ひらがな 絵本 おすすめ。 5歳向け絵本の人気おすすめランキング20選!【男の子・女の子が自分で読める作品も紹介】

5歳向け絵本の人気おすすめランキング20選!【男の子・女の子が自分で読める作品も紹介】

ひらがな 絵本 おすすめ

5面に書かれたひらがなで言葉を作ろう 出典: こちらは、くもん出版のひらがなつみきです。 木製の3センチの立方体のつみきなので、テーブルや子ども机の上でも遊びやすいと評判です。 立方体の片面にひらがな一文字と小さくカタカナ・ローマ字、裏側には書いてある文字から始まる言葉とイラストが描いてあります。 言葉やイラストと結び付けて学習できるので覚えやすいですね。 一字ずつ覚えるのにも適していますが、いくつか組み合わせて言葉を作る遊びもできます。 クロスワード、名前作り、しりとり遊びなど、無限に遊び方が広がります。 ひらがなをマスターするための初歩の初歩、運筆を学ぶ 出典: はじめて文字を書いたり、鉛筆を使ったりする場合、小さな子どもはまだ筆圧が弱く、紙に書いても薄い文字しか書けないこともあります。 ぬり絵や短い線をひく練習から始めて、長い線、さらには直線から曲線がひけるようにと、少しずつ段階をふみながら練習できます。 最終段階では、一筆で書ける、簡単なひらがなの10文字が書けるようになっている「はじめてのひらがなボード」。 ペンを使って思い通りに線がひけるようになる、運筆力を高めつつ無理なくひらがな10文字が書けるようになります。 何度もくり返し練習できる水でかけるアクアペンを使うので、はじめての学習おもちゃにおすすめです。 アンパンマンのマグネットで楽しく学べる 出典: 手軽に遊べる「アンパンマン ひらがなマグネット」も、初めてのひらがな学習におすすめです。 子どもが大好きなアンパンマンのキャラクターマグネットがたくさん入っていますので、それだけで子どもの興味を引いてくれます。 見開き3面になっている50音表にペタペタとマグネットを貼ったり、裏面では言葉を作ったりして遊ぶことができます。 マグネットになっていますので収納も楽ですし、持ち運ぶことができるので、旅行など長時間移動の際のおもちゃとしてもおすすめです。 対象年齢は3歳からですが、アンパンマンやマグネットが大好きな1~2歳でも遊び方に気をつければ、きっと楽しく遊ぶことができますよ。 3つの面で遊べるパノラマパズル 出典: 次にご紹介するのは、年齢や成長に応じてステップアップすることができる「ステップ脳シリーズ」のパノラマパズルです。 この「ステップ脳シリーズ」のパノラマパズルは、広げると3つの面それぞれパズルになっています。 すべてピース数や形が異なりますので、繰り返し遊んでも飽きずに楽しくパズルを完成させることができます。 折りたたむと1面分のサイズになりますので、収納や持ち運びも簡単です。 このパズルは、ディズニーのおなじみのキャラクターたちが描かれているので好きな子どもにはたまらないでしょう。 50音が並んでいる横にそれぞれの文字を使った言葉が描いてあるので覚えやすいですね。

次の

ひらがなのおもちゃ14選!読み書きの練習におすすめなのは?|cozre[コズレ]子育てマガジン

ひらがな 絵本 おすすめ

本やインターネットサイトや広告など、私たちは毎日大量の文字を目にします。 会話によってコミュニケーションが取れるようになってきた子どもたちに、親が次に覚えさせたいと考えるのはひらがなではないでしょうか? とは言え、教材を買い与えればよいのか、幼稚園の先生にお任せすればいいのかと、教え方に悩んでしまいますよね。 研究内で行われたアンケートでは、ひらがなを覚えるのに使った道具はあいうえお表が最も多く、2番目は本という結果が出ています。 また、きっかけについては、子ども自身がひらがなに興味をもったというのが断トツ1番です。 そこで今回は、自然と子どもに興味をもち、ひらがなを覚えるような絵本をご紹介します。 2歳児から読める絵本もありますので、「ひらがなはまだ早いかも?」とお思いの方もまずは一度、目を通してみてください。 そのアンパンマンの声で読まれるキャラクター名や物の名前で、ひらがなを学べます。 ギネス記録にも登録されていたキャラクター数で五十音の大半を埋めていて、その数には驚きです。 メジャーキャラクターからアニメで見たことないマイナーキャラクターまで登場するので、新たなアンパンマンの知識も増え、 子どもが夢中になって声を再生するのが目に浮かびますね。 1位:『わらべきみかの 音のでる ことばえほん』 あいうえお絵本でひらがなを学ぶメリットは? 絵本であいうえおを学ぶことのメリットを3つ掲載しました。 」 「あいうえお絵本を買おうか悩む」 そんな方に向けて、あいうえお絵本を選ぶことのメリットを紹介していきます。 遊びの延長で挑戦できる 先にも述べた通り、子どものひらがな習得のきっかけは本人の興味が圧倒的に多いです。 親から強制をしてしまうと、やらされていると感じて子どもから自主性を奪ってしまいます。 電車やキャラクターなどのコンテンツが、うまく子どものやる気を引き出してくれます。 オリジナルのやり方で覚えられる 幼稚園や小学校、教材では「点線をなぞりましょう」など勉強のやり方が概ね決まっています。 しかし、絵本は言葉やひらがなは載っていますが覚え方はほとんど載っていません。 絵本を通じての学習は「どうすればできるだろう?」と子どもが自分で考え、直感的に学ぶことが出来ます。 数や英語など次のものにつながりやすい ひらがなだけでなく数やアルファベットが載っている絵本やシリーズ出版されているものはたくさんあります。 上手にこのタイプの絵本を取り入れれば、「これはなに?」と子どもが新しいことに興味をもち、率先して学んでくれます。 学ぶことが楽しいと感じてくれれば、就学後も安心出来ますね。 焦らずわが子の学習を支援してあげてください 今回はひらがな・あいうえおをテーマに、構成が異なる様々な絵本をピックアップしましたが、子どもが興味をもってくれそうな本はあったでしょうか? 親がどれだけやる気でも、子どもが手に取ってくれない限り文字や数字を教えるのは至難の業。 でも、「勉強しなさい!」という言葉を親もかけたくはありませんよね。 親にできるのは、子どもが自然と勉強するような環境作りとその子の成長を待つこと。 早い子では3歳でひらがなを書けるようになる子もいますが、成長スピードは子供によってバラバラ。 周りの子と比較せず、わが子が一歩一歩進もうとしているか、どこかでつまづいていないかに注目してあげてくださいね。

次の

ひらがな「あいうえの絵本」おすすめ8冊!カタカナ「アイウエオ」絵本も

ひらがな 絵本 おすすめ

本やインターネットサイトや広告など、私たちは毎日大量の文字を目にします。 会話によってコミュニケーションが取れるようになってきた子どもたちに、親が次に覚えさせたいと考えるのはひらがなではないでしょうか? とは言え、教材を買い与えればよいのか、幼稚園の先生にお任せすればいいのかと、教え方に悩んでしまいますよね。 研究内で行われたアンケートでは、ひらがなを覚えるのに使った道具はあいうえお表が最も多く、2番目は本という結果が出ています。 また、きっかけについては、子ども自身がひらがなに興味をもったというのが断トツ1番です。 そこで今回は、自然と子どもに興味をもち、ひらがなを覚えるような絵本をご紹介します。 2歳児から読める絵本もありますので、「ひらがなはまだ早いかも?」とお思いの方もまずは一度、目を通してみてください。 そのアンパンマンの声で読まれるキャラクター名や物の名前で、ひらがなを学べます。 ギネス記録にも登録されていたキャラクター数で五十音の大半を埋めていて、その数には驚きです。 メジャーキャラクターからアニメで見たことないマイナーキャラクターまで登場するので、新たなアンパンマンの知識も増え、 子どもが夢中になって声を再生するのが目に浮かびますね。 1位:『わらべきみかの 音のでる ことばえほん』 あいうえお絵本でひらがなを学ぶメリットは? 絵本であいうえおを学ぶことのメリットを3つ掲載しました。 」 「あいうえお絵本を買おうか悩む」 そんな方に向けて、あいうえお絵本を選ぶことのメリットを紹介していきます。 遊びの延長で挑戦できる 先にも述べた通り、子どものひらがな習得のきっかけは本人の興味が圧倒的に多いです。 親から強制をしてしまうと、やらされていると感じて子どもから自主性を奪ってしまいます。 電車やキャラクターなどのコンテンツが、うまく子どものやる気を引き出してくれます。 オリジナルのやり方で覚えられる 幼稚園や小学校、教材では「点線をなぞりましょう」など勉強のやり方が概ね決まっています。 しかし、絵本は言葉やひらがなは載っていますが覚え方はほとんど載っていません。 絵本を通じての学習は「どうすればできるだろう?」と子どもが自分で考え、直感的に学ぶことが出来ます。 数や英語など次のものにつながりやすい ひらがなだけでなく数やアルファベットが載っている絵本やシリーズ出版されているものはたくさんあります。 上手にこのタイプの絵本を取り入れれば、「これはなに?」と子どもが新しいことに興味をもち、率先して学んでくれます。 学ぶことが楽しいと感じてくれれば、就学後も安心出来ますね。 焦らずわが子の学習を支援してあげてください 今回はひらがな・あいうえおをテーマに、構成が異なる様々な絵本をピックアップしましたが、子どもが興味をもってくれそうな本はあったでしょうか? 親がどれだけやる気でも、子どもが手に取ってくれない限り文字や数字を教えるのは至難の業。 でも、「勉強しなさい!」という言葉を親もかけたくはありませんよね。 親にできるのは、子どもが自然と勉強するような環境作りとその子の成長を待つこと。 早い子では3歳でひらがなを書けるようになる子もいますが、成長スピードは子供によってバラバラ。 周りの子と比較せず、わが子が一歩一歩進もうとしているか、どこかでつまづいていないかに注目してあげてくださいね。

次の