コロナ 熱中 症。 【コロナ対策】夏のマスクは熱中症に注意!【5つの重要な対策】

マスクも影響…コロナ禍での「熱中症」に注意!新たな基準「熱中症警戒アラート」で適切な対策を|みんなの介護ニュース

コロナ 熱中 症

今月に入り中国地方では、最高気温が25度以上の「夏日」や30度以上の「真夏日」になる日が出てきた。 今年は特に熱中症の危険性が高いという。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出控えで運動不足だったり、マスクを長時間着けたりする生活も原因となるようだ。 いつもより早めから予防の基本を着実に実行したい。 一つ目は外出控えだ。 通常、人は屋外で日光に当たることで体が徐々に暑さに慣れ、高温に強くなる。 今年は外出できない日々が続くために、暑さへの慣れが難しい。 運動不足で体力も低下することもかかりやすくする。 二つ目は、マスクの着用だ。 息が持つ熱をうまく外に発散することができずに体内にため込んでしまい、体温が上がってしまう。 また、マスクをしていると口の中の湿度が保てるため、喉の渇きを感じにくい。 水分補給を忘れると、いつの間にか脱水が進む。 この体温の上昇と脱水が、熱中症の引き金になるという。 特に注意が必要なのは、熱中症にかかると重症化しやすい高齢者だ。 犬飼医師は「新型コロナの影響で人の交流が減っている今、1人暮らしの高齢者は熱中症で倒れたときに発見が遅れかねない」と心配する。 犬飼医師は、室温が28度を超えたら暑さを感じなくても冷房を必ずつけるよう助言する。 外出先でマスクを着ける場合は、喉が渇かなくても、小まめな水分補給を心掛ける。 起きている時間帯に水をコップ6〜8杯飲むのが理想だ。 「熱中症にかからないように予防することは、新型コロナ対応に追われる医療機関の後押しにもつながる」と犬飼医師は指摘する。 熱中症の患者は高熱のため、新型コロナ感染の疑いを否定できない。 搬送先を見つけるのに時間がかかる上、検査や治療にも配慮が必要だ。 「医療機関は物資も人も不足しており、一人一人が早めの熱中症対策を心掛けてほしい」と訴えている。 「汗をかきやすい体づくりが大切です」と長谷川教授は話す。 暑くても汗を上手にかけると、体温を低く抑えて熱中症を防ぐことができるからだ。 本来は少し暑い環境で運動を繰り返すことが有効だが、外出が難しい今は暑くない室内でのトレーニングもいい。 ラジオ体操やストレッチ、動画投稿サイトのユーチューブを見ながらのヨガなどに、汗ばむまで取り組もう。 長谷川教授は、自宅の階段や段差を使った踏み台昇降運動や、テーブルに手を添えて転倒予防しながら、いすから立ち上がることを繰り返す動きも勧める。 トレーニング中はしっかりと水分補給をするのが大切だ。 コップ1、2杯の水やスポーツ飲料を事前に飲む。 運動中も小まめに口にし、終了後も十分に取る。 外出を満喫できる時期が来ても行動は慎重にしたい。 「自宅でトレーニングをしていた人でも、外での運動量や時間は徐々に増やしましょう」と助言している。 (治徳貴子).

次の

特設サイト 新型コロナウイルスと熱中症|NHK

コロナ 熱中 症

2019年5月〜9月の熱中症による救急搬送状況は? 2019年5月〜9月の熱中症による救急搬送状況がこちらです。 5月 4,448人 6月 4,151人 7月 16,431人 8月 36,755人 9月 9,532人 去年だけでも多くの方が熱中症により搬送されていることがわかります。 ただでさえ暑いのに、今年は外出時にマスク・・・でも感染予防のため!終息に向かって頑張りましょう! 夏にマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなる理由は? マスクは顔の半分を覆うため、熱がこもり体温が上昇しやすくなります。 その理由について、お医者さんがお話されていました。 横浜相原病院の吉田勝明院長によると、 「人は体内の熱を皮膚から放熱して体温の上昇を防いでいます。 汗をかけば汗が蒸発する時に気化熱が放熱を助けます。 しかし、顔の半分を覆うマスクをすると、放熱が十分に行われず、熱中症のリスクが高まります。 」 帝京大学医学部付属病院高度救命救急センター三宅康史さんによると、 「マスクというフィルターがあることで、頑張って吸って吐いてとすること自体が熱を生み出すことにつながる。 汗もかくし、熱中症の危険性が高まることを意識してほしい」 と話されていました。 また、 マスク着用により、湿度が高まるため、のどの渇きを感じにくくなります。 しかしマスクは着用しないといけませんよね。 それでは今すぐはじめれる、熱中症対策をご紹介していきます。 吉田院長によると、 「顔は凹凸があり汗をかくのに優れた放熱機関ですが、マスクを着用すると機能しません。 そのかわりに胸元や腕、足首などを露出して放熱するといいでしょう」 熱中症対策として、体からなるべく熱を放熱するために、胸元、腕や足首などを露出し、体内から熱が逃げやすいようにしましょう。 男性もノーネクタイだけでなく、半袖の開襟のシャツなどを着用し、なるべく露出する面積を増やすことが大切です。 会社などでも『スーツ着用絶対!』という規則を今年だけでも排除できると、通勤でも熱中症対策が出来そうですよね。

次の

【コロナ対策】夏のマスクは熱中症に注意!【5つの重要な対策】

コロナ 熱中 症

出典:『2019年(5月から9月)の熱中症による救急搬送状況』(総務省) を基に作成 2020年5月27日更新 さらに年代別で見ていくと、 高齢者(満65歳以上)の救急搬送人数が最も多く、3万7,091人(52. 0%)。 次いで成人(満18~64歳)が2万4,884人(34. 9%)となっています。 そのため、高齢者は特に体調に注意が必要です。 熱中症は真夏だけではなく、5月頃の夏前から増加し始めます。 気温が高い日はもちろん、湿度が高い日、急に気温が高くなった日も、熱中症の危険性が高まります。 これから多くなるであろう梅雨の晴れ間や梅雨明け後の気温が高くなる日は、まだ体が暑さに慣れていません。 急に気温が上がると、汗を排出してうまく体温調節をすることができなくなるため、熱中症が起こりやすいのです。 高齢者に多い熱中症…その症状と原因は? 熱中症とは、気温が高い環境で体温調整がうまくいかず、体内の水分量や塩分量のバランスが崩れることによりさまざまな症状を起こす病気です。 代表的な症状には、めまいや頭痛、体温の上昇などが挙げられますが、熱中症の重症度により症状も変わってきます。 また 高齢者に熱中症が多い理由は、加齢により体内の水分量が減っていることや体温調節機能が低下しているためと考えられています。 さらに高齢者は、発熱や下痢、大量の発汗による「脱水症」になりやすく、これを予防することが熱中症の予防にもつながります。 新型コロナ対策のマスクが熱中症の要因に? 今年は新型コロナウイルスの流行により、感染予防のためのマスク着用が外出時に必要不可欠になっています。 これまでは、主に風邪やインフルエンザが流行する冬、花粉症の症状が出る春にマスクを着用する人は多かったものの、梅雨以降にマスクを着用することは多くありませんでした。 そこで不安視されているのが、 「マスクによる熱中症」です。 大型連休中には、すでに夏日や真夏日を記録している地域も出ています。 気温が上がる季節を迎え、猛暑の中でもマスクの着用が求められます。 マスクには、「呼吸による水分の発散を防ぐ」効果があると言われています。 しかしその一方で、 マスク内に息がこもりやすく、熱を持った息を吸うことで体温が上がりやすくなります。 喉の乾きを感じにくくなったり、熱の発散を妨げてしまったりすることもあるため、熱中症を引き起こすリスクが高くなってしまうのです。 「熱中症警戒アラート」による情報発信が始まる 熱中症予防のため、 政府は2021年5月から「熱中症警戒アラート」の本格運用を開始すると発表しました。 来年の本格運用前に、2020年7月より関東甲信越地方の1都8県で先行実施が始まります。 しかし、 気温や湿度、地面や物体から発する「輻射熱(ふくしゃねつ)」から熱中症の危険度を示す「暑さ指数(WBGT)」の方が、高温注意情報よりも熱中症の搬送数に関わりがあることが統計データで明らかとなっています。 そこで、環境省と気象庁がWBGTを活用した熱中症の警戒アラートをテレビやメールなどで発し、注意喚起を行う仕組みがスタート。 WBGTの発表基準は33度に設定され、この基準を超える場合に警戒情報が発信されます。 熱中症警戒アラートが、熱中症予防につながることが期待されます。 基準となる暑さ指数(WBGT)に注意している人は10%未満という現実も 実は、熱中症警戒アラートに使用されるWBGTは、今回新たにできた指標ではなく従来からあるものです。 高湿度下では汗が蒸発しにくいため、体からの放熱がしづらくなることから、 WBGTの構成比率は気温1:湿度7:輻射熱2と、湿度が重要な数値となっています。 つまり、湿度の高さが熱中症に大きく関わっているのです。 先述の高温注意情報は、単純に気温が35度を超えると見込まれる際に発表されるものであり、湿度は考慮されていません。 35度未満でも湿度が高い場合、WBGTは高まるため、高温注意情報が出ていない日でも熱中症警戒アラートが出ることが十分あり得るのです。 しかし、WBGTの認知度は高温注意情報よりも低く、2018年に環境省が行った調査によれば、「WBGTを暑さの参考にしている」と回答した人は10%にも満たないことがわかりました。 出典:『暑さ指数の活用等に関する調査』(環境庁)を基に作成 2020年5月27日更新 また、計測機器メーカー「タニタ」による調査では、 WBGTを知らない人が回答者の58%、「熱中症予防の参考にしている」と回答した人はわずか4. 7%という結果も出ています。 熱中症を予防するには、WBGTを気にかけることが重要です。 熱中症警戒アラートが本格運用になるのは2021年からですが、 環境省の熱中症予防情報サイトではWBGTの情報提供を実施しており、全国各地のWBGTの値が「危険」「厳重警戒」「警戒」「注意」「ほぼ安全」の5段階でわかりやすく示されています。 これらの情報を活用しつつ、暑さ対策や水分補給を行い、十分な熱中症予防を心がけましょう。

次の