池田泉州銀行ネットバンキング。 カジ旅は池田泉州銀行から入金できる?

‎「池田泉州銀行バンキングアプリ」をApp Storeで

池田泉州銀行ネットバンキング

池田泉州ホールディングス [ ]• 池田泉州銀行 [ ]• 池田銀行と泉州銀行が、にやれと言われて合併した結果できた銀行。 池田銀行と泉州銀行のそれぞれのネット支店が未だに残ってる。 統合する気はない模様。 ダイレクト(ネットバンキング)を申し込んだりすると、他とは違い毎度関係書類が2通来る。 一通は、もう一通はからでそれぞれ旧池田と旧泉州の事務処理センターと思われる。 一々めんどいからマジで統合しろや。 池田は独立系、泉州は三和の子分。 すったもんだの挙句、池田側の強い意向で、合併後MUFGを離脱。 ちょっと経営が傾きかけた池田に増資してまで、合併させたUFJはメリット無し。 おかげで泉州銀行と三和銀行の時代からの相互無料入出金サービスが終わった。 2014年春からがUFJでの無料出金を始めたことを考えると、泉州人は紀陽に乗り換えるほうが得になったように思う。 しかし、実は、この池田泉州HDの独立で、数年後に結果的にはMUFGは得をすることになる。 得した理由は以下のとおり。 この国際的な新規制のおかげで、地銀を子会社に抱えるのがただのお荷物どころか、国際規制を満たすのには、むしろ邪魔な足枷になるという時代になった。 池田泉州HDの収益悪化。 京都銀行や紀陽銀行等、近隣他府県の銀行の攻勢に負け、さらに、元々販管費と行員の気位が高めなせいで、経費削減が進まず、最終的に本業で赤字計上するまでに至った。 池田銀行の方が主導権を握っているみたい。 泉州系(元三和行員)の重役と三菱東京銀行から下ってきた重役などで三つ巴の内部抗争があるという噂。 この辺、池田系と泉州系の抗争のみならず、三和系と三菱系の人間の代理戦争の様相を呈してもいて傍目には面白い。 とやたら仲がいい。 池田の時代の付き合いなので結構長い。 でも阪急自体は昔から三和みどり会。 定期預金商品の一つに「すみれの花定期預金」というのがある。 名前からなんとなく想像がつくが100万以上預入すると抽選での観劇招待があるという。 そういや、イメージガールも永らくタカラジェンヌがやっている。 それも毎度娘役のトップスターが固定。 一方、泉州銀行の流れもあり南海とも仲がいい。 ちょくちょく共同でイベントやっとる。 ここの発行するクレジットカードに阪急か南海のPiTaPaを搭載できるのもその影響か。 阪急阪神と南海の駅構内のATM、Patsatの幹事行。 確か、日本初の電鉄会社と銀行の共同設置によるステーションATMだったはず。 でもウィキペディア大先生は、それより3年以上後にできた横銀のが元祖だと主張している。 関西2府4県の地図を社章にしている。 しかし、滋賀と奈良には店舗もATMもない。 京都と和歌山も市内に1店舗だけで、地名で言えば瑞祥地名と同レベルのことをやっている。 本店の場所が。 池田泉州銀行なのに池田でも泉州でもない。 本店ビルがめちゃくちゃ小さい、というか細長い。 ネット上の画像では分からんだろうが、今にものビルが後ろから襲いかかってきそうな感じさえする。 コンビニATMでの入金が無料である。 関西の銀行ではここだけだったりする。 の中に出張所を置いていることが多い。 イズミヤ今福店に至っては同じ建物内に支店まで構えている始末。 特に池田銀行なんかそうだったが、ほとんどリテールしかやってない印象。 法人営業をやる気は端からなさそう。 そういや行員も見るからにボンボンお嬢ちゃんだらけ。 そりゃ中小企業向け法人営業みたいな泥臭い仕事できはるわけないわな。 泉州銀行も大概弱かった。 そりゃ親会社(三和銀行)の意向とかもありましたもんなあ。 おかげで、お膝元の泉州地方でさえも紀陽銀行に法人客は取られる一方だったとか。 パーソルグループのパーソルキャリアと提携して職業紹介事業を始めるらしい。 池田泉州TT証券 [ ]• 池田泉州銀行とが組んでできた証券会社。 神戸支店は、元々東海東京証券神戸支店だったものを顧客ごとそっくりそのまま移しただけ。 自然総研 [ ]• 名前が極めて胡散臭いが、一応、地銀系シンクタンクらしい。 やっていることは、中小企業とジジババ向けのセミナー。 本社は池田市城南。 旧・池田銀行本店(現・池田泉州銀行池田営業部)の中にある。

次の

【池田泉州銀行の口座の解約方法】必要なものや所要時間、手数料について

池田泉州銀行ネットバンキング

このエントリーの目次• 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店の概要• 開設日:2010年5月1日(池田銀行インターネット支店は2006年・泉州銀行ダイレクト支店は2002年に開設済)• 電話番号:0120-092-109(受付時間:平日9:00~21:00、土日祝日9:00~17:00)• 通帳・証書:なし• 取扱商品:普通預金、定期預金、外貨預金、投資信託 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店の銀行コードと支店番号は? インターネット支店とダイレクト支店は別々の支店なので、当然支店番号も違います。 銀行コード:0161• 支店番号(インターネット支店):802• 支店番号(ダイレクト支店):079 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店とは? 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店は、大阪府大阪市北区に本店を置く池田泉州銀行の支店の一つで、店舗や窓口を持たないインターネット上の支店です。 元々、2006年に開設された池田銀行インターネット支店と、2002年に開設された泉州銀行ダイレクト支店と2つのインターネット支店がありました。 そして、2010年に池田銀行と泉州銀行が合併したため、現在は池田泉州銀行のインターネット上の支店として、同一内容のサービスを提供しています。 パソコンや携帯電話、スマートフォンを利用したインターネット・モバイルバンキングやATMで取引を行います。 日本全国どこからでも、さらに原則として24時間取引が可能です。 なお、通帳や証書の発行はありませんが、普通預金1カ月分の取引内容と残高がわかる明細書が、取引のあった翌月に郵送されます。 定期預金の残高がある場合は、毎年2月末に明細書が郵送されますよ。 さらに、インターネットバンキングの画面上でも取引明細を確認できます。 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店の口座開設方法 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店の口座を開設できる人は? 日本国内に居住している満18歳以上の個人の方で、本人確認ができれば、池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店の口座を開設できます。 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店の口座開設方法はアプリと郵送の2種類 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店の口座開設申込方法は、「池田泉州銀行口座開設アプリ」を使ったWeb完結のものと、郵送によるものの2つがあります。 Web完結できる申込は、アプリをダウンロードできるスマートフォンと、本人確認資料となる運転免許証を持っている方に限られます。 池田泉州銀行口座開設アプリを通じて、運転免許証の写真と必要なお客様情報を送信すれば、約10日前後で口座が開設できます。 24時間365日受付をしており、スピーディーで簡単な手続きがメリットです。 郵送での申込は、最初に公式サイトの口座開設申込画面から申込関係書類が取り寄せ、送られてきた書類のうち「口座開設申込書」、「共通印鑑票」、「取引時確認記録票」に必要事項を記入し、届印を押印します。 そして、本人確認書類を添えて、池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店に送ります。 インターネット投資信託の利用登録を申し込む場合は、「投資信託口座設定申込書」・「特定口座申込書」も記入して、同封します。 口座開設時の本人確認資料は? 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店の口座開設の際は、本人の名前や住所について以下のA・Bの書類で確認をとります。 A・Bそれぞれ1通ずつ、計2通の本人確認資料を同封する必要があります。 本人確認書類A 申込書と同一の名前・住所が記載された公共料金(電気・固定電話・ガス・電気・NHK)の請求書または領収書で、6ヶ月以内に発行されたもの。 (同居の家族の名前宛でも、姓が同一なら可。 ) 本人確認資料B 申込書と同一の氏名・住所・生年月日が記載された諸官庁発行の証明書で、有効期限内のものでなければなりません。 具体的には以下のとおりです。 なお、コピーを提出する場合は、氏名・住所・生年月日・有効期限・各種番号・公印・顔写真等が鮮明に写るようにコピーしないと再度提出を求められる場合がありますのでご注意ください。 運転免許証(コピーを提出)• 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)(コピーを提出)• パスポート(コピーを提出)• 住民基本台帳カード(コピーを提出)• 各種健康保険証(コピーを提出)• 各種福祉手帳・国民年金手帳(コピーを提出)• 在留カードまたは特別永住者証明書(コピーを提出)• 住民票の写し(原本提出、コピー不可)• 住民票記載事項証明書(原本提出、コピー不可)• 印鑑登録証明書(原本提出、コピー不可) 申込確認後 本人確認が済み、口座開設がされると、約1週間後に取引に必要となるダイレクトバンキング会員証、キャッシュカード、利用ガイド、取引明細帳がそれぞれ別便で送られてきます。 ATM、もしくは金融機関からの振込で、普通預金口座へ入金すると、取引を開始できます。 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店の取扱商品は? 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店では、円貨の普通預金・定期預金だけでなく、外貨預金や投資信託もあります。 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店限定ではないものの、インターネットバンキング取引限定で、金利や手数料の優遇を受けられる特典が付くものもあります。 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店の普通預金について• 預入金額:1円以上• 預入単位:1円単位• 適用金利:年0.001% ダイレクトプラス定期について 池田泉州銀行インターネットバンキング専用定期預金で、インターネット支店・ダイレクト支店でも当然預入可能です。 マイナス金利導入前はマシな金利設定でしたが、今は正直言って預け入れる価値に乏しい金利設定です。 預入対象:個人• 預入方法:インターネットバンキング(インターネット支店、ダイレクト支店も預入可能)• 預入期間:1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年、4年、5年(自動継続型)• 預入金額:1万円以上3,000万円未満(1円単位)• 適用金利:年0.010% すみれの花定期預金について 定期預金を預けるだけで宝塚歌劇のペアチケットが当たる池田泉州銀行の人気商品「すみれの花定期預金」は池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店でも預入可能です。 人気商品であるゆえに当せん確率は低いです。 詳しくは以下のページをご覧ください。 【取扱終了】宝くじ付定期預金 宝くじ付定期預金は、池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店さらに店頭でも預入可能でしたが、2018年10月31日をもって新規取扱は終了となりました。 ちなみに、枚数は全国何処に住んでいて口座開設可能かつ取引可能な地方銀行や信用金庫のインターネット支店が取り扱う宝くじ付定期預金の中では少なめです。 預入期間:3年• 預入金額:1口300万円以上1,000万円以下(1円単位)• 適用金利:0.001%• 宝くじ購入場所:大阪駅前第4ビル特設売り場 貰える宝くじ 預入金額 宝くじ の枚数 年間宝くじ 費用 税引き前 金利換算 定期預金 との合計金利 3,000,000円 10枚 3,000円 0. 外貨普通預金のほかに外貨定期預金があり、キャンペーンも実施する場合があります。 取扱通貨は以下のとおりです。 通貨 為替手数料 外貨定期預金の預入金額 米ドル 1米ドルにつき片道50銭(キャンペーンにより片道のみ無料になる場合あり) 1,000通貨単位以上10万通貨単位未満 豪ドル 1豪ドルにつき片道100銭 1,000通貨単位以上10万通貨単位未満 ユーロ 1ユーロにつき片道75銭 1,000通貨単位以上10万通貨単位未満 人民元 1人民元につき片道15銭 1,000通貨単位以上60万通貨単位未満 投資信託はFOUNDS-iシリーズ取り扱っています 池田泉州銀行は、インターネット専用ファンドとして野村インデックスファンドのFOUNDS-iシリーズを取り扱っています。 もちろんノーロード(購入時手数料が無料)です。 しかし、FOUNDS-iシリーズは、信託報酬の引き下げが激しいインデックスファンドの中では、今は割高な商品ですね。 投資信託の手数料キャッシュバックサービスもあり ちなみに、池田泉州銀行は、インターネットバンキングで投資信託を10万円以上購入すると申し込み手数料の30%相当額をキャッシュバックするサービスも実施しています。 当然池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店でもこのサービスを受けることが可能です。 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店では取り引きに応じてポイントも貯まります 池田泉州銀行のインターネット・モバイルバンキングにはポイントサービスが自動付帯されていますので、インターネット・モバイルバンキングを利用するインターネット支店・ダイレクト支店の取引でポイントを貯めて特典を受けることも可能です。 貰えるポイントは? 以下の取り引きでポイントが貰えます。 取引項目 取引内容 ポイント数 1ヵ月の発行上限 給与振込 給与振込として発信された振込入金を受取りすること(賞与含まず) 1回につき10ポイント 年金自動受取 当行で国民年金、厚生年金、共済年金等の公的年金を受取りすること 1回につき10ポイント 定期預金 定期預金、積立式定期預金の合計残高10万円以上(財形貯蓄含まず) 10万円単位につき1ポイント 200ポイント 投資信託 評価額10万円以上10万円単位につきポイントを発行。 10万円単位につき3ポイント 600ポイント 外貨預金 外貨普通預金、外貨定期預金の合計残高評価額10万円以上 10万円単位につき3ポイント 600ポイント 住宅ローン 池田泉州銀行の住宅ローンの借入れがあること 毎月30ポイント クレジットカード 池田泉州カード(JCB、VISA、DC)の契約があること 毎月10ポイント 貯まったポイントの利用方法は? 貯まったポイントは以下の交換先から選んで交換することが出来ます。 ちなみに、クレカ契約とインターネットバンキングなどの契約していれば、半永久的に無料になりますが、ポイント50ポイントについては、翌月20日から1ヶ月間ATM時間外手数料が無料になります。 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店の振込手数料は? 振込手数料は、税込で以下のとおりです。 種類 利用区分等 インターネット・モバイルバンキング ATM 池田泉州銀行本支店宛 3万円未満 無料 0円 3万円以上 無料 0円 他行宛 3万円未満 324円 324円 3万円以上 540円 540円 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店の利用可能ATMは? 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店の口座へは、池田泉州銀行ATM、駅のATM「Patsat」、ゆうちょ銀行ATM、コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、E-net)から入金できます。 いずれも、時間内・時間外ともに入金手数料がかかりません。 出金は、池田泉州銀行ATM、駅のATM「Patsat」、ゆうちょ銀行ATM、イオン銀行、そして提携金融機関で可能です。 池田泉州銀行ATM、駅のATM「Patsat」、ゆうちょ銀行ATM、イオン銀行では時間内であれば出金手数料無料、時間外であれば有料となります。 それ以外のATMでは、時間内・時間外ともにに所定の出金手数料がかかります。 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店のセキュリティ対策は? 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店では、セキュリティ対策ソフトを中心に、悪質な犯罪から顧客の資産を守るため以下のようか対策を導入しています。 PhishWallプレミアム(フィッシング対策ソフト)• 暗号化通信方式• 会員番号、ログインパスワード、確認用パスワード• リスクベース(合言葉)認証• ワンタイムパスワード• メール通知パスワード• EV SSL証明書• スパイウェア対策(ソフトウェアキーボード・携帯ロックサービス)• 不正利用探知(ログイン履歴表示・取引通知メール)• 利用限度額設定• サービス緊急停止 宝塚ファンの方ならぜひ口座開設を 最近は定期預金キャンペーンを実施していないので物足りませんが、すみれの花定期預金など人気商品を取り扱っているので全国の宝塚ファンの方ならば口座開設しても良いと思います。 池田泉州銀行インターネット支店・ダイレクト支店の公式情報はこちら 他のインターネット支店もあります 他のインターネット支店の情報は以下のページをご覧ください。 高利の定期預金キャンペーンはまだまだ沢山ありますよ! 高金利の定期預金キャンペーンはまだまだたくさんあります。 お探しの方は、以下のエントリーをご覧ください。 【参考】他の金融機関から定期預金の資金を振り込む時の手数料を無料にできる銀行はこちら 定期預金の資金を他の金融機関から移動させるときに、振込手数料を支払っていませんか? 他行宛振込手数料が無料になる金融機関は、たくさんありますので、利用しないともったいないですよ。 詳細は以下のページをご覧ください。 【参考】預けた定期預金の満期資金を無料で他の金融機関に移動させる方法 は以下のページで解説しましたのでぜひご覧ください。 池田泉州銀行は、、、、においてクイック入金可能ですので、振込手数料を支払うことなく他の金融機関へ資金を移動することが可能です。

次の

池田泉州銀行の2020年ゴールデンウィークの店舗営業状況とATM利用状況まとめ

池田泉州銀行ネットバンキング

紀陽インターネットFBのセキュリティ対策について 当行が提供するサービス・制度 お客様にお願いしたい対策例 ウィルス対策• 無償セキュリティツールの提供 クリックしてダウンロードサイトに進みます。 是非、ご利用ください。 怪しいサイトの閲覧、無料ソフトのダウンロード、不審なメールの開封を控えてください。 セキュリティ対策ソフトは最新版でご利用ください。 OS、ブラウザの管理を徹底してください。 第三者の不正操作防止策 (主なもの)• パソコンを使用しないときは電源オフを励行してください。 パソコン内にパスワードなどを保存しないでください。 操作担当者と承認担当者を分け、別々のパソコンを利用してください。 パスワードは定期的に変更してください。 また入力時はソフトウェアキーボードを利用してください。 不正送金防止策• 06 2020. 29 2019. 27 2019. 26 2019. 16 平成28年4月に「新規に振込先口座を入力」機能を廃止しました。

次の