セレスタミン。 セレスタミン配合錠

セレスタミン配合錠の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

セレスタミン

セレスタミン 製 スポンサード リンク 成分(一般名) : セレスタミン(製) 製品例 : セレスタミン配合錠、セレスタミン配合シロップ ・・ 区分 : 副腎ホルモン/配合剤/副腎皮質ホルモン・抗ヒスタミン複合剤 PR 概説 アレルギー症状を抑えるお薬です。 湿疹やじんま疹、アレルギー性鼻炎の治療に用います。 作用 抗ヒスタミン剤と副腎皮質ホルモン(ステロイド)の2成分が配合されています。 湿疹やじんま疹のほか、花粉症で症状のひどいときにも使われます。 抗ヒスタミン剤:d-クロルフェニラミン..アレルギー反応を引き起こす体内物質「ヒスタミン」の作用をおさえます。• 副腎皮質ホルモン:ベタメタゾン..炎症をおさえたり、アレルギー反応を予防します。 特徴 古くから使用されているお薬です。 抗ヒスタミン作用と副腎皮質ホルモンによる抗炎症作用により、優れた効果が期待できます。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 別に薬を飲んでいる場合は、医師に伝えておきましょう。 【注意する人】 病気によっては病状を悪化させるおそれがあります。 閉塞隅角緑内障の人や、前立腺肥大などで尿の出が悪い人は使用できません。 適さないケース..閉塞隅角緑内障、前立腺肥大などで排尿障害のある人。• 注意が必要なケース..開放隅角緑内障、感染症(有効な抗菌剤がない場合)、結核、肝炎ウイルスをもっている人、水痘(水ぼうそう)もしくは麻しん(はしか)の既往がなく また予防接種を受けていない人、胃潰瘍、精神の病気、単純疱疹性角膜炎、白内障、高血圧、電解質異常、血栓症のある人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 男性の夜間頻尿にデスモプレシン(ミニリンメルト)を使用している場合は併用できません。 併用により低ナトリウム血症を起こすおそれがあるためです。• 安定剤など脳に働きかける薬と併用すると、作用が強くなりすぎたり、副作用がでやすくなります。 服用中の薬は医師に伝えておいてください。• 予防接種や皮内テストを受けるときは、この薬を飲んでいることを医師に伝えてください。• 飲酒はできるだけ控えましょう。 眠気やふらつきなど副作用がでやすくなります。 【使用にあたり】• 指示された用法用量どおりに、正しくお飲みください。• 長期服用中に、大けがをしたり、手術を予定している場合は、この薬を飲んでいることを担当医に伝えてください。• 長期大量服用後に中止する場合は、少しずつ減量しなければなりません。 急に中止すると、反動で具合が悪くなることがあります。 【食生活】 眠くなることがあります。 車の運転や危険な作業は控えてください。 【その他】 基本的には、短期間の服用にとどめるお薬です。 症状のひどい急性期にだけ用いるようにします。 医師の診断によりますが、よくなってきたら、減量・中止するようにしましょう。 よく効くからと、安易に漫然と続けることは好ましくありません。 効能 蕁麻疹 慢性例を除く 、湿疹・皮膚炎群の急性期及び急性増悪期、薬疹、アレルギー性鼻炎。 用法 【用法】• 錠剤..通常、成人は1回1〜2錠を1日1〜4回経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、本剤を漫然と使用するべきではない。• シロップ剤..通常、成人は1回5〜10mLを1日1〜4回経口服用する。 小児は1回5mLを1日1〜4回経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、本剤を漫然と使用するべきではない。 【注意】 本剤は副腎皮質ホルモンをプレドニゾロン換算で、錠剤として1錠中2. 5mg、シロップ剤として1mL中0. 5mg相当量を含有するので、症状改善後は漫然として使用することのないよう注意する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 人によっては、眠たくなったり、口やのどが乾燥することがあります。 服用期間が1週間くらいまでなら、重い副作用はまずありません。 少量であれば長期でもそれほど心配ないでしょう。 ただし、多めの量を長く飲み続けると、副腎皮質ホルモン特有の副作用がでやすくなります。 たとえば、高血圧や高血糖、胃潰瘍、骨粗鬆症、感染症などです。 もし、長期服用が必要な場合は、注意点や副作用について医師からよく説明を受けてください。 【重い副作用(長期大量連用)】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 重い感染症..発熱、寒気、だるさ、食欲不振、のどの痛み、咳や痰、息苦しい、嘔吐、下痢、皮膚発赤・小水疱・ピリピリ痛い、水ぶくれ、できもの。• 副腎の抑制..副腎の働きが弱くなる。 このとき急に服薬を止めると、発熱、頭痛、吐き気、脱力感、筋肉痛などの症状が現われ、まれに血圧の低下を伴うショック症状を起こす。• 骨粗鬆症..骨がもろくなる、背中や足腰の痛み、骨折。• 胃潰瘍..胃痛、下血(黒いタール状の血液便)、吐血(コーヒー色のものを吐く)。• 抑うつ..憂うつ、気分が落ち込む、やる気がでない、考えがまとまらない、悲観的、不安感、不眠。 【副作用(一般)】• 眠気、だるい、ふらつき• 口の渇き、目のかすみ、尿がでにくい。• いらいら感、不眠。 【副作用(長期大量連用)】• 生理不順、にきび、毛深くなる、脱毛• むくみ、血圧上昇。• 高血糖、高コレステロール、体重増加。• 中心性肥満..顔が丸くなる、肩やおなかが太る。• 眼圧亢進、筋力低下。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

商品一覧 : セレスタミン

セレスタミン

病気や症状に応じた注意事項• 過敏症• 下部尿路に閉塞性疾患• 前立腺肥大• 閉塞隅角緑内障• デスモプレシン酢酸塩水和物投与中<男性における夜間多尿による夜間頻尿>• 原則禁止• 開放隅角緑内障• 急性心筋梗塞• 結核性疾患• 血栓症• 高血圧症• 後嚢白内障• 最近行った内臓の手術創• 消化性潰瘍• 精神病• 全身の真菌症• 単純疱疹性角膜炎• 電解質異常• 有効な抗菌剤の存在しない感染症• 慎重投与• 肝硬変• 感染症• 甲状腺機能低下• 骨粗鬆症• 脂肪肝• 脂肪塞栓症• 重症筋無力症• 腎不全• 糖尿病• B型肝炎ウイルスキャリア• 投与開始前にHBs抗原陰性 薬剤名 影響 デスモプレシン酢酸塩水和物<男性における夜間多尿による夜間頻尿> 低ナトリウム血症 中枢抑制剤 相互に作用を増強 エタノール摂取 相互に作用を増強 モノアミン酸化酵素阻害剤 相互に作用を増強 抗コリン作用を有する薬剤 相互に作用を増強 ドロキシドパ 血圧の異常上昇 ノルエピネフリン 血圧の異常上昇 バルビツール酸誘導体 副腎皮質ホルモン剤の作用が減弱 フェノバルビタール 副腎皮質ホルモン剤の作用が減弱 フェニトイン 副腎皮質ホルモン剤の作用が減弱 リファンピシン類 副腎皮質ホルモン剤の作用が減弱 エフェドリン含有製剤 副腎皮質ホルモン剤の作用が減弱 サリチル酸製剤 血清中のサリチル酸濃度が上昇しサリチル酸中毒 アスピリン 血清中のサリチル酸濃度が上昇しサリチル酸中毒 アスピリンダイアルミネート 血清中のサリチル酸濃度が上昇しサリチル酸中毒 サザピリン 血清中のサリチル酸濃度が上昇しサリチル酸中毒 血液凝固阻止剤 作用を減弱 ワルファリンカリウム 作用を減弱 経口糖尿病剤 作用を減弱 アセトヘキサミド 作用を減弱 インスリン製剤 作用を減弱 利尿剤<カリウム保持性利尿剤を除く> 副腎皮質ホルモン剤との併用により低カリウム血症 トリクロルメチアジド 副腎皮質ホルモン剤との併用により低カリウム血症 アセタゾラミド 副腎皮質ホルモン剤との併用により低カリウム血症 フロセミド 副腎皮質ホルモン剤との併用により低カリウム血症 ソマトロピン 当該薬剤の効果が減弱 シクロスポリン 血中濃度が上昇 非脱分極性筋弛緩剤 筋弛緩作用が減弱又は増強 パンクロニウム臭化物 筋弛緩作用が減弱又は増強 ベクロニウム臭化物 筋弛緩作用が減弱又は増強 塩酸リトドリン ベタメタゾンの注射剤との併用により肺水腫 エリスロマイシン ベタメタゾンの作用が増強 ワクチン 神経障害 種痘 神経障害 ワクチン 抗体反応の欠如 種痘 抗体反応の欠如 副作用 (添付文書全文) 本剤は、使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査は実施していないため、発現頻度については、文献、自発報告等を参考に集計した(再審査対象外)。 1.重大な副作用 1).誘発感染症、感染症の増悪(0. また、B型肝炎ウイルス増殖による肝炎が現れることがある。 観察を十分に行い、異常が認められた場合には、適切な処置を行う。 2).続発性副腎皮質機能不全、糖尿病(頻度不明)、急性副腎不全(0. 3).消化性潰瘍(0. 4).精神変調(0. 5).骨粗鬆症、ミオパシー(0. 6).緑内障、後嚢白内障(頻度不明):連用により眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障を来すことがあるので、定期的に検査をすることが望ましい。 7).血栓症(0. 8).再生不良性貧血、無顆粒球症(0. 9).幼児・小児の発育抑制(頻度不明)。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.適応、症状を考慮し、他の治療法によって十分に治療効果が期待できる場合には、本剤を投与しない。 また、局所的投与で十分な場合には、局所療法を行う。 2.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 3.閉塞隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある]。 4.前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある患者[抗コリン作用により排尿困難、尿閉等が現れ、症状が増悪することがある]。 5.デスモプレシン酢酸塩水和物投与中<男性における夜間多尿による夜間頻尿>の患者。 (原則禁忌) 1.開放隅角緑内障の患者[眼圧の亢進により、緑内障が増悪することがある]。 2.有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の患者[免疫機能抑制作用により、感染症が増悪することがある]。 3.結核性疾患の患者[免疫機能抑制作用により、結核性疾患が増悪することがある]。 4.消化性潰瘍の患者[胃酸分泌の亢進、肉芽組織増殖抑制作用により、潰瘍が増悪又は治癒が遅れることがある]。 5.精神病の患者[中枢神経系に影響し、精神病が増悪することがある]。 6.単純疱疹性角膜炎の患者[免疫機能抑制作用により、単純疱疹性角膜炎が増悪することがある]。 7.後嚢白内障の患者[水晶体線維に影響し、後嚢白内障が増悪することがある]。 8.高血圧症の患者[水及び電解質代謝作用により、高血圧症が増悪することがある]。 9.電解質異常のある患者[電解質代謝作用により、電解質異常が増悪することがある]。 10.血栓症の患者[血液凝固促進作用により、血栓症が増悪することがある]。 11.最近行った内臓の手術創のある患者[創傷治癒(組織修復)が障害されることがある]。 12.急性心筋梗塞を起こした患者[副腎皮質ホルモン剤で心破裂を起こしたとの報告がある]。 (慎重投与) 1.感染症の患者[免疫機能抑制作用により、感染症が増悪する恐れがある]。 2.糖尿病の患者[糖新生促進作用(血糖値上昇)等により、糖尿病が増悪する恐れがある]。 3.骨粗鬆症の患者[骨形成の抑制、骨からのカルシウム排泄の増加により、骨粗鬆症が増悪する恐れがある]。 4.腎不全の患者[薬物の排泄が遅延するため、体内蓄積により副作用が現れる恐れがある]。 5.甲状腺機能低下のある患者[副腎皮質ホルモン剤の血中からの半減時間が長くなるとの報告があり、副作用が現れる恐れがある]。 6.肝硬変の患者[代謝酵素の活性低下等により、副作用が現れる恐れがある]。 7.脂肪肝の患者[脂肪分解・再分布作用により、肝臓への脂肪沈着を増大させ、脂肪肝が増悪する恐れがある]。 8.脂肪塞栓症の患者[副腎皮質ホルモン剤の大量投与により、脂肪塞栓症が起こるとの報告があり、症状が増悪する恐れがある]。 9.重症筋無力症の患者[蛋白異化作用により、使用当初、一時症状が増悪する恐れがある]。 10.高齢者。 (重要な基本的注意) 1.眠気を催すことがあるので、本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないよう十分注意する。 2.本剤の投与により、誘発感染症、続発性副腎皮質機能不全、消化性潰瘍、糖尿病、精神障害等の重篤な副作用が現れることがあるので、本剤の投与にあたっては次の注意が必要である。 特に、本剤投与中に水痘又は麻疹に感染すると、致命的な経過をたどることがあるので、次の注意が必要である。 1).本剤投与前に水痘又は麻疹の既往や予防接種の有無を確認する。 2).水痘又は麻疹の既往のない患者においては、水痘又は麻疹への感染を極力防ぐよう常に十分な配慮と観察を行う。 水痘又は麻疹への感染が疑われる場合や感染した場合には、直ちに受診するよう指導し、適切な処置を講ずる。 3).水痘又は麻疹の既往や予防接種を受けたことがある患者であっても、本剤投与中は、水痘又は麻疹を発症する可能性があるので留意する。 4).投与中は副作用の出現に対し、常に十分な配慮と観察を行い、また、患者をストレスから避けるようにし、事故、手術等の場合には増量するなど適切な処置を行う。 5).連用後、投与を急に中止すると、ときに発熱、頭痛、食欲不振、脱力感、筋肉痛、関節痛、ショック等の離脱症状が現れることがあるので、投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行う(離脱症状が現れた場合には、直ちに再投与又は増量する)。 3.副腎皮質ホルモン剤を投与されたB型肝炎ウイルスキャリアの患者において、B型肝炎ウイルス増殖による肝炎が現れることがあるので、本剤の投与期間中及び投与終了後は継続して肝機能検査値や肝炎ウイルスマーカーのモニタリングを行うなど、B型肝炎ウイルス増殖の徴候や症状の発現に注意し、異常が認められた場合には、本剤の減量を考慮し、抗ウイルス剤を投与するなど適切な処置を行う。 なお、投与開始前にHBs抗原陰性の患者において、B型肝炎ウイルスによる肝炎を発症した症例が報告されている。 (相互作用) ベタメタゾンは、主としてCYP3A4で代謝される。 1.併用禁忌:デスモプレシン酢酸塩水和物<男性における夜間多尿による夜間頻尿><ミニリンメルト>[低ナトリウム血症が発現する恐れがある(機序不明)]。 3).抗コリン作用を有する薬剤[相互に作用を増強することがあるので、併用する場合は、減量するなど慎重に投与する]。 6).サリチル酸誘導体(アスピリン、アスピリンダイアルミネート、サザピリン)[併用時に副腎皮質ホルモン剤を減量すると、血清中のサリチル酸濃度が上昇しサリチル酸中毒を起こすことが報告されているので、併用する場合には、用量について注意する(副腎皮質ホルモン剤は、サリチル酸誘導体の腎排泄と肝代謝を促進し、血清中のサリチル酸誘導体の濃度を低下させる作用を持っているので減量するとその血中濃度が上昇する)]。 7).抗凝血剤(ワルファリンカリウム)[副腎皮質ホルモン剤が、抗凝血剤の作用を減弱させることが報告されているので、併用する場合には、用量について注意する(副腎皮質ホルモン剤は血液凝固促進作用がある)]。 8).経口糖尿病用剤(アセトヘキサミド)、インスリン製剤[副腎皮質ホルモン剤が経口糖尿病用剤、インスリン製剤の作用を減弱させることが報告されているので、併用する場合には、用量について注意するとともに、血糖値その他患者の状況を十分観察しながら投与する(副腎皮質ホルモン剤は、肝臓での糖新生を促進し、末梢組織での糖利用を阻害することによる血糖上昇作用がある)]。 9).利尿剤<カリウム保持性利尿剤を除く>(トリクロルメチアジド、アセタゾラミド、フロセミド)[副腎皮質ホルモン剤との併用により低カリウム血症が現れる場合があるので、併用する場合には、用量について注意し、カリウム排泄型利尿剤との併用時には、血清カリウム濃度と心機能のモニタリングが推奨される(副腎皮質ホルモン剤は、尿細管でのカリウム排泄促進作用がある)]。 10).ソマトロピン[併用により、ソマトロピンの効果が減弱することがある(副腎皮質ホルモン剤がソマトロピンの効果を減弱させる、機序不明)]。 11).シクロスポリン[シクロスポリンの血中濃度が上昇するとの報告があるので、併用する場合には、用量について注意する(本剤はシクロスポリンの代謝を阻害する)]。 12).非脱分極性筋弛緩剤(パンクロニウム臭化物、ベクロニウム臭化物)[筋弛緩作用が減弱又は増強するとの報告があるので、併用する場合には、用量について注意する(機序不明)]。 13).リトドリン塩酸塩[ベタメタゾンの注射剤との併用により肺水腫が現れたとの報告がある(体内の水分貯留傾向が促進される)]。 14).エリスロマイシン[ベタメタゾンの作用が増強されるとの報告があるので、併用する場合には本剤の用量に注意する(エリスロマイシンのCYP3A4に対する阻害作用により、ベタメタゾンの代謝が抑制される)]。 (高齢者への投与) 高齢者に長期投与した場合、感染症の誘発、糖尿病、骨粗鬆症、高血圧症、後嚢白内障、緑内障等の副作用が現れやすいので、慎重に投与する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[動物実験(マウス)で催奇形作用が報告されており、また、新生仔副腎不全を起こすことがある]。 2.本剤投与中は授乳を避けさせる[母乳中へ移行することがある]。 (小児等への投与) 1.幼児・小児の発育抑制が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、減量又は投与を中止するなど適切な処置を行う。 2.長期投与した場合、頭蓋内圧亢進症状が現れることがある。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 (その他の注意) 1.副腎皮質ホルモン剤を投与中の患者にワクチン(種痘等)を接種して神経障害、抗体反応の欠如が起きたとの報告がある。 2.免疫機能が抑制されている可能性のある患者に対し本剤を投与する場合は、水痘、麻疹等に感染する危険性があり、感染した場合は医療機関を受診することを患者に伝える。 (保管上の注意) 遮光。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

セレスタミン

セレスタミン

主成分として、炎症を抑制する副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)と、アレルギーを抑制する抗ヒスタミン剤の2つを配合しております。 具体的には、ステロイド剤として、ベタメタゾン(Betamethasone)、抗ヒスタミン剤として、d-クロルフェニラミン(Dexchlorpheniramine)を配合しております。 以下の症状に対して効果が期待されます。 ・蕁麻疹(じんましん)(慢性例を除く) ・湿疹などの皮膚疾患(湿疹、皮膚炎群の急性期及び急性増悪期) ・薬疹 ・アレルギー性鼻炎 本剤は、高田製薬株式会社により製造・販売されております。 スポンサーリンク 主な副作用 セレスタミンの主な副作用は、以下の通りです。 ・消化不良になる ・眠気がする ・不眠になる ・イライラする ・吐き気がする ・下痢する ・口や喉(のど)が渇く ・生理不順になる ・むくみがでる ・ムーンフェイスになる ・目がかすむ ・身体がだるい ・尿がでにくい 本剤は、作用が強力であるため、副作用も強く出る場合があります。 一週間程度の利用ならば、重大な副作用は、ほぼ発生しないと言われていますが、それ以上の期間、多めに利用される場合には、副作用の発現に注意が必要です。 重大な副作用を避けるためにも、本剤の長期間にわたる使用や大量に使用することは控えてください。 また、眠気を引き起こす場合があるため、本剤利用中は、車の運転や危険を伴う様な作業は控えてください。 お酒(アルコール)は、本剤の作用や副作用の発現に影響しますので、控えてください。 重大・重篤な副作用 重大・重篤レベルの副作用としては、次の表の症状が想定されます。 重大・重篤レベル副作用リスト 副作用の名称 想定される症状等 続発性副腎皮質機能不全 37度から38度台の発熱がある、食欲がない、吐き気がする、嘔吐する、頭痛がする、全身がだるい、眠気がする、腹痛がある、関節痛がある、不機嫌になる(小児)等 糖尿病 頻尿になる、多尿になる、喉の渇きがある、口が渇く、食欲が亢進する、倦怠感がある、目が霞む、血管障害がある、神経障害がある、感染症等の重大な合併症がある等 膵炎 胃周辺が急に激しく痛む、吐き気がする、背中の痛みがある、嘔吐(おうと)する等 精神変調 イライラする、精神的に不安定になる、躁鬱になる、幻覚がある等 急性副腎不全(副腎クリーゼ) 全身の倦怠感 けんたいかん がある、食欲不振になる、易 い 疲労感(疲れやすい)がある、脱力感がある、吐き気がする、嘔吐する、下痢する、腹痛になる、発熱する、脱水症状になる、血圧が低下する、意識障害がある、呼吸困難になる等 消化性潰瘍 胃がもたれる、吐き気がする、痛みがある、空腹時にみぞおちが痛む、便が黒い等 うつ状態 気力がない、イライラする、気分が沈む、何もしたくない等 痙攣(けいれん) 全身の筋肉がピクピクする、しびれる、チクチクと痛む、瞬間うとうとと眠くなる、失神する、錯乱する、脱力する、膀胱の調節機能が消失する、興奮状態が継続する、怒りっぽい、ぼんやりする、よろめく、吐き気がする、眩暈(めまい)がする、下肢のコントロールが不能になる、筋肉の付随現象がおこる等 ミオパシー 手足が痺れる(しびれる)、手足が痛む、足がだるい、低い椅子から立てない、転びやすい、腕が上げにくい等 大腿骨及び上腕骨等の骨頭無菌性壊死 歩行時や起立時に股関節付近が疼痛になる、腰痛がある、膝痛がある、臀部痛がある、大腿部の前面部痛がある、肩関節痛がある、大腿骨や上腕骨を骨折する等 血栓症 手足がマヒしたり痺れ(しびれ)がみられる、しゃべりにくい、胸の痛みがある、呼吸困難になる、片方の足の急激な痛みや腫れがみられる等 再生不良性貧血 発熱する、悪寒がある、手足に赤い点(点状出血)ができる、赤紫の痣(あざ)ができる、のどが痛む、鼻血がでる、歯茎から出血する、貧血症状がみられる等 緑内障 光が輪になって見える、かすむ、にじむ、眼が充血する、眼が乾く、眼が痛む等 錯乱 外部状況に対し適した対応が出来ない状態、話や動作にまとまりがない 骨粗鬆症 骨折しやすくなる、手足が痛む、腰・背中・胸・足の付け根等が痛む、腰が曲がる、背丈が縮む等 後嚢白内障 目が霞む、眩しい、視力が低下する、水晶体が白濁する等 無顆粒球症 発熱する、咽頭痛がある、倦怠感がある、口内炎ができる等 幼児・小児の発育抑制 発育の低下がみられる等 誘発感染症 風邪などにかかり易い、細菌による感染症を誘発する等 感染症の増悪 風邪などが酷くなる、B型肝炎ウイルスが増殖する、発熱する、喉が痛む、口内炎ができる、咳や痰が出る、水脹れになる、発疹ができる、頻尿になる等 上記の表にある様な症状が現れた場合には、速やかに医師、又は薬剤師へ報告し、対応を相談してください。 重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありません。 しかし、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。 その他の副作用 その他の副作用としては、以下の様な症状が報告・想定されています。 その他の副作用リスト 副作用の部位名称等 副作用の名称、症状 消化器 口が渇く、胸やけがする、腹部膨満感がある、食欲不振になる、便秘する、腹痛がする、悪心がある、嘔吐する、食欲が亢進する、下痢する等 泌尿器 頻尿になる、排尿困難になる、尿閉になる、ステロイド腎症になる等 過敏症 発疹ができる、光線過敏症になる等 精神神経系 鎮静する、神経過敏になる、焦燥感がある、多幸症になる、複視になる、頭痛がする、眩暈(めまい)がする、耳鳴がする、前庭障害がある、情緒不安になる、振戦がある、感覚異常になる、ヒステリーになる、神経炎になる、協調異常がある、不眠になる、眠気がある、頭重感がある 循環器 低血圧になる、心悸亢進がある、頻脈になる、期外収縮がある 呼吸器 鼻及び気道が乾燥する、気管分泌液が粘性化する、喘鳴(ぜんめい)が聞こえる、鼻閉になる 内分泌 月経異常がみられる、糖尿になる等 眼 中心性漿液性網脈絡膜症等による網膜障害がある、眼球突出する等 皮膚 多毛になる、脱毛がみられる、ざ瘡がある、色素沈着する、皮下溢血がみられる、紫斑ができる、線条がある、そう痒感がある、発汗異常になる、顔面紅斑ができる、創傷治癒障害になる、皮膚菲薄化や脆弱化する、脂肪織炎になる 筋・骨格 筋肉痛になる、関節痛になる等 血液 溶血性貧血になる、白血球が増多する、血小板が減少する 肝臓 肝機能障害がみられる AST GOT 値、ALT GPT 値、Al-P値が上昇する等) 脂質・蛋白質代謝 満月様顔貌になる、野牛肩になる、窒素負平衡になる、脂肪肝になる等 体液・電解質 浮腫ができる、低カリウム性アルカローシスになる、血圧が上昇する等 その他 発熱する、疲労感がある、精子数及びその運動性が増減する、胸痛がする、倦怠感がある、体重が増加する セレスタミンについて 本剤は、現時点で最強の抗炎症剤の1つです。 但し、強力であるが故に、他の薬では効果がない場合に利用する様なケースも多くあります。 そのため、以下の様な様々な分野の治療にも利用される場合があります。 (内科、小児科) ・リウマチ疾患 ・全身性エリテマトーデス(膠原病 ・気管支喘息 ・花粉症 ・アレルギー性鼻炎(アレルギー性疾患) ・紫斑病(しはんびょう) ・潰瘍性大腸炎 ・劇症肝炎 ・ネフローゼ症候群 ・重症の感染症 ・重症の低血圧症 ・薬物中毒 ・血清病 (整形外科) ・関節リウマチ ・骨や関節炎 ・五十肩 ・坐骨神経痛 (産婦人科) ・つわり ・妊娠中毒症 ・外陰瘙痒症(がいいんそうようしょう) (泌尿器科) ・前立腺ガン ・膀胱炎 (皮膚科) ・湿疹(皮膚炎) ・蕁麻疹(じんましん) ・皮膚瘙痒症 ・小児ストロフルス ・乾癬(かんせん) ・紅皮症(こうひしょう) ・角化症(かくかしょう) ・皮膚筋炎 ・強皮症 ・脱毛症 ・火傷(やけど) ・虫刺され (眼科) ・結膜炎 ・角膜炎 ・眼瞼炎(がんけんえん) (歯科) ・歯周病 ・歯槽膿漏(しそうのうろう) 副作用には、十分注意し、副作用と思われる症状が発現した場合には、利用を止め、速やかに医師と相談してください。 妊娠中の方や妊娠している可能性のある方は、医師とご相談下さい。 又、本剤を利用されている期間は、授乳を避けてください。 小児の方は、本剤の利用により発育抑制が発現する場合がありますので、注意して利用する必要があります。 又、小児が、本剤を長期間利用することに伴い、頭蓋内圧亢進症状が発現したとの報告があります。 以下の方は、基本的に禁忌なので、本剤の利用はできません。 ・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方 ・前立腺肥大等下部尿路に閉塞性疾患のある方 ・緑内障の方 ・適応、症状を考慮し、他の治療法によって十分に 治療効果が期待できる場合には、本剤を投与しないこと。 また、局所的投与で十分な場合には局所療法を行うこと。 以下の方は、原則禁忌です。 ・電解質異常のある方 ・血栓症の方 ・精神病の方 ・単純疱疹性角膜炎の方 ・後嚢白内障の方 ・高血圧症の方 ・最近行った内臓の手術創のある方 ・急性心筋梗塞を起こした方 ・有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の方 ・結核性疾患の方 ・消化性潰瘍の方 以下の方は、このお薬を利用する際には注意が必要なので、医師とご相談ください。 ・感染症の方 ・糖尿病の方 ・骨粗鬆症の方 ・腎不全の方 ・甲状腺機能低下のある方 ・肝硬変の方 ・脂肪肝の方 ・脂肪塞栓症の方 ・重症筋無力症の方 ・高齢の方 以下の薬剤等と併用する際には相互作用があり注意が必要なので、医師とご相談ください。 ・中枢神経抑制剤 ・アルコール ・MAO阻害剤 ・抗コリン作用を有する薬剤 ・ドロキシドパ ・ノルアドレナリン ・バルビツール酸誘導体(フェノバルビタール) ・フェニトイン ・リファンピシン ・エフェドリン ・サリチル酸誘導体(アスピリン、アスピリンダイアルミネート、サザピリン) ・抗凝血剤(ワルファリンカリウム) ・経口糖尿病用剤(アセトヘキサミド) ・インスリン製剤 ・カリウム保持性利尿剤以外の利尿剤(トリクロルメチアジド、アセタゾラミド、フロセミド) ・ソマトロピン ・シクロスポリン ・非脱分極性筋弛緩剤(パンクロニウム臭化物、ベクロニウム臭化物) ・リトドリン塩酸塩.

次の