褒められた 返し方。 褒められた時の返し方の敬語・間違えやすい言葉・おすすめ返し方

「カワイイね! 」「イケメンだね! 」褒められた時の返し方、どうしてる?

褒められた 返し方

まずは褒めてもらったことに対してお礼を伝え、上司を立てるフレーズも忘れないようにしましょう。 そして向上心を感じさせる最後の一文も大切です。 LINEで上司に返事をする場合• ・お褒めいただき、ありがとうございます。 ・これからも精進しますので、よろしくお願いいたします。 相手は先輩なのでもちろん丁寧な言葉遣いは必要です。 しかしあまり固くなりすぎずに、ほんの少しだけユーモアを入れると、その後の関係性も円滑になります。 以下の例文を参考にしましょう。 LINEで先輩に返事をする場合• ・ありがとうございます。 丁寧な言葉遣いを心がけて返事をしましょう。 以下の例文のように、個人的に褒めてもらったとしても、会社やチームの力が大きかったということを織り込んで感謝を伝えます。 LINEでお客様に返事をする場合• ・ありがとうございます。 ・お褒めいただき、社員一同今後の励みになります。 ・これからも精進いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。 SNSでやり取りをするほど親しい上司であれば、あまり堅苦しい敬語でなくても良いでしょう。 ただしその後の関係性も考えて、決して失礼があってはいけません。 相手が上司の場合は、ユーモアを入れるのは避けましょう。 SNSで上司に返事をする場合• ・お褒めの言葉、ありがとうございます!• ・とても嬉しいです。 ・これからも精いっぱい頑張りますので、よろしくお願いいたします。 ユーモアを入れられると、先輩から「面白いやつ」と認定されて、その後の関係性がスムーズになります。 以下の例文を参考にしてください。 SNSで先輩に返事をする場合• ・ありがとうございます!• ・褒めても何も出ませんよ(笑)。 ・でも本当に嬉しいです。 「お客様のおかげです」という謙遜を表すフレーズを入れると良いでしょう。 以下の例文を参考にしてください。 SNSでお客様に返事をする場合• ・お褒めの言葉、身に余る光栄です。 ・これからも良い商品をご提供できるよう、ますます努力いたします。 ・この度はありがとうございました。 上司を立てること、そして仲間を立てるフレーズが入ると好印象です。 後々の関係性に悪影響を及ぼさないよう、以下の例文を参考に返事のメールを送りましょう。 メールで上司に返事をする場合• ・お褒めいただき、ありがとうございます。 ・これからも精進いたしますので、ご指導よろしくお願いいたします。 そしてやる気をアピールするのも好印象です。 以下の例文を参考にしてください。 メールで先輩に返事をする場合• ・ありがとうございます。 ・これからももっと頑張るので、よろしくお願いします。 丁寧に、そして少しだけ謙遜するフレーズも入れると良いでしょう。 メールでお客様に返事をする場合• ・お褒めの言葉を頂戴し、身に余る光栄です。 ・社員一同、大変喜んでおります。 ありがとうございます。 ・これからも良い商品をお届けできるよう精進してまいりますので、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。 相手は上司なので、丁寧な敬語を使うこと、そして何よりも感謝の言葉を伝え、褒められて嬉しいという態度で返事をすることが大切です。 対面で上司に返事をする場合• ・ありがとうございます!• ・これからも精進いたしますので、ご指導よろしくお願いいたします。 親しい先輩であれば、多少のユーモアを入れると「面白いやつ」とも思われて、さらに好印象です。 対面で先輩に返事をする場合• ・ありがとうございます。 以下の例文を参考にしてください。 対面でお客様に返事をする場合• ・いつもご愛顧いただき、本当にありがとうございます。 ・これからも皆様に愛されるよう精進いたしますので、よろしくお願いいたします。 これはNG!褒められた時にやってはいけない返し方 褒められた時の返事の仕方で、これだけはやってはいけないというポイントもあります。 会社やビジネスの場では、その後の上司や先輩、お客様との関係性を悪くしかねないので、NG例をやってしまうことのないように気を付けましょう。 日本人の美徳として謙遜という態度がありますが、謙遜しすぎることは相手の言ったことを否定することになるのでNGです。 せっかく目上の人が褒めてくれた時には謙遜せず、素直にお礼を言った方が相手からも好印象です。 会社やビジネスの場では、自分も相手も良い気分になれる謙遜の伝え方を覚えておくのが大切です。 本当は聞こえているのに、嬉しさのあまり何度も「え?」と聞き返すのももちろん良くありません。 褒めているのに何度も聞き返されると、自分のことを疑っているのかと思われることもあります。 また、「え?」と何度も聞き返されると、面倒くさい人だという印象にもなります。 親しい間柄であれば、冗談として1回だけ聞き返すのはアリな場合もありますが、ビジネスの場で上司や先輩、お客様に対して何度も聞き返すのは、ユーモアではなく失礼に当たります。 褒めてくれたことを素直に受け止めて、お礼を言いましょう。 褒められたことに照れて、照れ隠しでつまらなそうな表情をする人もいますが、せっかく褒めてもらったら嬉しそうな表情をした方が、相手も良い気分になります。 褒められて本心では嬉しくなかったとしても、つまらなそうな表情をしてはいけません。 親しい間柄でのユーモアとしても、つまらなそうな表情は避けた方が良いでしょう。 メールやLINE、SNSで褒められたことに対して返事をするときには、嬉しそうにしていても表情が見えません。 「褒めていただき光栄です」のように、嬉しいという気持ちを言葉で伝えると良いでしょう。 親しい間柄ならSNSやLINEに笑顔の絵文字を付けて、ユーモアをプラスしても良いですね。 褒められた時は上手な返し方で好印象に! 会社で上司や先輩、お客様から褒められたら、対面でも、メールやLINE、SNSでも、上手に返して相手に好印象を与えましょう。 自分も相手も気持ち良く仕事ができるように、ビジネスの場では正しい返し方を知っておくことが大切です。 その後の相手との関係性をスムーズにし、より仕事のしやすい環境を保てるでしょう。 気軽なLINEやSNSとは違い、上司や目上の人に送るメールの文章は、送り慣れていないと難しいものです。 下の記事では、ビジネスメールの書き方を詳しく解説しています。 ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

次の

褒められた時の上手な返し方が分からない!コミュ障なりにベストアンサーを考えてみた

褒められた 返し方

お世辞って私たちの周りに日常的に飛び交っていますよね。 「きれいですね」、「かわいいですね」、「若いですね」、「本当に素晴らしい人材ですね」…そうやって褒められたはいいけれど、でもいざ褒められるとどう返していいかわからないという女性、実はけっこう多いみたいです。 また、この返答の仕方なら当たり障りないだろうと思って返した言葉がかえって相手の反感を買ってしまったり。 どうやって返すのが一番いいのでしょうか。 肝心なのは、褒めてきた相手というのはなにもあなたを本当に褒めたいと思っているわけではなく、コミュニケーションをとろうとして話しかけてきているという場合があります。 それを理解しておかないと、褒められて「あ、どうも、そんなことないですよ」だけで会話が終わってしまうことになりかねません。 褒められたら褒め返す、これを基本にしましょう。 真の美人さんになるには、外見だけでなくお世辞の返し方にも気を使う必要があるみたいですね。 外見を褒められたら、外見を褒め返しましょう 相手に外見を褒められることって、女性ならけっこうあると思います。 顔、スタイル、服、持ち物。 目に見えるものを褒められる場合。 なんだかちょっと照れくさくて、どう返したらいいかわからないこともあると思います。 でも大丈夫です。 外見を褒められたら、必ず相手の外見を褒めかえるようにしましょう。 そうすれば外れなしです。 相手は、あなたのことを本当に褒め称えたいのではなく、自分も何か褒めてほしい部分があるから褒めているのです。 どこかを褒められたら、相手の外見に関する部分を、具体的に褒め返すように心がけましょう。 そうすることで、相手の気分もさらにアップし、人間関係も潤滑に回るようになります。 どうして相手がそのタイミングで褒めてくるのか、を考えましょう さて、相手があなたのことを褒めてくれた場合、考えなくてはならないことがあります。 それは相手はどうしてそのタイミングであなたのことを褒めてくれたのか、ということです。 相手は何も考えなしにあなたのことを褒めたりはしません。 必ず目的があります。 たとえば、大事な会議の前でしたら少しでもコミュニケーションをとっておきたいと思うはずですし、打ち解けなければならない必要がある場合には距離を縮める目的で近づいてくる場合もあるでしょう。 褒めてくるタイミングのその裏には、必ず目的があることを忘れないようにしましょう。 「わー、やったー、褒められた」だけだと、大事なものを見落とす可能性もあります。 相手があなたとの距離を縮めようとして褒めてくる、この事実を正確に察知して、人間関係に活かせるようにしていきましょう。 褒められたら、相手にもっと歩み寄るチャンスと考えるといいかもしれませんね。 9割は社交辞令だと考えるようにしましょう さて、褒められ慣れている人。 けっこう多いのではないでしょうか。 社会に出てそれなりに働いていれば、それがお世辞かそうでないかに関わらず、誰かに褒めてもらう状況というのは自然と発生します。 それはコミュニケーションをとる上でとても大切なことです。 しかし、その状況に甘んじてはいけません。 ときには、あなたのほうから相手のことを褒めることも重要だったりします。 相手のことを自分から褒めるのって、なんだか負けているような気がしていやだ、という人もいるかもしれません。 ですが、「褒めるが勝ち」、です。 誰だって、褒められて嫌な気持ちになる人はいません。 あなただって褒められたときの喜びは知っているはずです。 相手のことを積極的に褒めて、心を開いてもらうことも、社会人として、そして一人の女性としてとても大切なマナーと言えましょう。 そして面白いことに、人を自然に褒めることができる女性というのは、周りに自然と仲間や味方が増えていきます。 これは人生を歩んでいく上でとても重要なことです。 褒めることはすなわち自分自身の味方を増やしていくことにつながるわけです。 真の美人さんになるためにも、これからは外見だけではなく、褒め上手のテクニックを身につける必要があるわけですね! 頑張ってますます女性パワーを上げていきましょう。

次の

褒められた時の返し方10選|謙遜/お褒めの言葉/恐縮です/光栄です

褒められた 返し方

子供や自分を褒められた時のいい返し方がわからず困っています。 謙遜すればいいのか?いやいや、下手すると嫌味たらしくないか?? ありがとうっていえばいいのか?いやいや、大体はお世辞と社交辞令だろうに、「はっ、まともに取っちゃって馬鹿じゃないの」なんて思われはしないか・・・ と、頭の中でぐるぐる回って挙動不審になってしまい、余計に「お世辞を真に受けて舞い上がっている変な人」になってしまい、後から自己嫌悪です。 サービス精神旺盛。 逆に真似させてもらいたいです。 褒めてくれた人を尊重するなら、まっすぐ「ありがとう」と感謝していいと思うのです。 「お世辞を真に受けている」と相手に思われたら、まずいですか? トピ主さんの場合は楽しく切り返しておられるので問題ないと思いますが、私は以前、褒められると全力で「否定」しちゃってました。 でも、それって、結局自分のことしか考えてないんです。 褒めてくれた人の好意を無にしてまで、自分を卑下しておきたいエゴだったんです。 自己評価が歪んでいて、相手より下にいないと落ち着かない性格になっていたのです。 相手を疲れさせる自分だったなぁと反省し、以後、素直にお礼を言うようになりました。 相手の好意をまっすぐ受け取ることも勇気、そして礼儀だなと思っています。 ユーザーID: 4981424062• おちゃらけ? あなたは、自分が相手にどう見られてるか、ということばかり考えているように思われる。 あなたの関心はほとんど自分自身に向かっている。 本当に笑わせたいなら、関心を自分でなく、相手に向けることが必要。 「お世辞に決まっている」などといったように、相手の意図を自分側から一方的に規定していては始まらない。 相手に関心を持ち、何を求めているのかを察する。 それこそが相手を楽しませるための第一歩です。 そして最終的に、これ。 ユーザーID: 8989463514• 一言 トピ主様レス、皆さんからのレス拝見しました。 誉められるのも誉めるのも難しいなぁと最近思ってたところです。 まず、誉める場合ですが私の場合、基本的に素直に良いと思って誉めてます。 思ってないと絶対言いたくもない。 皮肉とか思い付かない単純な人間です。 照れ屋なので相手もそうかと思って冗談っぽく面白く誉めます。 軽いノリで笑い有りで。 真面目に言う時も勿論有ります。 自分が誉められると凄く嬉しいですが、恥ずかしいので「そんな訳ないじゃん!やめてよ〜」と全面否定するか「やっぱり〜自分も思ってたんたよね〜!等、あくまでも冗談ぽく終わらせてしまいます。 それで済んでいたんです今までは… 最近ひょんな事から誉め言葉を「何か裏があるでしょ?」「よいしょしてるの?」と受け取る人達、はたまた怒り出す方まで居ると知り、困惑していました。 皆さんのレスを読み、ちょっと考えるヒントになりました。 ありがとうございます。 追伸…又、「ありがとう」まで「言われたくない時が有る」との本音を聞いてしまい、どうすりゃいいのさ、人間関係!とうんざりしています。 ユーザーID: 2781184580• ちょっと話が違うかもですが…なる程ね トピ主様レス、皆さんからのレス拝見しました。 誉められるのも誉めるのも難しいなぁと常々思ってました。 まず、誉める場合ですが私の場合、基本的に素直に良いと思って誉めます。 思ってないと絶対言いたくもない。 皮肉とか思い付かない単純な人間です。 照れ屋なので相手もそうかと思って冗談っぽく面白く誉めます。 軽いノリで笑い有りで。 真面目に言う時も勿論有ります。 自分が誉められると凄く嬉しいですが、恥ずかしいので「そんな訳ないじゃん!やめてよ〜」と全面否定するか「やっぱり〜自分も思ってたんたよね〜!等、あくまでも冗談ぽく強制終了…自然に受け入れたいなぁ。 ま、それで済んでいたんです。 今までは… 最近ひょんな事から誉め言葉を「何か裏があるでしょ?」「よいしょしてるの?」と受け取る人、はたまた怒り出す方まで居ると知り、困惑していました。 皆さんのレスを読み、ちょっと考えるヒントになりました。 ありがとうございます。 追伸…又、「ありがとう」まで「言われたくない時が有る」との本音を聞いてしまい、どうすりゃいいのさ、人間関係!とうんざりです。 面倒だなぁ… ユーザーID: 2781184580• 一つですが ちょっといやらしいかもしれませんが、相手のいいところを思いっきり褒めてみて、どんな反応をされるか観察(?)してみては。 全否定する人、さらっとありがとうと言う人、やっだ〜、でも嬉しいわと言う人、冗談ですが「よく言われるのありがとう」と笑いを取る人(これは自分自身のときしか使えませんが)。 え〜そうかなあと疑う人。 私自身は全否定をしてしまいますが、「よく言われるのありがとう」と笑いを取る人がかっこよく思えて、真似して言ってみたいと思うのですが、なんせそんなキャラではないので、し〜んとされそうでやってみたことはありません(笑)。 主さんは明るいタイプの人とお見受けしました。 同じようなタイプの方の研究をしてみてはいかがですか。 ユーザーID: 9051543848• 本当は嫌味なく「ありがとう、うれしいわ」って言えたら一番いいんですが。 あれに憧れているんですが、現実は挙動不審になっている自分がいます(泣 褒めてもらって嫌味のない人、その秘訣も教えてもらえたら嬉しいです。 素敵な芸能人・・・じゃなかった、素敵な人間になりたいです!! ユーザーID: 4748725061• 笑わせる必要なんてないんじゃないの〜? 楽しくていいです! 私も凄く照れ屋なので誉められても居心地が悪くて「だと思ってたんだよね〜」とか「貴方って本当に見る目あるわね〜」(キラーン、ウインク等の独自の変な振り付けと共に)と、返していました。 大抵、素直に爆笑してくれて乗ってくれますが… 人に寄っては難しく、ふざけているとか馬鹿らしいとか調子に乗ってるとかの見方をする人も居るんですよ。 仕事の仲間や近所付き合い等一般付き合いには「ありがとうございます」で。 親しい人には、これからも楽しくユーモア溢れる返しをどんどんしていけば良いのでは…?と思いますよ。 親しい人は照れ隠しや色々考えてなのを理解してくれてますしね。 個人的にトピ主様とは楽しくやりとり出来そうです!(笑) ユーザーID: 2781184580• 受け流してる 相手への思いやりとサービス精神が旺盛なトピ主様ですね。 きっとお友だちも大勢いらっしゃるのでしょう。 アメをあげるの良いですね。 私も今度やってみます。 個人的には、雑談で褒められたとしても、相手の言葉を自分の心の芯で受け止めて、しっかり相手に打ち返そうとするほどのことではないと思っています。 いってしまえば「挨拶代わり」と軽くとらえています。 私は、 「え、ホント?ありがとう(ニッコリ)」 「そんな風に言ってもらえるとうれしい!」 「初めてそんな風に言ってもらった(笑顔)。 ありがとね。 」 「(私が知らない子どもの言動を褒められたとき)そうなの?知らなかった。 情報ありがとうね。 家ではこんなだけどね〜(と、ついでに失敗談を語ることも。 語りすぎに注意。 )」 「(持ち物を褒められたとき)うん、これ気に入ってるの」くらいに軽く返しています。 ユーザーID: 7161011676• トピ主です やっぱり、「ありがとう」って言えたら一番いいんですね!! 例えば有難くも外見を褒められることが多く、これが自分で納得の美人さんであればいいんですが、悲しいかな普通・・・。 かといって「そんなことないよ!」と言いすぎるのも、卑屈な感じかな?とか、好き嫌いがある顔みたいなので、褒めてくれる人は私の顔をきれいと思って褒めてくれているかもしれないのに、あまり否定するとその人の好意を否定したり、嫌味になりかねないかも・・・と思ってしまって。 せめてユーモア交じりで明るく返して、褒めてくれた人が「ふふふっ」って笑ってくれたらいいなぁ・・・と。 自分、不器用なんで.

次の