ヘンリー 王子 instagram。 ヘンリー王子&メーガン妃がインスタで「唯一フォロー」するアカウントが意味深

ヘンリー王子 公式Instagramに大物歌手との「偽りのやりとり」で非難殺到

ヘンリー 王子 instagram

サセックス公爵夫妻がロイヤルファミリーを離れた今、インスタグラムの公式アカウントだけが彼らの生活を垣間見ることができる唯一の場所になっている。 2019年4月に、もうすぐハンドルネームは変わってしまうが「SussexRoyal」のインスタアカウントを開設して以来、サセックス公爵夫妻は大切に思っている活動や息子アーチーくんを交えた家庭生活の様子を、アカウントを通してシェアしてきた。 開設した当時、ヘンリー王子とメーガン妃のインスタグラムは、5時間45分と過去最速でフォロワー数100万人を獲得してギネス世界記録を達成した(後にその記録はジェニファー・アニストンに破られてしまったけれど)。 が、その後のフォロワー数の増え方には興味深い点があり、創造力たくましい陰謀説につながっている。 『New York Times』紙に興味深い記事が出ているのだが、開設当初にフォロワー数が急増したことから、「SussexRoyal」のアカウントはすぐに「Kensington Royal」のフォロワー数を超えると予測された。 「Kensington Royal」はそれまではケンブリッジ公爵夫妻とサセックス公爵夫妻がシェアしていたアカウントだが、現在ではケンブリッジ公爵夫妻(ウィリアム王子とキャサリン妃)の仕事と家庭生活を宣伝するためだけに使われている。 しかし、そんなことは決して起こらなかった。 そうではなく、メーガン妃とヘンリー王子のインスタグラムのフォロワー数は常にウィリアム王子とキャサリン妃のフォロワー数を下回り、今年はじめにようやく同じくらいになった。 それ以降はどちらのアカウントもまったく同じペースでフォロワー数が増え続け、現在はそれぞれ約1130万人となっている。 あらゆる統計から、ヘンリー王子とメーガン妃のコンテンツのほうがウィリアム王子とキャサリン妃のそれよりエンゲージメント率が高いことが示唆されているのに、どうしてこのようなことが起こるのだろう?ソーシャルメディア分析ツールCrowdTangleを使って『New York Times』がシェアしたデータによると、「Kensington Royal」か「SussexRoyal」でこれまでにシェアされた投稿で「いいね」された10本のうち9本には、ハリーとメーガン、もしくはアーチーが含まれていたという。 唯一、それに当てはまらない写真は、シャーロット王女初登校日のジョージ王子とシャーロット王女の写真(これまで「Kensington Royal」に投稿された中で8番目に人気の高い写真)だったと、『New York Times』は書いている。 あるいは、ボットが介入しているのではないか説。 サセックス公爵夫妻がアカウントを開設した時、「ボットフォロワー」(本当のフォロワーじゃない人たち)によって当初の数を急増させたのではないかと示唆する人たちがいる。 それだと、その後フォロワー数の有機的増加が予想外にスローダウンしてしまったことの説明がつく。 逆に、「Kensington Royal」のほうが、「SussexRoyal」に並ばれたり追い越されたりしないよう、定期的にボットフォロワーを受けて増加維持に役立てているのではないかと言っている人たちもいる。 もしくは、こんな可能性もある。 統計上は、サセックス夫妻のアカウントに比べるとケンブリッジ夫妻のアカウントは全体的にエンゲージメント率が低いけれど、ボットフォロワーとかインスタグラムとかを抜きにして、本当にウィリアム王子とキャサリン妃をフォローしている人のほうが、ヘンリー王子とメーガン妃をフォローしている人より単純に多いのかもしれない。 また、同じ人たちが、「Kensington Royal」と「SussexRoyal」の両方に興味を持っていることもあり得るので、そうすると、現在、フォロワー数が等しくなっていることの説明はつく。 A post shared by kensingtonroyal on Mar 5, 2020 at 11:23pm PST それが、『New York Times』の分析調査記事でインタビューを受けたイギリスのソーシャルメディアコンサルタント、マット・ナヴァッラの回答と言えそうだ。 「疑わしいことがあるとは僕は思いませんね。 (と言っても)命をかける気はありませんが」と、述べている。 つまり、そういうことだ。 アカウントの裏側にアクセスできない限り、陰謀説はどれも単なる憶測にすぎない。 Translation: Mitsuko Kanno From.

次の

ヘンリー王子 公式Instagramに大物歌手との「偽りのやりとり」で非難殺到

ヘンリー 王子 instagram

ヘンリー王子とメーガン妃が、公式インスタグラムアカウントでファンにスウィートなハロウィンのメッセージを贈った。 アーチーは「リトル・パンプキン」とニックネームで呼ばれていた。 コスチュームを着て外出こそしなかったものの、ヘンリー王子とメーガン妃もささやかながらハロウィーンをお祝い。 2人は、公式インスタグラムアカウントにフォロワーへ向けたハロウィンのメッセージを投稿。 生後5ヶ月の息子、アーチーのこともスウィートに仲間に加えた。 「みなさんが、安全で楽しいハロウィンを過ごせますように、私たち家族(と、私たちのリトル・パンプキン🎃)から、おめでとう!」と、書かれていた。 この"私たちのリトル・パンプキン"というのは、もちろんアーチーのことで、親しみを込めたメッセージにさらに愛あるタッチを添えていた。 A post shared by sussexroyal on Oct 31, 2019 at 11:26am PDT 投稿に用いられた写真は、昨年10月、夫妻が太平洋諸国へロイヤルツアーを行った際に撮影されたもの。 2人はニュージーランドのアートシーンについて学び、学生やエンタメ業界で働く人々と出会った。 派手なコスチュームや派手なメイクアップの人たちが写っているのは、特殊効果のワークショップでポートレートが撮影されたためだ。 サセックス公爵夫妻と同様に、ユージェニー王女もインスタグラムで幼い頃にピエロと撮った懐かしい写真をシェアして、ハロウィンをお祝い。 「 tbt ピエロが怖くなかった頃…Happy Halloween🎃」と、ギンガムのドレスに黒のコートを着た自身の写真にキャプションした。

次の

Chevron

ヘンリー 王子 instagram

ヘンリー王子&メーガン妃が高位ロイヤルを退くというニュースが世界を駆け巡っている。 夫妻はこの電撃発表を誰にも知らせずに行ったという報道が本当ならば、王室メンバーは突然問題を突きつけられたことになる。 このニュースに対しウィリアム王子は「不意打ちを食らった」と感じ、チャールズ皇太子は「激怒している」と報じられ、女王は「複雑な問題」という言葉で表現した。 雑なやり方だったのは間違いないが、ヘンリー王子&メーガン妃の気持ちを確認した人はいたのだろうか? 幸い、ヘンリー王子の長年の友人であるナチョ・フィゲラスは彼らの気持ちを確かめたもよう。 関係者たちは、メーガン妃はカナダで順調に生活しているが、ヘンリー王子にとって王室離脱は決して容易なものではなかったと語っている。 ナチョは、ABCニュースで近日放送予定となっている特別番組『Royal Divide: Harry, Meghan and the Crown』の中で、ヘンリー王子が今どのような心境にあるのかを語った。 「数日前にヘンリー王子と話をしましが、彼は自分の身に起こったすべてのことでとても苦しんでいます。 人から批判されたことに心を痛めているのです」。 ナチョはさらに、ヘンリー王子は家族にとって最善のことをしようとしているのに、それを世間に精査されていると付け加えた。 「王子は父親であり、子ライオンと雌ライオンを外敵から守ろうとしています」「王子は母親(ダイアナ元妃)が誇りに思うような素晴らしい男性になりました」と語った。 メーガン妃&ヘンリー王子が高位ロイヤルを退いて以降、ウィリアム王子は夫妻に「愛情のある、頼りになる兄」として手を差し伸べていると報じられているだけに、ヘンリー王子も早く立ち直って、いつもの無邪気さを取り戻してほしい! Photo: Getty Images Translation: Masayo Fukaya From.

次の