オワタあてんな。 【怖】美容院で客の鍵盗み、客が髪染め中、家に侵入 下着盗んだ疑いで店長逮捕 帰宅後に「会いに来たよ。部屋に入ったから」と電話

嫁「はっちゃけ次男が!!エネスレ見てこい!!」俺「!?」→俺、エネじゃないよね??【1/2】

オワタあてんな

世の中に動きが見られる中、テレビ業界で一つの現象として見られるのが、報道・情報番組の明らかな視聴率ダウン。 一時は世帯視聴率20%を超えることもあった「NHKニュース7」もこの1週間は15~17%、「報道ステーション」(テレビ朝日系)も12~14%にとどまり、各時間帯のトップを走っていた朝の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)や夕方の「news every. 」(日本テレビ系)などにも減少傾向が見られます。 第2波の不安が大きいなど新型コロナウイルスの脅威がいまだ収まっていない中、なぜ、報道・情報番組を見る人が減っているのでしょうか。 コロナの話題は土日に見るだけで十分 まだまだ安心できる状況ではないだけに、新型コロナウイルスに対する関心が下がったわけではないでしょう。 しかし、ここ3カ月あまり、朝から深夜までその話題ばかりで、「関心はあるけどさすがに飽きた」「一通りのことは分かったから、新しい動きがあったときだけ見ればいい」という人が増えたようなのです。 中略 視聴者心理の変化で、もう一つ挙げておきたいのは、報道・情報番組に対する不信感。 ここで具体的な番組名は挙げませんが、映像や編集のミスなどが相次ぎ、「印象操作しているのでは?」などの疑念を抱く人が増えました。 さらに「『批判ありき』『不安をあおる』という構成・演出の番組が多い」と不満を抱いている人も多いようで、ネット上には否定的なコメントとともに、穏やかな番組を望む声が上がっています。 「批判ありき」の番組を変えられるか緊急事態宣言の解除後も、感染リスクを踏まえて外出を控える人も多く、「ごくせん」(日本テレビ系)、「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)、「99. 9-刑事専門弁護士-」(同) などの再放送ドラマが2桁の視聴率を記録しているように、テレビを見る人そのものが減ったわけではないでしょう。 以下略.

次の

【怖】美容院で客の鍵盗み、客が髪染め中、家に侵入 下着盗んだ疑いで店長逮捕 帰宅後に「会いに来たよ。部屋に入ったから」と電話

オワタあてんな

<白人警官に黒人が射殺されて新たな怒りに燃えるアメリカで、木に吊るされた黒人男性の死体が連続して発見され、慎重な捜査が進んでいる> カリフォルニア州ロサンゼルス郡の保安官事務所は6月11日、木に吊るされた遺体で発見されたパームデール市の黒人男性ロバート・フラーの死因に関する捜査状況を発表。 その後、近くのサンバーナーディノ郡の当局が、同じように木に吊るされた状態だった別の黒人男性の遺体について、捜査を進めていることを認めた。 サンバーナーディノ郡保安官事務所の広報担当者ジョディ・ミラーは本誌にあてた文書で、38歳のアフリカ系アメリカ人男性マルコム・ハーシュの遺体が、 5月31日にビクタービル市立図書館とホームレス収容所の近くにある樹木から吊り下げられた状態で発見されたことを確認した。 「詳細な死因の調査が行われている」と、ミラーは述べた。 「犯罪を示唆する兆候は現場にはなかった。 死因と死の様態についてはまだ明かされていない」 ミラーは6月14日午後、本誌に対して、調査はまだ進行中であると語った。 「追加情報は、わかりしだい発表される」 ハーシュの死から2週間後にあたる13日、ハーシュの家族は長びく捜査に対する懸念を表明する声明を発表した。 保安官事務所からの当初の発表にもかかわらず、家族はハーシュの自殺は疑わしく、犯罪に巻き込まれた可能性が高いと考えている。 <自殺は考えられない> 「本人をよく知っている人々の見たところでは、落ち込んでいるようではなかった」と、ハーシュの家族は訴える。 「マルコムを知る人はみな、首を吊ったと聞いてショックを受けた。 誰も自殺だとは思っていない。 遺体の発見現場に居合わせた人々も同様だ」 「自殺だという説明は、本当とは思えない」と、家族は付け加えた。 「私たちは、慰めになる言い訳ではなく、正義を望んでいる」 ハーシュの家族によると、死亡時のハーシュの首にはUSBコードが巻き付けられ、「シャツには血がついていた」という。 「身体に抵抗した跡や、目に見える負傷を示す証拠もなかったようだ」と、家族は言う。 「死に方というものはたくさんあるが、このところの人種問題の緊張を考えると、今の時期に黒人男性が木で首を吊って自殺したなんて、絶対に受け入れられない」 ハーシュの遺体が発見されたのは、5月25日に白人警察官に首を抑えられて死亡したジョージ・フロイドの事件が起きた後、 「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大事)」運動の抗議者数十人がサンバーナーディノ郡西部の都市ビクタービルに集まってきた日だった。 <完全な捜査で明らかに> フロイドの死はここ数週間、警察の残虐行為とあらゆる人種差別に反対する抗議行動を引き起こし、それがアメリカ全土に広がっている。 一方、6月11日の午前3時頃にパームデール市で木からぶら下がった姿で発見された黒人男性ロバート・フラーは、アンテロープバレー出身の24歳だった。 現地の治安当局は今もフラーの死を捜査している。 市の検視官事務所はフラーの死因について「自殺が疑われる」としているが、当局は12日、フラーの死因の発表は、完全な検死と調査のために延期されると訂正し、 検視官事務所の発言を撤回した。 04 ID:E5YwcgZR0. 36 ID:LisBgjg10. net こんな黒人やりたい放題やってたらKKKも息を吹き返すわ。 82 ID:LRCxABUn0. 30 ID:ICpPlc6h0. net こうやって共産党なら米を混乱させるね。 前から言ってる通り。 60 ID:QwkLZ2oG0. net 中世かよw 西部劇とかでよく見かけるやつだな ジャップランドでも最近は木には吊るさんぞ.

次の

ワロタあんてな

オワタあてんな

世の中に動きが見られる中、テレビ業界で一つの現象として見られるのが、報道・情報番組の明らかな視聴率ダウン。 一時は世帯視聴率20%を超えることもあった「NHKニュース7」もこの1週間は15~17%、「報道ステーション」(テレビ朝日系)も12~14%にとどまり、各時間帯のトップを走っていた朝の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)や夕方の「news every. 」(日本テレビ系)などにも減少傾向が見られます。 第2波の不安が大きいなど新型コロナウイルスの脅威がいまだ収まっていない中、なぜ、報道・情報番組を見る人が減っているのでしょうか。 コロナの話題は土日に見るだけで十分 まだまだ安心できる状況ではないだけに、新型コロナウイルスに対する関心が下がったわけではないでしょう。 しかし、ここ3カ月あまり、朝から深夜までその話題ばかりで、「関心はあるけどさすがに飽きた」「一通りのことは分かったから、新しい動きがあったときだけ見ればいい」という人が増えたようなのです。 中略 視聴者心理の変化で、もう一つ挙げておきたいのは、報道・情報番組に対する不信感。 ここで具体的な番組名は挙げませんが、映像や編集のミスなどが相次ぎ、「印象操作しているのでは?」などの疑念を抱く人が増えました。 さらに「『批判ありき』『不安をあおる』という構成・演出の番組が多い」と不満を抱いている人も多いようで、ネット上には否定的なコメントとともに、穏やかな番組を望む声が上がっています。 「批判ありき」の番組を変えられるか緊急事態宣言の解除後も、感染リスクを踏まえて外出を控える人も多く、「ごくせん」(日本テレビ系)、「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)、「99. 9-刑事専門弁護士-」(同) などの再放送ドラマが2桁の視聴率を記録しているように、テレビを見る人そのものが減ったわけではないでしょう。 以下略.

次の