ユダヤ 人 定義。 教えて! 尚子先生ユダヤ人の定義は何ですか?

ユダヤ人

ユダヤ 人 定義

の 『』 ヘブライ語ラテン文字転記: tanakh 、『ミクラー』 miqra' と呼ばれる書を聖典とする。 これはキリスト教の『』に当たる書物である。 ただし、成立状況が異なるので、キリスト教とは書物の配列が異なる。 イスラム教でも『』は『』に次いで重要視される。 ユダヤ教では、この他にをはじめとしたも重視する しかし、ユダヤ教は、そのもの以上に、その前提としての行為・行動の実践と学究を重視し、キリスト教、特に主義とは違う。 例えば、ユダヤ教の観点からは、信仰を持っていたとしても、・・などを含んだ・・を行わないこと、を唱えないこと、を読まないこと、食事の前とトイレの後の手洗いと祈りを行わないこと、戸口のに手を当てて祈りを行わないこと、を実行しないこと、、、、などとの研究を行わないこと、を行わないこと、を読まないことなどは、ユダヤ教徒としてあるべき姿とは言えない。 「信じるものは救われる」などという講義をするラビはとても考えられない。 そのためにも時間がかかり、単なる入信とは大きく異なる。 ユダヤ教徒の務め• 改宗手続きで使用するミクワー(ミクヴェ) ユダヤ教では、改宗前の宗教に関係なく、「地上の全ての民が 」聖なるものに近づくことができる、救いを得ることができる、と考える。 「者を愛せ」という考え方は、次のようなことばにもみることができる。 非ユダヤ人も神の下僕となり、神との契約を守るならユダヤ教徒になることができるとされる。 ユダヤ人が神の祭司であるのに対し、非ユダヤ人は労役に服するという差別性がある。 ユダヤ教を信仰する者をと呼ぶ一方、形式的に考えれば初期のキリスト教徒はすべてユダヤ人だった、といえる。 「ユダヤ人キリスト教徒」という呼称も成立する。 これはの定義を血縁により、つまり「ユダヤ人」を血縁的な「ユダヤ民族」 アブラハムの子孫 としてとらえた定義による用語である。 このように、内面的な信仰に頼らず行動・生活や民族を重視し、また唯一の神は遍在(ヘブライ語ラテン文字転記: maqom)すると考える傾向(特にに良く現れる概念)がある キリスト教と共通する ため、ユダヤ教の内部にはイスラム教的な意味での排他性は存在しない [ ]。 とは、の記載によれば神がを通じて全人類に与えたものといわれる七つの戒めのことである。 を守ろうもユダヤ教並の神へ帰るであるとされる。 を破らずれば、ユダヤ教と習合することができるとされる。 たとえば、などがある。 教義・信仰 [ ] ユダヤ教徒はと呼ばれる教典に従って行動すると知られているが、これはラビ的ユダヤ教徒に限られる。 タルムードは2世紀頃からユダヤ人の間で幾たびも議論の末に改良を重ねられてきた生活および思想の基礎であり、家族やユダヤ人同士でタルムードの内容について討議する事もある。 教育 [ ] ユダヤ教において最も特徴のある分野はであり、ユダヤ教徒は教育こそが身を守る手段と考え、国を守るには兵隊を生み出すよりも子供によい教育を受けさせるべきとされている。 そのため一般大衆のほとんどが文盲だったからユダヤ人の共同体では授業料を無料とするが存在していた。 平均的なユダヤ教徒は非常に教育熱心で、子供をよい学校に行かせるためには借金をすることも当然と考える。 家庭では特にの存在が重要で、先導して子供に、などを教え、子供を立派なユダヤ人に育てたものは永遠の魂を得ると信じられている。 また子供が13歳に達すると()の儀式が行われ完全に大人と同様と扱われる。 死生観 [ ] 一般的な宗教に見られる「」というものは存在しない。 最後の審判の時にすべての魂が復活し、現世で善行(貧者の救済など)を成し遂げた者は永遠の魂を手に入れ、悪行を重ねた者は地獄に落ちると考えられている。 神学では、魂は個体の記憶の集合体であり、はすべての生命にし、ただ様は永遠の魂 である。 個体が善悪を分かち、銘々の記憶は神様へ帰っている。 神様はただ記憶を収集し、善悪を分かたない。 神様では、善の記憶が再創造の素材になり、悪の記憶がなくなる。 ではそのような寓話がある:毎年ではすべての生命は死んで、生き返り、悪もなくなる。 あるいは、毎年から贖罪の日までの間にすべての生命は死んで、記憶が神様へ帰った。 贖罪の日からまでの間に神様は再創造し、善の記憶がすべての生命へ帰った。 死亡はただ贖罪の日と同じである。 労働 [ ] 労働は神の行った行為のひとつであるため、神聖な行為と考えられている。 そして、と呼ばれる休日を週1回は必ず行うべきであり、安息日の間は労働はしてはならず、機械に触れてもいけない。 自分自身を見つめ、自分と対話したり、家族と対話したりする。 人間は創造主の代わりに労働をする存在として作られたとされる。 労働により得た賃金や物質は一部を創造主に捧げなければならない。 性 [ ] ユダヤ教ではやは自然なもので、必要悪と見なすことは無い。 夫婦の性行為はそれを捻じ曲げることがむしろ罪であるとされる。 また、快楽を伴わないは罪とされる。 ただし妊娠・出産を重視する教義のために、保守的な派閥の一部には、自慰行為を悪とみなす意見が存在する。 に記述されたの言葉によると、女性は3歳と1日になったら結婚をすることができる。 との記述によると、3歳と1日の少女は父親の許可の下、性行為によって婚約する。 は、2歳と1日の少女も性交によって婚約することができると述べている。 は3歳以下の少女は性交で処女膜が破れたとしても再生すると述べており 、例えそれが改宗者や捕虜や元奴隷だったとしても、その少女が3歳と1日よりも年少の場合は処女とみなされ、結婚契約額が満額の200ヅヅ支払われるとに記されている。 37aには、の少女は3歳と1日で性行為に適するという章句がある。 異邦人の娘であるユスティニアは、6歳で結婚し、7歳で出産したというが、一般的には女性は12歳と1日になれば妊娠すると考えられていた。 ニッダーによると、ラビは女性を年齢に応じて「未熟な無花果」と「青白無花果」と「しわが寄った無花果」の3つに区分している。 身体的特徴として、「未熟な無花果」は2本の陰毛を生やしておらず、「青白無花果」は2本の陰毛を生やしており、「しわが寄った無花果」は乳房を手で押した際に、それが沈んでからゆっくりと跳ね返るようになるとされる。 年齢に換算すると「未熟な無花果」は12歳と1日以下、「青白無花果」は12歳と1日から12歳半、「しわが寄った無花果」は12歳半と1日以上を意味する。 これはイスラエルがもともと19世紀末以降に盛んになったにユダヤ民族の故郷を再建しようとする運動、いわゆるの結果として生まれた国家であり、ユダヤ教徒・ユダヤ人の祖国として建設されたことに由来する。 このために、1920年代以降パレスチナにはユダヤ教徒が大挙移民として流入するようになり、のイスラエル独立後にこの流れはさらに加速した。 イスラエル独立とそれに続くによって、イスラエルとアラブ諸国との関係が極度に悪化し、それまでアラブ諸国内においてイスラム教徒と共存していたユダヤ教徒のほとんどがイスラエルへと移民したからである。 この移民の波はからまでの間に最盛期を迎え 、その後も継続した。 イスラエル政府はにを制定し、国外のユダヤ教徒がイスラエルへと移民することを認めた。 こうしたことからイスラエルにおいてユダヤ教徒は人口のみならず文化的にも経済的にも主流派となっている。 しかし継続するユダヤ教徒移民の波にもかかわらず、イスラエルにおけるユダヤ教徒の割合は減少傾向にある。 イスラエルは宗教の自由を認めており、イスラム教徒などユダヤ教以外の宗教も信仰の自由は保障されている が、ユダヤ教のイスラエル国家に対する影響力は強く、政治と宗教の関係に関しては同国内で激しい論争がある。 各教派の自立性も高く、超正統派に至ってはイスラエルのユダヤ人に義務として課せられているが免除されているほどだったが、2014年にイスラエルので超正統派にも兵役の義務を課す法案が可決され、2017年より超正統派にも兵役が課せられることとなった。 いくつかの教派は政界に進出してある程度の政治的発言力を有している。 新大陸の発見以降、ヨーロッパから移民の押し寄せた南北アメリカ大陸においても事情は同じで、多くの国にユダヤ教徒のコミュニティは存在する。 特にユダヤ教徒の数が多いのはで、統計によって数値が異なるもののおそらくイスラエルとほぼ同じかやや多い程度のユダヤ教徒が存在すると推定されている。 歴史 [ ] ユダヤ教の成立 [ ] 紀元前1280年頃、がをエジプトから脱出させ(出エジプト)、で神と契約を結ぶ(、)。 に定着後の約200年間は、からなるが繁栄し、王は神ヤハウェとして人間の王を立てずに、平等な社会を形成する。 紀元前1020年頃が成立し、約400年間は外部からの防衛上必要悪として王を立てるが、平等な関係の崩壊は支配・被支配の構造をもたらし、預言者による王への批判が起こる。 これはと子のの時代にあたる。 その後とに分裂し、南北に分列する。 紀元前587年、がに滅ぼされ、バビロンに捕囚される。 中の約50年間は、政治・宗教のエリート層の全員が捕囚され異郷の地バビロニアで生活を強いられ、王国もなく、神殿もない状況に置かれた。 この中で今までのイスラエル民族の歩みを根本から捉え直され、民族神・神ヤハウェに対する深刻な葛藤・省察の後に、国はなくてもユダヤ教団として生きる道を選び、大胆な宗教変更・改革が行われた。 「圧倒的な政治・経済を誇る異教の地」の下にも拘わらずそれに飲み込まれずに、神ヤハウェの再理解、神との再度の関係修復を実現し、イスラエル民族のアイデンティティを確立したのである。 旧約聖書の天地創造物語はこの時代に著述された。 これが「神が、この世界を創造した神であり、である」と理解し直されたユダヤ教である。 この時期の代表的な宗教家は無名であり、ではと呼ばれている預言者である。 また、のの物語も、この時代に、といわれるグループによって著述された。 その後(紀元前539年)、この捕囚されていたユダ王国の人々がに帰還した。 ここで「」とは、十二部族の一つの居住していた地方の名である。 しかし、政治運動であるユダヤ王朝の復興は禁止されたままであったために断念し、捕囚期の宗教改革を受けたヤハウェ宗教の下で「神殿の儀礼」と「神ヤハウェの教えである・の遵守」を2本の柱とするユダヤ教団を発展させた。 (ミズベーアハ)での信仰• (移動式テント神殿、)での信仰• での信仰( )• によるユダヤ教 第二神殿時代 [ ]• (イースィーイーム)• での信仰• (ゼローテース)(政治的な団体)• (政治的な団体)• ユダヤ教 中世初期 [ ]• のユダヤ教、、• () 中世後期 [ ]• (イツハク・ルリア)• のユダヤ教• のユダヤ教• 初期の (など)• 初期の (など)• のユダヤ教 (、、など)• のユダヤ教 (、、系、その他全て) 現代 [ ]• () (など)• (その他星の数ほど。 ハシディズムの宮廷(王朝、 ホイフン hoyfn, コート court)に関しては、 を参照)• (デレフ=エレツと共にあるトーラー)デレフ=エレツ(聖地の道)とは、トーラーの実践のこと。 創設者による哲学• の世界(など)。 現在はイスラエル、アメリカ、イギリスに移動。 、 Litvak もあわせて参照• の世界• (ネトゥレイ・カルタ)• の世界• duchovnij cionizm (近代にはなど)• cultural Zionism (近代はなど)• (教化プログラム)• (伝統派)• のユダヤ教• 的ユダヤ教• Neo Judaism• (ユダヤ教に改宗したイタリア人キリスト教徒の一派)• (改宗ウガンダ人)、 (改宗者)、参照• - 現在ユダヤ教の一派となっている。 ( 参照) 派生した思想・組織 [ ] この節のが望まれています。 ( 2020年5月) ユダヤ=キリスト教徒 [ ] ユダヤ教・キリスト教に共通の信条・教義を認める人々(, Judeochristianity)。 ユダヤ教からの視点では、キリスト教は行動・行為の実践よりもを重視するものが多く、イエスをメシアとする、、、信仰などの三要素ほか、さまざまな点において、ユダヤ教との違いが指摘される(教祖をメシアとするキリスト教的にもとされる物を含む)。 ()(原理主義的発想はユダヤ教には馴染まないとして、ユダヤ人の間から批判されている)• (ユダヤ教の伝統を保ちながらイエスをメシヤと信じる信仰。 正統派からは異端視されている)• ユダヤ=イスラム伝統 [ ] イスラムは、キリスト教と違って正しい信仰より正しい行動を重視し、やと、となどで共通点と持つ。 二つの伝統の間に位置する人々もいる()。 (ユダヤ教の中のメシア運動)• (もとシャブタイ派の隠れユダヤ教徒)• 隠れユダヤ教徒 [ ] 弾圧などによってユダヤ教の信仰を密かに続けてきた人々()。 (イラク南部に現存する、古代グノーシスの流れを組む一派)• を守ろうもユダヤ教並の神へ帰るであるとされる。 を破らずれば、ユダヤ教と習合することができるとされる。 たとえば、などがある。 祭日 [ ]• 転記: Yahadut、転記: ヤハドゥート• 「ユダヤ教をと結び付けようとする試みは、とは無関係であり … ルター主義的であって、ユダヤ教的ではない。 イスラエルは聖典によって生活したこともなければ、そうしようとしたこともなく、そのように考えられたこともなかった …」と はいう。 例えば国においてロシア系移民の改宗手続きをする場合、440時間を費やすので、一日2時間勉強しても最低7ヶ月かかる。 「民族宗教」といっても、例えばのように、特定の地域・場面においての繋がりしかなく、手続き・運動もなく、になる絶対的要素でもないような「宗教」とは全く性質・意味の異なる部分がある。 コングリゲイション とは集会・・宗派の意味、ユダヤ教では全ユダヤ教徒(イスラエル人)の意味も持つ。 キリスト教ではキリスト教全体、カトリックでは、、、英国の教会などの意味。 ユダヤ教では、にこの名前が使われることもある。 出典 [ ]• Judaism, Human Values and the Jewish State, ed. Goldman Cambridge MA, 1992 , p11• 『』56章• 『ユダヤ5000年の知恵』 [ ]• 2019年12月21日閲覧。 , p. 184. Sefaria. 2019年12月21日閲覧。 , p. 185. , pp. 185-186. 『タルムード ナシームの巻 ケトゥボート篇』訳、、1994年、33頁。 『タルムード ネズィキーンの巻 アヴォダー・ザラー篇』宇佐美公史訳、、2006年、157頁。 Sefaria. 2019年12月17日閲覧。 , p. 186. , pp. 195-196. 日本国外務省 2018年7月5日. 2019年3月4日閲覧。 臼杵陽『イスラエル』岩波書店〈岩波新書〉、2009年4月、96-97頁。 , p. 145. , p. 137. 四国新聞社 SHIKOKU NEWS. 2014年3月12日. 2019年3月4日閲覧。 , p. 135. 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2019年3月) 聖書 [ ]• () 1962年版 ミクラーオート・ゲドーロート(ラビ聖書、大聖書) [ ]• ラビ・ 「トーラーと預言書」 1929-36, one volume edition 1937 - 翻訳と歴史的註解書と、ハーツの註解書を含んだ大聖書• ソンシーノ版 (預言者・諸書。 ヘブライ語、英語訳、注釈書) 聖書の解説書 [ ]• "Understanding Genesis The Heritage of Biblical Israel ", by Nahum M. Sarna (). Schocken. January 1970. 320 pages. "The Prophets"• : "The Religion of Israel"• Leo Schwarz: "Great Ages and Ideas of Jewish People" ミシュナー・タルムード、ラビ文学 [ ]• "Jewish Law" (の31篇、ハラーハー、を収めた入門書)• Montefiore, C. : "The Rabbinic Anthology", Schocken, New York. 1970. Abraham Cohen: "Everyman's Talmud : The Major Teachings of the Rabbinic Sages", 1995, Schocken,• George Horowitz: "The Spirit of Jewish Law: A Brief Account of Biblical and Rabbinical Jurisprudence, With a Special Note on Jewish Law and the State of Israel", 1985, Associated Faculty Pr Inc,• Herbert Danby: "The Mishnah" The Sixty-three Tractates of the Mishnah, translated with Introduction, etc. , published in December, 1933 , - 英訳• Rabbi Philip Blackman: "Blackman Mishnayoth" 6 Volume Set , Judaica Press March 1, 1990 , - 英訳、注釈書、用語の意味の解説付き• Ehrman: "El Am Talmud" シリーズ (イスラエル)• 『タルムード トホロートの巻 ニッダー篇』訳、、2007年。 613のミツワー [ ]• Wengrov, Feldheim Pub, - トーラーに基づくもので、5巻もの ハラーハー [ ]• Rabbi Hayim Halevy Donin: "To Be a Jew: A Guide to Jewish Observance in Contemporary Life", Basic Books October 1, 1991 ,• Samuel Dresner: "Jewish Dietary Laws", United Synagogue Book Service June 1, 1980 , - を扱ったもの 研究書・概説 [ ]• 「」 , , Free Press, 1967,• Living Judaism: The Complete Guide to Jewish Belief, Tradition and Practice Wayne Dosick. (「ユダヤ教に生きる」)• Conservative Judaism: The New Century, Neil Gillman, Behrman House. American Jewish Orthodoxy in Historical Perspective Jeffrey S. Gurock, 1996, Ktav. Philosophies of Judaism Julius Guttmann, trans. by David Silverman, JPS. 1964• (邦訳)『』 (訳、)• Back to the Sources: Reading the Classic Jewish Texts Ed. Barry W. Holtz, Summit Books• "Jews and Christians in Late Antiquity" Jason von Ehrenkrook, Journal of the International Institute 13 2005. A People Divided: Judaism in Contemporary America, Jack Wertheimer. Press, 1997. , Publishing, CD-ROM edition, 1997• The American Jewish Identity Survey, article by Egon Mayer, Barry Kosmin and Ariela Keysar; a sub-set of The American Religious Identity Survey, City University of New York Graduate Center. An article on this survey is printed in The New York Jewish Week, November 2, 2001. A History of the Jews Paul Johnson, HarperCollins, 1988• ラビ・ : "Jewish Values", "Principles of the Jewish Faith", "Jewish Law", "Jewish Thought Today", "Jewish Biblical Exegesis", "Jewish Ethics, Philosophy and Mysticism"• "The Conditions of Jewish Belief" (「選民」とは何か、それらへの観点なども読める)• : "Judaism and Modern Man"• "Man's Search for Meaning"• イスラエル外務省 2010年. 2019年3月4日閲覧。 関連項目 [ ]• (タルヤグ)• (ユダヤ法)• 世界最古のシナゴーグのひとつである。 2014年、「土地の日」を記念する行進に参加したのラビ2名が、レバノン内戦以来荒廃しているここで礼拝を執り行った。 アラビア語で預言者モーゼという意味の地名であり、同名のムスリムによる祭祀と巡礼の名前。 聖金曜日の前の金曜日から1週間に渡って執り行われる。 モーゼとイエスとムハンマドがここに葬られたという伝承がある。 現西エルサレム。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキソースに の原文があります。 (ヘブライ語を中心に)• (英語) - 関西ユダヤ教団とオヘル・シェローモー・シナゴーグ• (英語) -• (英語) - 司書によって書かれた広範囲な疑問と答え• - ユダヤ人ネットワーク(英語)• (英語) - 正統派連合の公式ホームページ• 英語 ユダヤ教教育支援センター• (英語) - ハバド・ルバヴィッチの公式ホームページ• (英語) - 保守派の代表的組織の公式ホームページ• (英語) - イギリスの改革派:代表的組織の公式ホームページ• (英語) - アメリカの改革派:代表的組織の公式ホームページ• (英語) - 再建派代表的組織の公式ホームページ• (英語) - ヒューマニズム派代表的組織の公式ホームページ(ヒューマニズム・ユダヤ教協会)• (英語) - カライ派世界運動 ユダヤ教文学と文書 [ ] ウィキソース [ ]• ・ -(、ラビ聖書 Rabbinic Bible)• ・ -• ・ -• ・ - その他 [ ]• (英語)• (ヘブライ語)- 朗読 MP3• (ヘブライ語)- を参照• (ヘブライ語)• (ヘブライ語)• (英語)• (英語) - のタナフの註解書(完全版) - CHABAD. ORG• (英語) - トーラー註解、タナフ研究、倫理学、哲学、ユダヤ暦の祝日、その他• (英語) - 正統派の観点からそれぞれのページへの解釈的ビデオ(フランス語、英語、イディッシュ語、ヘブライ語)• (英語).

次の

ユダヤ人

ユダヤ 人 定義

総人口 1,400-1,500 万人 2014年現在 居住地域 6,135,000 5,425,000 478,000 380,000 375,000 190,000 181,500 118,000 112,500 95,200 77,500 65,000 48,000 40,000 30,000 31,200 29,900 28,600 26,196 25,000 20,700 18,000 18,000 17,800 12,000-30,000 12,000 9,000 6,800 6,400 言語 宗教 関連する民族 および他の [ ] では中ごろまでは、イスラエル民族としての用法以外には主としての信者というとらえ方がなされていたが、近代的が成立してからは宗教的としてのとらえ方が広まった。 では、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。 現在の調査では、全世界に1,340万を超えるユダヤ教徒が存在する。 民族独自の国家としてがあるほか、各国に移民が生活している。 ヘブライ人やセム人と表記されることもある。 ユダヤ人は以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有するのとして定着した。 しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有するひとつのとして分類することはできない。 言語の面をみても、の話者もいればの話者もいる。 歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、ひとつの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。 定義 「ユダヤ人はユダヤ教を信仰する人々である」という定義は古代・中世にはあてはまるが、近代以降ではユダヤ教徒の家系でに改宗した人々(や、、)や者の人々(やなど)も「ユダヤ人」とみなされることが多い。 なお、国内においてを信仰していない者は、Israeli()である。 イスラエルの国内法であるは「ユダヤ人の母から産まれた者、もしくはユダヤ教にし他のを一切信じない者」をユダヤ人と定義している。 また、ユダヤ人社会内や国内においては、「ユダヤ人の母を持つ者」をユダヤ人と呼ぶのに対し、ヨーロッパなどでは、母親がユダヤ人でなくともユダヤ人の血統を持った者(たとえば母親が非ユダヤ人で父親がユダヤ人という場合)もユダヤ人として扱うことが多い。 のユダヤ系人の旗(1453年 - 1793年) 過去の人種学ではユダヤ人という人種が存在しているという考え方もあった。 はアラブ人とユダヤ人をあわせてセム人種と呼び、これを白人の中でも他人種との混血度の高い二級集団と断じた。 はユダヤ人を人種として扱っているが、による分類では、形式的にユダヤ教組織に属した人間も「人種としてのユダヤ人」になるとされた。 こうした見方からはユダヤ人特有の外見の特徴が存在するとされ、これに基づいた差別的検査も行われていた。 しかし、ユダヤ人を身体的形質によって他と区別しうる集団としてとらえることはできず 、すでに白人のみならず多数のがともにユダヤ人として認められている。 現代社会ではユダヤ人はおおむね居住地のほかの住民と同化しており、これを血統主義的観点からのみ区分することはできない。 そのため、ユダヤ人のとかクオーターとかいう形容は、まず用いられない。 の文芸評論家は、自伝『』(柏書房)の中で「私は、半分のポーランド人、半分のドイツ人、そして丸ごとのユダヤ人だ」と冗談めかした言い方でこのあたりの機微を突いている。 は「歴史的な見地から『ユダヤ人』をユダヤ教を信じる人々と規定するなら『ユダヤ教徒』と呼ぶべきであり、単に『ユダヤ人』と呼称するのは適当ではない」とし、ユダヤ人をやと規定する見方は、以降の、、の産物であり、またを示す用語でもないという。 「ユダヤ人」は、キリスト教文化圏では一種の宗教的差別概念、また少数派、無国籍放浪者としての社会的差別概念を含む言葉として用いられてきた。 現在、イスラエル人やユダヤ教徒、またはユダヤ教がもたらした伝統や文化を堅持している人々を指して、ユダヤ人と呼ぶとする。 は、英語であれば "Jew" や "Jewish" の一語で表せるが、日本語では単に「ユダヤ」とは呼ばず、その後に「〜人」「〜民族」「〜教徒」とつけて呼び習わしているが、「教徒」では宗教的な意味合いだけで考慮されることが多く、「〜人」「〜民族」という表現から(民族と人種の概念を混同して)「ユダヤ人」がひとつの「人種」であるという誤った印象を受けてしまう人もいるが、実際にはユダヤ人とほかの民族集団とを区別しうる有意な人種的特徴はないという。 同化ユダヤ人 - 全世界に散らばり、現地に「同化」した状態のユダヤ人。 ユダヤ教以外の宗教を信仰する、(ユダヤ教の会堂)以外で結婚式を挙げる、非ユダヤ人と結婚するなど。 両属性ユダヤ人 - ユダヤ教に興味がない、または無神論者でユダヤ教の生活習慣に従わないため、ユダヤ人からは「非ユダヤ人」と見なされるが、ユダヤのアイデンティティーを強く持っているユダヤ人。 ユダヤ人と非ユダヤ人の境界線上にあるユダヤ人。 東欧系ユダヤ人() - ユダヤ系ののうちドイツ語圏や諸国などに定住した人々、およびその子孫。 言語は(ユダヤドイツ語)。 西方ユダヤ人 - やドイツ語圏に居住し、イディッシュ語を話すアシュケナジム。 東方ユダヤ人 - 非ドイツ語圏に居住し、イディッシュ語を話すアシュケナジム。 スペイン系ユダヤ人() - ユダヤ系のディアスポラのうち、おもに・または・などの諸国に前後に定住した人々、およびその子孫。 言語は(ユダヤスペイン語)。 による定義• ユダヤ人 - 両親・祖父母のうち一人でもユダヤ教を信仰したことがある人。 完全ユダヤ人 - 祖父母のうち3人以上が「人種上の全ユダヤ人」である人。 信仰によらない。 非ユダヤ教徒ユダヤ人 - ユダヤ人と婚姻していた人。 古代ユダヤ人の生物学的子孫はパレスチナに住むユダヤ教徒やキリスト教徒やイスラム教徒である。 民族性 歴史上、ヨーロッパのキリスト教社会で多くの中傷や迫害を受けたが、現在でもユダヤ人は民族(コミュニティ・ユダヤ教徒)として存続している。 ユダヤ教徒は教義上をと認めなかった(は視された)。 また、イエスに従ったもユダヤ人であったにもかかわらず、キリストはユダヤ人によってにかけられたという俗説が古代から中世にかけて流布し、それまで「」だったユダヤ人は一転して「神(イエス)を殺した」と差別されるようになった。 こうした宗教的な理由や、ユダヤ人はキリスト教社会で疎まれていたが多かったという経済的理由が歴史的な反ユダヤ感情の要因としてしばしば挙げられる。 ごろから宗教的迫害が薄れていったことで、ユダヤ人は自由な信仰、活動が可能になり、さまざまな商工業分野でユダヤ人が活躍するようになった。 近現代には企業の創業者やを多数輩出している。 ユダヤ人はに従って行動すると思われているが、それはラビ的ユダヤ教徒の場合に限られる。 ただし、一般的なユダヤ人の宗教はラビ的ユダヤ教である。 ユダヤ人は何よりもを重視すると言われる。 紀元にによりイスラエルが一度滅びたときもラビ・ヨハナンが10人が入れるを残すことを交渉し、ローマ皇帝がこれを許したため、ユダヤ人は絶滅を免れた。 今ではもっとも知的な民族集団のひとつと考えられており、民族別では世界でもっとも高く 、一例としての22%、の30%、の世界チャンピオンの54%がユダヤ人であるとも言われる。 、、など、近現代の・方面のキーパーソンを輩出しているほか、業界にもユダヤ人が多いことが知られている。 を中心とした地域に住みつき、・東欧へ拡散したユダヤ人は、アシュケナージ()と呼ばれ、のであるを話していた。 近代のドイツ語圏では彼らはある程度ドイツ文化に同化してドイツ語を使用するようになった。 中世前期のヨーロッパでは、ユダヤ人は農業、商業、職人などさまざまな職業に従事することができた。 ではユダヤ人は聖書の民として保護され、頃までは国際的な交易の担い手でもあった。 イタリア商人に東方貿易のお株を奪われると、ユダヤ人は専門の貸金業に活路を見出した。 中世後半期には、土地所有の禁止、ギルドからの締め出し、公職追放等により次第にユダヤ人の活動は制限されるようになり、やに従事することが困難になったユダヤ人は、、、黄金の管理人、古物商、行商や市場での無店舗販売、芸能などで生計を立てていた。 また、世界的に散らばり独自の情報ネットワークを持っていた。 は「でユダヤ人の足を踏んだらからまで情報が行き渡る」と指摘していた。 こうしたことから、現在でもユダヤ人にはメディア関係が多いとされる。 または銀行業で成功したユダヤ系財閥として知られる。 末ののユダヤ系移民もまた、や、流通業などの間隙的な業種以外の業界への参入が難しかった。 の映画産業にはユダヤ人が創業したものが多い。 スファラディ()系ユダヤ人は、圏や・フランス・・などに多く、かつてはを話していた。 キリスト教に改宗した人々はと呼ばれた。 アシュケナージや、スファラディといったヨーロッパに移り住んだユダヤ人に対して、地域、地域に移り住んだユダヤ人は(ミズラヒ)と呼ばれていた。 ほかにも、(おもに3集団)・・・・などを含んだ大きな観念であるミズラヒム、、、などのユダヤ人のほか、インド( ())・( ())・アメリカ()などの新たな改宗者、イスラエル建国はメシア到来まで待つべきだとする・、キリスト教関連の、など多くの分派もある。 ・のユダヤ人は孤立して発展し、を持たない。 現在世界に散らばるユダヤ人は、すべてがユダヤ教徒というわけではないが、ユダヤ人にとってユダヤ教は切り離せない宗教である。 写真はユダヤ人の言語()から各国語に翻訳されたの一部である。 世界のユダヤ民や宗教的集団 世界に散らばるユダヤ教徒のコミュニティーや宗教的集団には以下がある。 (イスラエル()の地のユダヤ教徒)• のユダヤ人( ())• のユダヤ人• のユダヤ人 フランス植民地統治下のアルジェリアでは、原住民のイスラム教徒が参政権を持たない下級市民とされたのに対し、ユダヤ教徒(セファルディム、ミズラヒム)に対してはフランスの完全市民権が付与された。 このため、ユダヤ教徒はフランス本国からの () と同化し、を母語とするようになり、自らをヨーロッパ人と考えるようになった。 このため、アルジェリアの独立時には多くのユダヤ教徒がとしてコロンとともにフランス本国に引き揚げコロンとひとまとめに「」と呼ばれるようになった。 ただし、独立以前にもフランス内地へ移住するユダヤ教徒がいなかったわけではない。 これらの人々の中からはフランスで著名な・なども多く輩出されている(、(セファルディム)など)。 ( Persian Jews)• ()(のユダヤ人)• ( ()・ユダヤ人。 ダゲスタン、アゼルバイジャン、アルメニアのタート人社会の内部)• (タジキスタンから中央アジア全土)• ()(キリスト教徒)• ()(イラク系)• (集団改宗者)• (「ローマ人」、ユダヤ系)• ()(北部にはアシュケナジムが多い)• ツァルファーティー( ())消滅した世代と残留者、新しい世代(諸地域・諸国からの移民)• ()(ツァルファーティー・セファルディムとアシュケナジム)• ()()• のユダヤ人• (、) []()• (英語版の記事「 」も参照) (エジプト、メソポタミア、モロッコ、トルコ、ペルシアなどのコミュニティーに関しては英語版の記事「」も参照) 詳細は「」を参照 によると、民族の始祖が、の(現在の南部)から部族を引き連れて「の地」(現在の、付近)に移住したとされる。 ヘブライ人と呼ばれる彼らは、この付近で遊牧生活を続けた(ヘブライの原義は不明で諸説あるが、一説には「渡り歩く人」の意 )。 ごろ 、ヘブライ人はカナンの地から古代エジプトに集団移住した。 古代エジプトの地で奴隷とされた。 その後、の時代に、再び大きな気候変動が起こり 、エジプトのヘブライ人指導者が中心となり、約60万人の人々がエジプトからに脱出を果たす()。 彼らは神から与えられた「約束の地」と信じられたカナンの地(パレスチナ)にたどり着き、この地の先住民であったやを、長年にわたる拮抗の末に駆逐または同化させて、カナンの地に定着した。 このころから イスラエル人を自称するようになり、もこの頃にカナン人の言葉を取り入れて成立したと考えられる。 紀元前10世紀ごろ、古代イスラエル人は信仰(ユダヤ教の原型)を国教とするをカナン(パレスチナ)に建国した。 ユダヤ人は、紀元前1000年ごろと推定されるダビデ王の時代には、推定500万の人口を持っていたとされる。 ちなみに、ある統計によれば同時代の世界人口は約5,000万人 、だった日本列島の人口は推定で10数万である。 の死後、紀元前930年ごろ、北のと南のに分裂した(「ユダヤ」とは元来、ユダ王国のあったパレスチナ南部を指す)。 北のイスラエル王国は紀元前721年にによって滅ぼされ、多くの人民が捕虜としてにとらわれるか離散した(、)。 南のユダ王国は、にでエジプトに敗北し、エジプトの支配下に入ったが、にでエジプトがに敗れた。 にの侵攻に会い( ())、翌年にはユダ王国が滅亡して ()が置かれ、多くの人民が捕虜としてにとらわれた()。 彼らはユダ王国の遺民という意味で ユダヤ人と呼ばれるようになった。 ので、ペルシアによって新バビロニア王国が滅亡すると、捕囚のユダヤ人はによって解放されてエルサレムに帰還し、ペルシア帝国の支配下で統一イスラエルの領域で自治国 ()として復興された。 の教義も、このころにほぼ確立された。 アケメネス朝の滅亡後、王国、シリアなどにが引き継がれ、最終的には領のとされる。 このころにはヘブライ語はすでに古典語となり、日常語としては系統の近いにほぼ取って代わり、のちに国際語としても浸透した。 また、諸国の各地に商人などとして移住したユダヤ人移民()の活動も、このころに始まる。 ローマ支配下の紀元20年代ごろ、ユダヤ属州北部の民から出た()が活動したと伝えられる。 からに対し反乱を起こすが()、鎮圧されてユダヤ人による自治は完全に廃止され、厳しい民族的弾圧を受けた。 、が起こったが鎮圧され、ユダヤ人の自称である「イスラエル」という名や、ユダヤ属州という地名も廃され、かつて古代イスラエル人の敵であったペリシテ人に由来する パレスチナという地名があえて復活された。 以来ユダヤ人は2000年近く統一した民族集団を持たず、多くの人民がを中心に世界各国へ移住して離散した( ())。 以降、ユダヤ教徒として宗教的結束を保ちつつ、各地への定着が進む。 その後もパレスチナの地に残ったユダヤ人の子孫は、多くは民族としての独自性を失い、のちにはアラブ人の支配下でイスラム教徒として同化し、いわゆる現在のになったと考えられる。 古代末期から中世 のソフトウェアによる解析結果に基づく、J2 DNA の3000年間の民族移動を示す地図 - に、カスピ海北部にが出現し、ユダヤ教を国教としたが、その後相次いだロシア、ルースィ、ブルガール、オグズとの戦争により王国は滅んでいる。 残党のハザール人も、結局はイスラム教に改宗したが、ユダヤ教カライ派の信仰を保っているハザール人の集落が東ヨーロッパにわずかに現存している。 後の( - )、ほとんどのユダヤ人は依然として地中海沿岸に住んでいた。 にがとの抗争で疲弊していたのおよびを征服し、のでを滅ぼしに進出した。 を話すもに定住し、8世紀から9世紀には北フランスにも定住し、その後ヨーロッパ各地に散ったが、ユダヤ人はユダヤ教の信仰を堅持した。 ・時代に、の社会では、「キリスト殺し」の罪を背負うとされていたユダヤ人はムスリムとともに常に迫害された。 封建制度に内属していなかった彼らはヨーロッパの多くの国で土地所有を禁じられての道を断たれ、商工業に加入することができなかったため、の道も閉ざされ、店舗を構える商売や国際商取引も制限されていた。 しばしば追放処分を受け、住居も安定しないユダヤ人がつける仕事は事実上消費者金融や無店舗の行商、芸能以外には存在しなかった。 、イスラム支配下ので ()が起こり、多数の ()が犠牲となった。 のユダヤ人はこのころに主にからイングランドに渡った一群が最初とされる(ユダヤ人は王の所有物として農奴や金融を生業として13世紀末までその数を増やしていったが、十字軍精神の高まりにより追放され、一部を除きいったん姿を消し、17世紀半ばに再びフランス、スペイン、ポルトガルから流入し繁栄した)。 末頃にはすでにユダヤ人は「」の代名詞になっていた。 被差別民でありながら裕福になったユダヤ人は妬まれ、ユダヤ人迫害はますます強まっていった。 が西方に領土を拡大し、領のを占領すると、はに救援を求めた。 11月にが開催され、翌年にとが開始され、が設立された。 これ以後、約200年にわたって、は7回の遠征を行った。 ごろ、にユダヤ人が居住した記録が残っている。 になってキリスト教徒とユダヤ教徒との交際が禁止されるなど、ユダヤ人は迫害を受けるようになり、社会不安が高まるごとにユダヤ人は迫害の対象とされていき、職の追放なども行われた。 のユダヤ人は、神聖ローマ帝国一般臣民とは区別される存在で、「王庫の従属民」と呼ばれる法的地位を与えられて皇帝の保護を受け、皇帝に () [](ユーデンシュトイアー)の納税義務を負っていた。 のちのにおいても()の納税義務を負っていたが、ほぼ同じ制度である。 時代( - )にはで人口が減少したへ進出し、を話すが定住を始めた。 のによって権利および安全をおよび(ポーランドの貴族共和政を担った階級)の庇護のもとに保障され、にによる ()でを追放されると、ユダヤ人はポーランドに集まり生活し、ユダヤ人社会「」を形成した。 ()のころから弾圧として、ヨーロッパ中で隔離政策が取られるようになっていき、市街地中心から離れた場所に設けられたと呼ばれる居住区に強制隔離されることが一般化した。 にフランクフルトのユダヤ人はに居住するようになった。 、イタリアのに逃れたユダヤ人によって "Casa degli Stampatori"()で(、)が印刷され、印刷技術が世界中に広がるきっかけとなった。 16世紀にはにも居住するようになった。 にでが完了し、の治世に制度によるが始まると、によっての多くがに追放され、に逃れたユダヤ人もカトリックへの改宗を迫られ、と呼ばれるユダヤ人が誕生した。 初期近代 にの作家が発表した『』では、主人公の友人を借金の形としたユダヤ人高利貸という設定のシャイロックという人物が登場した。 にで起こったでは、 ()によるによって多くの犠牲者を出した。 にユダヤ人の追放をが解除し、ユダヤ人がイングランドへ367年ぶりに帰還した。 ハスカーラーに抵抗のあった人たちの中からごろ、でがを開始した。 に(・・)が実施され、が消滅して東部(旧公国領)がロシアに併合された。 ポーランドが消滅してその庇護を失ったユダヤ人は、へ庇護を求めたが、ウクライナ人・ベラルーシ人から裏切り行為と受け取られた。 7月、が解体され、にがをもとにフランクフルトのユダヤ人に市民権を認めた。 しかし、ナポレオンが敗退すると、にはユダヤ人の市民権と選挙権が再び剥奪された。 、のでが発生し、瞬く間にドイツ文化圏全域で ()が起こった。 にはウクライナで ()が起こった。 、に参加した ()(: Hungarian Jews)が弾圧された。 これをきっかけにによってハンガリーもからにかけてが進行した。 、フランクフルトのユダヤ人に再び市民権が認められ、にが建国された際、ユダヤ人は正式にドイツ国民としての権利を与えられた。 「」、「 ()」、「」、および「」も参照 19世紀後半になると、主に旧公国の領域(・・)で、ウクライナ人・ベラルーシ人農民、などの一揆の際にユダヤ人が襲撃の巻き添えとなった。 にが暗殺されると、帝政政府は社会的な不満の解決をユダヤ人排斥主義に誘導したため反ユダヤ運動が助長されることになり、( - )が起こった。 ユダヤ人はへ大量に脱出したため町が混乱すると、にが発布され、ユダヤ人への締めつけが実施された。 、がに「ヘブライ語委員会」(「」の前身)を設立。 にでが起こり、同年には「 ()」を代表する作家、による『 ()』(『』の項を参照)が発表された。 、が「 ()」を発表。 にはが結成され、からにかけてロシアで度重なるユダヤ人襲撃が起こった( ())。 各国でポグロムやユダヤ人襲撃が行われたことが引き金となり、古代に祖先が暮らしていたイスラエルの地に帰還してユダヤ人国家を作ろうとするによるが起きた。 「ユダヤ人」は世界に離散後もそのほとんどがユダヤ教徒であり(やに改宗した途端、現地の「民族」に「同化」してしまう)、ユダヤ教の宗教的聖地のひとつであるイスラエルの地に帰還することもその理由のひとつである。 第一次世界大戦 11月にイギリスがに宣戦布告すると、ユダヤ人シオニストの閣僚・が「」を閣僚に回覧した。 当時、パレスチナは南西部にあったが、ののこの部分に関する解釈がのちに大論争となった。 が始まると大量のが必要になったが、その原料の供給を握っていたのはの化学者でシオニストのであった。 このことでイギリス政府閣僚との知古を得たヴァイツマンはにを働きかけた。 にはが締結された。 (6月 - 10月)。 に熱心なシオニストのはイギリス政府からを取りつけ、イギリス政府はシオニズム支持を表明することになった。 この条約はとのや( - )につながっていった。 には ()が調印され、パレスチナへのユダヤ人入植を促進させることで合意している。 の決議で設置されたイギリス委任統治領パレスチナで公用語のひとつはになり、ハーバート・サミュエルは初代高等弁務官となった。 イスラエル建国以前の中東では、イスラム教徒とユダヤ教徒は共存してはいたが、しばしば大規模な反ユダヤ暴動が起きた。 7月の暴動(ユダヤ人216人死傷)、の暴動があった。 、が成立。 、の暴動、にはがきっかけとなってには ()(ユダヤ人133人死亡、339人負傷、アラブ人439人死傷)があった。 、の民族政策により、沿岸の中ソ国境地帯に「」が設置され、 ()から ()にまたがる「」と呼ばれた地域、すなわち ()()・()・・などのから多数のユダヤ人が移住した。 社会主義的な枠組みの中でユダヤ人の文化的自治をめざすもので、の学校や新聞が作られた。 同時期の戦間期には、ガリツィアなどからの難民がへも押し寄せ、のコミュニティーを形成したことが知られている。 第二次世界大戦 にが政権を握ると、ドイツにおいてユダヤ人迫害政策は公的なものとなり、さまざまな扱いで圧迫されるようになった。 からのでは、エルサレムでの暴動があった。 なお1936年の時点でエルサレムの人口は12万5,000人、うちユダヤ人が7万5,000人を占めていた。 、ドイツ全土で『』(: Reichskristallnacht)事件が発生し、その後ユダヤ人に対する迫害政策がさらに進展した。 、第二次世界大戦が勃発し、ナチスは占領地域におけるユダヤ人の隔離を開始した。 はユダヤ人難民のへの流入を禁止した。 、がのを脱出。 杉原千畝は、7月からドイツ占領下のポーランドを脱出してきたユダヤ難民に「命のビザ」を発給したことで知られているが、1947年に責任をとらされ、依願退職した。 、ソ連はを廃止し、をやへ追放し、 ()と呼ばれた。 、のにが設置された。 ナチスは当初隔離したユダヤ人をマダガスカル島などに追放する計画()を立てていたが、その後への収容・絶滅計画に方針を切り替えた。 これらは と呼ばれる。 イスラエルの建国とパレスチナ問題 詳細は「」、「」、「」、および「」を参照 の実態が西側諸国に伝わると、パレスチナの地にユダヤ人国家を建設するというがさかんになり、にアメリカで ()が組織された。 しかしこの運動はパレスチナに住んでいたアラブ人およびそれを同胞と見るアラブ諸国との軋轢を生み出した。 にはシオニズムを奉じるユダヤ系組織によるやの指導者( Fawzi Darwish al-Husseini)暗殺が起こった。 、でアメリカとソ連などの支持を受けて『(国連総会決議181号)』が採択されると、から ()が始まり、4月にはによるなどが起こったが、同年5月14日の建国のが行われると、翌日の5月15日のにつながっていった。 ()がに設置され、がとなると、が多発した。 7月のによってパレスチナ地域のうち、大部分をイスラエルが獲得。 はを獲得し、(1949年6月にから名称変更した)はおよびを獲得した。 一方、寸土も獲得できなかった全パレスチナ政府が4か月で崩壊すると、にアミーン・フサイニーは、親イスラエルとみなしたヨルダンのを暗殺した。 にが起こり、にエジプト共和国が成立すると、第2代大統領は建設の協力をアメリカに求めた。 しかし、になって国務長官のがエジプトへの協力に反対した。 そのためナーセルはを利用してソ連側に接近し、さらにを掲げ、(: Nationalisation of the Suez Canal)を断行した。 当時は、( - )でをエジプト共和国が支援していると考えたため、英仏は第一次中東戦争でエジプトと敵対したイスラエルを支援する形でが勃発した。 の大統領は、 ()下にソ連が介入する事態を懸念し、で即時停戦を求める総会決議997を採択した。 1957年3月16日にイスラエルは撤退し、エジプトはスエズ運河の国有化に成功した。 ダレスの戦略は完全に裏目に出て、中東でのソ連の影響力は一気に高まり、第三次中東戦争につながった。 米国がで ()に手が回らなくなると、ソ連のはイスラエルのの諜報活動を逆手にとった。 におけるユダヤ人入植地の建設をめぐる紛争で、ソ連はエジプトとシリアを情報操作で開戦準備に誘導し、モサッドの入手する情報から先制攻撃を恐れたイスラエルはに逆に先制攻撃を行い、を開始した。 第三次中東戦争は、イスラエル領土の拡張運動「 ()」( - )が活発になった時期であることから、パレスチナ人およびアラブ人とユダヤ人入植者との対立がその政策の結果として建国以降一貫して引き起こされてきたと拡大解釈する立場もあらわれた。 1964年にアラブ連盟により(PLO)が結成されていたが、1969年2月に第三次中東戦争で活躍したのが議長に就任すると、PLOが事実上のパレスチナ亡命政府と看做されるようになった。 にが急死すると、がエジプト大統領に就任した。 サーダートは、ナーセルのイスラエル強硬路線を踏襲し、アラブ同士の結束を固めるために9月にシリアとリビアとのを結成した。 1972年4月には、のでPLOを追放していたヨルダンは国交を断絶された。 一連の主導権争いにイスラエルが巻き込まれる形で、1973年10月のが勃発した。 (OPEC)は、イスラエル援助国に対して石油戦略を発動し、世界でを引き起こした。 和平締結を模索する中で、サーダートはナーセルの反イスラエル反米路線からの転換を図った。 6月にサーダートがイスラエルへ首相を公式訪問し、9月のはサーダートが単独で締結した。 しかし、10月にサーダートはエジプトのによって暗殺された。 にが始まり、にはイスラエルとPLOのによりパレスチナ自治政府が設立された。 - (で、これまで弾圧を受けていたキリスト教が公認される)• - ローマ帝国が以外の宗教を禁止。 - 、の哲学院()を閉鎖。 - が成立。 - ごろ - 東ローマとササン朝が全面戦争。 ユダヤ人の一部が大挙してアラビアに移住。 新都市の建設に協力するが、イスラム教への改宗は拒絶した。 そのため、短期間のあいだ迫害を受ける。 以降 - イスラム教徒がイベリア半島に進出するに伴い、メソポタミア地方、シリア、小アジア、エジプト、そしてマグリブのユダヤ教徒がイベリア半島に移住(、を参照)。 - アシュケナジムがライン地方に定着(詳細は、、を参照)。 、分裂の結果、のユダヤ教徒が弾圧され、多くがに移住。 カトリック教会がユダヤ教徒をほとんどの職業から追放。 ユダヤ人は中世のヨーロッパ大陸でさまざまな商工農業に従事し、東方貿易の担い手でもあったが、教会法と世俗法による職業制限の結果、商業、特に貸金業などの業に従事する割合が増大した。 教会法はキリスト教徒の利子つき貸借を禁じていたが、ユダヤ教は異教徒から利子を受け取ることを許しているためである(ただし、キリスト教会によって名目上あらゆる利子取得は非難されていたにもかかわらず、実際には聖職者や修道院さえも金銭貸借を行っていた)。 11 - 12世紀にイタリア商人が地中海貿易の覇権を握るとユダヤ人は遠隔地貿易から締め出され、貸金業に活路を見出した。 13世紀頃から北イタリアを中心としてキリスト教徒の商人が大々的に金融業を営むようになると、金貸しはユダヤ人の独占市場ではなくなり、ユダヤ人は質屋などの消費者金融専門となった。 こうした経済的社会状況を背景とした反ユダヤ感情が11世紀末ごろから芽生える。 によるユダヤ人の受け入れが本格化する。 - 、として即位。 - 「」が発布され、これ以降ポーランドではユダヤ人の権利と安全が制度的に保障される。 初め - によってポーランド再統一。 - ポーランド、非キリスト教国であったから大公ヨガイラ()を国王に迎え入れ、リトアニアと連合()。 - 、の首都(現在の)を陥落させる。 では、この後、ユダヤ難民を受け入れ、とは異なり、基本的には非ムスリムに対する差別を禁止する、国家による平等社会が整備された。 - の進展によりのイスラム勢力がキリスト教勢力に追われ、イスラム教国に協力したとされたユダヤ教徒が弾圧される。 一部はキリスト教に改宗し、改宗を拒否したユダヤ人は追放され、多数が地中海周辺の都市に移住。 改宗したユダヤ人は、スペインにおいては差別はなくならず、と呼ばれ蔑まれた。 - ()の反乱• ・・ -• - ()設置• 末 - :ユダヤ教徒の権利向上の動きもあり、ユダヤ教徒への弾圧が弱まっていったが、逆に新反ユダヤ主義が芽生える面もあった。 1800年代 -• - 即位。 ユダヤ教徒弾圧始まる。 - ロシア、の上演禁止(ではこのようなことはない)。 19世紀末• で続く弾圧から逃げるため、東欧のユダヤ教徒が(イスラエルの地)に移住し始める。 から移住の費用が補助されたといわれる。 これが、のちのイスラエル建国へとつながる。 の都市建設などが始まる。 が起き、が活発になる。 フランス軍のユダヤ人大尉がスパイの冤罪を着せられた事件。 - (ユダヤ系)、アメリカのアイデンティティに対し「論」(それぞれの形の色と形を留めたままで共生する社会)を唱え、を提案する。 - ポーランドがを武力で滅ぼし、東(ハルィチナー)をはじめとする一帯を。 - 1933年のにより、ドイツにおいてに基づく反ユダヤ政策が実行される。 期 - 反ユダヤ政策がドイツの占領地域に拡大し、ユダヤ人の隔離、強制収容が行われる。 勃発以降にはヨーロッパからのユダヤ人種の根絶をはかるが行われ、600万人とも言われるユダヤ人が犠牲になったとされる。 戦中、戦後の時期においてヨーロッパを離れパレスチナなどに移住するユダヤ人が発生。 - に基づきの独立宣言。 - が提唱される。 - の崩壊によりソ連に住んでいたユダヤ人が大量にイスラエルに移住。 反ユダヤ主義 文化遺産 ユダヤ人関連の文化遺産として以下がある。 (イスラエル管理地域)旧市街と城壁(世界遺産登録)• (世界遺産登録)• 旧市街(2001年世界遺産登録)• (世界遺産登録)• 旧市街(登録)• 旧市街(世界遺産登録)• のユダヤ人地区と(2003年世界遺産登録)• 旧市街(1986年世界遺産登録) - ユダヤ人の先祖が作ったとされ、と関係のあったがあったとされる。 歴史地区(世界遺産登録)• - - ユダヤ人墓地• - の• - の交易路 The Frankinsence Trail ()• 日本と関わりの深いユダヤ人• - 1846年から8年間沖縄に滞在したプロテスタント系キリスト教伝道師。 - 、能などを英訳したイギリスのユダヤ人。 - など日本建築の美しさを欧米に伝えたユダヤ系ドイツ人。 - の広島県物産陳列館(のちの)などを設計したユダヤ系チェコ人。 - の際、日本のに協力したドイツ生まれのユダヤ系アメリカ人。 - の詳細を日本に伝えたユダヤ系ののジャーナリスト。 - ソ連(NKVD)の極東におけるチーフであり、時にへと亡命して日本軍に協力したユダヤ系ソ連人。 - を書いたリトアニア系ユダヤ人のアメリカ外交官。 - 執筆者。 - 日本史研究者。 - 日本文学翻訳家。 - 著述家。 - 映画監督。 - 元駐日イスラエル大使。 - ピアニスト、当時高い評価を西欧で得ていたが、来日し多くの日本人音楽家を育てた。 - の娘で、日本国憲法の人権条項作成に携わり、女性の権利の明記に尽力した。 日本国憲法の作成に携わった足跡が『ベアテの贈りもの』として2005年に映画化された。 - ユダヤ系ウクライナ人の創業者。 日本のメディアに登場するユダヤ人 関連書籍 初歩的入門書・紹介書• 『わかるユダヤ学』(手島勲矢 編著、、2002年9月、)• 『図解ユダヤ社会のしくみ 現代ユダヤ人の本当の姿がここにある』(滝川義人 著、、2001年3月、)• 『ユダヤを知る事典』(滝川義人 著、、1994年04月、)• 『イスラエル VS. 大澤武男 『ユダヤ人とドイツ』 講談社〈講談社現代新書〉、1991年。 ユダヤ教• 『現代人のためのユダヤ教入門』( 、 著、松宮克昌・松江伊佐子 訳、、)- ユダヤ教への入門・再入門書。 ユダヤ教の本質について論じている。 中央大学人文科学研究所研究叢書 29『ツァロートの道 ユダヤ歴史・文化研究』(出版部、2002年3月、)• 『彼ら抜きでいられるか 二十世紀ドイツ・ユダヤ精神史の肖像』(ハンス・ユルゲン・シュルツ 編、山下公子・他 訳、、2004年8月、)• 『表現主義論争とユートピア』(船戸満之 著、情況出版、2002年5月、)• 『パリ・貧困と街路の詩学 1930年代外国人芸術家たち』(今橋映子 著、都市出版、1998年5月、)• 『フロイトのウィーン』( 著、 訳、みすず書房、1992年3月、)• ジャニク 著、 訳、、2001年3月、)• りぶらりあ選書『取り消された関係 ドイツ人とユダヤ人』(ハンス・マイヤー 著、宇京早苗 訳、出版局、2003年8月、)• 叢書・ウニベルシタス 510『ユダヤ人とドイツ 「ユダヤ・ドイツの共生」からアウシュヴィッツの記憶まで』( 著、宇京頼三 訳、出版局、1996年2月、)• 『 ()』(著)• 『』(著)• 『』(著) アメリカ文学• 作品(児童文学):• 『魔女ジェニファとわたし ベーグル・チームの作戦(カニグズバーグ作品集 2)』(松永ふみ子 訳、、2002年1月、)• 『ブーバーに学ぶ 「他者」と本当にわかり合うための30章』(斉藤啓一 著、、2003年12月、)• 『なるほど! 『ユダヤ人が語った親バカ教育のレシピ』(アンドリュー・J・サター ユキコ・サター 著、、2006年3月、) その他• 『にせユダヤ人と日本人』( 著、、1983年12月、)• 『にせユダヤ人と日本人』(朝日文庫、1986年12月、)• 『ユダヤ移民のニューヨーク 移民の生活と労働の世界』(野村達朗 著、、1995年10月、)• 『ニューヨーク知識人 ユダヤ的知性とアメリカ文化』(堀邦維 著、、2000年6月、)• 中田晶子、南山大学紀要第37号、2009年• : Yehudim• : Jidn• には、がエジプトへ移住し、(頃 - 頃)を興している。 にはので ()が起こり、が原因で気候が大きく変動し、カナンに居住し続けるのが困難になった。 頃に、・の ()が原因と考えられる世界的な気温低下によるが起こった。 この問題でダレスは、にロンドン会談で日本の外相にもソ連とを二島返還で妥結するなら沖縄返還は無いと圧力をかけた。 当時の日本は、がに休戦したことを受け、ソ連とも講和条約締結と北方領土の返還を協議していた。 日本はにで路線を選択した後だったことから、ダレスの圧力を受け入れ、の首相との首脳会談で、国交回復を先行させ、平和条約締結後にとを返還する前提で平和条約の交渉を行う事が合意された。 その結果、ので北方領土は返還されなかった。 は「聖に する民」と訳している。 11章45節を参照。 11 , [ ], sourced from. 106. American Jewish Committee. 2006. [ — ]• ZSIDO. 2019年3月3日閲覧。 Jewishtucson. org. United Jewish Communities.. 2014年1月13日時点のよりアーカイブ。 2019年3月3日閲覧。 Jewish Virtual Library. 2009年10月6日閲覧。 , sourced from. 106. American Jewish Committee. 2006. SSEJ. 2019年3月3日閲覧。 Jewish Virtual Library• 2011年11月5日時点のよりアーカイブ。 2019年3月3日閲覧。 , p. , p. 佐藤唯行 『英国ユダヤ人』 講談社〈講談社選書メチエ〉、1995年、16頁。 杉本淑彦「白人の形成. 白色人種論とアラブ人 - フランス植民地主義のまなざし」『白人とは何か? ホワイトネス・スタディーズ入門』藤川隆男、刀水書房、2005年10月、64-65頁。 , p. , p. ,43-47頁• ラビ・マービン・トケイヤー『ユダヤ5000年の教え』実業之日本社、2004年4月。 [ ]• Herrnstein and Murray 1994; Richard Lynn 1991a; Lynn 2006 [ ]• ,176-177頁• , p. 175. 『』大貫隆ほか、岩波書店、2002年6月、1014頁。 (「ヘブライ人」の項目。 著者:月本昭男)• Colin McEvedy and Richard Jones, 1978, "Atlas of World Population History," Facts on File, New York,. [ ]• 加藤徹『貝と羊の中国人』新潮社〈〉、2006年、78頁。 Marcus Roberts 2007年. National Anglo-Jewish Heritage Trail. 2019年3月3日閲覧。 , p. , p. メンデル・ノイグレッシェル『イディッシュのウィーン』野村真理解説、野村真理訳、松籟社、1997年10月。 [ ]• , pp. 41-43. , p. 200. 参考文献• 『私家版・ユダヤ文化論』文藝春秋〈文春文庫〉、2006年。 大澤武男『ユダヤ人とドイツ』講談社〈講談社現代新書〉、1991年。 大澤武男『ユダヤ人ゲットー』講談社〈講談社現代新書〉、1996年11月。 関哲行『スペインのユダヤ人』山川出版社〈世界史リブレット〉、2003年4月。 『イスラエルvs. アラブ 誤解と真実』、滝川義人訳、ミルトス、1991年4月。 「民族共同体と法 17 :NATIONALSOZIALISMUSあるいは「法」なき支配体制」『静岡大学法経研究』43 3 ,、、1994年11月、 31-69頁、。 シュロモー・サンド『ユダヤ人の起源』.

次の

イスラエル人とユダヤ人の違い〜イスラエル人とユダヤ人の違いを簡単解説

ユダヤ 人 定義

宗教勢力が力を強めている現状 1958年に、カトリックに改宗したポーランド人で、イスラエルに移住した「ユダヤ人」神父が帰還法の権利(市民権獲得の権利)を申請したところ、この申請が拒否されるという事件が発生しました。 この問題は最高裁に持ち込まれ、1962年に最高裁において、4対1で彼をユダヤ人とは認めないという裁定が行なわれたのでした。 この判決によって、ヨーロッパやアメリカでいうところのいわゆる「ユダヤ人」つまり、「ユダヤ人の母から生まれた子ども」で、周囲もその子を「ユダヤ人」であるとみなしているにもかかわらず、イスラエルにとってのユダヤ人の条件には「ユダヤ教徒である」という宗教的な要素が必要となることが示されたのです。 言い換えるならば、たとえ「ユダヤ人の母」から生まれた子どもで、「ユダヤ人」としての自覚があったとしても、ユダヤ教徒でなければイスラエルの市民権は得られないことが確定したのです。 この事件をうけて、帰還法に「宗教」に関する条件がつけくわえられ、イスラエル人の定義が明文化されることになったといわれています。 建国以来、イスラエルは世俗国家であるという方針を変更してはいないものの、この条件が付け加えられたことは、世俗勢力よりも宗教勢力が、むしろその力を強めていることを示しているといわれています。 そもそも、世俗主義を掲げる政府側(認証機関は内務省)には、1991年にソ連が崩壊して、ロシア系のユダヤ人が大挙してイスラエルに移住するまで、イスラエル国内の「ユダヤ人」人口をなるべく増加させるという目標がありました。 これはイスラエル国内に住む、アラブ人の人口増加率が、ユダヤ人の増加率よりはるかに上回っていたために、移民の大量流入がない限り、人口比が逆転するのではないかと危惧されていたためです。 そのため、内務省は1980年代にエチオピア政府と協議のうえ、エチオピア内のユダヤ・コミュニティーを数度にわたって大量にイスラエルに移住させています。 ところがこれに抗議したのが、宗教勢力でした。 正統派のラビがエチオピアのユダヤ・コミュニティーを正当なユダヤ教徒としては認めないという立場をとり、ユダヤ教徒として認められたければ、イスラエル国内で再度、正統派のラビによる「改宗儀礼」が必要であると主張したのでした。 同様の問題が海外でユダヤ教徒に改宗した人々にも起きています。 たとえば、アメリカの改革派のラビが改宗を認め、イスラエル内務省も移住を承認したとしても、正統派のラビからはユダヤ教徒として認められない場合があるのです。 つまり、ユダヤ人と認められても、ユダヤ教徒としては認められないというなんとも奇妙な状況に陥る人々が生じているのです。 アメリカのユダヤ人男性と結婚した日本人女性で、ユダヤ教に改宗した女性の手記などを読んでいると、改革派といえども改宗するのにほぼ2年近くユダヤの歴史や宗教儀礼について学び、試験を受けるなど、改宗はかなりの難事業のようです。 にもかかわらず、イスラエルでは承認されないとなると、当然、なぜ正統派のラビだけに承認の権限があるのかという反発は避けられないでしょう。 このように、「ユダヤ人」の定義が一定ではないため、その範疇に入る「ひと」にずれが生じているのです。 そのうえ、ユダヤ人は誰かという問題を突きつめることは、イスラエルでは世俗勢力、宗教勢力双方にとって大問題に発展しかねないため、問題が棚あげになっているのです。 (文:岩永尚子).

次の