この app の 共有 は 取り消さ れ まし た。 【iPhone】家族が購入済みのアプリを無料でダウンロードする方法『ファミリー共有』

【iPhone】家族が購入済みのアプリを無料でダウンロードする方法『ファミリー共有』

この app の 共有 は 取り消さ れ まし た

「このAppの共有は取り消されました」エラーが起きている著名なアプリケーションはLINEとYouTubeです。 これらのアプリは利用者が多くSNS上でエラー発生の報告が多く見られます。 エラーが起きるとYouTubeは動画を見ることができず、LINEはメッセージの送受信ができなくなり非常に不便になります。 これらのエラーはLINEやYouTubeアプリを最新版にアップデートした後に頻発するようです。 最新版のアプリが原因 「このAppの共有は停止されました」エラーの原因は、アプリアップデート後に頻発していることから最新版のアプリとiOSの間で不具合が起きているようです。 特に2020年5月20日前後にリリースされたバージョンのアプリでエラーが確認されています。 エラーの 明確な原因が判明するまでは5月20日前後にリリースされたバージョンにアップデートしない方が良いでしょう。 「このAppの共有は停止されました」エラーの対処法 「このAppの共有は停止されました」エラーが起きた場合、以下に示す対処法を試してみてください。 不具合が解決する場合があります。 またLINEやYouTubeから不具合の解決の告知があれば、告知に従って対処すると良いでしょう。 遠からずこのエラーの問題が解決されたバージョンがリリースされます。 リリースされ次第アプリをそのバージョンにアップデートするようにしましょう。 アプリを再起動する 一般的な対処法としてアプリを一度タスクキルしてから再起動すると不具合が解消される場合があります。 タスクキルする場合、ホームボタンを2回押して表示されるアプリ一覧から対象のアプリを上にスワイプしましょう。 タスクキル後にもう一度アプリを起動してエラーが起きないか確かめてください。 変わらずエラーが起きる場合には次の項目の対処法を試してみてください。 設定からアプリを取り除く 「このAppの共有は停止されました」エラーの発生を受けてLINEが公式サイトで紹介している方法です。 設定からアプリを取り除いてAppstore から再度インストールすることで キャッシュクリアを行います。 ホーム画面から設定アプリを開きます。 設定一覧から 一般を選択してタップします。 一般の項目一覧から iPhoneストレージを選択してタップします。 ストレージのアプリ一覧から LINEを選択してタップします。 LINEの項目にある Appを取り除くを選択します。 確認画面が表示されます。 再度Appを取り除くを選択してタップします。 これでトーク履歴など残したままアプリデータを削除できます。 次にアプリを再インストールしましょう。 Appstore のLINEのページ、雲のマークを選択することで再びインストールすることができます。 この手順を行うことで「このAppの共有は取り消されました」エラーが起きなくなる場合があります。 アプリアップデートを控える このエラーはアプリアップデート後に起こることが確認されています。 アプリアップデートをしないことでエラーを回避することができます。 自動アップデートを切っておくと不具合のあるバージョンをインストールせずに済みます。 自動アップデートを切っておく 設定アプリを開きます。 設定一覧から iTunes StoreとApp Storeを選択してタップします。 Appのアップデートがオフになっているか確認してください。 右側のボタンが緑色でなく灰色になっていれば設定は無効になっています。 ボタンをタップすることで有効・無効を切り替えることができます。

次の

【解決策】「このAppの共有は取り消されました」と表示され使えない問題が発生中 · search.applylikeapro.com

この app の 共有 は 取り消さ れ まし た

設定アプリを開く• iPhoneストレージ• Appを取り除く• 再インストール これだけで解決します! ソーシャルゲームのアプリやLINEやYouTubeなどすべてのアプリで有効です。 私は一度ゲームアプリでやらかしました。 その時は泣きました。 いきなり出てくると焦りますが、一旦アプリを決してから再インストールをすると解決するだけなのでやってみてくださいね。 LINEで「Appの共有は取り消されました」が出た時の注意 LINEで「Appの共有は取り消されました」が出た時も上記の5ステップで解決します。 しかし、LINEアプリを消して再インストールすると連絡先や今までのトークは消えちゃわないのか不安です。 でも大丈夫です! 「Appを取り除く」では連絡先や今までのトークは消えません。 【LINEの公式で動画】 注意することは上述したように 「Appを削除」を選ばないこと。 「Appを削除」選んでしまうと連絡先や今までのトークが消えてしまいます。 大切な思い出やあんな思い出が一瞬で消えてしまいます。 悲しい。 絶対に間違えないようにしましょう。 「Appの共有は取り消されました」エラーが出る原因• 管理者担っている人がファミリー共有を取り消した• 自分がファミリー共有から外された ということが考えられます。 しかし、取り消したり外す設定をしていなくてこのエラーが出ている人が大多数です。 いろんな方が、エラーが出たと報告しています。 「このAppの共有は取り消されました。 」の人結構いるみたい。 私はLINEやインスタは開くんだけどYouTubeが見れないのよね。 困ったもんだ。 これを見るに、iPhone・Appstoreなどの不具合という線が濃厚です。 Appleのコミュニティをみてみると、過去に何回もこのエラーが出て困っている方が多いです。 せっかくファミリー共有という素晴らしい機能なので、このような不具合がなくなるようにAppleさんにはぜひ頑張っていただきたいです。 Apple製品大好きなので、もっともっと使い勝手のいい商品やサービスを期待しています! まとめ 突然起こるシステムのエラーですが、今回の「Appの共有は取り消されました」エラーは正しく対処をすれば解決します。 慌てて「Appを削除」を押してしまわないように、気をつけてくださいね!.

次の

[B! バグ] 【解決策】「このAppの共有は取り消されました」と表示され使えない問題が発生中

この app の 共有 は 取り消さ れ まし た

iOS版LINEを起動しようとすると「このAppの共有は取り消されました」と表示されて起動できない。 AppStore上は「開く」となっているが、毎回エラーが表示されて起動不可。 アンインストールするとデータ飛びそうな予感がするので様子見。 — 瑞佳 みずかるちゃー mizuka123 SNS関連アプリに頻発するという事もあり、例えばアプリを削除して再インストールしようにもやりとりのバックアップもできませんから、直近でバックアップを取っているか自動バックアップをオンにでもしていない限り、削除と再インストールするのは怖いですね。 しかしアプリを削除しなくてもこの問題を回避する方法は見つかっており、設定アプリから「Appを取り除く」でアプリの本体のみ削除して各種ファイルを残しておけば、再インストールしても元どおりにアプリを戻す事ができます。 やり方は設定アプリから「一般」>「iPhoneストレージ」と進み目的のアプリを選択、青文字の「Appを取り除く」を選択してからホーム画面に戻り、残ってるアプリアイコンをタップしてアプリをダウンロードすれば完了です。 この動作ではアプリ本体のデータこそ削除されますが、アプリで生成されたファイルやダウンロードしたデータなどは全て残るので、例えバックアップを取っていないくてもアプリを元に戻せるワケです。 この現象自体は2014年頃からごく少ない発生頻度で確認されているのですが、Apple側も原因を特定できていないのか長年放置されているバグのようで、今回のiOS 13. 5アップデートでかなり顕著に発生するようになってしまったようです。 安全な修正方法自体は確立されていますがただただ不便なので、Appleには早くこのバグの修正を行ってもらいたいですね。 まとめ 筆者も複数のiPhoneでiOS 13. 5アップデートを行い各種SNSを起動してみましたが、残念ながら現象の再現には至らず、解決方法の実施とデータの安全の確認しかできませんでした。 もしこの現象が発生しましたら、落ち着いて「Appを取り除く」を行いアプリを再インストールするようにしてくださいね。

次の