浴びるわ9桁のビルシャワー 怪しい おかしい それ以外何も感じれない私 時代の声に責め立てられる筋合いはない Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh Let you show そのbeautiful その奥の野生のかけら はやくデマカセに気づいて 騙したわけに気づいて 誰に何度裏切られても 目を覚まして笑って one more time Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh 誰もハリボテと知るよしもない完璧な Lie and lie lie and lie そして少しの愛で Let me show 欲張りのその向こうを はじめに 2018年に発売されたOfficial髭男dismのファーストシングル『ノーダウト』。 月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌です。 メジャーデビューシングルがいきなりドラマの主題歌として起用されたため、 大きな話題となりました。 Youtubeでの再生回数は1000万回を突破しておりその注目度の高さが伺えます。 そんな『ノーダウト』ですが果たして歌詞はどのようなものなのでしょうか。 歌詞考察 嘘や噂話ばかりの世間で まるで魔法のように簡単に広まってく噂話 偏見を前にピュアも正義もあったもんじゃない 仕方ないどうしようもない そう言ってわがまま放題大人たち どうぞご自由に嫌ってくれて別にかまわない 一番Aメロ〜Bメロです。 「まるで魔法のように簡単に広まってく噂話」 「仕方ない どうしようもない そう言って わがまま放題大人たち」 と根も葉もない噂話を止めようともせず、広める世間に辟易する歌詞が綴られます。 そしてそれに対して「どうぞ ご自由に 嫌ってくれて 別にかまわない」と、 そんな噂話には付き合わず、その態度によって嫌われるのであれば構わないと 決意表明をする歌詞が続きます。 くだらない噂話や嘘を許容する世間に対して異を唱える。 これが『ノーダウト』のテーマです。 嘘を見せて欲しいわけとは Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh 誰も ハリボテと 知るよしもない完璧な Lie and lie lie and lie そして少しの愛で Let me show 欲張りのその向こうを 一番サビです。 「Let me show 神様もハマるほどの大嘘を」。 要約すると嘘を見せて、という歌詞で始まるこのパート。 これは先程説明したテーマとは矛盾しているように感じますね。 この理由は大サビで明らかになります。 「一体なぜ矛盾する言葉を並べるのか?」とリスナーの耳を離さない秀逸な構成です。 嘘を信じる人達を利用して STOP! 偽のウォーアイニーまき散らして暴走してるあなたたち 使って華麗に浴びるわ9桁のビルシャワー 怪しい おかしい それ以外何も感じれない私 時代の声に責め立てられる筋合いはない 二番Aメロ〜Bメロです。 まず言葉の解説をしましょう。 「ウォーアイニー」とは中国語で「愛してる」を意味します。 「ビルシャワー」とは紙幣の雨、ここでは大金を手にしている様子を指します。 つまり、「偽のウォーアイニー まき散らして 暴走してる あなたたち」とは、 言葉だけの愛を並び立てる冒頭で描かれたような大人達のことです。 そしてそんな大人達を「使って華麗に浴びるわビルシャワー」と、 利用して大金を得る様が描かれます。 一番Aメロで語られたように嘘や噂話は嫌っているはずの主人公が 何故このようなことをするのでしょう。 答えは一番サビの時と同様に大サビにあります。 騙していた理由とは Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh Let you show そのbeautiful その奥の野生のかけら はやくデマカセに気づいて 騙したわけに気づいて 誰に何度裏切られても 目を覚まして笑って one more time Let me show 神様もハマるほどの大嘘を oh 誰もハリボテと知るよしもない完璧な Lie and lie lie and lie そして少しの愛で Let me show 欲張りのその向こうを 二番サビ〜大サビです。 一番サビと二番Aメロ〜Bメロで説明した通り、主人公がなぜ嘘を許容し、 人を騙していたのかが大サビで描かれます。 それが「早くデマカセに気づいて 騙してたわけに気づいて」という部分。 つまり、自分達がいかに愚かであったか分かってもらうためにあえて騙すことをしていたのです。 また、その後に「誰に 何度裏切られても 目を覚まして 笑って」と続くきます。 己の愚かさに気づいた後でも、人に騙されたり裏切られたり といったことはどうしても起こりうることです。 しかし、嘘や噂話を闇雲に信じる自分の愚かさに気づいた後であれば、 きっと立ち直りも早いと思いを込め、上記のように歌うのです。 あえて悪者になることによって、嘘や噂話を盲信する人々の目を覚まさせる 主人公の姿が眩しく映りますね。 終わりに 今回は月9ドラマに起用され話題を集めたOfficial髭男dismの デビューシングル『ノーダウト』を特集しました。 歌詞考察をした結果、世の中に広く知れ渡るきっかけとなるデビューシングル とは思えないほど、世間への痛切なメッセージが込められています。 自分も「まるで魔法のように簡単に広まってく噂話」を盲信していないか、と はっとさせてくれる曲です。

次の