テリーのワンダーランドレトロ 変更点。 感想・解説『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』3DSリメイク版

テリーのワンダーランドSPをプレイしてみてわかったGB版、3DS版との違い【ドラゴンクエストモンスターズ】

テリーのワンダーランドレトロ 変更点

初期テリーのリメイク版となります。 『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』 ゲームボーイ用ソフト『 ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』のリメイク版として2012年5月31日に発売されたニンテンドー3DS用ソフトとなります。 基本的なシナリオは引き継ぎつつも、システム的な変更や、モンスターの追加など様々な要素が加えられており、これ単体でも楽しめる作品。 主な変更点としては、フィールドにいるモンスターに触れることで戦闘が始まるシンボルエンカウントが採用されている他、ジョーカーシリーズのスカウトシステムが採用されています。 配合のシステムは踏襲しつつ、スキルシステムとなっていて、モンスターサイズもメガ(2枠)、ギガ(3枠)と様々。 モンスターズシリーズでは初となる、最大4体のパーティを組むことができるようになっています。 旅の扉は、原作にあったものは再現されつつつ、一部ボスが変わっていたり、新しい扉もたくさん追加されています。 ゲームボーイからのリメイク版 テリーのワンダーランドの地メイク版として発売された本作。 ちょっと前までハマっていました。 (ジョーカー3プロをやる前まで) 初期テリーには小さい頃相当ハマっていたので、これもおそらく楽しめるだろうなーと思いながらやっていました。 やっていて、やっぱりかなり懐かしかったです。 システム的には大きく変わっていたりして、グラフィックも大きく進歩してはいるのですが、話の本筋はそのままで、モンスターズシリーズの魅力はそのまま残っている感じで。 3Dでやるドラクエってやっぱり面白いなーと思いながら。 人によっては2Dのレトロな感じを好む人もいるのかもしれませんが、個人的には圧倒的に3D派です。 いいゲームやってるな〜と言う感じがすごくします。 大量に追加されたモンスターたち このリメイク版ではかなりの数のモンスターが追加されています。 それだけでも結構楽しめます。 本編となる話は結構スムーズに進めることができるようにもなっていて、その後のやり込み要素もたくさんあるゲームです。 wifiで通信対戦などもやることもできて、『最強マスターズGP』も結構やってたな・・・。 でも、これガチの猛者が結構いたりして、正攻法では勝てなかったりします。 こんなの勝てんのかよ?と言うような相手も普通にいます。 戦闘の幅はかなり広がっています それでも、絶対勝てる最強モンスターというのはいないのがこのゲームの面白いところ。 どんな相手も必ずどうにかすれば倒すことができます。 そして、モンスターの組み合わせや、技の使い方なんかは本当に無限大で、必勝法は存在しません。 やり込もうと思えば、いくらでもやり込めます・・・。 ストレスの少ない 最近のゲームをやっていてすごく思うのは、プレイヤーにストレスをあまり与えないように、考えられてるなーと言うこと。 昔のゲームは技術的にもまだまだだったこともあってか、結構雑なところがあったりします。 でも、最近のゲームは本当に良くできていて、細部まで気を使っているものが多いです。 それでいて、『やり込めるところはここですよ』という部分もしっかりと意図的に残していたりして。 そんなことも全部ひっくるめてゲームと言う文化は本当に発展してきたんだなーと。 ゲームをやることの否定的な人もいるかもしれませんが、個人的にはそうは思いません。 結局のところ、どれほどやるかという程度の問題なのだろうと思います。 やるべきゲームもたくさんあると思いますし、友達との仲が深まるゲームもありますしね。 懐かしさだけでなく このテリー3Dは、ただ懐かしいだけでなく、なかなか高い完成度のソフトのような気がしました。 そもそも、初期テリーが相当な完成度であるものを、さらに現代の技術で再現するのだから面白くないわけがありません。 ただ一つ思ったのは、自分が成長してしまっていること・・・。 あの頃のように無邪気には楽しめていないのではないか・・・・?とかも思ったり。

次の

【スマホ版】テリーのワンダーランドRETROをプレイした感想とまとめ

テリーのワンダーランドレトロ 変更点

テリー編ですが、モンスターを仲間にして自分の気が済むまで育て上げ、配合してどんどん目指すモンスターを作っていく中で、レアモンスターを作るには同じ素材がいくつも必要となります。 現在プレイ中で自分が気が付いた事柄をいくつか掲載したいと思います。 概要 PS版では、ボスモンスターにお肉をあげようとするも「***は はらいのけた!」と表記されてしまい肉をあげることができません。 当然こんなのやってられません。 ですので、以下の方法で仲間にするようにします。 取り巻きの「ずしおうまる」と「デビルアーマー」を倒す。 「まおうのつかい」のHPは1000なので、上手く計算しながら900~980くらいまでダメージを与えていく。 「まおうのつかい」に対して、「せかいじゅのしずく」を使い体力を全回復させる。 (何回やってもダメならば「せかいじゅのしずく」を5回上げてみる。 結果と考察 ちなみに自分は、「せかいじゅのしずく」を4回与えて1発で仲間になりました。 (モンスターの仲間確率を調べているときに、チートコードを確認したところ、 モンスターはデフォルトではいくら肉を与えても3割の確率で仲間にならない、と発見しました。 なので、どんなに条件を満たしていても3割で失敗することがあるようです。 こればかりは仕方ありません。 メダルおじさんの扉のボスである「キングスライム」は、扉攻略前に既に「キングスライム」を仲間にしていたのにもかかわらず上記の方法で無事仲間にできました(能力は少しよわかったですが…;;) ~やりこみをしたい時~ 他記事でも書きましたが、テリー編では必要となる素材が複数必要なケースが多いです。 イル編やルカ編はカギの強さにより強力なモンスターが出現する可能性がありますが、テリー編では地道に作り上げるしかありません。 この仕様が年を重ねると楽しくなってきますが(笑) 1. 概要 例えば????系を何匹も作りたいがそのたびに強力なモンスターが必要となる。 GB版をやっていた時は主として「しもふりにく」を沢山あげるとモンスターが起きやすくなるとは聞いたことがあるがPS版ではこの仕様が変更したのかをはっきりさせたい(要は、自分がしっくりする事象が確認できれば満足!といった話。 特に他国マスターが持っている「ラーミア」や「まおうのつかい」などは何度も配合に用いるためこれらの情報を知るとかなり有益になると思われる。 「しもふりにく」を少なくとも4個持っている。 「アストロン」を覚えているモンスターを引き連れていること。 「おおめだま」は「アストロン」を覚えない。 「アストロン」を唱えて、仲間にしたいモンスターに対して「しもふりにく」を与える。 ちなみに「アストロン」中に肉を与えられる機会は2回までなので、確実に「しもふりにく」を4回与えるためには「アストロン」を2回唱える必要がある。 また、敵の「ロックちょう」などが「バズウしょうかん」してバズウを召喚された場合、こちらが「アストロン」を唱えたら「いてつくはどう」をされてしまうため「アストロン」中に肉を与える作戦は失敗となる。 他にも「メタルキング」が「メガザルダンス」を踊ったりなど意外な所で事故が発生するリスクもあるので注意が必要です。 「しもふりにく」を4回与えたら仲間にしたいモンスターを最後に倒す。 結果と考察 上記の方法で他国マスターが連れている「ラーミア」、「メタルキング」、「やまたのおろち」、ガンコじいさんの扉にいる「アンドレアル」は複数回仲間にすることが出来ました。 他記事でも書きましたが、モンスターはデフォルトでは3割の確率で仲間にならないため、失敗することも当然ありましたが気にしないのが良いと思います。 また、モンスターによって仲間になりやすさを示すマスクパラメータの数値は調べても分かりませんでしたが、肉は最大でも「しもふりにく」4個まで、と上限を決めるのが良いと思います。 それ以上あげてもあまり効果がない気がします。 他に気になった点があるとすれば、図書館に定められているモンスターのレア度によって与える肉の量も変わるのかもしれませんがこれに関しては正直分かりません(多分関係ないでしょう)。 偶然かもしれませんが「スライム」や「アントベア」などは2回目以降に仲間にする時、「しもふりにく」1個で仲間になりましたので…。 正直この点はかなり大きいです。 楽に「ローズバトラー」や「ランプの魔王」、「ダークホーン」や「キングスライム」などが量産できます。 特に「ローズバトラー」と「ダークホーン」が重宝しそうですね。

次の

ドラクエモンスターズ・テリーのワンダーランドRETRO情報まとめ

テリーのワンダーランドレトロ 変更点

こんにちは! KEN( )です! 2019年11月7日にリリースしたばかりのスマホ版テリーのワンダーランドレロトを攻略していきたいと思います。 ( つまり攻略本みたいな完全攻略って訳じゃないってことね。 追記:執筆してみたら攻略本を超えるレベルの深い内容になりました) もくじ• 配信環境はiOS、Android、ニンテンドースイッチ。 対応端末は公式サイトから確認できます。 >> 価格はスマホ版は1,480円、ニンテンドースイッチ版は1,650円(税込み) ゲーム内課金無しの落とし切り。 20年以上前のゲームの移植ですが、今やってもかなり面白いゲームなのでぜひ手に取ってみて欲しいですね。 割と重要な要素もあるので冒険の前に読んでおきましょう。 隊列の効果 メニュー画面の「さくせん」で隊列を変更できる。 先頭のキャラほど敵から狙われやすくなるので、守備力の高いキャラを先頭に置くようにしよう。 逆に守備力の低いキャラや、レベルの低いキャラは後列に配置すること。 「さくせん」ついて解説 「さくせん」を使うことでモンスターがオートで戦闘してくれます。 攻撃・補助・回復の3種類があり、戦闘中に指示を出すことで作戦の変更ができます。 例えば、ラリホー持ちのドラキーに補助系の「いろいろやろうぜ」で指示するとラリホーを唱えてくれます。 しかし「ガンガンいこうぜ」で指示を出すとラリホーは一切使わずに攻撃してくれます。 こんな感じで戦況を見極め適格な指示を出してあげましょう。 メニュー画面の「さくせんへんこう」(ぼうけんのしょの上)からでも各キャラの作戦を事前に変更できます。 後々登場する格闘場で確実に作戦を使用するので予備知識をつけておくと良いですよ。 さらに、使用している作戦によってモンスターの性格が変わるので割と大切な要素。 特に格闘場はモンスターに直接命令できないので、作戦を使い分ける必要があります。 こちらで学んでおきましょう。 【ガンガンいこうぜ】 ダメージを与える特技や呪文を多用するようになります。 【いろいろやろうぜ】 補助系の特技や呪文を多用するようになります。 【いのちをだいじに】 回復系の特技や呪文を多用するようになります。 【めいれいさせろ】 プレイヤーが任意でコマンドを入力できるようになる。 野生値 ステータスの中に「やせい」といった値がありますが、 野生値が高いとモンスターが言うことを聞かず勝手に攻撃したりします。 「やせい」の値は、まもののエサなどで下げることが可能です。 モンスターを 牧場にずっと預けていると野生値が勝手に上がるので注意。 探索前に:ダンジョンの基礎知識 ここではダンジョン探索時の基本をおさらいしておきます。 ダンジョン内でのセーブ ダンジョン内では基本的にセーブはできないようになっています。 全滅するとゲームオーバーなのでダンジョン脱出アイテム「キメラのつばさ」は常備しておきたいですね。 しかし、たまに ダンジョン内で「道具屋or 教会」が出現するマップがありますが、そこでセーブすることが可能なので活用しましょう。 (追記:宝箱しかないマップでもセーブ可能) 他に、物語中盤以降に登場する アイテム「たびのしおり」を使うことでもセーブが可能です。 Bossがいるフロアでは「たびのしおり」は使えないので、そこだけ注意しておきましょう。 ダンジョンの構造は自動生成 ダンジョンは入るたびにマップが変化します。 次に進む穴の場所も変化するので自力で探しましょう。 セレクトボタンを押すことでマップを閲覧することが可能です。 レトロ版では歩くスピードを速くできる 十字キーの左下にあるメニューから 歩くスピードを変更することができます。 GB版には無かった使用ですね。 速度を速めるとプレイ環境がグッと良くなるので有効活用しましょう。 ちなみにこのメニュー画面では、BGMや効果音の設定、ゲーム画面の変更(個人的には初代ゲームボーイの画面があったのが嬉しかった)が行えます。 OP~旅立ちの扉 物語はテリーの姉のミレーユがワルぼうにさらわれるとこから始まります。 ストーリー攻略チャート ・タイジュの城からゲームが始まる。 ・王様と会話。 ここで主人公の名前を変更可能。 ・上の階のモンスター牧場に向かう。 ・モンスター牧場にいるプリオから 「スラぼう」をもらう。 ・再び王様と会話。 逃げ出したホイミンを連れ戻しプリオを助けることになる。 ・王様と会話終了後、王の間左の部屋の宝箱を開けれるようになる。 宝箱には「やくそう」が入っている。 今のところ回復手段は「やくそう」しかないので確実に入手しておくこと。 宝箱:やくそう 宝箱:やくそう ・ホイミンを連れ戻すために「旅立ちの扉」に向かう。 「旅立ちの扉」はタイジュの城の地下に旅立ちの間にある。 (ダンジョン内ではセーブができないので渦の中に入る前にセーブしておこう) 【牧場】使い方を解説 ここではモンスター牧場の使い方を紹介するぞ。 あずけにきた モンスターは卵を含め17匹預けることができる。 1グループを冬眠させればさらに17匹預けることが可能だ。 むかえにきた 預けているモンスターをパーティーに3匹まで引き出すことができる。 ようすをみる 手持ちのモンスターと預けているモンスターのステータスを閲覧することが可能。 わかれにきた 預けているモンスターと別れることができる。 枠がいっぱいになったら使用する。 とうみん【冬眠】 17匹モンスターを仲間にすると仲間にできる枠はいっぱいになる。 さらに仲間したい時は冬眠させよう。 冬眠させることでさらに17匹のモンスターを仲間にすることが可能だ。 冬眠中のモンスターには経験値は入らない。 モンスターを成長させたくない時に冬眠のコマンドを利用しよう。 旅立ちの扉(全4フロア)ボス:ホイミン(ホイミスライム) 旅立ちの扉は全4フロア。 ここではモンスターを仲間にしつつ進んでいく。 HPが一桁になったら「やくそう」で回復しよう。 ちなみに「ダンジョン内でセレクトボタンを押すとマップを表示することができる」ので活用しよう。 ダンジョンにある穴に入れば次のフロアに進むことができる。 モンスターを仲間にしよう【薬草・毒消し草を使用した小技あり】 ドラキーもしくはアントベアどちらか1匹でも仲間にできればクリアは可能だ。 ドラキーは今後、大活躍するので絶対に仲間にしたい。 モンスターは戦闘で倒せば一定の確率で仲間になる。 (仲間になるのは戦闘で最後に倒したモンスターのみ) 【小技】 敵モンスターにダメージを与え減ったHPを 薬草で回復してやると「まもののエサ」と同様の効果になり、モンスターが仲間になりやすくなる。 エサがない時に活用してみよう。 さらに、 毒状態のモンスターを「どくけしそう」で回復してやると「ほねつきにく」と同様の効果がある。 「どくのいき」などを持ったモンスターが仲間に入れば狙う価値あり。 ・キメラのつばさ ダンジョンから脱出できるアイテム。 ボス攻略:ホイミン ホイミンはダメージを受けるとホイミで回復してくるので、パーティーが1体だけでは回復量を上回るダメージを与えられないので苦戦必至。 必ず2体以上のパーティーで挑むこと。 パーティーの人数が3体いるのならまず負けることはないはず。 やくそうで回復しつつ攻撃すれば勝てる。 勝利後ホイミンが仲間になる。 序盤で回復呪文が使える唯一のモンスターなので、必ずパーティーに入れ連れて行こう。 【ホイミン加入時のステータス】 ・ホイミン(覚える特技:スカラ、ホイミ、ベホマラー) 格闘場:Gクラス出場 ホイミンを捕まえた後、格闘場のGクラスに出場することになる。 この時点でタイジュの町に行けるようになり「格闘場」と「メダル交換所」が解放される。 ・格闘場に向かう。 (少しでもアイテム欄に余裕を持たせるために、ちいさなメダルはメダルおじさんに渡しておこう) ・マドハンドとじゃんけんで勝っておく。 ヒントは酒場の酔っ払いから聞こう。 ・格闘場の受付で「バニーおばば」と会話。 0Gで参加可能なGクラスに出場する。 格闘場Gクラス攻略 大会ではモンスターに「めいれい」することはできずオートで戦闘することになる。 道具も使えないので注意。 逃げることもできるが試合を放棄したことになる。 第三試合で毒状態にされる可能性もあるので「キアリー」を使えるドラキーを連れて行くと良い。 回復が使えないと確実に負けるので、ホイミスライムは必ず入れること。 アントベア、ドラキーは作戦「ガンガンいこうぜ」で攻撃に専念させホイミスライムは作戦で「いのちをだいじに」にしホイミで回復させよう。 苦戦せずに撃破可能だ。 【呪文の説明】 ・ホイミ 単体のHPを30~40回復する呪文。 とはいえスライムは大したことない。 きりかぶおばけは稀に「ラリホー」を唱え眠らせてくるが、すぐにMP切れに陥るので問題なし。 作戦は第一試合の時と全く同じで撃破可能だ。 【呪文の説明】 ・ラリホー 単体を眠らせる呪文。 ゴーストとくさったしたい共に「なめまわし」で1ターン行動不能にしてくるので厄介だ。 アントベア、ドラキーは「ガンガンいこうぜ」で攻撃に専念し、ホイミスライムは「いのちをだいじに」でパーティを回復させる。 くさったしたいの「どくのいき」は全体を毒状態にしてくるので、 毒状態になったらドラキーの作戦を「いのちをだいじに」にしよう。 こうすることでキアリーで回復してくれるようになる。 戦闘不能にならなければ攻撃ごり押しで勝てる。 【呪文の説明】 ・キアリー 単体の毒状態を回復する。 第三試合を勝ち抜くと王様に呼ばれることに。 待ち人の扉(全4フロア)ボス:ドラゴン Gクラスを勝ち抜き褒美として王様から「待ち人の扉」と「守りの扉」を解放してもらえる。 この時点で、タイジュの町の「図書館」「預り所」「バザー会場」が解放され行けるようになる。 道具屋では 超便利アイテムの「ももんじゃのしっぽ」を購入したい。 持っているだけでダンジョンの穴の方角が分かる優れものなのでお金が貯まったら購入しよう。 待ち人の扉は全4フロア。 ここでは 素早さの高いドラキーの先制「ラリホー」がボス戦で活躍するのでレベル5~6にして覚えておくことが重要。 このダンジョンから「まもののエサ」が登場する。 戦闘中に敵に与えてから倒すことで仲間にし易くなる。 (「くんせいにく」「ほねつきにく」「しもふりにく」も同様) さらに、ダンジョン内で「道具屋」が登場するようになる。 ダンジョン内の道具屋ではセーブできるので活用しよう。 ストーリー攻略チャート ・王様と会話後、「待ち人の扉」と「守りの扉」に行けるようになる。 ・この後すぐ扉に向かえるが「バザー会場」に寄り道しよう。 (メダルは持ち物の枠を埋めてしまうので入手したらマメにメダルおじさんに渡しておこう) ・待ち人の扉に向かう。 ・アモールのみず 80G HPを60~70回復する。 ・どくけしそう 10G 毒状態を回復する。 ・せいすい 200G ダンジョンで使用すると次のフロアに移るまでエンカウントしなくなる。 ・まもののえさ 20G 仲間の「やせい」を5ポイント下げる。 戦闘で敵に使用すると戦闘終了後に仲間になりやすくなる(効果:最も低い) ・くんせいにく 80G 仲間の「やせい」を10ポイント下げる。 戦闘で敵に使用すると戦闘終了後に仲間になりやすくなる(効果:低い) ・キメラのつばさ 100G ダンジョンから脱出できるアイテム。 ・ももんじゃのしっぽ 400G 持っていると次に進む穴の場所を教えてくれる。 アイテムの詳細情報はこちらで参照可能だ>> 待ち人の扉:出現モンスター ・アントベア(覚える特技:メタルぎり、しっぷうづき、なめまわし) ・きりかぶおばけ(覚える特技:ラリホー、トラマナ、ゾンビぎり) ・キリキリバッタ(覚える特技:マホトラ、ちからをためる、なかまをよぶ) ・ピッキー(覚える特技:マヌーサ、ルカニ、こうらがえし) ・グレムリン(覚える特技:ギラ、マホトーン、ホイミ) 待ち人の扉:出現アイテム ・お金 ・やくそう ・まもののエサ ・くんせいにく 【アイテム情報】 ・まもののエサ 仲間の「やせい」を5ポイント下げる。 戦闘で敵に使用すると戦闘終了後に仲間になりやすくなる(効果:最も低い) ・くんせいにく 仲間の「やせい」を10ポイント下げる。 戦闘で敵に使用すると戦闘終了後に仲間になりやすくなる(効果:弱) ボス攻略:ドラゴン ドラゴンはこうげき力が高く通常攻撃で10~17ポイントのダメージを与えてくる。 さらに全体攻撃の「ひのいき」が猛威を振るう。 しかし ドラゴンには「ラリホー」が有効。 素早さの高いドラキーが先制ラリホーで眠らせることでドラゴンの猛攻を封じることが可能だ。 ドラキーは毎ターン「ラリホー」を唱えること。 アントベアはこうげきに専念し、ホイミスライムは回復に努めよう。 見事撃破するとドラゴンが仲間になる。 ドラゴンが現時点でかなり強いモンスターなので、ここでアントベアと交換しておけば次のダンジョンが楽になる。 【ドラゴン加入時のステータス】 ・ドラゴン(覚える特技:かえんぎり、ひのいき、すべてをすいこむ) 守りの扉(全5フロア)ボス:ゴーレム 待ち人の扉をクリアしたら次は「守りの扉」に進もう。 「守りの扉」は待ち人の扉の下にある渦から行ける。 全5フロア。 守りの扉でもドラキーの先制「ラリホー」が活躍するのでぜひともドラキーを連れて行こう。 ストーリー攻略チャート ・王様と会話。 ・ほねつきにく 仲間の「やせい」を20ポイント下げる。 戦闘で敵に使用すると戦闘終了後に仲間になりやすくなる(効果:中) ボス攻略:ゴーレム ゴーレムは攻撃力が非常に高く一撃が怖い。 しかし、ゴーレムのはラリホーが非常に有効なので、 素早さの高いドラキーを使い先制「ラリホー」で眠らせてしまおう。 毎ターン眠らせながら戦えば安全に倒すことができるぞ。 ホイミスライムが「スカラ」を覚えているなら守備力の低い仲間に唱えよう。 受けるダメージを減らすことができる。 【呪文の情報】 ・スカラ 単体の守備力を上げる。 戦闘に勝つと「ゴーレム」が仲間になる。 【ゴーレム加入時のステータス】 ・ゴーレム(覚える特技:ちからをためる、きあいをためる、だいぼうぎょ) 今回はここまで。

次の