希望 の 糸 東野 圭吾。 東野圭吾ナビサイト|希望の糸のあらすじ

希望の糸

希望 の 糸 東野 圭吾

朝ご飯を食べながら新聞を読むのが長年の習慣です。 数日前にぼんやりしながら新聞をめくっていたところ、目に飛び込んできたのがこの広告。 東野圭吾の新刊? え、金沢が舞台? 東野圭吾は結構好きで、おうちライブラリーにはかなりの数の東野圭吾が並んでます。 好きな作品を3つあげろって言われたらどれだろう。 うーん。 容疑者Xの献身• 手紙 あたりかな。 全部映画になってるけど、映画はほとんど観てない。 容疑者Xだけためしにチラッと観たことあるけど、福山雅治が私はNGなのと、原作イメージとかけ離れた堤真一の石神さんなのと、私の中では結構好みだった工藤さんがダンカンなのと…等々で、 キャスティング無理!観てられない! ということで、数十分だけ観て脱落。 やっぱり原作が最高だよ!という原作原理主義の私です。 本題に入ります。 本日発売の『希望の糸』。 今日買ってきたんですけど、今日最後まで読み切ってしまいました。 今、仕事がかなり詰まってるんですよ。 自分がもたもたしてたせいで。 少なくとも長い小説を読む時間なんてないはず。 なのに、最初の数ページだけ…のつもりが、「あ、もう無理。 ここでやめるのは不可能」というモードに突入し、結局350ページ全部読んでしまったという。 バカだよほんと。 冒頭から、私の地元である長岡や、中越地震のくだりが出てたのも敗因。 内容 東野圭吾の最新長編書き下ろしは、「家族」の物語。 「死んだ人のことなんか知らない。 あたしは、誰かの代わりに生まれてきたんじゃない」 ある殺人事件で絡み合う、容疑者そして若き刑事の苦悩。 どうしたら、本当の家族になれるのだろうか。 閑静な住宅街で小さな喫茶店を営む女性が殺された。 捜査線上に浮上した常連客だったひとりの男性。 災害で二人の子供を失った彼は、深い悩みを抱えていた。 容疑者たちの複雑な運命に、若き刑事が挑む。 引用:Amazonの本の紹介より 不妊治療を経て生まれてきた14歳の少女を中心にして、さまざまな人間模様が描かれています。 まさしく家族の織りなす物語。 夫婦のこと、子どものこと、親のこと、家族ではなくても大切な人のこと。 感想 ネタバレしない程度の乾燥になりますが…。 読みながら何回か泣きました。 東野圭吾は、なんでこんなに人を描くのがうまいのよ? 人はみんないろいろなものを抱えていて、弱くもあり、強くもあり。 生きていれば、葛藤ばかり。 傷つくこともたくさんある。 伝えたいことがうまく伝わらないどころか、真逆に取られて誤解を生むこともある。 人が人を理解するのは難しい。 本当に悪い人なんて誰もいないのに。 特に女性の繊細な感情の描き方がうますぎて、簡単に感情移入してしまいました。 怜子、萌奈、弥生、多由子、登場するすべての女性たちに、いちいち感情移入してしまう。 印象的だった場面は、終わりの方で多由子が綿貫についた嘘と、別れ際の涙のところ。 ただただ切ない。 最初はバラバラに独立して見える物語が、終盤にすべて完璧に繋がっていく様は、さすが東野圭吾。 舞台が金沢というだけあって、知っている地名もいっぱい出てきて楽しかったです。 十間町の旅館とか、大手町の法律事務所とか、金沢駅の鼓門もそうだし、お父さんが入院してるのはタクシーのルートから推測するに赤十字病院だな、とか(笑) 結論 優しい気持ちになれる作品。 みんな平気そうな顔をして生きていても、なにかしらの傷や痛みを持ってる。 読んで損なし。 読むべき作品。

次の

希望の糸(東野圭吾)を発売初日に買って、即日読み切った話

希望 の 糸 東野 圭吾

希望の糸の見どころ! ・殺人事件の捜査上に浮かび上がる、ある家族の秘密 ・事件を捜査する松宮の一個人としての葛藤 ・こじれてしまった親子間に、愛情を取り戻すことはできるのか ・殺人犯の孤独と愛を見つけるまで 希望の糸の主要登場人物 松宮 脩平(まつみや しゅうへい) 刑事。 花塚 弥生殺人事件を捜査する。 花塚 弥生(はなづか やよい) カフェの店主。 何者かに殺される。 穏やかで優しいと評判。 汐見 行伸(しおみ ゆきのぶ) 二人の子どもを震災で、妻を病気で失う。 震災後に生まれた娘の出生についての問題に悩んでいる。 綿貫 哲彦(わたぬき てつひこ) 弥生の元夫。 事件前、弥生に呼び出されていたことから、多由子に不審に思われている。 中屋 多由子(なかや たゆこ) 綿貫の内縁の妻。 弥生を殺したのは自分だと自首する。 希望の糸 の簡単なあらすじ ある日、カフェの店主・花塚 弥生が背中をケーキナイフで刺されて殺害されているのが発見されます。 捜査にあたった松宮は懸命に聞き込みをしますが、犯人の目星がつかず、捜査は暗礁に乗り上げかけます。 しかしその時、弥生の元夫の現在の内縁の妻・多由子が殺害を自白します。 その動機を不自然に感じた松宮が捜査を続けると、浮かび上がってきたのは、過去の受精卵取り違えの事故でした。 捜査にあたった松宮は聞き込み調査を始めますが、弥生の評判はとてもよく、誰かが殺意を覚えるとは思えませんでした。 しかし、事件前に弥生が突然エステやジムに通いだしたことから、松宮は男性絡みの事件かと考えます。 捜査線上に浮上してきたのは、弥生のカフェの常連であった汐見です。 汐見は弥生への好意を認めますが、弥生からは誰とも交際するつもりがないと聞かされていたとし、あくまで親しい常連であったということを強調します。 松宮は汐見の自宅に行き、汐見の娘・萌奈にも話を聞きますが、どうも汐見と萌奈はうまくいっていないようでした。 汐見は東日本大震災で子どもを二人なくしており、萌奈はそのあとに不妊治療の末に生まれた娘でした。 妻は萌奈の中学進学を待たずに白血病で亡くなっています。 萌奈は生まれた時から、震災で亡くなった子どもの話を両親から聞かされてきました。 そして次第に、自分は死んだ子どもの身代わりとして育てられているのではないかと窮屈な思いをするようになります。 また、母が死んでから父親が露骨によそよそしくなったことや、自分が両親と容姿が似ていないことから、萌奈は自分は母親の不倫で生まれた子どもなのではないかと疑うようになります。 松宮はこのぎくしゃくした親子が弥生殺人事件に何らかの形で関わっているのではないかと疑いますが、証拠はありません。 そんな時、弥生の元夫の現在の内縁の妻・多由子が、弥生の殺害を自白するのです。 過去の事故 舞台は過去にさかのぼります。 東日本大震災のあと、汐見と妻は二人の子どもを亡くした悲しみに打ちひしがれていました。 この悲しみを乗り越えるには、もう一度子どもを作ろうと汐見は妻に提案します。 年齢的に自然妊娠は厳しかった二人は、不妊治療を始めます。 治療はつらく、なかなかうまくいきませんでしたが、ついに人工授精が成功します。 出産にむけて、幸せいっぱいの汐見夫妻でしたが、ある日病院から呼び出され、受精卵の取り違えの可能性があることを告げられます。 同時期に不妊治療を受けていた弥生と綿貫の受精卵を、誤って汐見の妻の体内に戻してしまったというのです。 汐見夫妻は衝撃を受けますが、取り違えていない可能性もあることや、堕胎可能期間内に遺伝子検査ができないことから、出産に踏み切ります。 それが萌奈だったのです。 成長するにあたり、全然両親に似ない萌奈を見て、両親はやはり取り違えが起きていたのだと確信します。 その後、白血病が見つかった汐見の妻は、自分の死後は萌奈に真実を告げてもいいと汐見に告げて、すぐに亡くなりますが、汐見は萌奈にとって何が一番良い選択なのか決めあぐねていました。 思春期を迎えている娘と上手く話せないというのも原因でしたが、一番は、真実を知った萌奈が義理の父である自分を見捨てて実の家族のもとにいってしまうことが怖かったのです。 そのために、汐見は萌奈と向き合うのを先延ばしにしていました。 そして、萌奈の遺伝子上の母親に会いに行こうと思い立ちます。 不妊治療を行った医師から弥生のことを知らされ、汐見はすぐに弥生に会いに行きました。 弥生の店に行き、常連になった汐見は、こらえきれずに弥生に受精卵取り違えの話をしてしまいます。 弥生は大変驚きますが、自分に娘がいることを喜び、一目会いたいと汐見に訴えます。 汐見は萌奈の学校を教え、弥生は部活中の萌奈を外から見守るようになります。 萌奈は弥生の存在には気が付いていましたが、まさか自分のことを見ていいるとは思わず、何の関心も持ちませんでした。 弥生はこの事実を元夫・綿貫にも教えます。 綿貫は初めて遺伝子取り違えの事実を聞かされ、病院から何の説明も受けていないと憤ります。 病院を訴えることも考えましたが、騒ぎを大きくすると、萌奈や萌奈の両親に自分たちのことを気付かれてしまいます。 弥生は萌奈の気持ちを一番に考えていたので、綿貫には騒がないように忠告します。 綿貫は萌奈に会いたがりますが、きっと綿貫は萌奈に声をかけてしまうだろうと危惧した弥生は、決して萌奈の学校や住まいを綿貫に明かしませんでした。 綿貫はそれをしぶしぶ受け入れたものの、浮き立つ気持ちは抑えきれずに、養子縁組の組み方について調査を始めてしまいます。 そんな綿貫を見て、内縁の妻の多由子は不安を感じます。 多由子はある日、こっそりと弥生に会いにいきます。 どうして綿貫と連絡を取っているのかと問い詰められた弥生は、最初は口を割りませんでしたが、綿貫から事実を隠されたままの多由子のことを可哀想に思ってしまった弥生は、萌奈の話をしてしまいます。 弥生は多由子を手厚くもてなし、多由子と綿貫の間に子どもができることを願っていると話しますが、突然綿貫と弥生の間に子どもがいることを知らされて動転した多由子は話を冷静に聞くことができない精神状態でした。 挙句、弥生と綿貫がよりを戻して萌奈を養子に迎えようと企んでいると誤解して、怒りにまかせて弥生を刺してしまうのです。 本当の親子 弥生が亡くなり、萌奈とどう接していいかわからなくなっていた汐見ですが、ある晩、まだまだ子どもだと思っていた萌奈が生理を迎えていたことに気付きます。 偶然ではあるものの、生理用品を見てしまったことを萌奈は怒りますが、汐見は大人の体になった萌奈には本当のことを話す時がきたと直感します。 萌奈は自分が本当の娘ではないことを気付いていましたが、しかし、それは母親の不倫のせいだと誤解していました。 汐見は受精卵の取り違えのことを萌奈に話し、自分は本当に萌奈のことを愛していると告げます。 萌奈はすべてを受け入れて、父娘は仲直りを果たします。 萌奈は遺伝子上の両親に会いたいとは言いませんでした。 育ててくれた汐見からの愛情があれば十分だったのです。 萌奈は震災で亡くなった二人の兄と姉の身代わりとして育てられているような引け目を感じていましたが、汐見からの愛情を確信し、これからは亡くなった家族の分まで、汐見と幸せな時間を過ごそうと思うのでした。 逮捕された多由子は、本当の動機を話すと萌奈に出生の秘密を知られてしまうと、動機については嘘の供述をしていましたが、松宮経由で萌奈が真実を知ったこと、その真実を萌奈が素直に受け入れたことを聞き、本当のことを話します。 後日、綿貫が多由子に面会に来て、多由子の気持ちがくみ取れなかったことを詫びます。 その時、多由子は綿貫に嘘の妊娠報告をします。 綿貫はそれを信じ込み、ついに自分の子どもが育てられると喜び、多由子が刑に服している間は自分が育てると断言します。 多由子からすぐに嘘だと言われ、綿貫は混乱しますが、そんな綿貫に、「嘘でも自分の赤ちゃんを喜んでくれて嬉しい」と多由子は涙を流します。 多由子は学生時代と会社員時代に、二度の堕胎を経験していました。 産みたくても産めなかった経験から、刑に服す前に一度だけ、心から自分の妊娠を喜んでほしいと願っての嘘でした。 希望の糸 を読んだ読書感想 家族について考えさせられる話でした。 実の親と育ての親に関する物語はたくさんありますが、本作は血のつながりに縛られない家族の愛情を見ることができました。 東野圭吾お得意のミステリーも楽しみつつ、優しい家族愛も楽しめます。 メインキャラクターではありませんが、東野圭吾作品に共通して出てくる刑事・加賀恭一郎も登場するので、お得感のある一冊でした。 様々な要因が絡みあい、複雑な事件ではあるものの、展開が早くてとっても読みやすいのでお勧めです。 また、本作は難解なトリックは全く出てこないので、推理小説が苦手な方でも読むことができると思います。 登場人物の心情もとてもリアルで、不妊治療が一般化してきた現代人にとってはすこしホラーな内容ですが、ついついのめり込んでしまう内容です。

次の

『希望の糸』(東野圭吾)の感想(333レビュー)

希望 の 糸 東野 圭吾

目黒区自由が丘にある喫茶店の女性オーナーの花塚弥生が、店内で遺体で発見されるという事件が起こった。 ナイフが背中から心臓に達しているという遺体の状況から、殺人事件であることは明らかだった。 また、殺害現場の状況から、金品目当てやレイプ目的の犯行ではなく、何かのトラブルによる顔見知りの犯行であろうと、捜査にあたった松宮刑事は推測した。 しかし、花塚弥生を知る者は「あんないい人が誰かに恨まれたり憎まれたりするなんてあり得ない」と口を揃えて言い、トラブルによる顔見知りの犯行を裏付けるような証言が一切出てこなかった。 そんな中、二人の男性が捜査線上に浮かび上がってきた。 一人は、弥生の元夫の綿貫哲彦であり、もう一人は、喫茶店の常連客であった汐見行伸であった。 綿貫哲彦は、事件の少し前に花塚弥生から連絡があり、離婚してから久し振りに会っていたことがわかった。 会っていた用件を「お互いの近況を話し合っただけだ」と綿貫は言うが、松宮刑事は、彼が何かを隠していることを感じ取っていた。 汐見行伸は、「二人は男女の関係ではないか」と、常連客などから噂されていた人物だった。 彼も、綿貫と同様に花塚弥生のことで何かを隠しているようだった。 ただ、綿貫と汐見の二人とも事件当時のアリバイもあるし、花塚弥生を殺害するような動機が一切見当たらない。 やがて、思いもかけない人物が、花塚弥生の殺害を自白した。 その動機は、十数年前の過去に隠蔽されたある出来事と、それによる誤解が原因で生じたものだった。 松宮刑事が暴く、事件の真相とそこに隠されていた真実とは? 当サイトの管理人より 加賀恭一郎シリーズは「祈りの幕が下りる時」で終了したのかと思っていたが、加賀刑事がまさかの再登場。 ただ、今までの加賀恭一郎シリーズと違うのが、加賀恭一郎は単なる脇役で登場し、今までは脇役で登場していた加賀の従兄で同じく刑事の松宮修平が主人公として登場していることだ。 松宮修平刑事が加賀イズムをしっかりと受け継いでいるところが、加賀恭一郎シリーズファンとしては嬉しいところである。

次の