フランク コステロ。 フランク・コステロ

三分で学ぶ!バグジー&コステロ

フランク コステロ

最大の敵ハイマン・ロスのモデルになった実在のギャング そして実話ベースの最たるキャラクターが、『PARTII』でマイケルの最大の脅威となるハイマン・ロスだ。 ロスは『PARTII』で初登場するユダヤ系の大物ギャングだが、実在したギャング、マイヤー・ランスキーを明確にベースにしているのだ。 そもそもマフィアはシチリア系しか認めない集団であり、ユダヤ系ポーランド人だったマイヤー・ランスキーは、どれだけ組織に貢献しても正式な構成員にはなれかった。 ただし、ヴィトーのモデルの一人とされる大物マフィアのラッキー・ルチアーノとは10代からの親友で、『』(91)ではルチアーノ、ランスキー、バグジー・シーゲル、そしてヴィトーのしゃがれ声のモデルと言われるフランク・コステロという若きチンピラ四人組の青春が描かれていた。 作品のテイストは異なるが、『ゴッドファーザーPARTII』の過去パートとも呼応する作品と言える。 Copyright C 1974 by Paramount Pictures and The Coppola Company. All Rights Reserved. Restoration Copyright C 2007 by Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. All Rights Reserved. 『』ではシチリア人同士の濃厚な絆が描かれていたが、実際はシチリア人以外を完全に排除していたわけではなかった。 特にラッキー・ルチアーノは「マイヤー・ランスキーら非シチリア人を外せ」と要求する古い世代のボスたちを暗殺し、マフィアをビジネスで結びついた巨大シンジケートとして組織化してみせた。 ハイマン・ロス(=ランスキー)とヴィトー(=ルチアーノ)が組んで闇ビジネスをしていたという劇中の設定も、ちゃんと現実のマフィア史とリンクしているのである。 犯罪組織を操るロスが、私生活ではマイアミで質素に暮らしていたり、キューバ政府の顧問として賭博ビジネスに関わったり、イスラエルに帰化しようとしたがアメリカに送還されるエピソードなどもすべてランスキーの実人生を反映させたものだ(ただしランスキーは80歳まで長命している)。 ロスがマイケルに語る「私たちはUSスティールより大きい」というセリフも、ランスキーの有名な言葉「私たちはジェネラルモーターズより大きい」の引用。 『ゴッドファーザー』の物語は基本的にフィクションだが、ロスに関してはマイヤー・ランスキーとほぼ同一であり、ヴィトーに複数名のモデルがいたり、ジョニー・フォンテーンが大まかにフランク・シナトラをモデルにしていたりするのとはレベルが違う。 Copyright C 1974 by Paramount Pictures and The Coppola Company. All Rights Reserved. Restoration Copyright C 2007 by Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. All Rights Reserved. コッポラはヴィトーの若き日のパートにもハイマン・ロスを登場させている。 ヴィトー一味はクレメンツァ、テッシオ、ジェンコが中心メンバーとして知られているが、実はしれっと小柄な5人目が映っている。 これが若き日のロスである。 コッポラはヴィトーとロスの出会いのシーンも撮っていたのだが、完成品からはカットされてしまったため、過去パートでロスに気付くのはいささか難しい。 ただ削除シーンを見てみると、ロスの本名が「スチャウスキ」であり、ランスキーの本名「スチャウランスキー」を縮めたネーミングだったことがわかる。 さらに「ロス」という別名はユダヤ系ギャングの大先輩アーノルド・ロススタインからいただいたことも明かされている。

次の

アメリカン・マフィア 年表

フランク コステロ

製作会社は。 からに架けて3作品製作された大ヒット『』の作品。 監督・製作は。 出演は、、、。 受賞作品(外国映画のリメイク作品としては史上初である)。 原題である「 The Departed」 とは「分かたれたもの」転じて「体から離れた死者の魂」の意。 単純に、「死んでいったやつら」、「逝った野郎たち」とも訳すことができる。 指定作品。 この作品ではと3度目のタッグを組んだ。 また、この作品のビリー・コスティガン役で誌に「この役でディカプリオの新たな時代が到来した」と絶賛された。 2006年10月6日に全米で公開、日本では翌2007年1月20日に公開され、日米両方で初登場第1位を獲得した。 キャッチコピーは、「男は、死ぬまで正体を明かせない。 概要 [ ] に潜入した系組織へのの男とアイルランド系ギャング組織に潜入したの数奇な運命を描いた。 それぞれの任務を遂行するために互いの組織への潜入を試みるというストーリーはオリジナルにほぼ忠実であるが、物語の舞台となるの独自色を強めることを目的としてやが登場している。 また、オリジナルでは第1作目を主軸に物語が展開されているが、本作では登場人物を増やしたり結末を異なるものにしたりと本家とは多少異なる作品に仕上がった。 本編ではFBIと警察との対立を描きつつも、が抱える人種問題にもスポットを当てた。 本作によって「無冠の名監督」と呼ばれていたスコセッシ監督がアカデミー監督賞を受賞した。 ストーリー [ ] マサチューセッツ州ボストン南部、通称 「サウシー」。 警察はこの街に蔓延する犯罪を撲滅すべく最終戦争に突入しようとしていた。 標的は犯罪組織のトップ、フランク・コステロ(ジャック・ニコルソン)。 その支配力を内部から崩そうと警察は新人警官のビリー・コスティガン(レオナルド・ディカプリオ)を組織に潜入させる。 一方、コステロはスパイとして新人警官のコリン・サリバン(マット・デイモン)を送り込んでおり警察の捜査は筒抜けになっていた。 お互い素性を隠して潜入生活を続けるビリーとコリンだったが、やがて警察もマフィアも内部に通報者がいることに気づき、お互いの情報源を使って、通報者を突き止めようとする。 登場人物 [ ] ビリー・コスティガン 父親は南部のブルーカラーで親戚に犯罪者の多いアイルランド系の家系に生まれた。 警察学校で優秀な成績を収めて刑事となり、その経歴に目をつけたクイーナン警部に危険な任務に相応しいと見込まれ、5年間に及ぶ暗黒街への潜入捜査を命じられた。 コリン・サリバン コスティガンと同じくボストン南部で育った。 ある商店でコステロと出逢い、彼の助力で幼い頃から正規の教育を受け警察学校に入り着実に階級を上がり"特別捜査課"に配属される。 そこでの任務はコステロを逮捕することだった。 フランク・コステロ 地域の暗黒街のボス。 サリバンの才能に着目しエリート警官の道を歩ませた。 そしてサリバンに、自分の組織内の警察内通者を、見つけ出させようとする。 クイーナン警部 コスティガンの経歴に目をつけ危険な潜入捜査の任務を与える。 マサチューセッツ州警察の"特別捜査課"に配属されている。 ディグナム巡査部長 クイーナン警部と同様に"特別捜査課"に配属されている。 口が非常に悪い。 マドリン 精神科医でサリバンの同棲相手。 ビリーの担当医師。 ミスター・フレンチ コステロの一の手下。 リボルバー拳銃を所持している。 エーラビー警部 サリバンが配属されたエリート集団SIU-"特別捜査課"を率いる。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ビリー・コスティガン コリン・サリバン フランク・コステロ クイーナン警部 ディグナム巡査部長 マドリン フレンチ エーラビー警部 ブラウン巡査 バリガン巡査 グウェン デラハント フィツィ フランク・ラツィオ ショーン ジミー・バッグ その他 [ ] 劇中、fuckなど下品な言葉の使用回数は『』の271回を更新しなかったものの、237回とかなり多めである。 当初ヒロイン役には、すでに名の知れたとが候補に挙げられていたが、スコセッシ監督はまだ無名だったヴェラ・ファーミガを起用した。 また、がビリー・コスティガン役を演じる予定だったが、設定年齢ととの年齢差がありすぎることを理由に、辞退した。 しかし、制作という形でこの作品に携わっている。 の実の兄のロバート・ウォールバーグもFBI捜査官のフランク・ラツィオ役で出演しており、兄弟そろっての共演作でもある。 日本の地上波放送で放映された時は、ショッキングなシーンにはBGMを流すなどの配慮がとられた。 マット・デイモンは後に「」でオリジナルで同じ役を演じたとの共演を果たしている。 受賞・ノミネート [ ]• 受賞: 作品賞、 監督賞、 脚色賞、 編集賞• ノミネート:助演男優賞(ウォルバーグ)• 受賞: 監督賞• ノミネート:ドラマ部門作品賞、主演男優賞、助演男優賞(ニコルソン、ウォルバーグ)、脚本賞• 第12回ブロードキャスト映画批評家協会• 受賞: 作品賞、 監督賞• ノミネート:脚本賞、主演男優賞、助演男優賞(ニコルソン)、アンサンブル演技賞、音楽賞• 第27回• 受賞: 作品賞、 監督賞、 助演男優賞、 脚本賞• ノミネート:アンサンブル・キャスト賞• 第19回• 受賞: 作品賞、 監督賞、 脚色賞• ノミネート:主演男優賞、助演男優賞(ニコルソン)、撮影賞• 第11回• 受賞: 作品賞、 監督賞、 脚本賞、 助演男優賞(ニコルソン)• 第10回• 受賞: 作品賞、 監督賞• 受賞: 作品部門トップ10、 監督賞、 アンサンブル演技賞• 受賞: 監督賞• ノミネート:作品賞、脚本賞• 第5回サテライト映画賞• 受賞: ドラマ部門作品賞、 助演男優賞(ディカプリオ)、 脚色賞、 アンサンブル賞• ノミネート:監督賞、助演男優賞(ニコルソン) 脚注 [ ].

次の

「暗黒街の首相」はフランク・コステロ。市長にFBI長官、政治家と渡りあった外交的ギャング(時に猿まで手なずけて)—Gの黒雑学

フランク コステロ

アウトローの危険な二つ名・異名集 Public Enemy No. 1:ジョン・デリンジャー ジョン・ハーバート・ディリンジャー・ジュニア 1903年6月22日~1934年7月22日 禁酒法や世界恐慌の影響下にあったアメリカで銀行強盗を繰り返した人物。 紳士的な立居振舞いと鮮やかな強盗テクニックで 義賊的人気を博しました。 FBI初代長官ジョン・エドガー・フーヴァーから「 社会の敵ナンバーワン(Public Enemy No. 1)」と指名されます。 情報提供者には5,000ドル、捕らえた者には20,000ドルの賞金が出されたそうなので、社会的な影響力の高さが伺えます。 犯罪王とまで言われたディリンジャーの最期は売春婦の密告による死でした。 FBI捜査官たちによってディリンジャーは殺害されます。 FBI捜査官はデリンジャーと売春婦を見失わないように売春婦に派手な「 赤いドレス」を着用させたそうです。 そのため、アメリカでは「赤いドレスの女」は「 自分を破滅へ導く運命の女」を意味する言葉として使われているそうです。 関連記事 スカーフェイス:アル・カポネ アル・カポネ 1899年1月17日~1947年1月25日 アメリカの禁酒法時代に密造酒の製作・販売、売春、賭博などで財をなしたギャング。 「 暗黒街の顔役」としてアメリカ史を通してもっとも有名なギャングのひとりです。 異名の由来は文字通り、顔に傷があったから「 スカーフェイス」と呼ばれたそうです。 本人はこの異名が嫌いだったそうで、本人の前で口にするものはいなかったそうです。 アル・カポネと言えばアメリカ財務省捜査官たちのチーム「 アンタッチャブル」とザ・ロックと呼ばれた「 アルカトラズ刑務所への服役」でしょう。 エリオット・ネスを中心とした「アンタッチャブル」はアメリカ財務省捜査官で構成された少数精鋭のチームで、国家禁酒法違反の面からアル・カポネを追い詰めました。 彼らの活躍は「アンタッチャブル」で映画化され、広く知られています。 アルカトラズ刑務所は別名「 ザ・ロック」「 監獄島」と呼ばれた刑務所で、アル・カポネは脱税によってこの場所に収容されていました。 アルカトラズ刑務所はその歴史や「 難攻不落」というイメージから様々な作品に登場します。 アル・カポネの最期は梅毒によって死亡したと言われています。 また、 梅毒の治療にはじめてペニシリンが投与された人物と言われています。 ただし、病気の進行が進みすぎておりペニシリンは効果がなかったそうです。 彼が亡くなった際にニューヨーク・タイムズは「 悪夢の終わり」と掲載を行いました。 しかし、彼の後継者たちが新たに暗躍していくことになります。 また第35代アメリカ合衆国大統領である ジョン・F・ケネディ当選の影の功労者であると言われ、ケネディ家との深く暗い繋がりを指摘される人物でもあります。 異名の「ムーニー(Mooney)」は 狂ったという意味を表す言葉です。 彼を語る上で外せないのが ケネディ家との関わりです。 選挙活動支援など深い関わりがあったとされ、マフィアに対する取締政策を進めるケネディに怒り、 ケネディ暗殺にも関与したと噂されています。 またCIAとの協力でも知られ「 カストロ暗殺計画を引き受けた3人のボスの一人」としても歴史に名を残しています。 関連記事 暗黒街の首相:フランク・コステロ フランク・コステロ 1891年1月26日~1973年2月18日 イタリア出身のギャングでコーサ・ノストラ幹部。 暴力を好まず、政治力で戦うタイプだったようで、その沈着冷静な態度や影響力から「 暗黒街の首相」と呼ばれた人物。 表の世界では FBIのジョン・エドガー・フーヴァー長官との付き合いや ジョン・F・ケネディの父親であるジョセフ・P・ケネディとの付き合いがあったそうです。 裏の世界では コーサ・ノストラの最高幹部:ラッキー・ルチアーノと知り合い、彼の組織掌握に協力するなどそうそうたる人物たちとの繋がりをもった人物でした。 アル・カポネの反対を押し切ってスロットマシン事業のルイジアナ進出し、成功を治めるなどビジネスに対して才覚を持っていたようです。 麻薬ビジネスだけはご法度としており、ファミリー全体に麻薬の売買を禁止していたそうです。 ギャンブルや密造酒とは違い麻薬はあまりにも「 リスクが高い」と考えていたようです。 ギャング内の血で血を洗う権力抗争にも負けず、引退後にドントしての優雅な余生を過ごし最期は心臓発作で亡くなりました。 先述したフランク・コステロと権力争いをしていたヴィト・ジェノヴェーゼに近い幹部で、 フランク・コステロを狙撃したことでも有名。 異名の「オッド」は奇妙・頭のおかしいという意味で、彼は 精神錯乱を演じることで様々な裁判を乗り切ることに成功しています。 彼の別の異名である「チン」は顎のことで、メンバーは彼の名前を語ることを禁止されていたために、 彼のことを語る際は顎を指さすことで意思の疎通をしたそうです。 彼が精神錯乱を演じていることが発覚したのは2003年の司法取引からです。 2010年に釈放が決まっていましたが、2005年に心臓病で亡くなっています。

次の