長崎 観光 大使。 長崎市観光大使にバスケ解説者中川聴乃さん就任(長崎文化放送)

長崎市観光親善大使「ロマン長崎」|特集|長崎市公式観光サイト「 あっ!とながさき」

長崎 観光 大使

【募集人員】 2名 【応募資格】 1. 応募時から任期期間中、長崎市内に在住している方。 2020年4月1日現在、18歳以上の方。 ただし高校生は除く。 任期期間中、事務局が指定する平日を含む40~50日程度の公式行事・宣伝隊に従事し、なおかつ、宿泊を伴う出張に対応できる方。 これまで、他都市及び企業キャンペーン活動等に選出されていない方。 【選考会】 日時:2020年3月14日 土 14:00~筆記試験・面接試験 非公開 会場:長崎商工会議所 長崎市桜町4-1 【応募方法】 所定の申込書に必要事項を記入し、写真 6ヶ月以内に撮影したもの を添付のうえ、郵送またはご持参ください。 また、応募に伴う個人情報は、選考の目的以外には使用しません。 【応募締切日】 2020年2月29日 土 消印有効 【送り先】 〒850-0862 長崎市出島町1-1 長崎出島ワーフ2階 (一社)長崎国際観光コンベンション協会内 ロマン長崎募集係 電話 095-823-7423 【選彰式】 2020年4月27日 月 長崎開港記念行事として行います。 【その他】 ロマン長崎に選出されると、賞状・トロフィー・金一封と、後援、協賛各社から賞が贈呈されます。 ロマン長崎として諸行事に出席した場合、主催者から規定の謝礼金・交通費が支払われます。 【応募に際しての注意事項】 1. ロマン長崎に選出されると、任期終了まで他都市及び企業キャンペーン活動等に応募・従事することはできません。 また、許可なく各種行事への参加・取材等に応じることはできません。 任期前に4~5日 平日 の研修を受ける必要があります。 【主催】 ロマン長崎選彰委員会 【共催】 長崎市・長崎商工会議所・長崎開港記念会・ 株 長崎新聞社・ 一社 長崎国際観光コンベンション協会 【協賛】 NIB長崎国際テレビ・NCC長崎文化放送・NBC長崎放送・エフエム長崎・おしゃれの店博多屋・KTNテレビ長崎・チョーコー醤油 株 ・DEITz 株 ・長崎ケーブルメディア・長崎県美容業生活衛生同業組合・(一社)長崎県物産振興協会・長崎港クルーズ客船受入委員会・長崎商工会議所青年部・長崎新地中華街商店街振興組合・(一社)長崎青年会議所・(一社)長崎青年協会・ブライダルコスチューム スエヒロ・ 株 みろく屋 50音順 【後援】 長崎県 出演依頼につきましては、下記の要綱を御確認の上、下記の所定様式からの依頼をお願いいたします。 なお、スケジュールの調整等につき、全ての派遣にお応えするものではないことを御了承願います。 はこちら 【目的】 第1条この要領は、ロマン長崎の派遣について必要な事項を定めることを目的とする。 【派遣の依頼】 第2条ロマン長崎の派遣を依頼しようとする者は、ロマン長崎派遣依頼書 様式第1号 をロマン長崎選彰委員会あて事前に提出しなければならない。 【派遣の決定】 第3条ロマン長崎選彰委員会は、前条の依頼があったときは、その内容を審査し、派遣を決定したときはロマン長崎派遣決定通知書 様式第2号 により申請者に通知するものとする。 ただし、ロマン長崎選彰委員会は、派遣依頼の内容が、個人又は企業等の営利事業であってその内容に公共性が認められない場合、若しくは、公序良俗に反する事業である場合等、ロマン長崎選彰目的に照らし派遣することが適当でないと判断されるときはその理由を付けて派遣しない旨通知しなければならない。 【謝礼の額】 第4条ロマン長崎の謝礼は、1日1人、10,000円とする。 【謝礼の減免】 第5条前条の規定にかかわらず、次の各号に定める者が主催する事業については、謝礼を1人8,000円に減免し、ロマン長崎選彰委員会は、ロマン長崎謝礼減免書 様式第3号 により通知するものとする。 1 長崎市 2 長崎商工会議所 3 一般社団法人長崎国際観光コンベンション協会 4 長崎開港記念会 5 株式会社長崎新聞社 6 その他ロマン長崎選彰委員会が適当と認める者 【交通費の額】 第6条ロマン長崎の派遣を依頼する者は、往復の交通費を負担するものとする。 1 長崎市内の行事の場合は、出発地 自宅ならびに勤務地等 から派遣地までの往復の交通費の上限を10,000円とする 2 長崎市外の行事の場合は、出発地 自宅ならびに勤務地等 から長崎市内の公共交通機関出発地 駅やバスターミナル等 と、当該出発地から派遣地までの往復交通費を負担する。 【委任】 第7条本要領に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。 【付則】 施行期日 本要領は、平成20年4月14日から施行する。

次の

長崎市の観光大使について教えてください。

長崎 観光 大使

【募集人員】 2名 【応募資格】 1. 応募時から任期期間中、長崎市内に在住している方。 2020年4月1日現在、18歳以上の方。 ただし高校生は除く。 任期期間中、事務局が指定する平日を含む40~50日程度の公式行事・宣伝隊に従事し、なおかつ、宿泊を伴う出張に対応できる方。 これまで、他都市及び企業キャンペーン活動等に選出されていない方。 【選考会】 日時:2020年3月14日 土 14:00~筆記試験・面接試験 非公開 会場:長崎商工会議所 長崎市桜町4-1 【応募方法】 所定の申込書に必要事項を記入し、写真 6ヶ月以内に撮影したもの を添付のうえ、郵送またはご持参ください。 また、応募に伴う個人情報は、選考の目的以外には使用しません。 【応募締切日】 2020年2月29日 土 消印有効 【送り先】 〒850-0862 長崎市出島町1-1 長崎出島ワーフ2階 (一社)長崎国際観光コンベンション協会内 ロマン長崎募集係 電話 095-823-7423 【選彰式】 2020年4月27日 月 長崎開港記念行事として行います。 【その他】 ロマン長崎に選出されると、賞状・トロフィー・金一封と、後援、協賛各社から賞が贈呈されます。 ロマン長崎として諸行事に出席した場合、主催者から規定の謝礼金・交通費が支払われます。 【応募に際しての注意事項】 1. ロマン長崎に選出されると、任期終了まで他都市及び企業キャンペーン活動等に応募・従事することはできません。 また、許可なく各種行事への参加・取材等に応じることはできません。 任期前に4~5日 平日 の研修を受ける必要があります。 【主催】 ロマン長崎選彰委員会 【共催】 長崎市・長崎商工会議所・長崎開港記念会・ 株 長崎新聞社・ 一社 長崎国際観光コンベンション協会 【協賛】 NIB長崎国際テレビ・NCC長崎文化放送・NBC長崎放送・エフエム長崎・おしゃれの店博多屋・KTNテレビ長崎・チョーコー醤油 株 ・DEITz 株 ・長崎ケーブルメディア・長崎県美容業生活衛生同業組合・(一社)長崎県物産振興協会・長崎港クルーズ客船受入委員会・長崎商工会議所青年部・長崎新地中華街商店街振興組合・(一社)長崎青年会議所・(一社)長崎青年協会・ブライダルコスチューム スエヒロ・ 株 みろく屋 50音順 【後援】 長崎県 出演依頼につきましては、下記の要綱を御確認の上、下記の所定様式からの依頼をお願いいたします。 なお、スケジュールの調整等につき、全ての派遣にお応えするものではないことを御了承願います。 はこちら 【目的】 第1条この要領は、ロマン長崎の派遣について必要な事項を定めることを目的とする。 【派遣の依頼】 第2条ロマン長崎の派遣を依頼しようとする者は、ロマン長崎派遣依頼書 様式第1号 をロマン長崎選彰委員会あて事前に提出しなければならない。 【派遣の決定】 第3条ロマン長崎選彰委員会は、前条の依頼があったときは、その内容を審査し、派遣を決定したときはロマン長崎派遣決定通知書 様式第2号 により申請者に通知するものとする。 ただし、ロマン長崎選彰委員会は、派遣依頼の内容が、個人又は企業等の営利事業であってその内容に公共性が認められない場合、若しくは、公序良俗に反する事業である場合等、ロマン長崎選彰目的に照らし派遣することが適当でないと判断されるときはその理由を付けて派遣しない旨通知しなければならない。 【謝礼の額】 第4条ロマン長崎の謝礼は、1日1人、10,000円とする。 【謝礼の減免】 第5条前条の規定にかかわらず、次の各号に定める者が主催する事業については、謝礼を1人8,000円に減免し、ロマン長崎選彰委員会は、ロマン長崎謝礼減免書 様式第3号 により通知するものとする。 1 長崎市 2 長崎商工会議所 3 一般社団法人長崎国際観光コンベンション協会 4 長崎開港記念会 5 株式会社長崎新聞社 6 その他ロマン長崎選彰委員会が適当と認める者 【交通費の額】 第6条ロマン長崎の派遣を依頼する者は、往復の交通費を負担するものとする。 1 長崎市内の行事の場合は、出発地 自宅ならびに勤務地等 から派遣地までの往復の交通費の上限を10,000円とする 2 長崎市外の行事の場合は、出発地 自宅ならびに勤務地等 から長崎市内の公共交通機関出発地 駅やバスターミナル等 と、当該出発地から派遣地までの往復交通費を負担する。 【委任】 第7条本要領に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。 【付則】 施行期日 本要領は、平成20年4月14日から施行する。

次の

させぼ観光大使(長崎)|Ambassadoru

長崎 観光 大使

03「公序良俗に反する」で異例の解任 市観光大使要綱改正による初の解嘱を発令、島外イベントでの画像が理由 市は、市観光大使に任命していた前田紗智(以下、Happy)氏を先月31日付で解嘱したと発表した。 理由について市観光課は「7月に開催した島外イベントで、市観光大使として不適切な行動があった」とする。 市議会3月会議で市観光大使要綱改正を改正した市は、これまでの「任期は設けない。 本人から辞退の申し入れがあった場合は解任となる」から、「特別な事由があるときは、市長の判断で解嘱することができる」に改正し、Happy氏に解嘱を通達した。 市に対して同氏からの返答はない。 島外イベントの様子はインターネットを介して全国の一部ネットユーザーの間で話題になり、市の対応に注目が集まっていた。 市観光課の説明によると、7月に開かれたHappy氏主催の島外イベントにおいて、一部内容が「公序良俗に反する」として、市観光大使を解嘱することに決めた。 同課の説明では、7月末ごろから市に対して同氏のイベント内容に問題があるのではないかと市民から指摘が届いていた。 これを受けて市は、島外イベントでの一部内容が、市観光大使にふさわしくないとの判断に至ったようだ。 同氏のブログなどからインターネットを介してイベントの様子を伝える画像が出回っていった。 市が問題とした画像は、ステージ上で並ぶ出演者の中に、過剰に肌を露出している女性が写っていたもの。 市は、イベントについて同氏に連絡を取ろうとしたが不通のままとなり、8月上旬に市観光大使解嘱の通知を郵送した。 その後も同氏からは返答はなく、市観光大使要綱に沿う形で解嘱の決定に踏み切った。 市観光大使委嘱は平成18年から始まり、現在までに15人が任命されているが、解嘱の処置を受けたのは今回が初となる。 また、昨年10月に開催した同氏主催の島内イベントのあり方を理由に、市観光大使要綱の改正に至ったことも過去に例はなく、異例の事態となっていた。 なぜ市観光大使に任命されたのか Happy氏は、平成30年3月1日付で本市観光大使に任命されている。 同氏は平成29年12月、郷ノ浦町の岳ノ辻付近にゲストハウス「月の器」をオープンし、白川博一市長や島内外の人ら約100人がオープニングレセプションに参加した。 その後、脚本家の旺季志ずか氏(吉本興業所属)と共に、壱岐を舞台にした新・古事記ミュージカル公演「天の河伝説」を昨年2月10日、壱岐の島ホールで行なった。 この時、会場は約1000人の観客で埋まり、ほとんどがHappy氏を慕う島外からの来場者によるものだった。 この舞台での集客と島外誘致の実績や、同氏が開設するブログの人気の高さなどを理由に同年3月1日、市役所内で白川市長自らが同氏に対し市観光大使の委嘱状を交付した。 この時、白川市長は「多くの来島者を連れて来ていただき感謝する」とお礼の言葉を述べていた。 同氏は委嘱を受け「今日は良い運命の日。 壱岐は神社が多いので日本中の人に来て欲しい」と話し、熱い握手を交わしている。 また、市によれば、任命の経緯は白川市長の判断で行われたものだったという。 賛否の島内イベントに市議会も動く 市観光大使の任命を受けた後の昨年10月13日、筒城浜キャンプ場付近で、同氏主催の野外イベント「縄文祭」を開催し、会場内は約1500人の島外者と、一部島内在住者を含めた多くの来場者で埋め尽くされた。 しかし、このイベントが後日問題を巻き起こした。 開催前日からステージ上に設置した巨大スピーカーによる騒音や、イベント終了予定時刻の午後11時を大幅に超える予定不履行、さらには会場となった広場の芝生傷みの修復の遅れなど、多くの市民の反感を生むことになった。 また、「天の声を聞きメッセージを伝える」など、同氏のスピリチュアルブロガーと世間から言われる言動は、一部市民から「宗教色が強いのでは」と指摘され、この時から市観光大使に不適切ではないかとの論議が起き始めた。 同年12月の市議会一般質問で、山内豊議員が「市や運営側は、住民への周知が足りなかった」とし、「市観光大使としてふさわしい人物とは考えていない」と否を示した。 また、植村圭司議員は「市側から観光大使の任期や解任することが可能な見直しを」と要望し、指摘を受けた市は「市民からHappy氏やイベントについて賛否両論の意見があった。 壱岐の魅力を発信してもらい今後の経済効果につながると思った。 しかし批判的な意見があり、年度中に要綱を見直す」と答えた。 市議会質疑を経て市は4月、市観光大使要綱を見直した。 新たに「委嘱した日から3年を経過する日の属する年度の末日まで」の任期を設け、解嘱は「大使から辞退の申し入れ、死亡、長期間連絡が取れない、特別な事由があるときに該当する場合は、市長は解嘱することができる」に改正した。 今回の要綱改正により、これまで15人に委嘱した市観光大使は、林田ひろみ氏(平成18年委嘱)、苅谷俊介氏(平成20年委嘱)など6人が任期を終え退任した。 現在は、今年2月に委嘱した福岡よしもとに所属する寿一実氏ら4人など、計9人が市観光大使を務めている。 Happy氏の場合は、市観光大使では過去に前例がない市長判断による解嘱となった。 また、否定的に受け止められる内容は、取材からの民意を反映しているものです。 ご理解をお願いいたします。 (編集部).

次の