お力添えさせて。 「尽力を尽くす」の意味と敬語表現・正しい使い方と例文

「力添え」に関連した英語例文の一覧と使い方

お力添えさせて

「尽力を尽くす」の意味について前述しましたが、「尽力を尽くす」の「尽力」は、「力を尽くすこと」で、「尽くす」は「出し切る、尽力する」の意味を持つので、言葉が同じ意味を持っていることをご理解いただけたでしょうか? これは「重複表現」といい、同じ言葉を使うことで意味を強調したり、理解を確実にする効果があります。 日本語独特の表現のため、絶対に間違っているとは言い切れませんが、ビジネスシーンで使う場合には誤った使い方に該当するので、「尽力させていただきます」と使うのが正しいと言えます。 「ご尽力」を動詞として使う場合、すでに「尽くす」という意味を持っているので、「ご尽力を尽くす」といった二重表現は誤用になるので、注意しましょう。 相手に対して敬意を示す 丁寧に表現する ために、尽力の前に「ご」をつけて、ご尽力とします。 たった一語「ご」を付けるだけで、目上の人に対して使える敬語表現になります。 ただし、尊敬表現は自身のことには使うことができませんので、そのことに留意した上で実際どのような場面で使えるのかを具体例と合わせて見てみましょう。 相手に助けてもらったり、協力してもらったことに対して謝意を示すことができます。 「ご尽力」を動詞ではなく名詞としてそのまま使います。 ほぼ同じ意味を伝えるこの2パターンの使いこなしができれば、表現の幅が広がります。 「ご尽力の賜物」の正しい使い方と例文 【賜物の意味】 1 恩恵や祝福として与えられたもの。 たまわりもの。 2 あることの結果として現れたよいもの、または事柄や成果。 つまり「力を尽くした結果としての成果」が「尽力の賜物」となります。 相手の協力を得て何らか成果を出せたことを表現する際のフォーマルな表現が「ご尽力の賜物」です。 誰かに助けてもらった時には最大限の謝意を失礼なく伝えたいものですが、ここで敬語表現に共通する注意点について配慮しなくれはなりません。 その注意点とは「書き言葉」と「話し言葉」の違いです。 「ご尽力の賜物」を話し言葉として会話で伝えたい場合は、「ご尽力いただいたおかげです」と伝えることで、失礼なく最大限の謝意を伝えることができます。

次の

ご尽力/お力添えの正しい意味と使い方|目上の人に使ってもいいのか

お力添えさせて

[スポンサードリンク] 基礎 意味 相手からの支援を謙譲語で表した言葉です。 支援を受けた時に、お礼を述べる際に使ったり、手伝ってもらえないかとお願いする時に使います。 この言葉の意味で重要なのが、「 相手からの」助けであるということです。 決して自分に向けて使用できる言葉ではないので、ご注意ください。 正しく使うには 「お力添え」は言葉の意味通り、 自分の行いに対しては使えない言葉ですが、ビジネスの場面で知らずに使ってしまうケースが多々あります。 以下に誤用例をいくつか挙げます。 「御社に対して少しでもお力添えになれたらと思います。 」 お力添えは相手からの支援を意味し、この文章では自分が相手に手助けをしたい事を伝えるので不適切です。 丁寧に表現しようと「添え」を使ってしまいがちですが、この場合は不要です。 この場合、「少しでもお力になれたらと思います。 」とするのが正しいです。 「お力添え出来なかったこと、誠に申し訳ございません。 」 何か仕事を任されたのに、結果を出せずに終わってしまい、お詫びする時に上記のような発言をする方がいらっしゃいますが、これは誤りです。 この場合は、「ご期待に添えられなかったこと、誠に申し訳ございません。 」と述べるのが適切です。 また、「お役に立てず、誠に申し訳ございません。 」という表現は、自分がサポートする程度の立場の場合なら可能ですが、仕事を任されるほど大きな役目を果たせなかった場合には、誠意不足のため、使い方に注意が必要です。 「今回のお問い合わせに対し、お客様のお力添えになれなかったこと、深くお詫び申し上げます。 」 このケースでは「お客様のお役に立てなかったこと、誠に申し訳ございません。 」と述べるのが適当です。 使い方・例文 相手にお願いをするときに このような件でご連絡させていただき大変恐縮ですが、今回の依頼の件でお力添えいただけますでしょうか。 お力添え頂ければ大変有り難いのですが、難しいようでしたらお断りして頂いても構いません。 今案件について、お力添えいただければと思っております。 お礼の言葉を述べるときに 本件についてお力添え頂けたこと、誠に感謝します。 これまで皆様のお力添えで多くの事業を成功させることができたこと、厚く御礼申し上げます。 大変多くの方のお力添えを賜りました。 心よりお礼申し上げます。 今回の件について、大変お世話になりました。 今後ともお力添えの程、宜しくお願い致します。 新年を迎える事が出来たのも、皆さまのお力添えの賜物と、心より感謝しております。

次の

「お力添え」の意味・使い方と例文

お力添えさせて

2.「お力添え」の使い方 「お力添え」は主に、 相手の行いに対して感謝の気持ちを表す時によく使われます。 自分が行ったことに対して、「お力添え」というような使い方はできませんので、注意しください。 それでは、実際に「お力添え」はどのように使えばいいのか、具体的な例文を見てみましょう。 使い方1: 「お力添えをいただき、ありがとうございます。 」 「お力添えをいただき」に感謝の気持ちをつけることで、「力を貸してくれてありがとう」を丁寧な言い回しとして使うことができます。 使用例としては、相手の会社が協力を決断してくれた場合に使用する感じでしょうか。 してくれた場合のお礼の言葉として使用してみてください。 「お力になれず、申し訳ございません。 」 「お手伝いさせていただきます。 」 4. 「お力添え」と「ご尽力」は違う? 「お力添え」の同義語に 「」 と言う言葉があります。 同じ意味で使っている人も多いですが、少しが異なるので、使い分けの方法を確認しておきましょう。 4-1. 「ご尽力」は「力を尽くす・努力をする」の丁寧に言う言葉 「ご尽力」とは、 目的を達成するために、力を尽くす・努力をするといった意味をもつ 「尽力」に 「ご」をつけることで丁寧な言い回しにした単語です。 「お力添え」との最大の違いは、 努力と言う意味が含まれていることです。 「ご尽力」はどちらかと言えば 努力や苦労をねぎらうような意味で使用されます。 対して、「お力添え」には努力の意味は含まれておらず、相手に協力を求めたり、手助けをしてもらった時に使うようにしましょう。 実際に使う時が来た際に、スムーズに使えるようにしておいた方がいいですよね。 そこで、ここでは「お力添え」を使うことが予想されるシーンと、便利なフレーズを紹介して行きます。 お力添えを使用することで、より丁寧な表現の文章の手紙をすることが可能です。 「貴社のお力添えに、深く」といった使い方をするといいでしょう。 手紙を送る相手によってお力添えを使わずに、「心から感謝申し上げます」や「感謝の意を表します」などを使用するのも良いですね。 5-2.お礼や挨拶を言いに行く場合に使う 実際にお礼を言う場合にも「お力添え」を使用することができます。 ここで注意したいことは、 相手に聞き取りやすい内容でお礼を言うことです。 例えば、丁寧な言い方をすると 「貴社のお力添えに、深く感謝を申し上げます。 」と表記することができますが、これをそのまま口にするのは少々堅苦しい感じがするので 「この度はお力添えを頂き、誠にありがとうございます。 」 と言い換えて見るといいでしょう。 5-3.プレゼンテーションで使う プレゼンテーションで使うことはあまり無いかもしれませんが、使うことは可能です。 プレゼンを始める前の挨拶で、協力してくれた相手に対して使用すると良いでしょう。 お礼を言う場合やプレゼンの場合でも、 話し言葉はテンポが大切になります。 難しい表現を使用するよりも、 「お力添えありがとうございます。 」 くらいの簡素さの方がテンポのある会話やプレゼンが行えるでしょう。 まとめ 「お力添え」は、手助けを行う際に使われる言葉です。 普段何気なく使う言葉ですが、上司や顧客など、目上の人の手助けに対してしか使わないので、気をつけておきましょう。 お力添えという言葉をスムーズに使えると、「デキるビジネスマン」の印象を与えることができるので、うまく活用してみてくださいね。

次の